モタガレは、ネット上で探すことが難しかったカーグッズやパーツそしてカスタムカーなどの情報を集約。
ただの通販サイトではなく情報・販売・取付までサポートする日本最大級の自動車用品通販サイトです。

中身はGT-R?VIPカーでもお馴染みの10代目日産グロリア(Y33型)

中身はGT-R?VIPカーでもお馴染みの10代目日産グロリア(Y33型)

かつて兄弟車のセドリックともども販売されていた日産の高級セダン『グロリア』は、8代目Y31で人気の出たスポーティなグランツーリスモ系グレードに9代目Y32から丸目4灯ヘッドライトを与えてヒットしました。

1995年にデビューした10代目Y33はキープコンセプトの正常進化版で、V6エンジンが新世代のVQ系へ更新されています。

10代目日産・グロリア(Y33)とは

Y33 日産 グロリア VIP出典:https://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=455

1959年にプリンスから初代グロリアとして登場後、同社が日産へ吸収合併されて以降4代目230型からセドリックの完全兄弟車として名前を残した日産の高級セダン『グロリア』。

セドリックとごくごく細部が異なるのみの完全兄弟車で、日産社内のプリンス派や日産プリンス系販売店のため存続していたも同然という、プリンス時代の名残を残す日産を象徴するような車でしたが、ユーザーからはセドリックともども『セド/グロ』と親しまれました。

1995年6月に登場した10代目Y33型は、2代前のY31(1987年)から定着したスポーティな『グランツーリスモ』系と、保守的ラグジュアリーの『ブロアム』系の2グレード系統を踏襲。

先代Y32からグランツーリスモ系へ採用された丸目4灯ヘッドライトを引き継ぐなど、デザインは完全にキープコンセプトでした。

そもそも歴代セド/グロでも230/330型、430/Y30型などヒット作のモデルチェンジでキープコンセプトなのはよくあった話です。

10代目Y33グロリアでも特にグランツーリスモ系が先代Y32に続いて好評であり、メカニズムや装備面の更新のみでほぼ変わる事なく1999年まで販売されました。
 

10代目日産・グロリア(Y33)の特徴

Y33 日産 グロリア VIP出典:https://gazoo.com/catalog/maker/NISSAN/GLORIA/199506/

先代Y32から最大の変化は、歴代初の4WD車がマイナーチェンジ後の後期型(1997年6月)から追加されたことです。

縦置きV6エンジンと4WDの組み合わせが当時の日産には無かったため、6代目430型以来12年ぶりに直列6気筒ガソリンエンジンが復活、2.5リッターターボのRB25DETにアテーサE-TS電子制御4WDシステムが組み合わせられました。

7代目以降V6エンジンに切り替わっていたとはいえ、ディーゼルエンジンだけはV6が無く直列6気筒のRD28を搭載し続けていたゆえ、エンジンルームへ収めるにも無理が無かったためですが、結局コスト面の問題から最終代のY34まで続く組み合わせとなります。

また、V6ガソリンエンジンも千代まで使われていたVG系から新世代のVQ系への更新が進み、3.0ターボ/3.0/2.5リッターがVQ30DET/VQ30DE/VQ25DE、3.0廉価版/2.0リッターがVG30E/VG20Eを搭載していました。
 

10代目日産・グロリア(Y33)の維持費

維持費 税金出典:写真AC

10代目日産・グロリア(Y33)の維持費はご存知ですか?

以下のリンクより税金や印紙代、自賠責保険などの金額を確認することができますので、ご自身のマイカーの登録年度や排気量、車両重量を確認した上で参考にしてみて下さい。 なお、古い車なのでエコカー減税など免税措置は無く、むしろ全車の車齢が13年超で自動車税などは高くなります。
 
会員登録すれば500ポイント付与

10代目日産・グロリア(Y33)の中古車価格

Y33 日産 グロリア VIP出典:https://gazoo.com/catalog/maker/NISSAN/GLORIA/199506/1500973/

2018年12月現在、10代目日産・グロリア(Y33)は新車で販売しておらず、1995年6月~1999年8月に販売された中古車があるのみです。

中古車価格は以下。
 
中古車価格:14万~125万円

新車販売当時はグランツーリスモ系の人気が高く中古車市場の流通台数も若干多め、現在でも程度良好のワンオーナー車ならばグランツーリスモは100万円以上します。

ただ、よほど程度良好で走行距離も少なくなければグランツーリスモ系でもブロアム系でも価格に大きな差はもはや無く、そもそも流通台数が両方合わせて30台程度と、既にかなりの希少車です。
 

10代目日産・グロリア(Y33) 主なグレードのスペック

Y33 日産 グロリア VIP出典:https://gazoo.com/catalog/maker/NISSAN/GLORIA/199506/1500932/
 
日産 HBY33 グロリア グランツーリスモアルティマ タイプX 1997年式

全長×全幅×全高(mm):4,875×1,765×1,425
ホイールベース(mm):2,800
車両重量(kg):1,620
エンジン仕様・型式:VQ30DET 水冷V型6気筒DOHC24バルブ ICターボ
総排気量(cc):2,987
最高出力:199kw(270ps)/6,000rpm
最大トルク:368N・m(37.5kgm)/3,600rpm
トランスミッション:4AT
駆動方式:FR
10・15モード燃費:8.6km/L

まとめ

Y33 日産 グロリア VIP出典:https://gazoo.com/catalog/maker/NISSAN/GLORIA/199506/1500932/

日産が極度の販売不振、経営悪化に苦しんでいた1990年代後半、グロリアに装備面やメカニズムはともかく、内外装まで一新するようなフルモデルチェンジを行う余裕も無かったため超キープコンセプトで販売されたのが10代目Y33グロリアでした。

しかし先代Y32、特にグランツーリスモ系が人気だったためヘタにデザインを変更しなかったのはかえって正解で、新世代の軽量VQエンジンを得た正常進化版としてグランツーリスモ系が引き続き人気を得ます。

次のY34でようやく大幅なデザイン刷新を受けたグロリアですが、先代Y32ともども丸目4灯のグランツーリスモに憧れ、今でも欲しいと思う人は多いかもしれません。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!