ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ポルシェ911カレラ(997)をカスタム!オススメのパーツって何があるの?

ポルシェ911カレラ(997)をカスタム!オススメのパーツって何があるの?

初の水冷エンジン搭載ポルシェ911『996型』登場から7年。

911らしからぬデザインと不評だった996型のデザイン(特に前期)から脱却すべくデザインを一新して『らしさ』を取り戻し、後期型ではメカニズムも大幅進化した6世代目のが997型で、日本では2004年8月から2013年3月まで販売されました。

今回はポルシェ911カレラ(997)にオススメのカスタムパーツ情報をお伝えします!

ポルシェ911(997型)とは

ポルシェ911(997型) カレラ カスタムPhoto by Alexandre Prévot

先代にあたる996型をベースにパーツの80%以上を刷新、特にフロントマスクは996より前の『ポルシェ911らしさ』を取り戻したのが2004年8月登場の6代目ポルシェ911(997型)です。

基本的には996型の大幅改良版ではあるものの、ボディ剛性や各部の空力処理は改善されるとともに地道な積み重ねで軽量化。

後期型ではエンジンを刷新されて早くも911としては第2世代の水冷エンジンへ変更されるとともに、ミッションも近代的な7速セミATへと変更されて近代的なスポーツカーへと脱皮を遂げました。

市場にも評価されて発売から3年弱で生産台数が10万台を超え、歴代911の中では最速で10万台を突破した傑作となり、水冷911では初の大ヒット作です。

基本モデルは自然吸気エンジンのカレラ系クーペ/カブリオレとタルガ、クーペボディのレーシングベースモデルGT3系、そしてターボエンジンのターボ形クーペ/カブリオレとクーペボディのレーシングモデルGT2系でした。

なお、カレラ系も通常の『カレラ/カレラ4(4WD)』(325馬力・後期345馬力)と高性能版『カレラS/カレラ4S』(355馬力、後期385馬力)および『カレラGTS/カレラ4GTS』(後期から。408馬力)がありました。
 

ポルシェ911(997型)の特徴

ポルシェ911(997型) カレラ カスタムPhoto by Eddy Clio

最大の特徴は、996型後期で是正されたとはいえ『ポルシェ911らしくない』と評価されていたフロントマスクが、復活した丸型ヘッドライト周りを中心に過去の911のイメージに近づけられたことで、バンパーも含め前後デザインは911らしく回帰しました。

いわば『見える上に目立つ部分のコストダウンを回避した』形で、ドアやフロントサスペンション、内装には引き続きボクスターやケイマンといあったエントリーモデルからパーツ流用が行われ、満足感を下げないコストダウンに成功しています。

エンジンは前期型まで996型と共通でしたが、2008年6月のマイナーチェンジで911用水冷エンジンとしては第2世代となるエンジンへ変更。

通常のカレラ系が3.6リッター345馬力、カレラS系が3.8リッター385馬力、新たに設定されたカレラGTS系が408馬力と自然吸気エンジンの性能は大幅に向上し、ターボ系もターボが3.8リッターツインターボ500馬力、新設定のターボSが同530馬力と性能向上しました。

ミッションも前期型は996型と同じ6速MTまたはトルコン式ATにシーケンシャル変速機能を持たせた5速ティプトロニックSでしたが、後期型ではティプトロニックSが7速PDK(デュアルクラッチミッション)へ更新されています。

後期型ではサスペンションも共同開発したPASM(Porsche Active Suspension Management)へビルシュタインがオプションで準備され、PASM装着車なら自然吸気エンジンのカレラSでも996型のターボよりサーキット周回タイムが速いなど、大きく進歩しました。
 

ポルシェ911(997型)のカスタム事情

世界のスポーツカーの指標として言われるポルシェ911。

空冷ポルシェの高騰により、比較的安価で入手できる997型は911カスタムベースとして、注目されている車両です。

販売終了から年数が経過しているので、メンテナンスや多少のトラブルの可能性は考慮しなければいけませんが、空冷ポルシェに比べれば、トラブルの少なさは歴然です。

独特のルックスや高い走行性能など、多様性に富んだカスタムベースと言えます。

今回はモタガレがポルシェ911(997型)にオススメするカスタムパーツをご紹介します!
 
会員登録すれば500ポイント付与

ポルシェ911(997型)に似合うホイールは?

皆さんは、愛車のホイール交換をしたことはありますか?

軽量アルミホイールへ交換すれば、バネ下重量の軽量化による車両運動性能の向上が期待できたり、デザイン性でホイールを選べばクルマの見た目を大幅に変化させることができます。

ポルシェ911(997型)にピッタリなホイールをご紹介します。

大阪のホイールメーカーであるWORKのから「BROMBACHER」をご紹介します。
 

WORK  BROMBACHER

ポルシェ911(997型) work アルミホイール 社外出典:https://www.work-wheels.co.jp/

PORSCHEへの敬意を表すメッシュデザインとなっています。

また、スポークの1本1本が細くシャープな形状のため、軽快な足元の印象を車に与えます。

2ピースの為、傷がついてしまっても部分交換ができるのがメリットですね。
 

ポルシェ911(997型)のインテリアカスタム

ホイールでクルマの足元のオシャレを演出したら、愛車のインテリアをドレスアップしてみませんか?

モータースポーツでも人気があるポルシェ911(997型)は、シートを交換する事で、車内をレーシーに彩ることが出来る上に、しっかり体をホールドしてくれるのでよりドライビングが楽しくなります。

今回はポルシェ911(997型)にオススメのセミバケットシートをご紹介します。
 

SPARCO  sparco リクライニングシート R100 

ポルシェ911(997型) カレラ カスタム インテリア 内装 シート
SPARCOのコンパクトな本格派リクライニングシートです。

スタイリッシュかつ、スポーティながら座面サイドを低く設定し、スポーツ車はもちろん、ミニバン・ワゴン車に装着しても乗り降りしやすい製品です。

座面の厚みを薄くしながらも乗り心地とホールド性を重視し、リクライニング機構はダイヤル式ではなくレバー式を採用。(左右両側にレバーがあり、片側の操作でリクライニング出来ます)

全体的にコンパクトに設計されております。

※競技専用部品となります。

ポルシェ911(997型)のエアロパーツ

カスタムの醍醐味と言えば、エアロパーツ/ボディキットによるドレスアップです。

ポルシェ911(997型)はエアロパーツを交換すると大きく印象が変わるのがポイント!あなただけの個性を発揮しましょう!

ポルシェ911(997型)におすすめのエアロパーツ/ボディキットをご紹介します!
 

OLD&NEW | 997 FULL BODY KIT

ポルシェ911(997型) カレラ カスタム フルエアロ ドレスアップ OLD&NEW
OLD&NEW製のPORSCHE 997用FULL BODY KITです。

フラットノーズとして海外での認知度の高さを誇るこちらのエアロは、「現代と過去の融合」がテーマとなっています。

どこかレトロさを感じさせるデザインに、現代のエッセンスを加えることで、他にはない個性的な仕上がりを与えます。

レース、最高速、タイムアタック、ストリート、様々な分野でそのポテンシャルを発揮することができます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ポルシェ911(997型)の車高調

ホイールを交換し、エアロパーツを組んだら、次はローダウンスプリングによるドレスアップはいかがですか?

車高の落とし方は、サスペンションキットや車高調、ローダウンによるものが挙げられますが、今回はポルシェ911(997型)におすすめの車高調キットをご紹介します!
 

XYZ JAPAN   TS IMP

ポルシェ911(997型) カレラ カスタム 車高調出典:http://www.usat.co.jp/damper/detail.php?maker=18&parts=TS

トップスポーツは、スポーツ走行に最適なセッティングを施し、ワインディングロードからサーキットまで走る楽しさを追求したスポーツモデルです。

コストパフォーマンスの高いダンパーと言えます。
 

ポルシェ911(997型)のマフラー

カスタムする上で忘れられないのがマフラー交換ですね。

ポルシェ911(997型)は純正マフラーでパワーを押さえ込まれており、マフラー交換や ECUチューンで大きく性能が変わると言われています。

今回はポルシェ911(997型)にオススメのマフラーをご紹介します。

Porsche 997 Carrera EUR-GT

ポルシェ911(997型) カレラ カスタム ドレスアップ マフラー 社外出典:http://www.g-eur.jp/eursports-item/262

ポルシェ997カレラ・カレラS用 ESスポーツマフラーです。

エウルスポーツとモータースポーツ等で有名な5ZIGENが共同開発したチャンバー構造内蔵型の自信作のスポーツマフラーです。

低音が強調された迫力あるサウンドを奏でます。
 

ポルシェ911(997型)の維持費

自賠責維持費出典:写真AC

ポルシェ911(997型)の維持費はご存知ですか?

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。 なお、ポルシェ911(997型)はエコカー減税の対象では無く、特に免税もありません。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ポルシェ911(997型)の新車&中古車価格

ポルシェ911(997型)Photo by Alexandre Prévot

2018年9月現在、ポルシェ911(997型)は既に新車で販売されておらず、中古車価格は以下のようになっています。
 
中古車価格:285万~2,380万円(各ボディタイプ含む)

中古車の中でも1,500万円以上はGT2やGT3などレースベース車ですから『別格』と言えて、現実的な選択の上限としては1,400万円と思った方がいいです。

輸入スポーツカーとはいえGTカーとして長距離高速移動手段として使われることも多いためか、国産実用車並に10万km以上を走った車がゴロゴロしており、そうした車は400万円以下でも購入はできますが、車検切れの車もあるのでメンテ込みでの考慮をオススメします。
 

ポルシェ911(997型) 主なグレードのスペック

ポルシェ911(997型)Photo by Alexandre Prévot
 
ポルシェ 997MA170S 911ターボS 2011年式

全長×全幅×全高(mm):4,450×1,850×1,300
ホイールベース(mm):2,350
車両重量(kg):1,660
エンジン仕様・型式:水冷水平対向6気筒DOHC24バルブ ICツインターボ
総排気量(cc):3,799
最高出力:390kw(530ps)/6,250~6,750rpm
最大トルク:700N・m(71.4kgm)/2,100~4,250rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:フルタイム4WD
JC08モード燃費:-

まとめ

ポルシェ911(997型) カレラ カスタムPhoto by Alexandre Prévot

いわば『996型の仕切り直し版』と言えた997型ですが、完全新設計では無く補強したボディ剛性も十分では無かったとはいえ、マイナーチェンジ後の後期型では見事なポテンシャルアップを見せます。

996型のポテンシャルと魅力を最大限引き出す事に成功した事への評価は歴代最速ヒットという形で市場から証明され、以降水冷911も本格的に『最新が最高のポルシェ911』として評価されていくことになりました。
 
会員登録すれば500ポイント付与

あわせて読みたい

ポルシェに関する他のカスタムパーツ情報を見る
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!