ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
90年代コンパクトカーと言えばコレ!!日産K11型マーチの魅力に迫ります

90年代コンパクトカーと言えばコレ!!日産K11型マーチの魅力に迫ります

スポーティな車というのは闇雲にパワフルであればいいわけではありません。

たとえカタログスペック上は平凡でも、それが良く回るエンジンであり、軽量でバランスのよく取れたボディと組み合わせれば、それは非凡なホットハッチとなる。

それを教えてくれたのが日産K11型マーチでした。

偉大なるベーシック・カー、K11マーチ

K11マーチ 出典:https://ja.wikipedia.org/


1982年に登場した初代K10マーチは面白い車でした。

ベースモデルはどうということの無いリッターカーでしたが、ターボあり、それにスーパーチャージャーを組み合わせたスーパーターボあり。

さらにパイクカーと呼ばれたBe-1やパオ、オープンカーのフィガロなど、多彩なバリエーションを誇ったのです。

それが10年も作られて1992年に2代目K11マーチになってからはターボもスーパーチャージャーも無く、パイクカーの代わりにちょっと化粧直ししたモデルが追加された程度でしたが、マーチはやはりマーチだと思わされたのは、その走りでした。

普通に乗っていれば単なるお買い物車ですが、ひとたびアクセルを踏み込めばベーシックグレードの1,000ccエンジンであろうと勇ましい排気音とともに軽快に吹け上がり、全く異なる顔を見せます。

「何でもいいから安くてよく走る車が欲しい」と言われたら、今でも自信を持ってオススメしたい、そしてきっと満足してもらえるであろう偉大なるベーシックカー、それがK11マーチです。
 

K11マーチの特徴・特色

K11マーチ出典:https://ja.wikipedia.org/
 

憎まれず、目立たず、しかし忘れられない非凡なデザイン

K11マーチ 出典:https://ja.wikipedia.org/


K11マーチを見て、それが古臭いデザインだと断言できる人がどれだけいるでしょうか?

決して丸すぎず、しかしどこにもアッサリした直線的なところが見当たらない曲面で構成されたボディは絶妙の一言で、前後左右のウィンドウ枠ひとつとってもバランスがよく取れています。

とにかく周囲に威圧的な印象は与えず、かといって貧弱な印象も決して与えない、それは曲面が優しさだけではなく、たとえば前後フェンダーの膨らみによって、「よく走りそう」と予感させる部分まであるのです。

ただ優しいだけではなく明確な力を感じさせるデザインを、これほど小さなコンパクトカーに収めた例というのは、かのBMC ミニにも匹敵するかもしれません。

仮に衝突安全性能などの制約が無ければ、2017年現在でも十分通用するデザインであり、なかなか忘れられないデザインではないでしょうか。
 

会員登録すれば500ポイント付与

粘り強い実用エンジンか、軽快なスポーツエンジンかはドライバー次第

K11マーチ

Photo by _morgado

搭載された1リッターと1.3リッター、2つのDOHCエンジンもまた秀逸です。

後に派生車種のキューブが出るまでK11マーチ専用だったこのエンジンは、さすがバブル時代に仕上げられたエンジンというべき贅沢さがありました。

K11マーチの登場初期、「(K10に存在した)スーパーターボのようなモデルは無いのか」という問いに対し、1.3リッターエンジンで既にスーパーターボ並の加速性能を持っています、と日産に言わしめたほどです。

しかし、K11を最大限味わいつくそうと思えば、やはり1リッターエンジンの方でしょう。

前期で58馬力、後期でも60馬力しか無いCG10DEエンジンですが、何と言うことの無いお買い物ドライブでは低回転トルクもしっかりある実用エンジンとして、特に何も気を使わず運転することができます。

しかし、ひとたびドライバーがやる気になってアクセルを目いっぱい踏み込んでやれば、実に心地良い排気音とともに、まるで高回転型スポーツエンジンであるかのように、気持ちよく吹け上がっていきます。

ドライバー次第で実用エンジンにもスポーツエンジンにもなれる、これほど「都合の良いエンジン」というのはなかなか稀でしょう。
 

後にロングボディ版やオープンモデルも追加

K11マーチ 出典:https://ja.wikipedia.org/


初代K10に引き続き10年もの長いモデルライフを誇り、かつ全く古さを感じさせなかったK11マーチですが、それゆえモデル後半になってから追加モデルが登場しました。

それがロングボディでステーションワゴン風のマーチBOX(1999年追加)と、オープンカーのマーチカブリオレ(1997年追加)です。
 

K11マーチ 出典:https://upload.wikimedia.org/


初の4WDが設定されたのも1999年とモデル末期で、トールワゴンスタイルの派生車、初代キューブに設定されたついでのようではありましたが、そのままBMC ミニのように長く作り続けられてもおかしくない勢いでした。

実際、K11マーチは後継の3代目K12マーチにバトンタッチするまで、実に好調なセールスを記録していたのです。
 

K11マーチのライバル車

K11マーチ 出典:https://ja.wikipedia.org/


トヨタ EP82 スターレット

トヨタ スターレット 出典:https://ja.wikipedia.org/


厳密にはK11マーチより1クラス上ですが、それに近い存在だったのがトヨタのスターレットです。

1.3リッターNAまたはターボ、1.5リッターNAディーゼルというエンジンラインナップでマーチよりパワフルでしたが、当時の日本を代表するベストセラーコンパクトカーという意味では同じでした。

K11登場時に販売されていたEP82は1996年にEP91へと代替わりしますが、なんとK11マーチより早く1999年にはモデル廃止され、初代ヴィッツへとバトンタッチします。

K11がいかに長寿モデルだったかということでしょう。


スズキ AA44S カルタス1000

スズキ カルタス1000 出典:https://ja.wikipedia.org/


K11マーチがデビューした当時、たまたま国内市場でリッターカーがほとんど消滅しており、販売されていたのはこのカルタスの廉価版で生産続行されていた1リッターモデルくらいでした。

「軽より安いリッターカー」として登場し、カタログスペック上ではK11のCG10DE並だったものの、吹け上がりでは遠く及ばないSOHC2バルブエンジンを搭載しており、安いのが一番特徴という車です。


ダイハツ M100Sストーリア / トヨタ M100A デュエット

ダイハツ M100Sストーリア 出典:https://ja.wikipedia.org/


1998年とK11マーチのモデル末期にようやく登場した新型リッターカーがダイハツ ストーリアです。

K11マーチが登場した頃までコンパクトカーのシャレードに1リッターエンジンを搭載していたダイハツですが、1993年からこのストーリアが登場する1998年まで5年ほどはリッターカーが存在しませんでした。

軽自動車用660ccエンジンをベースにした1リッターエンジンを搭載しており、低速トルクはありましたが高回転まで気持ちよく吹け上がるのは、やはりK11のエンジンの方だったのです。後にトヨタにもデュエットとしてOEM供給されました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

K11マーチの中古相場価格は?

K11マーチ 出典:https://ja.wikipedia.org/
日産 K11マーチ
中古車相場
1~68万円


ライバル車のお値段は?


トヨタ EP82 スターレット

中古車:0.1~69万円


スズキ AA44S カルタス1000

中古車:15万円


ダイハツ M100Sストーリア / トヨタ M100A デュエット

中古車:5.4~36万円
 

K11マーチの代表的なスペック

K11マーチ 出典:https://nissan-heritage-collection.com/
日産 K11 マーチ i・z 1992年式
全長×全幅×全高(mm):3,695×1,585×1,425
ホイールベース(mm):2,360
車両重量(kg):750
エンジン仕様・型式:CG10DE 直列4気筒DOHC
総排気量(cc):997cc
最高出力:58ps/6,000rpm
最大トルク:8.1kgm/4,000rpm
トランスミッション:5MT
駆動方式:FF

K11マーチの派生車種

マーチタンゴ

マーチタンゴ

Photo by MIKI Yoshihito

マーチボレロ

マーチボレロ 出典:https://ja.wikipedia.org/


マーチルンバ

マーチ ルンバ 出典:http://www.autech.co.jp/


マーチポルカ

マーチポルカ 出典:http://www.autech.co.jp/


K10マーチのパイクカーほどではないものの、クラシック調を狙って外装を一部変更したモデル。

いずれもオーテックジャパンによるカスタムカー。
 

MujiCar1000

MujiCar1000 出典:https://ja.wikipedia.org/


良品企画が「無印良品」の通販WEBサイト「ムジ・ネット」で販売した通販カー。

マーチの1リッターモデルをベースに、無印良品らしく日産エンブレムを外し無塗装バンパーなど外装はコストダウンしつつ専用ボディカラーや後席ダブルフォールディング機能など個性的かつ実用本位に仕上がっています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

出典:https://nissan-heritage-collection.com/

1990年代に青春時代を送った人であれば、当時の車はいかにも光り輝いて今でも色あせない栄光を放っているものですが、K11マーチもその中に含まれる紛れも無い傑作コンパクトカーでした。

いずれ将来、「90年代日本車リメイクブーム」のようなものがあれば、現在のミニやフィアット500のように、K11マーチも「ニューマーチ」などと言われて登場するのかもしれません。

きっとその時でも古さを感じさせないデザインだとは思いますが、K11そのものを2017年現在乗っても、楽しい車なのは間違いないでしょう。

中古でまだ手に入ってしかも安い今こそ、ぜひ乗ってみてほしい1台です。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!