ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
この冬こそは万全に!!春までは車内に積んでおきたい便利アイテム10選

この冬こそは万全に!!春までは車内に積んでおきたい便利アイテム10選

冬になるとスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しまれる方も多いかと思います。

また実家への帰省などでもクルマに乗る機会が増えるこのシーズンにだからこそ活躍する10個の便利グッズをセレクトしてみました!

冬のドライブは危険がつきもの…!?

photo by V.H.Hammer


冬になるとスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しまれる方も多いかと思います。

きっと、ゲレンデまでの道のりはクルマで移動するはずです。

また年末年始になると家族で帰省をする為に、クルマを動かされる方もまた多いのではないでしょうか?

冬季は何かとクルマ移動の機会が増えるシーズンでもあるのです。

特に久々のドライブで、降雪地帯へ行くと決まった日には、それだけで少しハンドルを握る手に緊張が走ったりするもの。

そこで今回は、危険がつきまとう冬のドライブで事前に備えておきたい10個の便利アイテムをセレクトしてみました。

これさえあれば車内が快適!冬アイテム10選!!

スキーや温泉、イルミネーションなど冬にしか楽しめないレジャーとなると、必然的に山の方面へとなり、クルマ移動も多くなるかと思います。

当然、出発地と目的地では寒暖差もあることでしょう。

人間は暖かい格好をすればいいですが、クルマはそうもいきません。

人もクルマも寒さ対策をして、楽しい旅を安全に過ごせるように準備しておきましょう!
 

すぐにエアコンが効きます! エンジンスターター



出典:http://www.carmate.co.jp/

エンジンスターターって知ってますか?

クルマの鍵の開閉を離れた所から操作するように、リモコンでクルマのエンジンをかけることが出来る優れものなのです。


出典:http://www.carmate.co.jp/

寒い時期だと、エンジンを始動させて直ぐはなかなか暖房が効かなかったりすることがありますよね?

出かける5分前にピッとひと押しするだけで、暖かい車内に乗り込むことが可能となります!

 

窓ガラスの氷も一撃!? 解氷スプレー

 

出典:https://www.kykk.jp/

窓ガラスに貼りついた氷ほど頑固なものはありません。

せっかく出発しよう!という気分だったのに窓ガラスの氷を剥がしていたら身体がすっかり冷えてしまった……という経験をした方も少なくないのでは?

窓ガラスが凍っているからといってお湯などの温度差が大きい液体をガラスにかけると破損に繋がる危険性もあるので解氷スプレーを使うことをオススメします

また商品によっては、ガラスコーティング車に使用できないモノもあるので、要注意です!
 

屋根の上の雪も降ろしておこう!スノーブラシ


出典:http://www.cretom.co.jp/index.php

雪が積もってしまうとクルマに乗り込むことすら、なかなか大変だったりしますが、クルマに乗り込めたからといってホッとひといきつくことも出来ません。

よく高速道路などでルーフにうっすらと雪を被ったクルマなどを見かけますが、積もってしまった場合はそのまま屋根に乗せたまま走ると道路に雪を落としてしまう他に、ブレーキの際に急に視界が阻まれてしまう恐れもあります。

ぜひ、乗車の前にスノーブラシなどで屋根の上の雪まで落として安全運転を心がけましょう。

出典:http://www.cretom.co.jp/index.php
 

ワイパーも冬用に交換しておこう!

 
出典:http://www.carmate.co.jp/

実はワイパーにも雪用があるのをご存知でしょうか?

ゴムの厚みも全然違うので、視界のクリアさは断然違います。

特に走行時にフロントガラスに雪が溜まって視界が狭くなってしまうリスクを考えたら、冬場や雪が降る土地へドライブする前に雪用のワイパーに交換しておくことを強くオススメします。
 
 

車内が濡れずに済みます カサ入れ

 出典:http://www.carmate.co.jp/

雪や雨に降られた際に、傘を刺したままクルマへ駆け込むと思いますが、その際、傘のやり場に困ったりしませんか?

そんな時にあると便利なのが、カサ入れです。

カサ入れ選びのポイントは、車内が濡れたり汚れたりせずに済むことはもちろん、たまった水の排水性なども考慮するとよいでしょう。

おおよその商品はヘッドレストに引っ掛けて下げるタイプとなっています。
 

お尻がぬくぬくで幸せ♪ シートヒーター



一部の高級車にはシートヒーターが純正で装備されていることもありますが、言ってしまえば贅沢品の部類に入るシートヒーターは普通の乗用車ではなかなかお目にかかれません。

後付けのシートヒーターであれば、意外とお手頃な価格で手に入るのでプチ贅沢をしたいあなたにオススメです。

クラッツィオのコードレスリモコン2席用シートヒーターは、ヒーターパネルを背面と座面のシートカバーに貼るだけで簡単に装着が出来ます。

3色のLEDランプ付きシガープラグを差し込み、コードレスリモコンの一括操作ですぐにポカポカ暖まります。  

冷え性の方にオススメ! 電気ブランケット


出典:https://www.yamazen.co.jp/

シートヒーターでは足りない!という寒がりなアナタにオススメなのが、電気ブランケットです。

最近ではUSB給電でじんわりと暖を取れるタイプも増えてきているので、車内のみではなく、職場のデスクで使ったりも出来るので、冷え性な方は手に入れておいてもいいアイテムだと言えるでしょう。
 

愛車がカフェに様変わり!? 車内用ケトル

出典:http://www.seiwa-c.co.jp/

長距離ドライブやアウトドア、車中泊などに便利な電気ケトルはいかがですか?

車内でコーヒー・カップメン・カップスープなどにお湯を注いで、いろいろ調理ができます。

カップホルダーに差し込み、シガーソケットからお湯を沸かすことが出来るタイプが各社から販売されています。
 

備えあれば憂いなしタイヤチェーン

出典:http://www.carmate.co.jp/

走行中に急な降雪に見舞われることも想定して、冬のドライブにはタイヤチェーンを常備しておきましょう。

近年ではゴム製のタイヤチェーンが主流となっており、脱着も金属製に比べて格段と簡単になっています。

スタッドレスタイヤでも太刀打ちできないようなシチュエーションでも、タイヤチェーンを巻きつけることでグンと走破性は上がりますので、万が一に備えてこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか?

ジムニー用タイヤチェーンなら、モタガレでも取り扱いがあります!
 

万が一の時には、こんなアイテムも…!


出典:https://www.astro-p.co.jp/

タイヤチェーンを巻いてもスタックしてしまうような、本当に厳しいシチュエーションで最終手段として使いたいのが緊急脱出用のラダーです。

本格的なクロカン遊びをするような人はクルマに積んでいる方もいるかもしれませんが、駆動するタイヤの下にラダーを潜らせることで接地抵抗を増やし、空転からの脱出をサポートするアイテムとなっています。

転ばぬ先の杖としてクルマに積んでおくのもアリ……?

さぁ、出発……!と、その前に

これだけあれば冬場のドライブは超快適なはず!

ゲレンデへ、温泉へ、はたまた美味しいモノでも食べに出発!とその前に

はやる気持ちを抑えて最後に確認していただきたいのがエンジンルームです。

寒くなると街の猫たちがエンジンルームやタイヤの間に入ってしまうことがあります。

気づかずにエンジンをかけてしまうと、悲しい事故が起きてしまうのです。

愛猫と悲しいお別れを防ぐために、日産自動車が警鐘を鳴らしている #猫バンバン プロジェクトをご存知でしょうか?

 

みなさんもエンジンをかけるその前に、一度ボンネットをノックしてみてあげてください!
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

photo by zoetnet


今回は、この冬にクルマに積んでおきたい10個のアイテムをご紹介しました!

クリスマスやお正月など、デートや帰省でクルマ移動する機会が増えがちなこのシーズンだからこそ、車内を快適に過ごしたいですよね。

特に降雪が予想されるエリアへ赴く際には、油断禁物!

人もクルマも自然災害には充分に備えて、楽しい冬を過ごしましょうね。
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!