ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
死角ゼロ!乗換直後から安心のマルチビューカメラを紹介

死角ゼロ!乗換直後から安心のマルチビューカメラを紹介

最近のクルマは空気抵抗を低減するためなどの理由もあり、流線形のスタイルを持っているものがほとんど。

そのため、昔の四角いクルマとは違って車両感覚をつかむのに苦労することもあるのではないでしょうか?

そこで、モタガレオススメのマルチビューカメラをご紹介します。

Text: kouichi kobuna

データシステムの「マルチVIEWカメラMVC811」で車両の死角を最低限にする!




流線型の車に慣れないユーザーにオススメしたいのが、データシステムからリリースされている「マルチVIEWカメラMVC811」です。

このカメラは180°のワイドな画角と多彩な画面表示機能を搭載した車載カメラで、フロントやリアに取り付けることにより、見通しの悪い交差点への侵入や狭いスペースの車庫入れなど、運転状況に合わせて画面表示を選ぶことができ、見にくい所も確認できる画期的な車載カメラなのです。

もちろんフロントとリアどちらにも使えるように、出力される映像も正像と鏡像を切り替えることができるので、用途が変わったからと言って買い替える必要がないのも嬉しいポイントです。

フロントに装着する場合はナンバープレートと共締めができる別売りのナンバーステーを使用すればスッキリと装着できるので、フロント周りをスッキリ見せたい人でも気にすることなく装着できますね。

装着に関しては一般的なピン端子(RCA)出力により、各種モニターに接続可能。

市販ナビはもちろん、別売のハーネス等(取付概要図参照)により、ディーラーオプションナビ(一部機種除く)や、メーカーオプションナビにも幅広く接続できますから、現在使用しているナビのアップグレードにもピッタリです。

6種類のコントロール表示画面が表示できる

画面表示パターンは

・ノーマルビュー

・スーパーワイドビュー
・トップビュー
・コーナービュー

・スーパーワイドビュー+コーナービュー

・スーパーワイドビュー+トップビュー6種類となっており、付属の小型コントロールスイッチで表示画面を切り替えることが可能となっています。

不要な表示パターンは削除することもできるので(リセットで元に戻すことも可能)、使用しない表示パターンを飛ばすために何度もボタンを押す必要もありません。

また、コントロールスイッチは、車種によっては別売りのビルトインスイッチを使用することで、純正のようなスッキリとした見た目に収めることもできるので、気になる方は適合表をチェックしてみてはいかがでしょうか。

さらに通常走行中はモニターの映像表示をOFFにしたいというニーズに応えて、車速に応じて自動的にMVC811をON/OFFできる専用車速アダプターMVC-01も別売りのオプション品として新発売。

付属のスイッチで任意に表示をON/OFFすることも可能です。




なお、平成21年1月1日以降に新規登録された車両に対して、平成29年4月1日以降「道路運送車両の保安基準」の「外装の技術基準」への適合が義務付けられ、「外部表面には、曲率半径が2.5mm未満である突起を有してはならない。」という項目が新設されていますが、「マルチVIEWカメラMVC811」はこれに適合しているので安心です(ただし、装着状態によっては適合しない場合があるので、取り付け状態での規制対応については、管内陸運支局など関係機関にお問い合わせください)。
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!