ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ダイハツウェイクの最新カスタムパーツと維持費、現在の中古車相場とは?

ダイハツウェイクの最新カスタムパーツと維持費、現在の中古車相場とは?

軽自動車は1994年に登場して大ヒットしたスズキ ワゴンRによって背の高いトールワゴン時代に突入しました。

2003年にはダイハツからさらに背の高いタントが大ヒットして「縦方向の室内スペース以外に大きく広げるところが無い」限界に達していたこともあり、ハイトールワゴン全盛期へ。

トール軽ワゴンのタントとは差別化され、遊び心を取り入れたダイハツの軽自動車がWAKE(ウェイク)です。

モタガレトップページ

ダイハツウェイクをご紹介します!

ダイハツウェイクLA700SLA710S出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ウェイクの原型となったのは2013年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「DECA DECA」でした。

2003年に発売されたダイハツタントの登場で、「ダイハツでいえばムーヴのようなトールワゴンよりさらに背の高い、ハイトールワゴン」という新境地を開拓し、同カテゴリー車を持たないライバルの追従を許さない大ヒットとなった前例がダイハツにはありました。

タントも2010年代に入ってからは強力なライバルと販売台数を争うようになっていたことから、タントを超える超ハイトールワゴンの投入を決定。「タントの上を行く」という意味で「ウェイク」と名付けられました。

テレビCMでのインパクトもあり訴求効果はバツグンで、タントと並ぶダイハツの2大ハイトールワゴンとして人気を集めています。

ウェイクの武器は軽自動車最大の室内高!!

ダイハツウェイクLA700SLA710S出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ウエイクというと「とにかく背が高い」(全高1,835mm)というイメージで、確かに同じダイハツのはいトールワゴン、タント(3代目は全高1,750mm)と比較すれば85mmも高くなっています。

しかし他の車種とも比較した場合、軽1BOXワゴンのアトレーワゴン(全高1,875mm)よりは低く、車内スペースを重視した軽乗用車として一番背が高いとまでは言えず、むしろ低く抑えたとも言えるのです。

室内高はタント(3代目で1,365mm)は元より、アトレーワゴン(1,350mm)も上回る軽自動車随一の1,455mmを実現し、商用車以上の使い勝手が特徴です。

最低限の車高アップで室内高を稼いだダイハツ渾身の1台と言えます。
会員登録すれば500ポイント付与

ダイハツウェイクの中古車価格相場は?

ダイハツウェイクLA700SLA710S出典:https://www.daihatsu.co.jp/

2014年11月に発売開始されたウェイクですが、初回車検を終えた時期もあり中古車市場には多くの台数がストックされています。

中古車相場もこなれて来ており、69〜199万円と幅広い相場となっており、走行距離は1〜6万kmと幅広く、中には10万km超えの個体があったりと、選択肢の幅は広いです。

中古車の車両状態は良質なものが多いですが、安価な車両には事故歴がある可能性もあるので注意しましょう。

購入する場合は車検費用も含めて考える必要がありますが、車検ではまだまだ年式が新しいことから交換する部品や調整箇所が少なく、比較的安く車検を済ませられます。

まだまだモデルチェンジは先になる車種ですので、今が買い時なのかもしれません。

ダイハツ ウェイクのカスタム事情は?!

ラゲッジスペースも広く、荷物をたくさん積めるウェイク。

積載能力の高いウェイクだからこそ、色々なところへ遊びに行きたくなりますね。

そして折角遊びに行くなら、ウェイクを自分好みにもっと楽しめる仕様にカスタムするのはいかがでしょうか?

軽自動車であるウェイクのおすすめカスタムをご紹介します!

ホイール交換でウェイクをドレスアップ!

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

ダイハツ ウェイクにピッタリなホイールをご紹介します。
会員登録すれば500ポイント付与

BBS RP

BBSRP出典:https://bbs-japan.co.jp/

モータースポーツファンはもちろん、そうでない人も一度は憧れるBBS。

飽くなき探究心を注ぎ込んだ確かな品質は、ホイールという名の工芸品として昇華しています。

BBSジャパンの鍛造ホイールを、軽自動車やコンパクトカーでも楽しめるようにと開発されたのがこの「RP」です。
BBSRP出典:https://bbs-japan.co.jp/

デザインは伝統のY字クロススポークデザインをしっかりと継承させ、小口径でも抜群の存在感を放ちます。

性能、品質もレースで磨き抜かれたBBSジャパンクオリティーを凝縮し、更に最新のコンパクトスポーツにも対応するべく、ブレーキクリアランスも最適化されています。

お手頃と言える価格帯なので、エントリーモデルとしておすすめできるホイールです。

ウェイク(L"SAⅡ" 2WD LA700S)に装着できるサイズは、15インチ×5.0J+45、15インチ×5.5J+45、16インチ×5.0+45、16インチ×5.5+45です。

ウェイクをエアロパーツでドレスアップ!

軽自動車カスタムの醍醐味は、エアロパーツ/ボディキットによるドレスアップと言えます。

ウェイクにも様々なエアロパーツがラインナップされています。

ウェイクにオススメなエアロを見てみましょう!

BLESS CREATION ウェイク用エアロパーツ

軽自動車やコンパクトカー、そしてハイエースやキャラバンなどのバンまで、様々なクルマのエアロパーツを製作しているBLESS CREATION(ブレスクリエイション)。

BLESS CREATIONのウェイク用のエアロパーツは、ウェイクをスタイリッシュに仕上げます。

ダイハツウェイクblesscreation出典:http://www.bless-pt.com/

フロントはハーフタイプながら、バンパーの半分までを覆う大胆なデザインを採用。

縦5連LEDをインストールし、他のウェイクとの差をアピール。

ダイハツウェイクblesscreationフロントハーフスポイラー出典:http://www.bless-pt.com/

フロントハーフ下部はディフューザー形状とフラップ形状を織り交ぜることでスポーティーさをアピールします。
 



ダイハツウェイクblesscreationフロントグリル出典:http://www.bless-pt.com/

3段のルーバーとグリルの輪郭をハッキリさせるデザインが特徴のフロントグリル。

フロントハーフスポイラーは装着せずに、グリルを交換するだけでも、ウェイクの表情を大きく変えることができます。
 
  ダイハツウェイクblesscreationサイドステップ出典:http://www.bless-pt.com/

サイドステップはフロントからリアに掛けて斜めに立体的なラインが取り入れられていることが特徴。

塗分けることでラインを強調し、ノーマルとの違いをアピールします。
 

ダイハツウェイクblessreationリアアンダースポイラー出典:http://www.bless-pt.com/

ウェイク用リアアンダースポイラーは、縦3本のフィンを取り入れたディフューザー形状を採用。

両端をフラップ風とすることで、フロントハーフスポイラーとの相性も抜群です。
 
ダイハツウェイクblesscreationリアゲートスポイラー出典:http://www.bless-pt.com/

リアゲートにアクセントを与えるリアゲートスポイラーもラインナップ。

初めから装着されていた純正パーツかのようなマッチングです。
 

BLESS CREATIONのウェイクを以下のURLより詳しくチェック!
会員登録すれば500ポイント付与

NANKAI AUTO ウェイク用エアロパーツ ALLURE

ダイハツウェイク南海オート出典:http://www.nankaiauto.co.jp/

国産の軽自動車やコンパクトカー、ミニバンなどのエアロパーツを開発しているNANKAI AUTO(南海オート)。

新車コンプリート販売も対応しており、クルマとパーツを別々で購入するよりお得に購入できることをウリにしています。

南海オートもウェイク用エアロパーツをラインナップ。

シンプルなパーツ構成ながら、ウェイクの表情を大きく変化させることができます。

ダイハツウェイクフロントバンパービレット出典:http://www.nankaiauto.co.jp/

純正バンパーに対応しており、グリルをビレット化できるアイテムです。

装着するだけでも、ウェイクの表情を思い切り変えることができるパーツです。
 
ダイハツウェイク南海オートフロントグリル出典:http://www.nankaiauto.co.jp/

ウェイク用フロントバンパービレットと併せて装着したい、フロントグリル。

より鋭いフロントフェイスを実現します。

ダイハツウェイク南海オートヘッドライトカバー出典:http://www.nankaiauto.co.jp/

スモークカラーがウェイクにダークなイメージを与えるヘッドライトカバーです。

テールレンズカバーもラインナップされているので、併せて装着することで統一感がアップします。
 
併せて装着したい!

NANKAI AUTOのウェイクを以下のURLより詳しくチェック!

車高調を装着しローダウンしてウェイクを愉しむ!

ホイールを交換し、エアロパーツを組んだら、次はローダウンによるドレスアップはいかがですか?

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンによるものが挙げられますが、今回はウェイクにおすすめの車高調キットをご紹介します!

BLITZ WAKE DAMPER ZZ-R

ダイハツウェイクブリッツダンパーzz-r出典:https://www.blitz.co.jp

多彩な車種に対応するBLITZのDAMPER ZZ-R。

もちろん、ウェイクにも対応しています!

ダイハツウェイクブリッツダンパーzz-r装着後の車高イメージ/出典:https://www.blitz.co.jp

32段減衰力調整機構を採用し、幅広い減衰力調整が可能。

ストリートからサーキットまで、あらゆる走行シーンに対応します。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ウェイクのリアビューをもっとスポーティーに!マフラー交換

ウェイクをカスタムしてきたら、マフラー交換を行って更にスポーティーな印象を与えるのも良いかもしれません。

マフラー交換は見た目の変化はもちろん、サウンドにも変化をもたらせます。

ウェイクにおすすめのマフラーをご紹介します!

BLITZ NUR-SPEC VSR

車高調もご紹介しましたが、マフラーも「BLITZ(ブリッツ)」のアイテムをご紹介します。

今回ご紹介するBLITZのマフラー、「NUR-SPEC VSR」は、DAMPER ZZ-Rと同じく様々な車種専用モデルがラインナップされていることが特徴です。

出典:https://www.blitz.co.jp/

鏡面仕上げによる上質な輝きと高い耐久性を誇るSUS304製ステンレスマフラーです。 

新開発のチタンカラーテールが採用されており、レーシーなリアビューを演出します。

また、ブリッツ独自の特殊塗装技術で、チタニウムの焼け色と遜色の無い鮮やかなブルーグラデーションを実現しています。 

※上記で紹介したエアロパーツを装着した際は、装着できない場合があります。
 

ダイハツウェイクの維持費は?

出典:写真AC

ダイハツウェイクの維持費をご存知ですか?

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。
 
ウェイクはエコカー減税対象車です。新車購入時には自動車取得税が20%、重量税が25%軽減され、グレードによって自動車取得税が変わりますが、合計で約6,400〜7,700円の軽減で、軽自動車税は10,800円になります。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ダイハツウェイクの燃費は?

ダイハツウェイクLA700SLA710S出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ハイトールワゴンの軽自動車ダイハツウェイク(LA700S / LA710S)の燃費をご紹介します。

メーカー発表値のJC08モード燃費は以下の通りです。
・660ccガソリン:25.4km/L(4WD車は24.6km/L)
・660ccターボ:23.8km/L(4WD車は23.2km/L)

 

まとめ

ダイハツウェイクLA700SLA710S出典:https://www.daihatsu.co.jp/

いかがでしたか?

普段たくさんの買い物をする人や、フル乗車で見合った荷物を載せて旅行に行く人、そしてもちろんレジャー用途まで、ウェイクは「軽自動車で可能な限り多くの用途をこなしたい」という人にうってつけの一台です。

遊び心のあるエクステリアデザインなので純正で乗るのも良いですが、カスタムして自分だけの特別なウェイクに仕上げるともっとカーライフが楽しくなはず!

是非、モタガレを参考に自分だけのウェイクに仕上げてみて下さい!

以下のリンクよりウェイクのカスタムパーツがもっと見られます!

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!