モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

BMW i3のカスタムがアツい!オススメのパーツや維持費をご紹介!

BMW i3のカスタムがアツい!オススメのパーツや維持費をご紹介!

ドイツの高級車メーカー、BMWが近未来モビリティとしての自動車をいち早く提供すべく立ち上げた『BMW i(アイ)』ブランドで提供する電気自動車、i3。

短距離用シティオkミューターとして欧米などでは乗り捨て型カーシェアでも多用されるピュアEV版と、発電用エンジンを搭載して航続距離を増加させたレンジエクステンダーEV版が販売されています。

注目を集めるBMW i3ですが、数が少ないながらもカスタムパーツがあります!どんなパーツなのか?ご紹介します!

BMW i3とは

BMW i3 カスタム出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i3/2017/images-videos.html

世界中の自動車メーカーの多くにとっては、未だ近未来の技術に属するEV(電気自動車)。

自動車そのものの価値が変化しつつある現在、とにもかくにも可能な限りの技術を動員して実証実験のみならず一般市販でユーザーへ実際に使ってもらい、多くのフィードバックを得ているのがドイツの高級車メーカー、BMWの次世代車ブランド『BMW i(アイ)』です。

いかにもBMWらしいスーパーカー的PHV(プラグインハイブリッド)も販売する一方、まだまだ充電ステーションの整備やバッテリー技術の限界による航続距離不足の中でも、シティコミューター的な用途で実用性を探っているのが、BMW i3。

欧米では路肩に止めたi3を自由に借りて、自由に乗り捨て可能な『乗り捨て型カーシェアリング』が実証実験段階を過ぎて実用段階に入っており、地域によっては所有せずともi3さえあれば移動に困らない、という場所まであります。

路上駐車への規制が激しい日本では、まだここまで割り切ったカーシェアは実用化されておらず、充電ステーションの少なさから販売台数のほとんどが発電用エンジンを備え、ガソリンスタンドさえあれば航続距離を伸ばせるレンジエクステンダーEV版。

未来を感じさせる近未来モビリティとして、次第に数を増やしつつあります。
 

BMW i3の特徴

BMW i3 カスタム出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i3/2017/images-videos.html

i3という車自体の特徴は、ごく小さな後席用ドアを持つ観音開き式前後ドアで広い開口部を持つ、5ドアハッチバック車。

全長がごく短いためコンパクトカーの分類に入りますが、全幅はそれなりに広い事や、タイヤを大きく見せる大径ホイール、そしてカーボン素材も多用した軽量ボディにはボリューム感から思ったより大きく見えます。

高価さも相まって車格はサイズより大きく見えて、『プレミアムコンパクト』に属する車で、内外装もそれに合わせたBMWらしい高い質感です。

もちろん最大の特徴はEVであることで、基本的となるピュアEV版はバッテリーへの外部充電のみで走行し0-100km/h加速7.3秒とゆとりある動力性能と、BMWの発表では最大200kmのEV走行(JC08モードでは390kmですが、BMWは現実的数値と思われます)が可能。

もちろん、バッテリーの電力だけでは出先に充電ステーションが無い、あるいは混雑していたり、時間の都合で利用している暇が無い、といった懸念を持つユーザー向けに、発電用エンジン搭載型レンジエクステンダーEVも販売し、こちらは0-100km/h加速8.1秒です。

バッテリー性能の限界からピュアEV版の実用性はユーザーがどの程度EVを理解し、恵まれた環境にあるかによって大きく左右されるため、ガソリンスタンドさえあれば航続距離を伸ばし続けられるレンジエクステンダーEV版が人気です。

なお、レンジエクステンダーEV版の発電用エンジンは駆動に使えず、どちらを選んでも走行はモーターを使ったワンペダルドライブです。
 

BMW i3のカスタム事情

BMWが提案するEV&レンジエクステンダーEV車両であるBMW i3。

コンパクトEVでありながら、内外装のクオリティも高く、シティコミュニケーターとしての今後の活躍にも期待が持てます。

維持費も安くて環境にも良いという次世代自動車であるBMW i3をカスタムしてみるのはいかがでしょうか?

今回はモタガレ厳選のBMW i3にオススメするカスタムパーツをご紹介します!
会員登録すれば500ポイント付与

BMW i3のインテリアカスタム

インテリアをカスタムする事で、搭乗者の視界を大きく変えることが可能になります。

インテリアを交換する事で、純正パーツの保護に繋がり、リセールバリューを高めることも出来たりします。

BMW i3にオススメのインテリアパーツをご紹介いたします。
 

3D Design SMTペダルセット

BMW・i3 カスタム インテリア ペダル 出典:http://www.3ddesign.jp/product_interior.htm

3D Designが販売するペダルセットです。

操作フィールの良いラバーを適度に配したアルミ製スポーツフットペダル。

上質なアルミ製アルマイト仕上げで、インテリアのドレスアップにも最適です。
 

BMW i3のエアロパーツ

エアロパーツを装着することで、ルックスを大幅に個性づけることが可能になります。

可愛さと近未来感のあるデザインのBMW i3にエアロパーツを装着する事でより、車両のキャラクターにアレンジを加えることが可能になります。

また、空力性能を整えることでより一層の燃費にも貢献するかも!?

BMW i3にオススメのエアロパーツは何があるのか?ご紹介します!
 

ENERGY MOTOR SPORT  BODY KIT

BMW・i3 エアロパーツ ドレスアップ カスタム出典:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i3/

ENERGY MOTOR SPORTといえば、BMW専門ショップ、ガレージエブリンのハウスブランドとして国内外で高い評価を受けるカスタムブランドです。

効率を重視する電気自動車といった趣はまったく消え失せ、代わりにホットハッチのような流麗で過激なイメージが巧みに組み込まれたデザインとなっています。

ENERGY MOTOR SPORT FRONT BUMPER

BMW・i3 エアロパーツ ドレスアップ カスタム出典:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i3/

iシリーズi3用のフロントバンパーです。既存のフォグライトを活かしたアグレッシブなデザインを構築。

カーボンエディションとスタンダードエディションの2ラインナップ。
 

ENERGY MOTOR SPORT FRONT OVER FENDER

BMW・i3 エアロパーツ ドレスアップ カスタム出典:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i3/

iシリーズi3用のフロントオーバーフェンダーです。

フロントバンパーにマッチしたデザインはカーボンエディションとスタンダードエディションをご用意しています。
 

ENERGY MOTOR SPORT REAR OVER FENDER

BMW・i3 エアロパーツ ドレスアップ カスタム出典:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i3/

iシリーズi3用のリアオーバーフェンダーです。

ワイドボディ化に必須のアイテムはカーボンEDとスタンダードEDの2パターンをラインナップ。

ENERGY MOTOR SPORT REAR UNDER SPOILER

BMW・i3 エアロパーツ ドレスアップ カスタム出典:https://www.ems-shop.jp/body-kit/i3/

iシリーズi3用のリアアンダースポイラーです。

さりげないスポイラーが大きな効果を生むマストアイテム。カーボンEDとスタンダードEDのラインナップ。
 

3D Design製BMW i3用フロントリップスポイラー

BMW・i3 エアロパーツ ドレスアップ カスタム
ボリューム感とボトムラインを低く見せる事で、i3のフロントフェイスを一新してくれます。

可愛らしい顔が一気に引き締まりますね。
 

3D Design  ルーフスポイラー

BMW・i3 エアロパーツ ドレスアップ カスタム
3DDesign製BMW i3用ルーフスポイラーです。

i3の独特なフォルムに少しだけ付け足しをする、遊び心のあるフィンが特徴です。

リアビューにオリジナリティを演出する事が出来ます。

BMW i3の維持費

BMW・i3出典:写真AC

BMW i3の維持費はご存知ですか?

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。 BMW i3の場合、グレードにより自動車取得税が13万4,400~16万0,900円、自動車重量税が22,500円、登録翌年度からの自動車税が22,000円免税、さらにCEV(クリーンエネルギー自動車補助金)がピュアEV版で39万0,000円、レンジエクステンダーEV版でも20万0,000円免税となります。

新車で『i3 SUITE レンジ・エクステンダー装備車』の場合は約40万5,400円、『i3 SUITE』では58万3,200円の優遇となりますので、基準として覚えておく良いでしょう。
 
会員登録すれば500ポイント付与

BMW i3の新車&中古車価格

BMW・i3 カスタム出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i3/2017/images-videos.html

2018年10月現在、BMW i3の新車価格は以下のようになっています。
【ピュアEV】
i3:538万0,000円~595万0,000円

【647cc発電エンジン搭載レンジエクステンダーEV】
i3レンジエクステンダー装備車:587万0,000円~644万0,000円

各グレードにはテーマが異なる内外装を施した、以下のサブグレードが存在します。
ATELIER(アトリエ):クールで洗練
LODGE(ロッジ):モダンでナチュラル
SUITE(サイト):上質かつ高級感

価格は安い方から紹介順です。

なお、中古車価格は以下。
 
中古車価格:199.8万~368万円

充電スタンドの整備率や航続距離の問題から『レンジエクステンダー仕様』が販売の大半を占めると言われるだけあり、中古車は全てレンジエクステンダー仕様です。

立派にアシ車として、さらに長距離巡航までこなしているのか10万km近い走行距離を『勤め上げた』車が200万円を切るのみで、他は走行距離や程度に応じて268万~368万円という状況となっています。
 

BMW i3 主なグレードのスペック

BMW・i3 カスタム出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i3/2017/images-videos.html
 
BMW 1Z06 i3 ATELIER/LODGE/SUITE レンジ・エクステンダー装着車  2018年式

全長×全幅×全高(mm):4,020×1,775×1,550
ホイールベース(mm):2,570
車両重量(kg):1,420
モーター仕様・型式:P250 交流同期電動機
定格出力:75kW
最高出力:125kw(170ps)
最大トルク:250N・m(25.5kgm)
発電用エンジン仕様・型式:W20K06A 水冷直列2気筒DOHC8バルブ
総排気量(cc):647
最高出力:28kw(38ps)/5,000rpm
最大トルク:56N・m(5.7kgm)/4,500rpm
駆動用バッテリー種類:リチウムイオン
駆動用バッテリー個数:1個(96セル)
駆動用バッテリー電圧:353.3V
駆動用バッテリー容量:94Ah(1h)
駆動用バッテリー総電力量:33.2kWh
駆動方式:FR
ハイブリッド燃費(JC08):24.7km/L
満充電走行距離(国交省審査値):288.9km
電力消費率(国交省審査値):9.13km/kWh

まとめ

BMW・i3 カスタム出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/bmw-i/i3/2017/images-videos.html

『近未来モビリティを一足早く公道に送り出した』という意味で大変意義深いBMW i3。

もちろん先行しているピュアEVや、発電用エンジンに加え小容量バッテリーを持つシリーズHVは他にもありますが、純粋な発電用エンジンと大容量バッテリーを搭載したレンジエクステンダーEVに実用性はあるか?を示す意味でもi3は重要なモデルです。

プレミアム・コンパクトとしては非常に高価で、CEV補助金を得てさえ簡単に新車購入できる車ではありませんが、所有しているドライバーは他のユーザーより一足早く近未来を体験していると思えば、安いものかもしれません。
 
会員登録すれば500ポイント付与

あわせて読みたい

BMWに関する他のカスタムパーツ情報を見る!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!