モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

純正で十分?物足りない?ポルシェ911カレラ(991)におすすめのカスタムパーツとは?

純正で十分?物足りない?ポルシェ911カレラ(991)におすすめのカスタムパーツとは?

「最高のポルシェは最新のポルシェ」という格言がありますが、それに従えば2018年10月現在最高のポルシェなのが7代目の現行モデル991型。

間もなく新型が発売されてしまうので「最高」の座である期間はもうわずかですが、現状の「最高」991型と911におすすめのカスタムパーツをご紹介します。

ポルシェ911(991型)とは

ポルシェ porsche 911 991 カスタム出典:https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-carrera-models/911-carrera-4s-cabriolet/

水冷エンジン化に伴い伝統のスタイルから大きく様変わりした996型・997型に続く2018年10月現在最新のポルシェ911が、日本では2011年11月に発売された7代目にあたる991型です。

エントリーモデルのボクスターと外装部分に至るまで共用部品が多く不評だった996型(特に前期)や、996型のビッグマイナーチェンジ版とも言える997型から内外装、メカニズムともに全面的に刷新された、水冷911初の『決定版』とも言えます。

デザインが大きく変わったのみならず、寸法は997型からほとんど変わらぬまでもホイールベース延長やフロントトレッド拡大などレース界からの要望で変更された点は多く、市販車がそのままGTレースで大活躍する911らしい一面です。

グレード展開は997型からさらに拡大され、以下の通り。
911カレラ系:カレラ/カレラS(2WDクーペ)、カレラ4/カレラ4S(4WDクーペ)、カレラカブリオレ/カレラカブリオレS(2WDオープン)、カレラ4カブリオレ/カレラ4カブリオレS(4WDオープン)
911カレラT(2WDクーペ)
911タルガ4系:タルガ4/タルガ4S(4WDタルガトップ)
911ターボ系:ターボ/ターボS(4WDクーペ)、ターボカブリオレ/ターボSカブリオレ(4WDオープン)
911GTS系:カレラGTS(2WDクーペ)、カレラGTSカブリオレ(2WDオープン)、カレラ4GTS(4WDクーペ)、カレラ4GTSカブリオレ(4WDオープン)、タルガ4GTS(4WDタルガトップ)
911GT3系:GT3/GT3RS(2WDクーペ)
911GT2RS(2WDクーペ)

991型で新たに加わったのは『911カレラT』(日本では2017年12月追加)で、初代901型に存在した911Tの精神を受け継ぎ、911カレラと同じエンジンを積みつつ145kgも軽量化されており、『T』はツーリングを意味します。

ポルシェ911(991型)の特徴

ポルシェ porsche 911 991 カスタム出典:https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-carrera-models/911-carrera-4s-cabriolet/

991型ではフロントのトレッド拡大、ヘッドライト左右間拡大、およびフロントガラスの角度が997型より寝かせたことによるデザイン面での変化が大きく、996型や997型といった初期水冷911とは印象がだいぶ異なります。

構造的にもアルミ合金と超高張力鋼を適材適所で使用した『スチール・アルミハイブリッドシャシ』が採用されたほか、センタートンネル周りにマグネシウム合金を使用して997型より寸法はほとんど変わらぬながら軽量化が図られました。

フロントのラゲッジスペースは縮小していますが、ホイールベースも延長されて後輪の位置が変わったことにより、後席背後のラゲッジスペースが拡大したので実質的な使い勝手は大きく向上。

リアの安定感が増した上に『アクティブリアホイールステアリング』による4WS(4輪操舵)の設定で歴代911で見られたRR独特の乗り味は薄れ、イージードライブ化されたためにかつての911の雰囲気が薄れたという声がある一方、安心して乗れる上質なスポーツカーへ進化しています。

エンジンも前期型ではカレラ系に3.4~3.8リッター自然吸気エンジンが搭載されていましたが、後期型ではライトサイジング化(排気量適正化)された3リッターツインターボエンジンとなり、4リッター自然吸気エンジンを積むGT3系以外全車ターボ化されました。
 

ポルシェ911(991型)のカスタム事情

スポーツカーメーカーであるポルシェのフラッグシップである911。

996,997に比べさらに洗練されたビジュアルや、ターボ化されたエンジンはカスタムとの相性も抜群です。

「純正状態でも文句なし」と言われていますが、そこはやっぱりカスタムして個性を主張していきたいところです。

今回はモタガレがオススメするポルシェ911(991型)のカスタムパーツをご紹介します。
 
綺麗なクルマは好きですか?HybridEleven

ポルシェ911(991型)のホイールは?

ルックスに大きな変化を与えるホイール交換はポルシェ911(991型)カスタムする上で見逃せないポイントですね。

社外のアルミホイールへ交換する事でルックスの変化だけではなく、足回りの軽量化による大きな恩恵を得ることが可能になります。

今回はポルシェ911(991型)にオススメのホイールをご紹介いたします。

大阪のホイールメーカーであるWORKから「BROMBACHER」をご紹介します。


WORK BROMBACHERWORK  

ポルシェ porsche 911 991 カスタム ホイール 社外 WORK出典:https://www.work-wheels.co.jp/

PORSCHEへの敬意を表すメッシュデザインとなっています。

また、スポークの1本1本が細くシャープな形状のため、軽快な足元の印象を車に与えます。

2ピースの為、傷がついてしまっても部分交換ができるのがメリットですね。
 

ポルシェ911(991型)のインテリアカスタム

インテリアをカスタムする事で、搭乗者の視界を大きく変えることが可能になります。

インテリアパーツを装着する事で、純正パーツの保護に繋がり、リセールバリューを高めることも出来たりします。

高級感溢れる車内をより個性的に演出することで日々のドライブも一際楽しくなりますね。

ポルシェ911(991型)にオススメのインテリアパーツをご紹介いたします。
 

 sparco リクライニングシート R100 SKY PVCレザー

ポルシェ porsche 911 991 カスタム インテリア スポーツシート スパルコ
SPARCOのコンパクトな本格派リクライニングシートです。

スタイリッシュかつ、スポーティながら座面サイドを低く設定し、スポーツ車はもちろん、ミニバン・ワゴン車に装着しても乗り降りしやすい製品です。

座面の厚みを薄くしながらも乗り心地とホールド性を重視。

リクライニング機構はダイヤル式ではなくレバー式を採用。(左右両側にレバーがあり、片側の操作でリクライニング出来ます)
全体的にコンパクトに設計されております。
 

ポルシェ911(991型)のエアロパーツ

エアロパーツを装着することで、ルックスを大幅に個性づけることが可能になります。

空力特性にも優れたデザインの6ポルシェ911(991型)にエアロパーツを装着する事でより優れた整流効果や車両のキャラクターにアレンジを加えることが可能になります。

ポルシェ911(991型)にオススメのエアロパーツをご紹介します。
 

フロントリップスポイラー EURver. type991

ポルシェ porsche 911 991 カスタム エアロパーツ エウル ドレスアップ フロントリップスポイラー
純正オプションパーツのようなシンプル、存在感を意識するデザインとなっています。

純正エアロだけでは物足りない、でもあまり派手にはしたくない、と感じているユーザーにとってちょうどいいフロントリップスポイラーです。
 

サイドステップ EURver. type991

ポルシェ porsche 911 991 カスタム エアロパーツ エウル ドレスアップ サイドステップ
EURver.のコンセプト「さりげない大人スタイル」を忠実に再現。派手になりすぎないよう、落ち着いたビジュアルと存在感両立させています。

フロントリップスポイラーと相まって、全体バランスをまとめるデザインとなっています。

リアスカート EURver. type991

ポルシェ porsche 911 991 カスタム エアロパーツ エウル ドレスアップ リアアンダースポイラー
EURver.の「さりげない大人スタイル」をコンセプトに、991カスタムの要望に答え、完成したデザインとなっています。

純正リアバンパーの上に被せるタイプとなっており、フルバンパー交換に比べて比較的手軽に装着できるパーツです。
 
簡単施工で墨汁もガード・・・!?今一番注目のコーディング剤 買えるのは、モタガレだけ!HybridEleven

ポルシェ911(991型)の車高調

走りを重視しているポルシェ911だからこそ、純正でも十分楽しめる足回りが装着されていますが、まだ物足りないと感じるユーザーにとっては車高調交換はおすすめできるメニューの一つです。

足回りを交換することによってビジュアルの向上はもちろん、スポーティーなドライビングを楽しむことも可能になります。

今回はモタガレがポルシェ911(991型)にオススメする車高調をご紹介します。

BILSTEIN B16

ポルシェ porsche 911 991 カスタム サスペンション 車高調 おすすめ ビルシュタイン
純正サスペンションとしても多くのメーカーに採用されているビルシュタイン。

B16は減衰力を10段階に調整可能となっており、スポーティなセッティングから極上のコンフォータブルなセッテングまで調整可能です。

前後ともに約30〜50mmのローダウン化。

サーキットレベルでのテストを繰り返してのファインチューン実施。

トリプルCテクノロジー(三層コーティング)による高い防錆性を実現しています。

ビルシュタインならではのドイツ製モノチューブ倒立式サスを採用し、TV(ドイツの技術検査機関)が認める性能を誇ります。
 

ポルシェ911(991型)のマフラー

カスタムと言えばマフラー交換を忘れてはいけません。

サウンドの変化を楽しめるのはもちろん、重い純正マフラーから交換する事で運動性能や燃費の向上まで期待できます。

しかしサウンドがよくなればついついアクセルを踏んでしまいがちなので、結果的に燃費が悪くなってしまうかもしれませんね。

今回はモタガレがポルシェ911(991型)にオススメするマフラーをご紹介します。

イノテック ポルシェ 991カレラ (後期) 用 iPE 可変バルブマフラー 

ポルシェ porsche 911 991 カスタム マフラー イノテック 可変バルブ出典:http://ipe-japan.com/products/porsche-991-2-carrera-muffler-full-system/

可変バルブマフラーキットの内容はエキマニ、スポーツ触媒、可変バルブマフラーの構成になっています。

テールエンドのカラーをクロームメッキ・クロームブラック・カーボン製(アップグレードオプション)
の三種から選択可能。

純正システムを使用してバルブコントロールする仕様となる為、バルブコントロールECU (リモコンキット) は付属致しません。
 

ポルシェ911(991型)の維持費

ポルシェ porsche 911 991 カスタム 維持費出典:写真AC

ポルシェ911(991型)の維持費はご存知ですか?

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。 なお、ポルシェ911(991型)にはエコカー減税対象車はありません。
 
11分で半年続く、次世代のコーディング剤 HybridEleven

ポルシェ911(991型)の新車&中古車価格

ポルシェ porsche 911 991 カスタム 出典:https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-targa-4-models/911-targa-4/

2018年10月現在、ポルシェ911(991型)の新車価格は以下のようになっています。
 
911カレラ系:1,244万0,000円~1,913万0,000円
911カレラT:1,432万0,000円
911タルガ4系:1,610万0,000円~1,913万0,000円
911ターボ系:2,267万0,000円~2,896万0,000円
911GTS系:1,788万0,000円~2,154万0,000円
911GT3系:2,115万0,000円~2,692万0,000円
911GT2RS:3,656万0,000円

なお、中古車価格は以下。

中古車価格:697.9万~2,600万円

安価なのは2015年にマイナーチェンジされる以前、まだライトサイジング・ターボエンジン搭載前の自然吸気エンジン搭載型『素の911』911カレラのクローズドボディ車で、ある程度走行距離が多めなものと修復歴ありがメインです。

同じ911でもカレラ系はマイナーチェンジ前後で大きく価値が変わると考えた方が良いのかもしれません。
 

ポルシェ911(991型) 主なグレードのスペック

ポルシェ porsche 911 991 カスタム 出典:https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-turbo-models/911-turbo/
 
ポルシェ 991H2 911ターボS 2018年式

全長×全幅×全高(mm):4,507×1,880×1,297
ホイールベース(mm):2,450
車両重量(kg):1,600
エンジン仕様・型式:水冷水平対向6気筒DOHC24バルブ ICツインターボ
総排気量(cc):3,800
最高出力:427kw(580ps)/6,750rpm
最大トルク:700N・m(71.4kgm)/2,100~4,250rpm
トランスミッション:7AT(PDK)
駆動方式:4WD
JC08モード燃費:-

まとめ

ポルシェ porsche 911 991 カスタム 出典:https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-carrera-models/911-carrera-4s-cabriolet/

間もなく発売される新型911(992)により「最新のポルシェは最高のポルシェ」の座から滑り落ちてしまう991型。

カレラ系の全車ツインターボ化や『アクティブリアホイールステアリング』による4WS化、『スチール・アルミハイブリッドシャシ』の採用などで完成度は非常に高く、水冷エンジン化されてからもっとも性能・品質ともに躍進した911でもあります。

かつては「ジッポーとポルシェは男の最後の砦」とさえ言われたRRスポーツ特有のクセも消えてステアリングを握ることが容易になった上で、依然として市販量産GTスポーツとして屈指の走行性能を誇り、スーパーカーを除くスポーツカー界の王様的存在なことには変わりありません。
 
綺麗なクルマは好きですか?HybridEleven

あわせて読みたい

ポルシェに関する他のカスタムパーツ情報を見る!
簡単施工で墨汁もガード・・・!?今一番注目のコーディング剤 買えるのは、モタガレだけ!HybridEleven

この記事をシェアする!