ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
お金を掛けずに効果抜群!!水温が気になったら交換したいパーツとは?

お金を掛けずに効果抜群!!水温が気になったら交換したいパーツとは?

皆さんは『サーモスタット』というパーツを聞いたことはありますか?

直訳すれば"温度調節装置"というような意味になり、クルマに限らず様々な機械に組み込まれているパーツです。

クルマに限って言えばエンジンの水温や油温をつかさどるパーツで、高温になりすぎるのを防いだり、また冷えすぎたりするのを防ぐ役目を担っている、結構重要なパーツなのです。

今回はそんなサーモスタットの基本的な役割と、交換する理由などについて解説していきます!

サーモスタットってどんなパーツ?

図の中央がサーモスタット / 出典:http://www.fuji-seiko.co.jp/index.html

前述の通り、自動車用サーモスタットとは、エンジンの水温や油温をつかさどるパーツです。

簡素に動きを説明するならばクーラント(冷却水)の温度を測り、ラジエータに冷却水を送るか送らないかの弁の開閉をする部品となっています。

エンジンを始動させてから暖まるまでの暖気時間を短くする為に、冷却水はエンジン内を循環させられますが、サーモスタットで設定された適温まで達すると、エンジン内を循環する配管はサーモスタットにより閉じられ、ラジエータへと続くホースへ冷却水を誘導します。
 

なぜ、サーモスタットを交換するの?

出典:https://www.nippon-seiki.co.jp/defi/

スポーツ走行をする人にとって永遠のテーマなのが、冷却効率を高めること。

高回転域が続きエンジンに負荷がかかる状態で、なんとかエンジンを冷却させようと考えた時、インタークーラーやオイルクーラーの導入を真っ先に思い浮かべそうですが、実はサーモスタットを早めに開弁するタイプに交換するだけでも効果は得られるのです。

純正サーモスタットの場合、燃費を向上させるために水温を高めに設定されていることが多く、純正に比べて早めに開くローテンプタイプの物に交換しても性能的には問題はありません。

そしてサーモスタットはそれほど高価なパーツでも無い為、コスパに優れていると言えるでしょう。

冷却系へのテコ入れを考え始めたら、まずはサーモスタットから交換してみてはいかがでしょうか?

オススメのサーモスタットはコレ!

スポーツ走行のお供に欲しいサーモスタット。

そんなに高価なアイテムでもないので、少し水温が気になる方はぜひ交換しておきたいアイテムですよね。

今回はモタガレで販売している中からオススメのサーモスタットをいくつか紹介します。
 

高回転になりがちな軽には入れよう!


D-SPORTから発売されているダイハツ・コペン(L880K型)用のローテンプサーモスタットです。

純正のサーモスタットより開弁温度の設定を下げ、スポーツ走行などエンジンが高温になる状況下で冷却水の循環を早め、熱ダレによるエンジンパフォーマンスダウンを防ぎます。

開弁温度は68℃です。

VTECパワーを存分に引き出す!



M&M HONDAの EG シビック用 ローテンプサーモスタットです。 

作動温度を下げることで、早期冷却効果を発揮してパワーロスを最小限に抑える効果があります。

純正ラジエター、アルミラジエターまで対応できます。

エンジンチューニング車には必需品のパーツです。

開弁温度は純正の80℃から68℃に引き下げます。
 
 

エボⅩにオイルクーラーキットを入れたらコレ!


HKSオイルクーラーキットのオプションパーツとして、Rタイプオイルクーラーキット内アダプターサーモに使用しているサーモスタットを単品設定。

純正サーモスタット開弁温度100℃に対し、HKS製は75℃です。

ランサーエボリューションI~Xの純正オイルサーモスタットと交換して使用できます。

大パワー車こそサーモスタットを!


STILLENのZ33 フェアレディZ用TAMA ENTERPRISE ストリートサーモスタット -nissan フェアレディZ VQ35DE搭載 02-07-です。

4季を通して安定した水温管理ができるように、対オーバーヒート対策は勿論のこと、対オーバークールを考慮して76.5℃にて開弁。 

仕様:開弁温度76.5℃
適合:02-07 Z33フェアレディZ VQ35DE搭載車両
参考取付時間 : 1.5h
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

出典:https://www.nippon-seiki.co.jp/defi/

今回はサーモスタットについてご紹介してみました。

愛車の水温が気になっているという方はぜひ交換してみてはいかがでしょうか?

また、小さなパーツながら実は重要で、交換するだけで効果も大きいことが分かっていただけたでしょうか?

特にエンジンを上まで引っ張って走るのが大好きだ!という方は交換しておきたいアイテムです。

あわせて読みたい

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!