ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
最新の安全運転支援装備が充実!ボルボV90をカスタムして走りを楽しむ!

最新の安全運転支援装備が充実!ボルボV90をカスタムして走りを楽しむ!

安全性能の追求には定評のある北欧スウェーデンの自動車メーカー、ボルボのフラッグシップセダン、S90のステーションワゴン版がV90です。

2017年に日本へも導入開始されたV90は一部のボルボ好きからカスタムの対象として親しまれている1台でもあります。

全長5m、全幅1.9m近い大柄なボディは、カスタムベースにはもってこいの体躯でしょう。

また、現在の国産車には無い大型ステーションワゴンというだけで魅力に感じる人もいるのではないでしょうか。

2代目ボルボ V90とは

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v90/intellisafe

かつてボルボはフラッグシップモデルの900シリーズにステーションワゴン版もラインナップしていましたが、その末期にセダン版がS90と名称変更したのに伴い、ワゴンもV90へと変更、その後フラッグシップ・ステーションワゴンはV70が担っていました。

2017年、3代目V70からのモデルチェンジを機にV90として車名が復活、これが2代目V90として現在も販売されています。 2代目も初代同様S90のステーションワゴン版で、2010年以降中国の吉利汽車(ジーリー)がボルボを傘下に置くようになってから開発されたプラットフォームやエンジンを使い、デザインやグレード構成は3代目V70から一新されました。

日本でも2017年2月から販売されており、国産車からは消滅した大型ステーションワゴンとして、他の高級輸入大型ワゴンに対抗しています。
 

2代目V90の特徴

2代目ボルボV90 カスタム出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v90

全長5m、全幅1.9mに迫る大型ステーションワゴンながら、ボルボのクロスオーバーSUV『XC90』や、その1ランク下の『XC60』と比べても車重は軽く、それでいて同じようなエンジンラインナップである点は大きな特徴でしょう。

特に『ツインエンジン』と称する、2リッターツインチャージャー(ターボ+スーパーチャージャー)に強力な前後モーターを組み合わせたパワーユニットが全力を発揮した時の動力性能は圧巻です。

さらにそのモーターの動力源は外部充電可能なリチウムイオンバッテリーというプラグイン・ハイブリッド車ですから、スポーツ性能に限って言えば、もはやハイブリッド・パワーユニットは日本車のお家芸では無いことを痛感させられます。

なお、ボルボのステーションワゴンといえばかつては垂直に切り落としたようなテールゲートが特徴でしたが、V90ではリアウィンドウがかなり寝かされた、シューティングブレーク的なものに変わりました。

また、『自動運転レベル2』が全車標準装備な点も見過ごせません。 そして今や「ボルボ車といえばインテリセーフ」というほど充実の安全運転支援パッケージがもちろん搭載されており、衝突被害軽減ブレーキなど基本的なものから、走行車線維持や駐車支援時のステアリングアシストまで備わっています。

アダプティブクルーズコントロールに加えて、車線を逸脱しないようステアリングアシストまで行ってくれます。
 

2代目V90のカスタム事情

2代目ボルボV90 カスタム erst エアロパーツ ドレスアップ出典:https://www.erst.ne.jp/

ステーションワゴンタイプのボルボと言えば、古くは240から続く同社の伝統的な車種です。

240が850となり、V70へ代わり、脈々と受け継がれるフライングブリック(空飛ぶレンガ)の最新モデルがこのV90となります。

安全第一史上のボルボですから、安全面はもちろん走行性能や快適性にも優れ、母国スウェーデンではパトカーに採用されているほどです。

スポーティかつコンフォートなこのクルマをアナタだったらどのようにカスタムしますか?

今回は、V90の持ち味を最大限に活かすカスタムパーツをご紹介いたします!
 
会員登録すれば500ポイント付与

2代目V90にオススメのホイールは?

ボルボ車を専門にチューニングパーツを開発している『ERST(エアスト)』から発売されている『EM6』は華美すぎず、スポーティさを演出できるアイテムとしてオススメしたい逸品です。

ERST EM6

ERST EM6 アルミホイール 社外 専用出典:https://www.erst.ne.jp/

ERSTのVOLVO V90用EM6です。

6交点メッシュの交点部を深く落とし込むことにより生まれた立体的なフォルムが特徴。

メッシュラインの内と外の異なるフィンが、エッジの効いたラインを生み出します。

また、リム部分も同じく深く落とし込むことにより立体的かつ動きのあるデザインを実現します。
 

2代目V90のエアロパーツ

次にエアロをご紹介します。

ERSTでは「スポーティー・ダイナミズム」と掲げたデザイン思想の元にエアロなどのカスタムパーツを開発しています。

V90用のエアロパーツも例に漏れず、オリジナルのデザインを更に引き立てるようなアイテムを発売しています。
 

FRONT SET & REAR + MUFFLER CUTTER SET

FRONT SET & REAR + MUFFLER CUTTER SET V90 エアロパーツ カスタム ドレスアップ出典:https://www.erst.ne.jp/

ERSTのVOLVO V90用FRONT SET & REAR + MUFFLER CUTTER SETです。

V90ならではのワイルドなスタイルを加速させるERSTならではのデザインが特徴。

一括してスタイルを変更出来るエアロセットなので、統一感のある車に仕上げたい方におすすめのエアロセットです。
 

2代目V90の車高調

走りも追求したいV90オーナーなら、少し車高を下げたくなるかもしれません。

ボルボ V40を耐久レースに走らせたりもしているERSTでは、V90用のスプリングも用意しており、同車のしなやかな足まわりと乗り心地を損なうことなくローダウンが可能になっています。
 

ERST | DOWN SUSPENSION

ボルボ volvo ERST | DOWN SUSPENSION&LOWERRING-KITサスペンション ローダウン
ERSTのVOLVO V90用DOWN SUSPENSIONです。

単純にローダウンするだけでなく、しなやかな足廻りを目標に開発されたダウンサス。

快適な乗り心地とコーナリング中のロール抑えたVOLVO V90専用設計です。

ダウン幅 2.5~3.5cm。
 
会員登録すれば500ポイント付与

2代目V90のマフラー

最後にご紹介するのはV90用のマフラーです。

走りにこだわりたいオーナーに向けて"音量"ではなく"音質"にこだわったマフラーをERSTではリリースしています。
 

EXHAUST SYSTEM

volvo ボルボ V90 マフラーERST | EXHAUST SYSTEM (MUFFLER CUTTERレス) 社外 専用

ERST EXHAUST SYSTEMは、国土交通省のマフラー基準「JQR新基準」に合致した安心の車検対応マフラーです。

音量ではなく音質にこだわったサウンドと、アクセルワークにクイックに反応するレスポンス。

性能とデザイン性を両立したエキゾーストシステムです。
 

 

2代目V90の新車&中古車価格

2代目ボルボV90 カスタム出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v90/accessories

2018年6月現在、2代目XC60の新車価格は以下のようになります。
※FFのT5 Momentumを除き、全て4WD

【2リッターガソリンターボ】
T5 Momentum:669万0,000円

【2リッターガソリンターボ&スーパーチャージャー】
T6 AWD R-Design:779万0,000円
T6 AWD Inscription:809万0,000円

【2リッターガソリンターボ&スーパーチャージャー&プラグインハイブリッド】
T8 Twin Engine AWD Inscription:929万0,000円

最新SUVのXC60と似たようなエンジンラインナップおよびグレード構成ですが、XC90ともどもディーゼルエンジンのラインナップは無し。

エンジンによるグレード違いのほか、の2種類が用意された2リッターツインチャージャーのT6 AWDは、装備面や内外装で『R-Design』がスポーティ、『Inscription』がコンフォート仕様という味付けになっています。

中古車相場は以下の通り。
498万円~746.8万円

2017年2月から日本で発売されて1年4ヶ月、タマ数こそそう多くはありませんが、そこそこの距離を走った中古車が安くなり始めており、高年式低走行距離で程度の良い2代目XC90をちょっと安く買いたいというユーザーには、いい時期に差し掛かっています。
 

2代目V90の維持費は?

維持費自動車保険自動車税車検出典:写真AC

2代目 ボルボV90の維持費について解説します。

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。
 
会員登録すれば500ポイント付与

2代目V90 主なグレードのスペック

2代目ボルボV90 カスタム出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v90
 
ボルボ PB420PA V90 T8 Twin Engine AWD Inscription 2018年式
全長×全幅×全高(mm):4,935×1,890×1,475
ホイールベース(mm):2,940
車両重量(kg):2,100
エンジン仕様・型式:B420 水冷直列4気筒DOHC16バルブ ICターボ&スーパーチャージャー
総排気量(cc):1,968
最高出力:235kw(320ps)/5,700rpm
最大トルク:400N・m(40.8kgm)/2,200~5,400rpm
バッテリー種別:リチウムイオン(プラグインハイブリッド)
バッテリー電圧:360V
バッテリー容量:30Ah
バッテリー送電圧:360V
モーター仕様・型式:【フロント】T35 交流同期電動機・【リア】AD2 交流同期電動機
定格出力:【フロント】22kw・【リア】28kw
定格電圧:【フロント】350V・【リア】309V
最高出力:【フロント】34kw(46ps)・【リア】65kw(88ps)
最大トルク:【フロント】160N・m(16.3kgm)・【リア】240N・m(24.5kgm)
トランスミッション:8AT
駆動方式:4WD

まとめ

出典:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v90

大柄ボディの5ドア車でありながら、SUVでも3列シート車でも無いという純粋な大型ステーションワゴンは国産車からはもう消えてしまいました。

しかし、V90のような高級輸入車には未だにラインナップされており、快適性と使い勝手の良さを両立したスポーティなパーソナルユース向けステーションワゴンとして、国産車には無い魅力を放っています。

大柄なボディは日本の道路に合わないようでいて『インテリセーフ』による数々の充実した安全運転支援を受ければ、高速巡航での安楽さのみならず、駐車時や狭い道での取り回しも昔の同クラス車とは段違いです。
 

あわせて読みたい

ボルボに関する他のカスタム情報を見る
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!