ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
あなたならどれを選ぶ?C-HRにおすすめのアルミホイール5選

あなたならどれを選ぶ?C-HRにおすすめのアルミホイール5選

2016年12月に販売開始され、2017年1〜6月の上半期SUV販売台数1位という人気を誇り、トヨタTNGA第2弾となったC-HR。

SUVでありながらアーバンテイスト溢れるエクステリアデザインが人気を呼び、様々なユーザーから支持を集める一方、カスタムの方向性もC-HRは様々な選択肢があります。

SUVだから車高を高く見せるのか、スポーティなルックスを活かして車高を下げて見せるのか。そんな時重要になるのがホイール選びです。

どんなホイールがC-HRに似合うのでしょうか?

モタガレ

そもそもホイール交換するメリットは?

86brzレース タイヤ交換©️モタガレ

ホイール交換とは、その名の通りノーマル状態で付いているホイールを社外品やオプションホイールへと交換する事を言います。

なぜホイール交換をするのかと言うと、スタッドレスへのはき替えや、元々付いていたホイールが壊れた、オシャレなホイールがはきたい等の理由が、約7割を占めるそうです。

そんな中、ホイールを交換する事で得られるメリットも大きく、以下のような効果を得る事が出来ます。

1、ばね下重量の軽量化による車両運動性能の向上
バネしたの軽量化は、実重量の4倍以上の効果があると言われており、全ての性能の向上に寄与します。
燃費の向上や加速性能の向上が大きく変わるポイントで、燃費に関しては運転の仕方によるところが大きいですが、間違いなく向上するでしょう。

2、車両のデザイン性の向上
ホイールを交換する事で、車輛の見た目は大幅に変わります。お気に入りの服や靴で出かけるように、普段愛車を見かけるのが楽しくなるかもしれません。

勿論、ちゃんとしたホイールを選択すればこそですが、シンプルに車がカッコよくなること間違い無しです。
 
 

C-HRならではホイール選び

toyota c-hr出典:https://toyota.jp/

C-HRの純正サイズは以下の通り。
◆G 2WD/4WD 前後18inch×7.0J+50
◆S 2WD/4WD 前後17inch×6.5J+45


純正よりもインチアップをする場合は、タイヤハウスに干渉しないようタイヤ外径にも注意して下さい。逆にインチダウンする場合は、ブレーキキャリパーに干渉する恐れがあるため、16インチまでが適用サイズとなっています。

2017年6月22日に道路運送車両法改正により、フェンダーから10mmまでであればタイヤのみのハミ出しは、ハミ出していないものと見なされるので、外側への張り出し具合は余裕を持って考えることができますね(ホイールのハミ出しは従来通り不可)。

では、ショップのC-HRデモカーにはどのようなホイールが装着されているのでしょうか?サイズなども記載しますので、ご自身のC-HRのホイールを変更する際は参考にしてみて下さい。
 
会員登録すれば500ポイント付与

BLITZ C-HR

ENKEI RS05RR

トヨタC-HR©️BLITZ

ENKEI RS05RR出典:https://www.blitz.co.jp/

ENKEIのレーシングスピリッツを継承しながらも、ドレスアップパーツとしてのアルミホイールのデザイン性を限界まで高めるというコンセプトの基に開発。

フェイスデザインにはトレンドの「コンケーブ(中下がり)フェイス」を採用し、伸びやかで立体的なフォルムを実現しました。

機能面では「MAT-DURA FLOW FORMING」「アンチスリップペイント」の採用によりENKEIの最新テクノロジーにアップデート。

さらにエモーショナルなデザインと最新テクノロジーを手に入れた「RS05RR」はクールな走りを熱く演出します。

ホイールをインチアップしてローダウンにすることで、迫力のローアンドワイドのルックスになったBLITZ C-HR。下げ過ぎず、実用性の損なうことなくスポーティーな仕上がりとなっています。

BLITZ C-HR装着サイズ
前後:20inch×8.5J+45

価格(1本):¥76,000(税抜)

 


 

宮城トヨタ C-HR

宮城トヨタ MTG C-HR©️Motorz-Garage

JAOS ホイール出典:https://www.jaos.co.jp/

16インチ鋳造1ピースホイールである、JAOSのASTELLA CM-03。

リムいっぱいまで伸びた5本スポークを採用し力強さとスポーティ感を両立し、リムにはダミーピアスボルトを配置し立体感のあるフェイスを表現しています。

カラーはASTELLAシリーズの定番カラーであるブラックxポリッシュを継承、また、シンプルなダミーピアスボルトレス&ディープガンメタ1色モデルもラインナップ。

JAOS CM-03を装着する宮城トヨタC-HRは、純正サスペンションのまま、ホイールをインチダウンしタイヤの扁平率を上げ、タイヤにボリュームを持たせています。

これにより車高が上がっているように見せることができ、SUVらしい力強さをC-HRに与えています。

宮城トヨタ C-HR装着サイズ
前後:16inch×7.0j+35

価格(1本):¥30,000(税抜)
 




 

T-DEMAND C-HR

SSR EXECUTOR CV01/CV03

T-DEMAND C-HR©️モタガレ
SSR CV01EXECUTOR CV01 出典:http://www.rd-tanabe.com/index_ssr.php

SSR CV03EXECUTOR CV03 出典:http://www.rd-tanabe.com/index_ssr.php

T-DEMAND C-HRには左右違うホイールが装着されています。左側にはCV01、右側にはCV03が収まり、19インチのホイールをシャコタン、ハの字というスタンスを実現しています。

SSR CVシリーズはUSモードなコンケイブデザインをアイデンティティとしています。

CV01はハイレベルな走りの資質を秘めたスペシャルティーカーに照準を合わせています。コンケイブデザインがもたらすフェイスラインの抑揚感が、スポーティーなスポークディスクに疾走感を与え、足もとをアグレッシブに演出します。

最新作となるCV03は、ダイナミックなコンケイブ形状を一段と際立たせて見せる意匠。細身のスポークはしなやかに、そして広めにとったディスクセンターはダイナミックに。緩急をつけた抑揚感あふれるラウンドラインで、フェイスの彫りの深さをより鮮明に印象づけます。

ディスクの形状は、強烈な落差でプレゼンスを一段と高めたスーパーコンケイブタイプもラインナップ。

前後異サイズなど、高度なセッティングにも対応するサイズスペックもスペシャリティ仕様。外観だけでなく内容的にもハイエンドカスタマーの志向に呼応するアグレッシブなモデルです。

T-DEMAND C-HR装着サイズ
前後:19inch×9.5J+18

価格(1本):CV01 ¥97,000〜(税抜)、CV03 ¥97,000〜(税抜)
 
 
会員登録すれば500ポイント付与

Kansai SERVICE C-HR

ADVAN Racing RSⅡ

カンサイサービス C-HR©️Motorz-Garage
yokohama advan rs2出典:http://www.yokohamawheel.jp/

RSの進化バージョンであるRSⅡ。

高品質鋳造製法とフローフォーミングによるインナーリム成形の鋳造1ピースホイール。

RSが持つフルフェイス10本スポークデザインの基本ラインを踏襲しながら、更なるシェイプアップと迫力のあるコンケイブスポーク(センター下がり)を実現しました。

各インチでスポークのコンケイブ形状が異なるスタンダードデザインとGTRデザインをサイズにより設定しています。

KansaiSERVICE C-HRは車高を落とし、ADVAN RSⅡを装着することで、SUVのC-HRにスポーティなテイストを加え、ボディデザインを活かしたルックスとなっています。

KansaiSERVICE 装着サイズ
前後:20inch×8.5J+42

価格(1本):¥75,500(税抜)
 
 

CAR BOUTIQUE IF AWESOME PINK☆PINK C-HR

MONZA JAPAN Warwic Coulthard

awesome c-hr©️モタガレ

MONZA JAPAN ホイール©️モタガレ

斬新なスポークデザイン、立体感溢れるセンターキャップ、ワンポイントアクセントのリムエンブレムをクロスオーバーさせ、大都会でも大自然でも、シーンを選ばず軽快に駆け抜けるSUVにベストマッチな躍動感溢れるスタイリッシュフォルムに仕上がったホイールです。

AWESOME PINK☆PINK C-HRはローダウンとインチアップを組み合わせていることはもちろん、ピンク色のボディに合わせホイールもピンク色に塗られており、見た目のインパクトは抜群な仕上がりとなっています。

AWESOME PINK☆PINK C-HR 装着サイズ
前後:20inch×8.5J+45 

価格(1本):¥45,000(税抜)
 



 

まとめ

C-HRに似合うおすすめのホイール、いかがでしたか?

アーバンテイストなデザインのC-HRなので、リフトアップもローダウンも似合うため、それに合わせるホイールに悩むところです。

インチダウンの定番はやはり16インチで、悪路の走破性が良くなるようボリュームのあるタイヤを履かせます。

インチアップはデモカーを見るに20インチが定番のようで、C-HRのタイヤハウスが大きいことから20インチという大径ホイールでも、エアボリュームを十分確保されたタイヤを装着することが可能で、乗り心地の悪化も最小限に抑えられています。

もし、C-HRのホイール選択に悩んだ場合は是非一度、Garageのデモカーを参考に選んでみて下さい。
 
会員登録すれば500ポイント付与

あわせて読みたい

 
モタガレ
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!