メルセデスAMGの小型ハイパフォーマンスクーぺ、C63クーぺの魅力とは?

メルセデスAMGの小型ハイパフォーマンスクーぺ、C63クーぺの魅力とは?

カタログ


メルセデス・ベンツの小型セダン、Cクラスには先々代から2ドアクーペモデルが設定されています。

その中でも日本市場で力が入っているのは高性能版のAMGモデルで、日本でのクーペ市場を考えればスポーティモデルが重点的なのは当然でしたが、先代のマイナーチェンジ以降は通常モデルも販売されています。
Contents
Page 1
  1. メルセデスAMGの小型高性能クーペ、C63
  2. メルセデスAMG C63(C205)の特徴・特色
  3. Aピラーから後ろはクーペ専用設計
  4. パワートレインの4リッターV8ターボなど、C63にはAMG専用装備多数
  5. 特徴的なオートマ「AMGスピードシフトMCT」
  6. メルセデスAMG C63(C205)のライバル
  7. メルセデスAMG C63(C205)とライバルの新車価格・中古相場は?
  8. メルセデスAMG C63(C205)の代表的なスペック
  9. まとめ

メルセデスAMGの小型高性能クーペ、C63

メルセデスAMG C63 出典:http://mercedes-amg.jp/


メルセデス・ベンツ Cクラスにクーペが追加されたのは、先々代モデルのCL203型から。

BMW3シリーズコンパクトに対抗したようなショートボディのリアハッチつき2ドアクーペでしたが、先代モデルのマイナーチェンジ時に後継の2ドアクーペC204型が登場し、現行のC205型に続いています。

日本での2ドアクーペ市場、ことに高級車カテゴリーから少し外れる小型クーペとなるとスポーツモデル以外の需要は厳しいことから、C204の途中から一般モデルも追加されてはいるものの、販売の主力はメルセデスAMGモデルのC63です。

国産車でもスポーツクーペは存在するものの、小型高級ラグジュアリークーペとなると数少ない輸入車のみで、その中でも高性能なC63はBMWのM2とともに貴重な存在でしょう。
 

メルセデスAMG C63(C205)の特徴・特色

メルセデスAMG C63出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/
 

Aピラーから後ろはクーペ専用設計

メルセデスAMG C63 出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/


「Cクラス」とは名乗るものの、クーペ(C205)は室内空間重視でヘッドクリアランスも十分な4ドアセダン(W205)やステーションワゴン(S205)とは設計やデザインが異なり、Aピラーから後ろは専用設計、つまりフロントマスクやエンジンを除けば、ほぼ別物です。

カブリオレも(A205)も同様ですが、スポーティなデザインが重視されて車高も低く、クーペではテールへ向かってルーフラインがなだらかに下りていく流麗なボディ。

ドアミラーもAピラーではなくドアのサイドウィンドウ下に配置されているなど、かなり違いがあります。
 

パワートレインの4リッターV8ターボなど、C63にはAMG専用装備多数

メルセデスAMG C63 出典:http://mercedes-amg.jp/


C63クーペのエンジンは本格スポーツクーペ / ロードスターのメルセデスAMG GTと同じM177型4リッターV8ツインターボを採用。

「C63」では最高出力476馬力 / 最大トルク66.3kgm、さらに高性能版の「C63S」では同510馬力 / 71.4kgmを誇ります。

この大パワーを支えるサスペンションや車体を安定させる横滑り防止装置3ステージESP、C63では機械式、C63Sでは電子制御式が採用されたAMGリミテッド・スリップ・デフ(LSD)も専用のものが奢られており、AMGダイナミックセレクトでモード変更も容易。

日常的なドライブからサーキット走行までモード変更させることで、快適なラグジュアリークーペにも、サーキットを攻める高性能マシンにも早変わりできます。

こうした専用装備は同じAMGの名を冠していても、元来が「AMG仕様」であるC43にはほとんど無いもので、「真のAMGモデル」と言えるC63 / C63Sのプレミアム性を高めています。

特徴的なオートマ「AMGスピードシフトMCT」

メルセデスAMG C63 出典:http://mercedes-amg.jp/


C63を含むメルセデスAMG車のFR / 4WD車で特徴的なのは、通常のオートマチックトランスミッションと少し構造の異なるAMGスピードシフトMCTです。

基本的には普通の7速ATなのですが、「トルコン」とも呼ばれてクリープ現象の元ともなる代わりに、トルコンスリップでダイレクト感を損なう元にもなるトルクコンバータを廃止。

代わりに湿式多板クラッチを組み込むことで、素早いシフトチェンジや、トルコンスリップの無いダイレクト感を実現しました。

車庫入れや徐行時にジワジワ車を進ませるクリープ現象の代わりも、MCTの制御で半クラ操作が自動的かつ滑らかに行われます。
 

メルセデスAMG C63(C205)のライバル

BMW M4クーペ(F82)

BMW M4クーペ 出典:https://www.bmw.co.jp/


メルセデス・ベンツ Cクラスのライバル、BMW 3シリーズのクーペ版4シリーズの高性能モデルがM4。

BMW車の方がややスポーティ寄りのキャラクターづけをしてあり、ラグジュアリー的なC63とは若干異なる雰囲気です。

トップモデルは450馬力の3リッター直6ツインターボを搭載。

アウディ RS5クーペ(初代B8系 / 2代目F5系)

出典:http://www.audi.co.jp/


ドイツ第3の高級車メーカーであり、モータースポーツでの存在感ではBMWにもヒケをとらないアウディの2ドアクーペ、A5の最上級・高性能版がRS5。

既に本国では2代目にモデルチェンジされており、日本でも2017年9月下旬頃に2代目へとモデルチェンジする見込みです。

初代B8系RS5は450馬力の4.2リッターV8NAを搭載していましたが、2代目F5系では馬力は同等ながらよりトルクフルな、2.9リッターV6ツインターボに更新され、450psを発揮する強力なモデルになります。

レクサス RC F

レクサス RC F 出典:https://lexus.jp/models/rcf/gallery/


国産高級小型クーペ、レクサス RCのハイパフォーマンス版が、477馬力の5リッターV8エンジンを搭載するRC Fです。

NAながら大排気量を活かしたトルクフルなエンジンや、トルコンを活かしながらも全段直結可能で、C63のMCT同様にダイレクト感を重視した8速ATの搭載が特徴。

メルセデスAMG C63(C205)とライバルの新車価格・中古相場は?

出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/
メルセデスAMG C63(C205・C63S含む)

新車価格
1,236万~1,348万円
中古車相場
849.7万~1,228万円


ライバル車のお値段は?

BMW M4クーペ(F82)

新車:1,157万~1,279万円

中古車:648万~1,999.8万円

アウディ RS5クーペ(2代目は日本発売前のため初代B8系のみ)

新車:1,375万円

中古車:328万~759万円

レクサス RC F

新車:967万~1,044万円

中古車:645~861.8万円
 

メルセデスAMG C63(C205)の代表的なスペック

メルセデスAMG C63S 出典:http://mercedes-amg.jp/c63/
メルセデスAMG C63S 2017年式

全長×全幅×全高(mm):4,750×1,875×1,400
ホイールベース(mm):2,840
車両重量(kg):1,850
エンジン仕様・型式:M177 V型8気筒DOHC32バルブ ICツインターボ
総排気量(cc):3,982
最高出力:510ps/5,500~6,250rpm
最大トルク:71.4kgm/1,750~4,500rpm
トランスミッション:7AT
駆動方式:FR

まとめ

出典:http://mercedes-amg.jp/

かつては国産車でもリアルスポーツというより、GT的な小型~ミドルクラスの2ドアクーペや2ドアハードトップが数多くラインナップされていましたが、今ではレクサス RCくらいになってしまいました。

しかし海外ではこの種の車はプレミアムカーとして活路を見出し、小型高級クーペは増えてきています。

Cクラスクーペに続き、BMW 4シリーズにアウディ A5とドイツ車高級ブランド勢揃いとなったので今後競争が激しくなりそうで、それを牽引しているのがC63など高級バージョンなのでしょう。
 

RECOMMEND

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

もっと見る