ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
レクサスGSの最新カスタム事情、燃費や維持費、中古車相場とは?

レクサスGSの最新カスタム事情、燃費や維持費、中古車相場とは?

LEXUSのブランドデザインともなっているスピンドルグリルが採用された4代目レクサスGS。
LEXUS GSはカスタムして楽しまれることも多く、様々なカスタムパーツがラインナップされています。
今回は、レクサスGSにおすすめのカスタムパーツ、気になる維持費や燃費、中古車相場をご紹介します!

レクサスGSとは?

LEXUSレクサスGS出典:https://lexus.jp/

1991年、スープラと同じ3リッターツインターボ2JZ-GTEによる豪快な加速が売りのトヨタ最強スポーツセダンとして生まれたトヨタ アリストをベースに、1993年にレクサスGSとしてもデビュー。

2代目の2005年までは日本名トヨタ アリスト、海外名レクサス GSとして過ごしました。

初代GSは直列6気筒3リッター、2代目は直列6気筒3リッターに加えてLSと同じ4~4.3リッターのV型8気筒エンジンを搭載した、極めてジェントルな車であっただけに、2005年、日本でレクサス店が展開開始した時の最高級セダン(2006年まではLSがまだセルシオとしてトヨタブランドで販売中)としてGSが登場した時、高級セダンとしてのブランドが浸透するには時間がかかりました。

結果的にはLEXUS車そのものがスピンドルグリルでアグレッシブなデザインに変化し、2012年に販売開始された4代目レクサスGS自体もハイパワー大排気量V8エンジンを搭載したGS Fが設定されるなど、ラグジュアリーはもちろんですがスポーティ路線にも方向性を示しました。

LEXUS GSには「F」もあります!

レクサス GSF出典:https://lexus.jp/

2015年には、レクサスIS FやレクサスRC Fに搭載されていた5リッターV8高性能エンジン、2UR-GSEを搭載したハイパフォーマンスバージョン、レクサスGS Fが追加。

レクサスIS Fの423~430馬力から、レクサスRC F同様477馬力にパワーアップしており、上級セダンでありながらパフォーマンス面で劣っていたのを一気に取り返し、LEXUS最強の高級・高性能スポーツセダンとなりました。

最短0.2秒で高速変速が可能な8速AT「8-Speed SPDS」が搭載され、既に搭載済みだったGS350やGS Fと合わせ、ハイブリッド仕様および4WD仕様を除く全グレードがダイレクト感あふれる走りが可能な8速AT車になりました。

レクサスGSのカスタム事情は?!

LEXUSを代表する大型セダンであるレクサス GS。

ノーマルのまま乗っても風格や走りは十分ですが、カスタムする事で唯一無二の存在へと昇華させる事が出来ます。

プレミアムな車をよりオリジナリティ溢れる楽しい車にカスタムするのは如何でしょうか?

モタガレが厳選した、レクサスGS/GS Fにおすすめのカスタムパーツをご紹介します!
会員登録すれば500ポイント付与

ホイール交換でレクサスGSをドレスアップ!

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

まず最初に、レクサス GSにピッタリなホイールをご紹介します。
 

WORK GNOSIS GR205

work gnosis gr205出典:https://www.work-wheels.co.jp/

レーシーなホイールからラグジュアリーなホイールまで幅広く提供するWORK(ワーク)。

レクサスGSにおすすめしたいのが、疾走感とスポーツ性を加速させるエレガントなツインファイブスポークデザインが特徴の「WORK GNOSIS GR205」です。

work gnosis gr205出典:https://www.work-wheels.co.jp/

しなやか且つ優雅に展開する造形は知性を標榜するGNOSISならではの統一規格で、さらなる高みを目指した哲学・デザインは次なるステージへ。

カットリムが輝き、唯一無二の存在感へと昇華します。

レクサス GSの内装をカスタム!

レクサスに乗る喜びは、高級感溢れるインテリアからも感じ取る事が出来ます。

インテリアパーツも大事なドレスアップカスタムの一つ!モタガレではインテリアパーツも沢山ご紹介しています!

レクサス GS/GS Fの内装、少しはカスタムしたいけど、大幅なドレスアップはあんまり・・・

というレクサス GS/GS Fオーナーにおすすめのアイテムがあります。

装着すれば、レクサス GSでのドライブもより一層楽しいものになる事間違い無しです!
会員登録すれば500ポイント付与

LXラインストーンリング(アナログクロック) C-Type

lexus LXラインストーンリング(アナログクロック)C-Type出典:http://www.lx-mode.jp/

レクサス特有の、LEDアナログクロック外周部にストラススワロフスキーコンポーネントを散りばめ高級感を演出する事が出来るワンポイントアイテムです。

ストラススワロフスキーコンポーネンツクリスタルを82粒とふんだんに使用されており、ラグジュアリー感をプラスします。

レクサス GS/GS Fをエアロパーツでカスタム!

レクサスを代表する高級セダン、LEXUS GS/LEXUS GS Fのカスタムの醍醐味は、何といってもエアロパーツ/ボディキットによるドレスアップでしょう。

レクサス GS/GS Fのオリジナリティ、風格共に高める厳選されたエアロパーツ/ボディキットを、モタガレがご紹介します!

純VIP EXE LEXUS GS350/250 ~MC

まずはLEXUS GS前期用ボディキットからご紹介します!

レクサスLEXUS GS AIMGAINエアロパーツ出典:http://www.aimgain.net/home.html

スポーツカーから高級車まで、幅広い車種へのドレスアップ・カスタムパーツを開発・販売する「AIMGAIN(エイムゲイン)」。

AIMGAINがレクサス GS用にデザインしたラグジュアリー感溢れるエアロパーツは、圧巻の一言。

シンプルな中に奥深いドレスアップ性を秘めています。

レクサスLEXUS GS AIMGAINエアロパーツ出典:http://www.aimgain.net/home.html

フロントアンダースポイラーは、派手すぎないエクステンションタイプとする事で、上品かつ繊細にレクサスGSが本来持っている魅力を向上。

直線的なラインひとつとっても単純なラインやフラットな面はほとんど使わず、緩いカーブを描く線や面を複雑に繋げる事で、唯一無二の存在感を演出します。

レクサスLEXUS GS AIMGAINエアロパーツ出典:http://www.aimgain.net/home.html

サイドステップは、後方へ向かう程エグりを増すことで、しなやかな肢体ぶりを強調。

ディフューザー形状の純正リアバンパーへと自然なラインを作り出します。

レクサスLEXUS GS AIMGAINエアロパーツ出典:http://www.aimgain.net/home.html

純正+αというコンセプトというシンプルなデザインのトランクスポイラー。

従来製品では端の方で純正ボディーラインが変わる所がありますが、ラインが変わる前で止め、2面にまたがらないようにすることで見た目スッキリに仕上げられています。

各パーツの詳細は以下リンクからもチェックできます!
会員登録すれば500ポイント付与

TOM'S LEXUS GSF URL10

続いて、レクサスGS Fにおすすめのボディキットをご紹介します。
レクサスLEXUS GS toms エアロパーツ出典:https://www.tomsracing.co.jp/

1974年の創業から、レース実績等で培ってきた経験と技術力をパーツ開発へと注ぎ込み、「情熱」「感動」「ロマン」を届けるTOM's(トムス)。

TOM'sがレクサス GS Fへ提案するエアロパーツはレーシーにまとめられています。

レクサスLEXUS GS toms エアロパーツ出典:https://www.tomsracing.co.jp/

高級感溢れるフロントフェイスは変えずに、レーシーさとボリュームをプラスするGS F用フロントディフューザー。

両端を跳ね上げることでレーシーなスタイルを確立します。

レクサスLEXUS GS toms エアロパーツ出典:https://www.tomsracing.co.jp/

エッジの効いたシャープなデザインが特徴のサイドディフューザー。

シンプルながら、エンド部に配されたディフューザー形状が唯一無二の存在感とレーシーさを演出します。

レクサスLEXUS GS toms エアロパーツ出典:https://www.tomsracing.co.jp/

GTカーを彷彿とさせる、大型のフィンを配したリアバンパーディフューザーです。

純正マフラーにも対応しており、他車を圧倒する迫力を与えます。

各パーツの詳細は以下リンクからもチェックできます!

TOM'Sのレクサス GSF用カスタムパーツは他にもあります!

レクサスGSにおすすめの車高調!

ホイールを交換し、エアロパーツを組んだら、次はローダウンによるドレスアップはいかがですか?

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンスプリングによるものが挙げられますが、今回はレクサスGS Fにおすすめの車高調キットをご紹介します!

RS★R Super☆i

レクサスGS Fに使用できるサスペンションをご紹介します!

rs-r super i出典:https://www.rs-r.co.jp/

「ノーマル」から「SPORTS S」、更に「SPORTS S+」へ切り替える毎にレスポンスが激変するレクサスGSFへ、スポーティーさとしなやかさを提供するRS★R製「Super☆i」。

40段階の幅広い現水力調整機構により安定感のある乗り心地を実現します。

rs-r super i lexus gs装着イメージ/出典:https://www.rs-r.co.jp/

レクサスにふさわしい上質で快適な走りは損なわずに、コーナリング時には粘りのある接地感でハイパワーをしっかりと路面に伝えてくれるセッティングが可能な逸品です。
会員登録すれば500ポイント付与

レクサスGSの中古車価格相場は?

LEXUSレクサスGS出典:https://lexus.jp/

2018年6月現在、レクサスGS300hや450hを始めとした様々なグレードが販売されており、販売開始から2回目の車検も過ぎることから、前期型は価格がこなれて来ていることが特徴です。

GS300、GS350〜上のグレードのGS450hまでを含めた中古車相場は130〜680万円と幅広く、総じて前期型が安く購入できます。後期型はまだまだ新しいため新車からの値落ち幅が少ないことが特徴です。

またスポーツモデルのGS Fは650〜900万円と新車に比べると落ち着いて来ています。

走行距離はGS前期型で3〜10万キロ前後の個体が多く、修復歴の有無も多いので購入時は必ず確認をする用意しましょう。後期型はまだ初回車検を終えたばかりで比較的走行距離が少ない個体が多いですがそれでも3〜5万キロ前後となっています。

モデルチェンジが近いため、買うなら前期型のGSがチャンスかもしれません。

レクサスGSの気になる維持費は?

維持費自動車保険車検出典:写真AC

レクサスGSの維持費について解説します。

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。
 

レクサスGSの燃費は?

LEXUSレクサスGS GSF出典:https://lexus.jp/

2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載したGS300、2リッター直列4気筒エンジンにハイブリッドシステムを搭載したGS300h、3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載したGS350、3.5リッターV型6気筒エンジンにハイブリッドシステムを搭載したGS450hの燃費の差をご紹介します。

メーカー発表のJC08モード燃費では、
GS300:13.0〜13.2(km/L)
GS300h:21.4〜23.2(km/L)
GS350:9.9〜10.8(km/L)
GS450h:18.0〜18.2(km/L)

となっており、GS300hが最も燃費が良いとされています。以外にもGS450hの燃費が良く、いかにトヨタのTHSⅡのハイブリッドシステムが高効率なのかが分かります。
会員登録すれば500ポイント付与

【LEXUS GS カスタム】まとめ

LEXUSレクサスGS出典:https://lexus.jp/

かつてのアリストのようにパワフルなスポーツセダンが良いのか、海外で販売していた時代からのGSのように、高級セダンが良いのか。

アリストが好きだった人も、新しいレクサスを求める人も、両方を満足させられる高級車なのが4代目レクサスGSではないでしょうか。

4ドアセダンとしても利便性が高く、燃費も良く、中古車相場では買いやすい値段となって来たことからカスタムのベース車両としてもちょうど良いです。

ノーマルで乗るのも良いですが、ノーマルで乗るのも良いですが、乗っている人が多いクルマだけにカスタムして自分だけの特別な車に仕上げるのも楽しいはず!

是非、モタガレを参考に自分だけのレクサスGSに仕上げてみて下さい!

以下のリンクよりレクサスGSのカスタムパーツがもっと見られます!

あわせて読みたい

関連記事は以下よりチェック!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!