ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
スズキワゴンRの最新カスタムパーツと維持費、現在の中古車相場とは?

スズキワゴンRの最新カスタムパーツと維持費、現在の中古車相場とは?

1993年の登場以来、カスタムベースとしても高い人気を誇る軽自動車の代名詞スズキワゴンR。2017年に6代目MH35S/MH55S型が発売され、老若男女問わず多くのユーザーがワゴンRを支持しています。販売台数が多く、街中で多くみられるクルマだからこそカスタムして他車との差を付けるユーザーも多いので、様々なカスタムパーツがリリースされています。
今回はワゴンRとワゴンRスティングレーの最新カスタムパーツだけではなく、購入後の維持費や現在の中古車相場をご紹介します!

モタガレトップページ

スズキワゴンRのご紹介!

スズキワゴンRHYBRID FX/出典:http://www.suzuki.co.jp/

『スズキ ワゴンR』は、軽自動車として1993年に初代CT型がデビューし、一世を風靡する人気を博した軽トールワゴンで、2017年には6代目となるMH35S/MH55Sがデビューしました。

廉価版である「FA」とスティングレー「L」のみがアイドリングストップシステム非搭載のガソリンエンジンで、上記以外のグレード全てがマイルドハイブリッドとなっています。

S-エネチャージが進化しており、ISG(モーター機能付発電機)の高出力化と、リチウムイオンバッテリーの大容量化。

軽量・高剛性設計の新プラットフォーム「HERTECT(ハーテクト)」を採用し、プラットフォーム、ボディ、足回りの軽量化を図り、「FA」の2WD車では先代比で20kgの削減しています。

スズキワゴンRHYBRID FZ/出典:http://www.suzuki.co.jp/

6代目より通常のWAGON Rのフロントフェイスは2通り用意されており、HYBRID FZとHYBRID FX/FAでフロントのエクステリアが大きく異なります。

グレードの違いによりエクステリアが違ううえに車体金額も変化してくるので、購入時にはご予算と相談した上で好きな方を選ぶと良いでしょう。
 

ワゴンRとワゴンRスティングレー

スズキワゴンrスティングレーWAGON R STINGRAY/出典:http://www.suzuki.co.jp/

ワゴンRには、スポーティモデルと言えるワゴンRスティングレーの存在があります。

先代の5代目までは流用を行いやすい範囲でのフロントのエクステリアチェンジでしたが、6代目ではボンネットとフロントフェンダーまでスティングレー専用設計となっており、今までとは一味違った立ち位置に。

WAGON R FZとFX/FAの横のラインを基調としたフロントフェイスに比べ、スティングレーでは縦のラインを基調としたエクステリアへと区別され、ユーザーにとっては選ぶ自由度が広がり好みのワゴンRを選ぶことができます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ワゴンRは販売台数が多いからこそカスタム!

街中で見かける機会が多いワゴンR/ワゴンRスティングレーだからこそ、自分なりのカスタムを施して楽しむのはいかがですか?

特にワゴンRスティングレーに関しては、ノーマルでも十分スポーティーなイメージを醸しクールでカッコいいイメージがありますが、自動車のアフターパーツ市場には、たくさんのワゴンR用カスタムパーツがあり、装着すことでよりカッコよく、よりスポーティーに変化させることができます。

ワゴンR&ワゴンRスティングレーにおすすめのカスタムパーツをご紹介します!

MH35S/MH55SワゴンR、車高調でローダウン!

MH35S/MH55SワゴンR(ワゴンRスティングレー)に車高調整式サスペンションを装着しセッティングすることで、車高を下げて楽しむのはいかがですか?

ワゴンRのカスタムをしようと思い立っても、何から手を付けて良いか分からない・・・

カスタムの第一歩がわからないという方は、思い切ってローダウンによるドレスアップから行うのはいかがでしょうか?

MH35S/MH55SワゴンR(ワゴンRスティングレー)におすすめのサスペンション/車高調をご紹介します!

BLITZ DAMPER ZZ-R!!

トータルチューニングパーツメーカーとして広く知られているBLITZ(ブリッツ)。

車高調キットやマフラー、ターボキットなどクルマを速くするためのパーツはもちろん、スロットルコントローラーやメーターなど、機能性を重視したチューニングパーツも幅広い車種で取り揃えています。

blitzワゴンrサスペンションdamperzzr出典:https://www.blitz.co.jp

ブリッツから紹介するのは、「DAMPER ZZ-R」。

単筒式構造採用の全長調整式サスペンションキットながら、リーズナブルな価格を実現した、コストパフォーマンスの高いサスペンションです。

blitzワゴンrサスペンションdamperzzr装着後の車高イメージ/出典:https://www.blitz.co.jp

32段減衰力調整機構を採用し、幅広い減衰力調整が可能。

ストリートからサーキットまで、あらゆる走行シーンに対応します。
 
会員登録すれば500ポイント付与

MONSTER SPORT FX tune サスペンションキット

スズキ車を中心に、様々なクルマのカスタムパーツを開発している「MONSETER SPORT(モンスタースポーツ)」。

モンスタースポーツも、MH35S/MH55SワゴンR、ワゴンRスティングレー用のカスタムパーツを製作しています。

monstersportワゴンrサスペンション出典:https://www.monster-sport.com/

" Flexible & FinePerformance "をテーマに、精悍なローフォルムと走りをストリートで両立させる、ハイバランスチューニングが施された車高調です。

monstersportワゴンrサスペンション装着イメージ/出典:https://www.monster-sport.com/

精悍なローフォルムと走行性能をバランスさせた、低くまとまりのあるスタイルを演出します。

細かな跳ねやコツコツ感のある突き上げ、接地感の無さなどを可能な限り抑え込みながら、ローダウン化とハンドリング性能を両立させています。
 

ワゴンRの車高を下げたら次はエアロパーツ!

車高調キットで車高を下げたら、低さをもっと際立たせるために、エアロパーツを装着するのはいかがでしょうか?

エアロパーツを装着したら、車高の下げすぎには注意が必要です。

MH35S/MH55S ワゴンR/ワゴンRスティングレーにおすすめのエアロパーツをご紹介します!

BLESS CREATION WAGON R STINGRAY(MH55S)

軽自動車やコンパクトカー、ハイブリッドカーなどのカスタムパーツを手掛ける「BLESS CREATION(ブレスクリエイション)」。

クルマのカスタムパーツだけでなく、バイク用カスタムパーツも手掛けるメーカーです。

BLESS CREATIONは、ワゴンRスティングレー(MH55S)用のエアロパーツをラインナップしています。

blesscreationワゴンR出典:http://www.bless-pt.com/

フロントは純正バンパーに被せるハーフタイプのエアロパーツ。

左右に縦4連LEDを仕込み、存在感をアピールします。

また、赤く塗り分けられている部分はディフューザー形状が採用されており、スポーティーなフロントビューを実現します。
  LEDなしの、ver.1もあります!
 


blesscreationワゴンrサイド出典:http://www.bless-pt.com/

サイドには。アンダーサイドスポイラーと呼ばれる、フラップタイプのエアロパーツを採用。

前後エアロパーツをスムーズに繋ぎ、張り出しも少ないので乗降性も損ないません。
 


blesscreationワゴンRリア出典:http://www.bless-pt.com/

リアはM型のラインを取り入れたハーフタイプのエアロパーツをラインナップ。

後続車へのアピール度満点です。
 
グリルやボンネットスポイラー、リアウイングで更なるスタイルアップも実現できます!
 
会員登録すれば500ポイント付与

D.A.D-ワゴンR EU-S Edition [ MH55 ]

ラグジュアリーな内装カスタムアイテムやエアロパーツで知られている「D.A.D」。

D.A.Dからは、MH55SワゴンR用のエアロパーツをご紹介します。

dadワゴンr出典:http://www.garson.jp/

全体的にラグジュアリーなイメージのD.A.DのワゴンR用エアロパーツ。

中でも注目なのは、フロントビューを輝かせるLEDフォグカバーです。


dadワゴンrled出典:http://www.garson.jp/

フロントバンパー両サイドに装着するアイテムで、他車へのアピール度満点のエクステリアパーツです。

画像のように、ウインカーも点灯させることができます。

dadワゴンrエアロパーツ出典:http://www.garson.jp/

リアハーフスポイラーは、フラップタイプで両端を跳ね上げつつ、センターに3本のフィンを取り入れることでディフューザー形状を表現。

ワゴンRのスポーティーな印象を高めます。

フロントハーフ、サイドステップ、リアウイングにも注目です!
 

ワゴンRをスポーティーに!マフラー交換!

車高調によるローダウンと、エアロパーツによるロー感のアピール。

ワゴンRのカスタムが進んで来たら、マフラー交換を行って更にスポーティーな印象を与えましょう!

マフラー交換は見た目の変化はもちろん、サウンドにも変化をもたらせます!

今回は、ワゴンRスティングレーにおすすめのマフラーをご紹介します!

BLITZ NUR-SPEC VSRをご紹介!

車高調もご紹介しましたが、マフラーも「BLITZ(ブリッツ)」のアイテムをご紹介します。

今回ご紹介するBLITZのマフラー、「NUR-SPEC VSR」は、DAMPER ZZ-Rと同じく様々な車種専用モデルがラインナップされていることが特徴です。

ブリッツニュルスペックvsrワゴンrスティングレー出典:https://www.blitz.co.jp/

鏡面仕上げによる上質な輝きと高い耐久性を誇るSUS304製ステンレスマフラーです。 

新開発のチタンカラーテールが採用されており、レーシーなリアビューを演出します。

また、ブリッツ独自の特殊塗装技術で、チタニウムの焼け色と遜色の無い鮮やかなブルーグラデーションを実現しています。 

※上記で紹介したエアロパーツを装着した際は、装着できません。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ワゴンRのカスタムパーツをもっと探す!

いかがでしたか?

モタガレには、他にもMH35S/MH55SワゴンR(ワゴンRスティングレー)のカスタムパーツが掲載されています。

以下のリンクより、お好みのカスタムパーツを探してみてください!
 

スズキワゴンRの中古車価格相場は?

ワゴンRの中古車価格や保険料、税金、ガソリン代などの維持費に関してご紹介します。

スズキワゴンR出典:http://www.suzuki.co.jp/

2018年6月現在、MH35S/MH55S型ワゴンRが発売されてから1年と数か月しか経っていませんが、廉価版のFAグレードは比較的購入しやすい金額になっています。

しかしながら人気のスティングレーは新車価格と大きな変化はなく、まだまだ高いことが実情です。

ワゴンR FA〜ワゴンRスティングレー Tの全てを含めて75〜180万円が相場となっています。

市場に出回っている中古車の走行距離はほとんどが低走行車であり、多くが未走行~6,000km、最大でも25,000kmほどです。

中古車の車両状態は良質なものが多いですが、安価な車両には事故歴がある可能性もあるので注意しましょう。

また、発売間近に購入された6代目ワゴンRは、初回の継続車検が2020年2月~2020年後半あたりになるため、車検が残り少なくなれば中古車価格も安くなっていくと思われます。

購入する場合は車検費用も含めて考える必要がありますが、初回継続車検では交換する部品や調整箇所が少なく、重量税が免税対象になるため、比較的安く車検を済ませれます。

歴代人気のある車のため、今後中古車車両も大量に出てくることも予想されます。

中古車を狙っている方は、あと1年~2年ぐらいは待った方が安く購入できるかもしれません。
 

スズキワゴンRの維持費は?

スズキワゴンRの維持費とは!?

自動車保険出典:写真AC
会員登録すれば500ポイント付与

1年間にかかるガソリン代は?

スズキワゴンRの実燃費値は口コミを調べてみると、ガソリン車で22.5km/リッター、マイルドハイブリッド車で23.8km/リッターといったところ。

年間のガソリン代は、年間1万km走行しレギュラーガソリン(2018年4月で約140円)を給油していれば、ガソリン車で約62,000円、マイルドハイブリッド車で約59,000円です。

 

車検費用は?

新車購入後の初回継続車検では、(HYBRID FXとFAで比較)
・重量税:HYBRID FZは1,800円、ガソリン車のFAは5,600円
・印紙代(指定工場で車検を依頼する場合):1,100円
・自賠責保険(24ヶ月):25,070円
・車検基本料金(スズキディーラー):約15,000円

上記の費用からハイブリッド車が42,970円(1年分で21,485円)、ガソリン車が46,770円(1年分で23,385円)です。

車検代に関しては、ディーラーや販売地域、法改正などで価格が違ってくるため、上で求めた価格はあくまで大まかな見積もり額です。

年間の自動車保険料は?

自動車保険料は、加入条件を"40歳~”、”ゴールド免許”、”13等級”、"年間走行距離1万キロぐらい”とすれば、対物対人無制限で、車両保険をつけて約4万4,000円となります(モタガレ調べ)。
 
会員登録すれば500ポイント付与

トータルでの年間維持費は?

通常、2015年3月以降登録の軽自動車税は10,800円となっており、MH35S/MH55S型のワゴンR/ワゴンRスティングレーはエコカー減税対象車があるので、減税割合によって金額が異なります。

マイルドハイブリッド搭載のワゴンR HYBRID FZは50%減税で新車登録翌年度が5,400円、それ以降が10,800円です。

ガソリンエンジンのワゴンR FAは減税対象でないため、新車登録翌年度から10,800円となります。

ガソリン代、車検代、自動車保険代、自動車税から年間の維持費を算出してみると、以下のようになります。
 
ワゴンR HYBRID FZ ワゴンR FA(ガソリン車)
ガソリン代 59,000円 62,000円
車検費用(1年分) 21,485円 23,385円
自動車保険 44,000円 44,000円
自動車税 10,800円
(登録翌年:5,400円)
10,800円
合計 135,285円
(登録翌年:129,885円)
140,185円

※あくまで大まかな見積もり額のため、実際の金額と違う場合があります。
※オイル交換などの消耗品代は含まれていません。

【スズキ ワゴンR】まとめ

スズキワゴンR出典:http://www.suzuki.co.jp/

スズキ WAGON Rについてカスタムパーツや中古車価格、保険料や税金、車検費用、維持費などを紹介してきました。

ワゴンRは1993年の発売以来、日本で最もポピュラーな軽自動車で街中でも見かけることが多いクルマです。

6代目になりスティングレーも含めて3つの顔を持つMH35S/MH55Sですが、乗っている人が多い車だけにカスタムして車だけにカスタムして自分だけの特別な車に仕上げるのも楽しいはずです!

ぜひモタガレを参考に、自分だけのワゴンRに仕上げてみて下さい!

以下のリンクよりワゴンR/ワゴンRスティングレーのカスタムパーツがもっと見られます!

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!