ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
もう軽自動車では物足りない?!TOYOTAタンクならではの魅力と特徴ってなに?

もう軽自動車では物足りない?!TOYOTAタンクならではの魅力と特徴ってなに?

軽トールワゴンより大きなコンパクトカークラスの小型トールワゴンはトヨタでもラクティスやbBがありましたが、モデルチェンジを重ねて商品力を上げたスズキ ソリオに対して明らかに劣勢となりました。

その巻き返しを図り、トヨタグループ各社を巻き込んだソリオ包囲網を築いた小型トールワゴン4兄弟の1台が、トヨタTANK(タンク)です。

ライバルを研究し尽くした小型トールワゴン、トヨタ タンク

トヨタタンクM900 出典:http://toyota.jp/
 

三菱 初代ミニカトッポに始まりスズキ 初代ワゴンRで火が付いた軽トールワゴンですが、コンパクトカーをベースとしたその上級車種の登場と、そのヒットは必然でした。

それが1990年代末にデビューしたトヨタ ファンカーゴ(後にラクティス)や同bB、日産 キューブといった小型トールワゴン群で、その一角にありながらヒット作とは呼べなかったのが、ワゴンRワイドに始まり落ち着くまで車名が二転三転していたスズキ ソリオです。

しかし、スズキが新たな世界戦略としてプレミアム感ある高品質小型車を重視するようになると、スペース効率に優れ軽自動車でつちかった環境性能を惜しみなくつぎ込んだソリオは、モデルチェンジのたびに商品性を上げてきます。

いわば「軽自動車の豪華版」として品質の高さを誇ったソリオに対し、トヨタや日産の同クラス車は「普通車の廉価版」という位置づけで力の入り方が違い、トヨタはラクティスがやや大きすぎ、bBは環境性能で時代遅れになっていました。

そこでこれら2車を統合した上でソリオ並のコンパクトさとスペース効率、環境性能を目指したアグレッシブなデザインの新たな小型トールワゴンが必要となり、その開発はトヨタグループの中でも軽自動車からコンパクトカーを専門とするダイハツが担当。

完成したダイハツ トールをトヨタグループ各社で販売することで「ソリオ包囲網」を構成することとなり、トヨタでトヨペット店およびネッツ店販売車種としてOEM供給されたのが「タンク」です。

基本的には企画・開発・生産を行うダイハツ トールを基準に、トヨタ タンク(トヨペット店、ネッツ店) / ルーミー(トヨタ店、カローラ店)、スバル ジャスティ全て若干デザイン違いの同車種4兄弟。

レクサス店と最近加わったマツダ、スズキを除く、トヨタと関わりのある全ての乗用車ディーラーで販売しています。
 

トヨタ タンクの主な特徴・特色

トヨタタンクM900出典:http://toyota.jp/tank/interior/space/
 

目に見えるスペース効率を追求したキャビンにアグレッシブなフロントマスク

トヨタタンクM900出典:http://toyota.jp/
 

タンクも含まれるトール4兄弟、その先代にあたるラクティスとbBは、スタイリッシュ、あるいはアグレッシブではあったものの「ハコ」に徹したソリオと比較して見た目でのスペース効率アピールに欠けていました。

特に2005年デビューと旧式化の著しかった2代目bBは実際に車内スペースも古い基準で特に広いわけでも無く、日本市場で販売するにはもはや時代遅れだったのです。

そこでタンク(トール4兄弟)はフロントガラスを思い切って立てるとともにボディサイドを垂直とし、広いガラスエリアを前後に通すとともに、前後ドアのウィンドウは1段広くしたサーベル(剣)デザインを採用して開放感とアグレッシブさを演出。

リアもサイドと連動したデザインで見るからに「ハコ」と言える立体感と、大きく開口するテールゲートを設けました。

それでいてフロントはボンネットを水平に近くして厚みを持たせ、メッキパーツを多用したアグレッシブデザインを採用。

いわばラクティスのスペース感とbBのアグレッシブ感を組み合わせてライバルに対抗しています。

なお、タンクのデザインはダイハツ トールの標準車をベースとしてタンク(標準車)およびドレスアップ版タンクカスタムとなっており、タンクカスタムのデザインはスバル ジャスティカスタムと共通です。

会員登録すれば500ポイント付与

両側スライドドア採用で小型トールワゴンとしての弱点を解決

トヨタタンクM900 出典:http://toyota.jp/
 

2010年代に入って以降、日本市場でトールワゴンやミニバンが成功するためには後席スライドア採用が必須となっており、タンクも後席両側スライドドアを採用したことで全席とも通常のヒンジドアだった先代モデルの弱点を解消しました。

これにより広い開口部と狭い場所での良好な乗降性、予約ロック機能とワンタッチオープン機能のついたパワースライドドア設定グレードでは両手が塞がっている時などの使い勝手も向上させています。

シートアレンジも前席フルリクライニング、後席は70度までリクライニング可能でゆったりとしたフルフラットモードや、後席を前方にダイブイン格納させれば、自転車やカーペットなど長尺物を積載可能な広大なスペースを作ることが可能です。
 

NAかターボか、自動車税の安い1リッターに統一されたエンジン

トヨタタンクM900 出典:http://toyota.jp/
 

先代モデルでは1.3~1.5リッタークラスだったエンジンはダイハツ ブーン / トヨタ パッソと同じく税制面で有利な1リッター3気筒エンジンに統一されました。

NA(自然吸気エンジン)版の1KR-FE搭載グレードではCVTやスロットルバルブ制御の最適化で排気量は小さくとも軽快な加速感や登坂性能を実現。

よりパワフルさを求めるユーザーにはターボエンジンの1KR-VET搭載グレードもあり、従来の1.3リッターエンジンを上回る最高出力やトルクにより、高速巡航でもストレス無い力強い走りを得ています。
 

トヨタ タンクと主なライバルの燃費性能

トヨタタンクM900 出典:http://toyota.jp/
 

※JC08モード燃費、同クラス2列シート小型トールワゴン比較

トヨタ タンク(M900系)
1リッターガソリンターボ:21.8km/L(FFのみ)
1リッターガソリン:24.6km/L(4WDは22.0km/L)

気になるライバル車の燃費は?

スズキソリオ 出展:http://www.suzuki.co.jp/
 

スズキ ソリオ(4代目)

1.2リッターフルハイブリッド(MA46S):32.0km/L(FFのみ)

1.2リッターマイルドハイブリッド(MA36S):27.8km/L(4WDは23.8km/L)

1.2リッターガソリン(MA26S):24.8km/L(4WDは22.0km/L)

日産キューブ 出展:https://www3.nissan.co.jp/
 

日産 キューブ(3代目Z12)

1.5リッターガソリン:19.0km/L(FFのみ)

ホンダフリード 出展:http://www.honda.co.jp/
 

ホンダ フリード+ / フリード+ハイブリッド

1.5リッターガソリン(GB5 / 6):19.0km/L(4WDは16.4~17.6km/L)

1.5リッターハイブリッド(GB7 / 8):26.6~27.2km/L(4WDは25.2km/L)
 

会員登録すれば500ポイント付与

気になるトヨタ タンクの新車・中古車価格は?

トヨタタンクM900 出典:http://toyota.jp/
 
トヨタ タンク(M900系)
新車:146万3,400~196万5,600円
中古車:109.8万~212.8万円

トヨタ タンクと競合する車種のお値段は?

スズキ ソリオ(4代目)

新車:145万4,760~212万2,200円

中古車:75.5万~203万円

日産 キューブ(3代目Z12)

新車:162万~213万8,400円

中古車:1.5万~198万円

ホンダ フリード+ / フリード+ハイブリッド

新車:190万~274万8,200円

中古車:165万~269.8万円
 

トヨタ タンクの代表的なスペック

トヨタタンクM900 出典:http://toyota.jp/
 
トヨタ タンク カスタムG-T 2017年式
全長×全幅×全高(mm):3,715×1,670×1,735
ホイールベース(mm):2,490
車両重量(kg):1,100
エンジン仕様・型式:1KR-VET 直列3気筒DOHC12バルブ ICターボ
総排気量(cc):996
最高出力:98ps/6,000rpm
最大トルク:14.3kgm/2,400~4,000rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF

 

まとめ

トヨタが小型トールワゴンでトップシェアを誇る「スズキ ソリオ包囲網」を築くため軽自動車 / コンパクトカーのエキスパートであるダイハツに開発させたトール4兄弟。

トヨペット店ではラクティス、ネッツ店ではbB後継がタンクですが、デビュー以来ほとんどの期間でカローラ店 / トヨタ店用のルーミーともどもソリオより販売台数が多く、つまり4兄弟の2車だけでソリオの倍以上のセールスを記録しています。

トヨタの販売力はもちろんですが、ハイブリッドなど「経済性飛び道具」を持たずに好調な理由は、ライバルを研究し尽くした使い勝手の良さが現れているのでしょう。

今やスズキもトヨタグループの一員となっているので、元が3列シートで1回り大きいホンダ フリード+を除き、このジャンルはまさにトヨタグループの一人勝ちと言えるかもしれません。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!