モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

RW/RT型CR-Vをオシャレにかっこよく!おすすめのカスタムパーツを紹介します

RW/RT型CR-Vをオシャレにかっこよく!おすすめのカスタムパーツを紹介します

ホンダ CR-Vが帰ってきました!1990年代半ば、まだ続いていたRVブームに乗用車ベースの『クロスオーバーSUV』を登場させ、以後SUVの売れ筋を一変させた立役者たちの1台で、国産クロスオーバーSUVの代表的車種であり続けました。

2016年8月で一旦販売終了していましたが、i-MMDハイブリッド初の4WD車や3列シート仕様を引っさげ2018年8月に日本再デビューです!

今回は新型CR-Vにオススメのカスタムパーツをご紹介します!

5代目ホンダ CR-Vとは

Honda ホンダ CR-V カスタム出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/

1980年代から続いていたRVブーム(RV=レクリエーショナル・ビークル)がまだ冷めやらぬ中、乗用車をベースにオフローダー風の外見と最低地上高を与えた『新時代のシティオフローダー』として登場したクロスオーバーSUV。

初期の1台として1995年に登場したのが初代CR-Vで、悪路走破性は一般的な乗用車の4WDモデル程度だったものの、どれだけ内装を豪華にしてもクロカン4WD車では得られない乗り心地の良さや運転感覚によって大ヒットを記録します。

国産クロスオーバーSUVの定番車種に躍り出たCR-Vは代を重ねて2016年まで日本国内で販売されますが、4代目CR-Vを販売中に海外の主要市場から要求された高級SUV化によって価格が上がってしまいました。

日本国内ではサイズや価格面で競争力が高い後継車が登場したことにより、4代目CR-Vを日本でモデルチェンジすることなく2016年8月をもって販売終了、一旦日本国内市場における歴史を閉じます。

しかし2017年頃から、両側スライドドアを持つハイルーフ車ばかりになったミニバンへのアンチテーゼとして、日本国内で『3列シートSUV』にブームの気配が生じました。

ホンダでは日本に導入しなかった5代目CR-Vに3列シート7人乗り仕様を初設定していた事から、3列シートSUVブームに乗るべくCR-Vの再登板を決定、2018年8月に2年ぶりの再デビューを果たしたのです。
 

5代目ホンダ CR-Vの車種特徴

Honda ホンダ CR-V カスタム出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/

新たなCR-Vはシティオフローダー路線からオンロード主体のプレミアムクロスオーバーSUV路線に転換した3代目(2006-2011)以降のデザインテイストを踏襲しており、クーペルックとは言わないまでも、ルーフが低く見えるスタイリッシュボディとなっています。

ホイールベースを延長した新プラットフォームの採用で生まれた車内空間のゆとりを使い、3列目シートをCR-V史上初設定、定員7人乗車を実現したのが最大の特徴で、1.5リッターVTECターボ車のみの設定ですが日本市場でのヒットを狙う構えです。

さらにもうひとつ、CR-V史上初となるハイブリッド車が設定されており、システムはホンダ独自の『i-MMD』。

いくつか種類があるハイブリッドシステムの中でもモーター駆動をメインとしたもので、一般公道域ではエンジンで発電した電力でモーターによるワンペダル走行を行うシリーズ式ハイブリッドとして機能します。

しかしシリーズ式ハイブリッドの効率が劣る高速域ではエンジン駆動での走行がメインとなり、必要に応じてモーターアシストが行われるという仕組み。

ホンダ車では既にミニバンなどで搭載例がありますが、5代目CR-Vに搭載されたi-MMDは機械式のフルタイム4WDシステムと組み合わせ、i-MMD初の4WD車ともなっています。

バッテリー搭載スペースなどハイブリッド車ゆえの成約によりハイブリッド+3列シート車の組み合わせは残念ながら実現していませんが、乗車定員の多さを取るか経済性を選ぶか、ユーザーにとっては楽しい悩みどころが増える再デビューとなりました。
 

5代目ホンダ CR-Vの特徴

SUVが人気を高めていく中で、満を持して復活を遂げた5代目ホンダ CR-V。

復活モデルということで一躍注目の的となりました。

スタイリッシュなSUVが人気を博している中、5代目ホンダ CR-Vも例に漏れず都会的なデザインとなりSUV市場に参戦しました。

スポーティーなデザインはカスタムとの相性もバッチリです。

今回はモタガレがオススメする5代目ホンダ CR-V用のカスタムパーツをご紹介します。
 
簡単施工で墨汁もガード・・・!?今一番注目のコーディング剤 買えるのは、モタガレだけ!HybridEleven

5代目ホンダ CR-Vのホイール

ルックスに大きな変化を与えるホイール交換は5代目ホンダ CR-Vをカスタムする上で見逃せないポイントですね。

社外のアルミホイールへ交換する事でルックスの変化だけではなく、足回りの軽量化による大きな恩恵を得ることが可能になります。

今回は5代目ホンダ CR-Vにオススメのホイールをご紹介いたします。
 

無限 Aluminum Wheel MDR

Honda ホンダ CR-V カスタム アルミホイール 無限出典:http://www.mugen-power.com/automobile/products/cr-v/parts/04.html

7本スポークを基調とし、幅広いディスク面のデザインを採用。

シンプルながらも足元に力強さと、上質で存在感をより高めるアルミホイール「MDR」。

鏡面切削加工とダークメタリックを組み合わせた2トーン仕様は、見た目以上のサイズ感を印象付けるデザインとしています。

高い剛性を確保し、軽量化にも大きく貢献。サイズは19×7 1/2J インセット43。カラーはダークメタリックミラーフェイス。

推奨タイヤサイズ 235/55R19
 

5代目ホンダ CR-Vのインテリア

インテリアをカスタムする事で、搭乗者の視界を大きく変えることが可能に。

インテリアを交換する事で、純正パーツの保護に繋がり、リセールバリューを高めることも出来たりします。

5代目ホンダ CR-Vにオススメのインテリアパーツをご紹介いたします。

無限 Sports Mat

Honda ホンダ CR-V カスタム 内装 インテリア フロアマット出典:http://www.mugen-power.com/automobile/products/cr-v/parts/06.html

CR-Vの内装にあわせ高級感を演出するスポーツマット。

無限のラインナップでは目付け量の多い生地を採用すると共に、メタルプレートの無限エンブレムをフロント左右とリアの2列目マットの3ヶ所にレイアウト。

表皮カーペットは耐久性に優れたナイロン素材、裏地にはフロアとマットのズレや滑りを防ぐポリエステル素材を採用。

また、ドライバーズマットには磨耗を抑止するヒールパッドを装備。カラーはシックな「ブラック」を設定しています。
 

5代目ホンダ CR-Vのエアロ

5代目ホンダ CR-Vにエアロパーツを装着することで、ルックスを大幅に個性づけることが可能になります。

更には個性的なデザインの5代目ホンダ CR-Vにエアロパーツを装着する事で車両のキャラクターを大きく変えることが可能になります。

5代目ホンダ CR-Vにオススメのエアロパーツは何があるのか?ご紹介します。
 

無限 Front Grille Garnish

Honda ホンダ CR-V カスタム ドレスアップ エアロパーツ出典:http://www.mugen-power.com/automobile/products/cr-v/parts/index.html

ボディカラーとツヤ消しブラック塗装の2トーン仕様とし、フロントマスクを引き締め、より存在感のあるデザインとしたフロントグリルガーニッシュ。

標準装備グリルの一部に穴あけ加工して被せて装着することができます。

真空成型のABS製。無限エンブレム付き。カラード仕上げ(設定6色)×ツヤ消しブラック塗装仕上げ。

無限 Front Under Spoiler

Honda ホンダ CR-V カスタム エアロパーツ ドレスアップ出典:http://www.mugen-power.com/automobile/products/cr-v/parts/index.html

高級感とスポーティさをより高めるフロントアンダースポイラーです。

前後のバランスに合わせた、ボディカラーとシルバーの2トーン仕様を設定。無限エンブレム付き。

標準装備バンパーの一部に穴あけ加工をして装着することが可能です。真空成型のPPE製。カラード仕上げ(設定6色)×シルバー塗装仕上げ。
 
11分で半年続く、次世代のコーディング剤 HybridEleven

5代目ホンダ CR-Vの維持費

維持費 税金出典:写真AC

5代目ホンダ CR-Vの維持費はご存知ですか?

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。 5代目ホンダ CR-Vの場合、ハイブリッドのみエコカー減税対象で自動車取得税、自動車重量税ともに100%、登録翌年度の自動車税が75%軽減される優遇措置があります。

新車でCR-V HYBRID EX・Masterpiece(FF)の場合、約164,200円の優遇となりますので、基準として覚えておく良いでしょう。

1.5リッターターボ車には減税措置はありませんので、注意が必要です。
 

5代目ホンダ CR-Vの新車&中古車価格

Honda ホンダ CR-V カスタム出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/styling/design/

2018年10月現在、5代目ホンダ CR-Vの新車価格は以下のようになっています。
 
※いずれもFF(2WD)と4WDの設定あり

【2リッターガソリンハイブリッド(※5人乗りのみ)】
ハイブリッドEX:378万4,320円~400万0,320円
ハイブリッドEXマスターピース:414万5,040円~436万1,040円

【1.5リッターガソリンターボエンジン】
EX(5人乗り):323万0,280円~344万6,280円
EX(7人乗り):342万1,440円~363万7,440円
EXマスターピース(5人乗り):359万1,000円~380万7,000円
EXマスターピース(7人乗り):381万4,560円~403万0,560円

なお、日本では2018年8月に発売されたばかりで、ハイブリッド車に至っては11月発売のため、まだ中古車は出回っていません。
 

5代目ホンダ CR-V 主なグレードのスペック

Honda ホンダ CR-V カスタム出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/webcatalog/interior/utility/
 
ホンダ RT6 CR-V ハイブリッドEX マスターピース 4WD 2018年式

全長×全幅×全高(mm):4,605×1,855×1,690
ホイールベース(mm):2,660
車両重量(kg):1,700
エンジン仕様・型式:LFB 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量(cc):1,993
最高出力:107kw(145ps)/6,200rpm
最大トルク:175N・m(17.8kgm)/4,000rpm
モーター仕様・型式:H4 交流同期電動機
最高出力:135kw(184ps)
最大トルク:315N・m(32.1kgm)
トランスミッション:-
駆動方式:4WD
JC08モード燃費:25.0km/L
WLTCモード燃費:20.2km/L
WLTCモード燃費(市街地モード):19.1km/L
WLTCモード燃費(郊外モード):21.6km/L
WLTCモード燃費(高速道路モード):19.8km/L
綺麗なクルマは好きですか?HybridEleven

まとめ

Honda ホンダ CR-V カスタム出典:https://www.honda.co.jp/CR-V/

結果的には「すぐ日本市場へ復帰するなら、一度廃止しない方が良かったのでは」とも考えられる5代目CR-Vですが、むしろ市場の変化へ柔軟に対応したホンダの英断により、素早い日本復帰が実現したと考えるべきかもしれません。

確かに4代目CR-Vでは付加価値に乏しい中で人気低迷しての日本撤退決定でしたからやむをえない面はありますが、5代目で追加した付加価値が日本市場の変化にマッチしていたのが幸いでした。

3列シートSUVはこの先プレミアムSUVの主力となるのか、あるいは単なるニッチ商品で終わるのかはまだわかりませんが、i-MMDや全車に標準装備された安全運転支援装備『ホンダセンシング』だけでも十分魅力的なので、元祖国産クロスオーバーSUVの帰還を素直に歓迎したいと思います。
 

あわせて読みたい

ホンダ車に関する他のカスタム情報を見る
簡単施工で墨汁もガード・・・!?今一番注目のコーディング剤 買えるのは、モタガレだけ!HybridEleven

この記事をシェアする!