モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

アウディ版『羊の皮を被った狼』、3リッターターボの高性能ミドルクラスセダンS4

アウディ版『羊の皮を被った狼』、3リッターターボの高性能ミドルクラスセダンS4

アウディのミドルクラスセダン / ステーションワゴンのA4は、最高出力252馬力を発揮する高性能4WDグレードもラインナップしていますが、さらにその上の高性能モデルとしてラインナップしているのがS4。『最高性能』の座こそRS4(現行モデルはまだ日本で未発売)に譲っているものの、歴史は長い高性能モデルです。

6代目アウディ S4とは

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/s4/engine.html

S4はアウディのミドルクラス高性能セダンですが、ベースとなるA4が5代目なのに対しS4は6代目となっており、1代増えています。

というのも、1994年にアウディ 80および90後継として初代A4が登場したのに対し、S4はその2年前、1992年に1クラス上のアウディ 100をベースとして初代S4が誕生しているからなのです。

2代目以降は車名からイメージされる通り初代A4ベースとなり、A4には無い高性能エンジンを搭載した4WDハイパフォーマンスモデルとして君臨。

3代目や4代目で2ドアカブリオレも設定されていたのを除き、4ドアセダンか5ドアのアバント(ステーションワゴン)をラインナップしています。

3代目からはさらにパフォーマンスアップした『RS4』が登場しますが(最新型はまだ日本未発売)、アバントにのみ設定されることが多く、現在もA4セダンの最高性能版はS4セダンです。

6代目S4の特徴

出典:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/s4/engine.html

S4で特徴的なのが、『見た目はA4とほとんど変わらない』ところで、特に外観はS4専用バンパーやフロントグリル、4本出しマフラーや18インチ化されたタイヤ /ホイールを除けば、A4の『2.0TFSI quattro sport』とほとんど変わりません。

それでいてエンジンは252馬力の2リッター直4ターボ止まりなA4に対し、354馬力の3リッターV6ターボを搭載していますから、見た目も車重もあまり変わらないのに100馬力以上パワーアップ!という、まさに『羊の皮を被った狼』仕様です。

もちろん、近づいてみればA4と細部のデザインが異なるだけでなく、4本出しマフラーによる迫力や『S4』のエンブレムでそれとわかるのですが、後方から追いつかれた時などその加速に驚くかもしれません。

6代目S4のカスタム事情



出典:http://www.advance-step.net/index.html


欧州車の中でも、ビジネスアスリートに人気のアウディ。

アウディS4は走りも見た目にもこだわりたい1台と言えるでしょう。

機能とデザインを両立した、センス良いカスタムが求められるアウディS4をあなただったらどのようにカスタムしていきますか?

モタガレでのカスタム例を参考にあなただけのアウディS4を作り上げてみてください!
 
簡単施工で墨汁もガード・・・!?今一番注目のコーディング剤 買えるのは、モタガレだけ!HybridEleven

6代目S4に似合うホイールは?

アウディS4は走りも見た目にもこだわりたい1台と言えるでしょう。

機能とデザインを両立したいクルマのカスタムでまず気を使いたい点は、
交換するだけで見た目も大幅に代わり、バネ下重量にも影響が出てくるホイールです。

今回、モタガレがアウディS4にオススメするデザインと機能を両立しているホイールはRAYSの『VOLK RACING G25』です。

VOLK RACING G25




鍛造ホイールのVOLK RACINGのGシリーズは見た目の美しさとパフォーマンスの両立に定評があるホイールのひとつです。
 

6代目S4のエアロパーツ

次にご紹介したいのは、アウディS4用のエアロパーツです!

アウディA4の高性能版であるS4ですが、さらに高性能な『RS5』風なフロントバンパーがAS Sportからリリースされており、やる気十分な見た目になること間違いなし!

AS Sport A4/S4用フロントバンパー



AS Sports フロントバンパー出典:http://www.advance-step.net/index.html

グリルと一体型となっており、純正然としたクオリティの製品になっています。

一体型のため、強度もしっかりとしておりオススメの逸品です。
 

6代目S4の車高調

アウディS4の車高調はKW社のバージョン3をインストールするのが定番のようです。

このVersion-3はセブンポストリグによるシミュレーションや一般道、高速道路、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェでも実走行テストが行われ、開発されている逸品なのです。

KW version-3


KW version-3

出典:http://www.kwsuspensions.jp/

伸び側の減衰力は16段階、縮み側が12段階で調整可能となっており、アジャスターがケースの下側に組み込まれているので特別な工具なしでも調整可能となっています。

綺麗なクルマは好きですか?HybridEleven

6代目S4のマフラー

最後にご紹介するのはマフラーです。

太く迫力のあるサウンドが特徴のREMUSのSports Labelが人気のようです。

REMUS Sports Label


REMUS マフラー出典:http://abeshokai.jp/remus/

1990年に創業したオーストリアのマフラーメーカーである『REMUS』は欧州車を中心に多くの車種に適合したマフラーをリリースし続けています。

アウディS4のSports Labelではリアピースのみの交換になりますが、それでも低音が効いたサウンドが人気となっています。

 

6代目S4の中古車価格、燃費、ライバル車は?

次のページでは、6代目アウディS4のライバル車両から、気になる中古車価格や維持費、燃費について解説します!
11分で半年続く、次世代のコーディング剤 HybridEleven

この記事をシェアする!