モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

愛車に着けるならしっかり選びたい!スポーツカーにオススメのハンドル特集

愛車に着けるならしっかり選びたい!スポーツカーにオススメのハンドル特集

ハンドル・ステアリングは車と運転手がコミュニケーションを図れるツールのひとつです。そのツールを自分好みに交換することで、クルマへの愛着と、ドライバビリティが向上する事も。

では、一体どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

今回は数あるハンドルの中からオススメのハンドルを10本厳選して、ご紹介します。

ハンドルを換えるメリット・デメリット

ステアリング ハンドル ボス スペーサー 出典:https://upload.wikimedia.org/

  運転操作に直結するアイテムである車のハンドル。

最近は純正でもスポーティーな物や、スタイリッシュな物が多く見られるようになり、機能も見た目も十分満足が得られるようになりました。

では、カスタム・チューニングや、ドレスアップを楽しむオーナーはなぜハンドルを換えるのでしょうか?

まずは、ハンドルを換えるメリットを考えてみましょう。
 
・運転しやすい位置にハンドルを移動・セッティングできる。
・小径/大径/ディープコーンなどで、ドライバーの癖や体系にあった運転姿勢を作ることができる。
・適正なポジションにセッティングすることで、長時間の運転でも疲れにくくなる。
・見た目が変わり、オーナー好みのインテリアへとドレスアップ出来る。

こう見るとメリットばかりですが、逆にデメリットとしてはどんなことがあるのか見てみましょう。
 
・エアバッグを装着できないモデルの場合、交通事故等が発生した際の安全性が低下する。
・オーディオやカーナビ、クルーズコントロール等を制御するボタンが無くなる。
・ホーンマークが無いハンドルの場合、自分で貼りつける必要がある。
・エアバッグ割引などが適用されている任意保険に入っている場合、金額が変わる場合がある。
・また、保険会社に届け出を行わないと、適切な保険対応が行われない可能性がある。
・あまり小さいハンドルだと、メーターに被る場合や、運転に支障がある場合、車検に通らない場合がある。

安全性の面でデメリットが多く、各種対応を行う必要もあるので、ハンドル・ステアリング交換の際は注意して適切な対応を行いましょう。

ステアリング ハンドル ボス スペーサー Photo by Federico Feroldi

さて、メリット・デメリットを見てきたところで、いざハンドルを換えようと思っても、種類が多すぎてどれが良いのか困ってしまいます。

今回は、どれを選んだら良いのかわからない!という人たちのために、人気のハンドルをご紹介して頂きます!

根強い人気の定番ハンドル

長い歴史のある自動車産業。

クルマには必須アイテムなだけに、長い歴史のあるハンドルは、比例して人気があります。

その人気の秘密は、「シンプル・イズ・ベスト」

まずは、ハンドルメーカーを代表する人気モデルをご紹介します。
 

NARDI・CLASSIC

ステアリング ハンドル ボス スペーサー
ハンドルメーカーとして長い歴史を誇るナルディの定番アイテムといえる「クラシック」は、飽きのこないシンプルなデザインが人気です。

どんな内装にも溶け込むデザインを与えられたクラシックは、バリエーション豊富な径数やスポークカラー、そしてレザーやスエードなどのグリップを選択することができます。

用途や内装に合わせた選択ができることがナルディの特徴であり、ユーザーから愛されている理由といえるでしょう。
 
ハンドル径:330mm/340mm/360mm/380mm 

ディープコーンという選択肢

レーシングカーに座ると、「こんなに近いの?」と驚いてしまうほどの位置にハンドルがセットされています。

より正確なハンドル裁きが要求されるレーシングカーならではのものなのです。

そこで、ハンドルが近くなることにより得られるメリットをご紹介します。
 
・ハンドルにしがみつかなくなるため、無駄な力が入らずスムーズなハンドル操作ができる。
・シートの奥に座れるようになるので、体が安定する。
・正しい姿勢で座れるので、長時間運転しても疲れない。

もちろん、良いことばかりではございません。 
 
・ハンドルが近くなるため、乗り降りがしにくくなる。
・交差点の時などハンドルを目一杯切る時の操作が忙しくなる。
・ハンドルの位置が上がってしまう。
・ポジションに慣れるまで違和感がある。
・ウインカーやワイパーなどのレバーが遠くなる。

上記のようなメリットとデメリットを踏まえ、車の使用用途や好みによって選択することをお勧めします。

それでは、レーシングカーに近いポジションを得れるハンドルをご紹介します。
 

NARDI・SPORTS TYPE Rally

ステアリング ハンドル ボス スペーサー
 
ハンドル径:(オフセット)
330mm(52mm)
340mm(75mm)
350mm(80mm)

ナルディ・クラシックのスポークをオフセットしたモデルとなる「ラリー」は、好みに合わせた径数とオフセットを選択できます。

スエードタイプも用意されており、どちらのタイプにも用いられているレッドステッチがドライバーの気分を盛り上げてくれるでしょう。
   

MOMO・DRIFTING

ステアリング ハンドル ボス スペーサー  
ハンドル径:(オフセット)
330mm(85mm)
350mm(88mm)

ラインナップが豊富なモモのハンドルの中でもデザインと機能を両立させたモデルがこの「ドリフティング」です。

普段乗りからスポーツ走行、そして名前の通りドリフトまでをカバーするドリフティングは、4色のステッチが用意されているので、内装だけではなくボディカラーも意識した選択ができるようになっています。

このハンドルを選ぶことで、マイカーコーディネートの楽しみが増えることは間違いないと思います。
 

Prodrive・COMPETITION


ステアリング ハンドル ボス スペーサー
ハンドル径:(オフセット)
330mm(90mm)

ツーリングカーやラリーなどで使用率の高いプロドライブのハンドルは、イギリスモータースポーツの中心地であるモータースポーツヴァレーにファクトリーを構えるコンストラクターが製作したハンドルです。

レースを前提とした、完全に割り切った仕様となっているこの「コンペティション」は、ハンドルを握った瞬間にあなたの気分をレーサーにしてしまうことでしょう。
会員登録すれば500ポイント付与

デザイン重視のあなたへ

綺麗にレストアされた旧車や、カスタムした車両など、クルマ全体をオーナーの好みに仕上げられた車は、内装や外装に拘りが見えてお洒落です。

そのお洒落な車に、ハンドルというワンポイントを加えるとさらにお洒落になると思いませんか?

そんな、ワンポイントを加えてくれる、お洒落なハンドルをご紹介します。

NARDI・KALLISTA

ステアリング ハンドル ボス スペーサー
 ハンドル径:350mm 

スーパースポーツカーと呼ばれるパガーニ・ゾンダFに採用されたナルディのハンドルを、レプリカとして販売したモデルが「カリスタ」です。

世界一のスーパーカーと呼ばれる車に採用されたハンドルは、レプリカといえども世界一のスーパーカーにも使われているハンドルに交換することで、スーパーカーの素晴らしさを堪能できるのではないでしょうか?
   

ORIDO☆STYLE

ステアリング ハンドル ボス スペーサー  
ハンドル径:330mm

レーシングドライバーの織戸学氏が、ナルディのハンドルをベースにオリジナル仕様にして販売しているハンドルがこちら。

織戸選手のファンにとっては堪らないハンドルです。

最近ではこのような、選手やショップオリジナル仕様のハンドルも多く販売されています。

贔屓にしている選手やショップのハンドルを選ぶのも、内装コーディネートの楽しみ方のひとつといえるでしょう。

身体にマッチさせるパーツ

いざハンドルを替えてみたたけど、「なんかしっくりこない…」ということがあると思います。

使いなれたハンドルと比べてしまうと、違和感があるのは仕方のないことかもしれません。

慣れてしまえば問題ない場合もありますが、どうしてもしっくりこない場合に試して欲しいパーツをご紹介します。

ボススペーサー

ステアリング ハンドル ボス スペーサー
社外のハンドルに交換する場合、ハンドルにボスという物を装着して取り付けをします。

ボスを装着して、ハンドルを車に取り付けてみたら、「思っていたよりハンドルが遠い」ということもあります。

そこで登場するのか、このボススペーサーと呼ばれるアイテムです。

ハンドルとボスの間にスペーサーを入れることにより、ハンドルの位置を手前にすることができるのです。

厚みも5mm単位で用意されているので、自分好みのポジションを得ることができるという優れもの!

これで、しっくりこないポジションともお別れすることができるのです。

クイックリリース

ステアリング ハンドル ボス スペーサー
クイックリリースとは、ハンドルの脱着機能のことです。

レーシングカーでは日常的に使われているこの機能ですが、今は普通車にも利用できるパーツとして販売されています。

ハンドルが近すぎて乗り降りがしづらい場合に有効なこのクイックリリースですが、パーツ自体に厚みがあるためボススペーサーの役割も果たしてしまうという優れものでもあります。

しかし、思った以上にハンドルが近くなってしまう場合もあるので、注意が必要です。
 

ラフィックス

ステアリング ハンドル ボス スペーサー
ステアリングボスとボールロックシステムで有名なWORKS BELL(ワークスベル)が開発・販売を行なっているボールロックシステムが『ラフィックス』です。

ワンタッチでステアリングが脱着可能となる上に、装着後のガタ付きも無くなります。

スーパー耐久やD1など、モータースポーツのサポートも行っており、その信頼性の高さがが証明されています。

最大の特徴は車検対応であるです!

また、『ボールロックシステム ラフィックス』は、乗り降りしづらいフルバケットシートやロールバーを装着したサーキット走行向けのユーザーに特化した製品として見られていましたが、今後は『脱着式』という特徴を活かして、盗難防止にも一役買います。
 

まとめ

ステアリング ハンドル ボス スペーサー
ハンドル特集、いかがでしたか?

ハンドルは運転手と車がコミュニケーションを図れるアイテムといえます。

お気に入りのアイテムに交換することにより、今までとは違ったコミュニケーションを図れるようになるのではないでしょうか?

また、ハンドルは安全に直結するアイテムなので、安いからといって粗悪な類似品等を装着せず、安心できる物を選び、快適なカーライフを送りましょう。




LINE@からもパーツのお問合せができますので、是非登録して下さいね! 友だち追加
会員登録すれば500ポイント付与

あわせて読みたい

他のカスタムパーツ情報を見る!
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!