ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
OEM車はパーツが豊富?三菱タウンボックスにオススメのカスタム特集!

OEM車はパーツが豊富?三菱タウンボックスにオススメのカスタム特集!

日産との合弁会社、NMKVでの共同開発が始まって以降、軽自動車の単独自社開発からは撤退した形の三菱。

『三菱eK / 日産デイズ』シリーズを岡山県にある三菱の水島製作所で生産する一方、それ以外の軽自動車はスズキからOEM供給を受けています。

OEM供給を受けているうちの1台が軽1BOXワゴンのタウンボックスで、OEMとしては2代目、通算では3代目を販売中です。

今回は3代目三菱 タウンボックスのカスタムパーツをご紹介します。

3代目三菱 タウンボックスとは

3代目三菱 タウンボックス カスタム出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/townbox/

三菱は1966年の初代ミニキャブ以来、キャブオーバー型の軽1BOXバン / トラックを生産・販売し、RVブームにより1989年以降はレジャー向けのブラボーを追加、1999年には軽乗用車登録の初代タウンボックスも販売していました。

しかし2011年、合弁会社NMKVで日産との共同開発を始めて以降は自社単独での軽自動車開発から事実上撤退し、2014年には電気自動車ミニキャブMiEVを除く軽1BOXバン / トラックの生産も終了、ミニキャブとブラボーはスズキからのOEM供給に切り替わりました。

それに先立つ2011年には乗用ワゴンのタウンボックスのみ廃止されていましたが、ミニキャブ / ブラボーがスズキOEMに切り替わったのと同時に復活、2014年2月から2代目タウンボックスとして販売を再開しました。

現在はOEM元のモデルチェンジにより、3代目(スズキOEMとしては2代目)が販売されています。
 

3代目タウンボックスの特徴

3代目三菱 タウンボックス カスタム出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/townbox/utility/uti_01.html

スズキからOEM供給を受けるようになってからは、エブリイワゴンをタウンボックスとして販売中です。

エブリイワゴンのJPターボに相当する廉価版や標準ルーフ仕様は設定されず、全てハイルーフ仕様のPZターボ相当『G』とPZターボスペシャル相当のGスペシャル』のみとなっています。

レーダーセンサーを使った、衝突被害軽減ブレーキ『FCM-City』(スズキの『レーダーブレーキサポート』)や誤発進抑制機能、横滑り防止装置などは三菱の軽自動車としてeKシリーズに次ぐ搭載例となりました。

基本的にはエブリイワゴンと代わるところは無く、メーカーや車名のエンブレムが変わったのと、エンブレム変更に伴うフロントグリルなど若干の変更があるのみです。
 

3代目三菱 タウンボックスのカスタム事情

3代目三菱 タウンボックスのカスタムの主力やはりドレスアップが醍醐味と言え、エアロパーツを中心に様々なカスタムパーツがラインナップされています。

フルエアロとアルミホイール、車高調でバシッとキメるというスタンダードなカスタムが通説と言えます。しかしながら、カスタムのバランスを崩してしまうと少々残念なカスタムカーに仕上がってしまうものです。

とはいえ、タウンボックスは大部分がOEM元のスズキ・キャリィと共通であるため、パーツの流用が容易です。

それならどこから手を入れたら良いのでしょうか?

今回は3代目三菱 タウンボックスにカスタムに是非おすすめしたい、厳選されたカスタムパーツをご紹介します!
 
会員登録すれば500ポイント付与

3代目三菱 タウンボックスに似合うホイールは?

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

外観のカスタムに繋がる重要なパーツでありながら、軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

今回は3代目三菱 タウンボックスにピッタリなホイールをご紹介します。
 

weds LEONIS NAVIA 06

3代目三菱 タウンボックス カスタム ホイール 社外 アルミ ウェッズ出典:https://www.weds.co.jp/index.html

リム成型技術AMF製法により、鍛造ホイールにも匹敵する優れた材料強度を実現。さらにリムの薄肉化により大幅な軽量化にも成功しており、特殊クリアー塗装 + 艶有りクリアーフィニッシュの強力な二重クリアー塗装によって、塗装密着性および耐食性(防腐性)が向上しています。
 

3代目三菱 タウンボックスのインテリアカスタム

ホイールでクルマの足元のオシャレを演出したら、愛車のインテリアをドレスアップしてみませんか?

シートカバーを交換することで、シートの保護にも繋がる為、リセールバリューも多少は良くなると言えます。

今回は3代目三菱 タウンボックスにオススメのシートカバーをご紹介します。
 

クラッツィオ プライム

3代目三菱 タウンボックス カスタム ドレスアップ インテリア 内装 シートカバー クラッツィオ出典:http://www.11i.co.jp/
※画像は別車種になります

世界基準の評価をクリアーした新開発レザーを採用し、ディティールに拘ったシングルステッチとパイピングによるセンターラインが、シンプルさの中に高級感と個性的な印象を与えます。

フルオーダーで仕立てたフィット感とディティールにこだわった丁寧な仕上げは、最良のシートカバーを創るクラッツィオのこだわりです。
 

3代目三菱 タウンボックスの車高調

ホイールを交換し、エアロパーツを組んだら、次はローダウンスプリングによるドレスアップはいかがですか?

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンによるものが挙げられますが、今回は3代目三菱 タウンボックスにおすすめの車高調キットをご紹介します!
 

FINAL KONNEXION  STELTH Mini

3代目三菱 タウンボックス カスタム 車高調 サスペンション 社外 流用 ファイナルコネクション出典:http://finalkonnexion.co.jp/products/sus/mini/

高性能はそのままに、高いレベルの乗り心地と美しいローダウンフォルムを実現。

ストリートで求められる乗り心地と走行性能を両立しながらも、リーズナブルな価格を可能としたサスペンションシステムです。
 
会員登録すれば500ポイント付与

3代目三菱 タウンボックスのマフラー

3代目三菱 タウンボックスでマフラーを交換する事は少ないかもしれません。

しかし、少数派だからこそカスカムとしての異彩を放つことが可能になります。

今回はオススメの3代目三菱 タウンボックス用マフラーをご紹介します。
 

HKS リーガルマフラー

3代目三菱 タウンボックス カスタム マフラー 社外 流用 HKS出典:https://www.hks-power.co.jp/product_db/muffler/db/17770

左側デュアル出しレイアウトとなっています。マフラーの存在が一目でわかるスタイリッシュなリヤビューに変身。

静かすぎず、うるさすぎずの丁度いい音圧になるように設計されています。不快な音を抑えて快適でスポーティーな音質です。
 

3代目三菱 タウンボックスの維持費は?

自動車保険 維持費 税金出典:写真AC

3代目三菱 タウンボックスの維持費についてお勉強しましょう!

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。
 

3代目三菱 タウンボックスの新車&中古車価格

3代目三菱 タウンボックス カスタム出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/townbox/utility/uti_01.html

2018年12月現在、3代目タウンボックスの新車価格は以下のようになっています。

※()内は4WD車
G:160万9,200円(173万8,800円)
Gスペシャル:168万4,800円(181万4,440円)
『G』と『Gスペシャル』の違いはわずかで、装備面では後席助手席側電動オートステップ、後席運転席側ワンタッチ電動スライドドア(セーフティ機構付)を追加したのがGスペシャルです。

なお、中古車価格は以下。
93~164.7万円
2015年3月のモデルチェンジから3年、まだあまり値落ちしていない印象ですが、そもそもOEM車なのでタマ数はあまりありません。
会員登録すれば500ポイント付与

3代目三菱 タウンボックス 主なグレードのスペック

3代目三菱 タウンボックス カスタム出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/townbox/utility/uti_01.html
 
三菱 DS71W タウンボックス Gスペシャル 2018年式
全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,910
ホイールベース(mm):2,430
車両重量(kg):970
エンジン仕様・型式:R06A 水冷直列3気筒DOHC12バルブ ICターボ
総排気量(cc):658
最高出力:47kw(64ps)/6,000rpm
最大トルク:95N・m(9.7kgm)/3,000pm
トランスミッション:4AT
駆動方式:FR

まとめ

3代目三菱 タウンボックス カスタム出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/townbox/grade/gra_01.html

この種のOEM車を見ていると、「同じ車を別々のメーカーで売っても、何か意味があるの?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、タウンボックスのように自社生産撤退を前にしたグレード整理で廃止、となったにも関わらず、ベース車のOEM供給開始というタイミングで復活してくる例を見ると、数はそう多くなくともラインナップに無いと困るユーザーがいるという事なのでしょう。

そうしたユーザーが存在する限り、タウンボックスの販売は続くはずです。
 

あわせて読みたい

三菱車に関する他のカスタムパーツ情報を見る
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!