ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
後継車は二度と出ない!ローレル(C33)にしかない魅力とは?

後継車は二度と出ない!ローレル(C33)にしかない魅力とは?

日産の5ナンバーサイズFRスポーツセダンといえばR32時代のスカイラインが現在でも数多く現役ですが、同時期に販売されていて当時流行の4ドアピラーレスハードトップセダンだった6代目C33ローレルも人気がありました。

重厚感より軽快感すら感じるルックスは、後々までドリフトなどで多用されていきます。

6代目日産・ローレル(C33)とは

Photo by Grant.C

かつて3ナンバー車の自動車税が非常に高額だった時代、たとえ強力なエンジンを搭載していてもボディサイズは下位グレードに合わせ5ナンバー枠に収め、場合によっては太いタイヤを履くためフェンダーなどで若干全幅を稼ぐ例が多いものでした。

1989年1月に発売された6代目C33ローレルも5ナンバーサイズだった1台で、当時のアッパーミドルクラスサルーンとしては常識的な、2リッターエンジンを中心に廉価版の1.8リッター車や、経済性に優れるディーゼルエンジン車もラインンアップしての登場です。

やがて3ナンバーブームが到来してローレルも2.5リッターエンジンを搭載、3ナンバー化されますが、ボディサイズはフェンダーで拡幅することなく最後まで5ナンバー枠に収まっていました。

当時の車格としてはブルーバードとセドリック/グロリアの中間にある紛れもないアッパーミドルクラスサルーンでしたが、現在の視点で見れば小型とも言えて、流行に沿ったルーフの低いピラーレス4ドアハードトップボディによるスポーティサルーンとして人気を得ます。
 

6代目日産・ローレル(C33)の特徴

Photo by Kylie & Rob (and Helen)


当時のローレルはまだスカイラインと兄弟車化する前で、ローレルの方が若干ラグジュアリー寄り、かつ2ドアクーペなどを持たないため車内の居住性も勝るなど、キャラクターの違いは明確でした。

しかし、流行に沿った4ドアハードトップ路線、かつ1.8リッター4気筒エンジンや直列6気筒でもディーゼルエンジンを搭載していたグレードを除きスポーティなRB系直列6気筒エンジンを搭載し、トップグレードでは2リッターターボ。

ピラーレスの4ドアハードトップボディゆえ、側面衝突安全性能への不安のみならずボディ剛性の面でも不足があったとはいえ、歴代ローレルの中ではもっとも『走りのローレル』と言えたのが、C33ローレルでした。

後にドリフトブームが到来すると、「スポーティなルックスでRB系エンジンなら何でも搭載できるFRスポーツセダン』として8代目C35ローレルともども注目されたのは当然で、現在でこそ数を減らしているものの、かつてはドリフト定番車種の1台だったのです。
 

6代目日産・ローレル(C33)の維持費

出典:写真AC

6代目日産・ローレル(C33)の維持費はご存知ですか?

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。 なお、古い車なのでエコカー減税など免税措置は無く、むしろ全車13年超で自動車税などは高くなります。
会員登録すれば500ポイント付与

6代目日産・ローレル(C33)の新車&中古車価格

Photo by Aidan Cavanagh

2019年1月現在、6代目日産・ローレル(C33)は新車で販売しておらず、1989年4月~1993年1月に販売された中古車があるのみです。

中古車価格は以下。
 
中古車価格:38万~169万円

発売から30年近く、生産終了からも25年以上経過しているとあって数こそ少ないものの、希少な直6エンジン、それもチューニングも容易なRB系搭載可能とあってチューニングカー人気は高く、人気の谷間にあった7代目C34よりは若干流通台数は多めです。

人気はワンオーナーフルノーマル車よりMTやエンジン載せ換え済の方が高値推移となっており、スワップチューンのスキルを持ったチューナーの減少、スワップ元となるエンジンやパーツの現象が拍車をかけているのかもしれません。
 

6代目日産・ローレル(C33) 主なグレードのスペック

出典:https://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=252
 
日産 EC33 ローレル 25メダリストSV 1992年式

全長×全幅×全高(mm):4,690×1,695×1,365
ホイールベース(mm):2,670
車両重量(kg):1,420
エンジン仕様・型式:RB25DE 水冷直列6気筒DOHC24バルブ
総排気量(cc):2,498
最高出力:132kw(180ps)/6,000rpm
最大トルク:226N・m(23.0kgm)/5,200rpm
トランスミッション:5AT
駆動方式:FR
10・15モード燃費:8.1km/L

まとめ

Photo by Jacob Frey 4A

新車販売当時は、ツインターボやより大排気量のターボエンジンを搭載したライバルに対して若干地味な存在ではありましたが、部品共用性の高い日産車ゆえにチューニングベースとしての素材性は高いものでした。

後に強力なエンジンを搭載して戦闘力を高めたチューニングカーが多数登場した時には、バブル全盛期に流行したルーフの低い4ドアハードトップスタイルのおかげでチューニングに対しても違和感のないカッコ良さを誇ります。

ローレルを最後に5ナンバーサイズFRセダンはその後も同種の車がほとんど登場しなかったこともあり、今や『もはや後継車の販売されることが無い希少種』となりました。
会員登録すれば500ポイント付与

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!