ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
メルセデスAMG最強の市販リアルスポーツ、AMG GTの特徴と性能とは?

メルセデスAMG最強の市販リアルスポーツ、AMG GTの特徴と性能とは?

かつてメルセデス・ベンツ公認チューナーとして評判を呼び、その実力を認められて高性能車部門へ。

さらに2014年からはメルセデスAMGとして独立ブランド化したAMGが現在販売している量産高性能スポーツカー、それがAMG GTです。

メルセデスAMG初の高性能スポーツカー、「GT」

メルセデス・ベンツAMG GT 出典:http://mercedes-amg.jp/gt/


古くからSLなど高級ラグジュアリースポーツカーをリリースしてきたメルセデス・ベンツですが、その一方でAMGに代表される公認 / 非公認チューナーによる市販乗用車をベースにした高性能版も数多く作られてきました。

中でもAMGはその実力を認められて正式にメルセデス・ベンツの一部となり、純正高性能版としてのAMGモデルを多数輩出するようになります。

やがてメルセデス・ベンツがマクラーレンとのコラボレーション企画、SLRマクラーレンに続く初の専用設計スーパースポーツ、SLSをAMGが手がけたのも、ごく自然の流れでした。

しかし、その後継車は高級・高価格、つまり贅沢にすぎたSLSまでのようなスーパーカーではなく、もう少し格を下げた高級スポーツカーとして企画されます。

折しも2014年にはAMGが「メルセデスAMG」として独立ブランド化したこともあり、新型スポーツカーはそのイメージリーダ的なモデルとして、他の乗用車ベース高性能版AMGとは別個のブランニューモデルとして開発されました。

それがメルセデスAMG GTおよび、その高性能版GT S、究極のオンロードレーシングカーと位置付けられたGT Rがあります。
 

メルセデスAMG GTの特徴・特色

メルセデス・ベンツAMG GT出典:http://mercedes-amg.jp/gt/
 

ラグジュアリー志向からリアルスポーツへ

メルセデス・ベンツAMG GT 出典:http://mercedes-amg.jp/gt/


かつての名車「300SL」をモチーフにガルウイングドアなど贅沢装備を施した前作、SLS AMGが高級ラグジュアリースポーツ的だったのに対し、メルセデスAMG GTではボディサイズはそれほど変わらないながら車格を1ランク落としました。

通常のドアを採用するなどある意味保守的にはなりましたが、軽量化されたことでリアルスポーツとしての性能は高まり、レースなどモータースポーツでのテクノロジーもふんだんに注ぎ込まれました。

ベースとなるGTのほか、高性能版のGT S、さらにハイパフォーマンス版のGT Rが追加されています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

エンジンはAMG標準エンジンのひとつ、V8ツインターボ

出典:http://mercedes-amg.jp/gt/


基本的にGT、GT S、GT Rともエンジンは同じで、4リッターV8ツインターボのM178。

G550やC63にも採用されているM176系列のエンジンで、メルセデスAMGの標準的なV8エンジンです。

ただしG550用のM176やC63用のM177とはチューニングが若干異なるGT専用エンジンとなっており、グレードによりGT(462馬力 / 61.2kgm)、GT S(510馬力 / 66.3kgm)、GT R(585馬力 / 71.4kgm)というスペック。

これを支えるミッションやデフ、サスペンションも別物で、GTがメカニカルな機械式LSDを採用しているのに対し上位グレードは電子制御LSD、サスペンションも同様に上位グレードは電子制御式など差があります。

AMG GT Rのは0-100km/h加速タイムは3.6秒と驚異的な加速性能を誇ります。

ブレーキも同様で、GT SとGT Rはブレーキローターが大型化されているほか、オプションでカーボンセラミックブレーキも選択可能です。
 

AMGダイナミックセレクトもGT S以上は一味違う

出典:http://mercedes-amg.jp/gt/


エンジンやESP(電子制御ブレーキシステム)などを制御し、パネル操作で街乗りからスポーツ走行まで最適なモードを選択可能な「AMGダイナミックセレクト」も、GTと上位グレードでは異なります。

GT SとGT RではベースのGTには無いサーキット走行向けの「RACE」モードがあり、それを選択するとエンジンのみならずミッションや電子制御LSD、サスペンションなどのセッティングがモータースポーツ用に変更されるのです。

ややラグジュアリー的要素に留まるGTに対し、GT SやGT Rでは本格的なサーキット走行にも向いた、FRリアルスポーツと言えます。
 

メルセデスAMG GTのライバル

ポルシェ 911(7代目991型)

ポルシェ 911 出典:http://www.porsche.com/


メルセデスAMG GTが開発される時、そのメインターゲットとされたのがポルシェの至宝911でした。

特にハイエンドモデルである、3.8リッター水平対向6気筒ツインターボを搭載、580馬力を誇る911ターボは強く意識されており、AMG GTにとって負けられない相手です。
 

アウディ R8(2代目)

アウディ R8 出典:http://www.audi.co.jp/


傘下のランボルギーニから販売されているスーパーカー、ウラカンと同系統のV10エンジンを搭載したミッドシップスーパーカー、アウディ R8の2代目モデルは初代にあったV8モデルは販売されておらずV10専用車になりました。

車格的にはAMG GTと同クラスで、NAながら高回転まで突き抜けるV10エンジンはスーパーカーらしい魅力にあふれています。

日産 GT-R NISMO(R35)

日産 GT-R NISMO 出典:https://www3.nissan.co.jp/


市場においてポルシェ911ターボを最大のライバルとしている、という意味でメルセデスAMG GTと同じ立場に立つのが日本が誇る日産 GT-Rで、NISMOモデルは3.8リッターV6ツインターボで600馬力を誇ります。

日産ブランドそのものはライバルと異なり高級ブランドではありませんが、GT-Rに限って言えば全く別格です。
 

会員登録すれば500ポイント付与

メルセデスAMG GTとライバルの新車価格・中古相場は?

メルセデスAMG GT 出典:http://mercedes-amg.jp/
メルセデスAMG GT(GT S / GT R含む)

新車価格
1,650万~2,300万円
中古車相場
1,138万~1,620万円

ライバル車のお値段は?

ポルシェ 911ターボ(7代目991型・カブリオレ含む)

新車:2,267万~3,334万円

中古車:1,780万~2,450万円

アウディ R8(2代目)

新車:2,456万~2,906万円

中古車:-万円

日産 GT-R NISMO(R35)

新車:1,870万200円

中古車:1,468万~1,620万円
 

メルセデスAMG GTの代表的なスペック

メルセデスAMG GTR 出典:https://www.mercedes-benz.co.jp/
メルセデスAMG GT R 2017年式

全長×全幅×全高(mm):4,550×1,995×1,285
ホイールベース(mm):2,630
車両重量(kg):1,660
エンジン仕様・型式:M178 V型8気筒DOHC32バルブ ICツインターボ
総排気量(cc):3,982
最高出力:585ps/6,250rpm
最大トルク:71.4kgm/1,900~5,500rpm
トランスミッション:7AT
駆動方式:FR

まとめ

出典:http://mercedes-amg.jp/gt/

マクラーレンSLRやSLS AMGと2代続いたスーパースポーツ路線から、思い切ってリアルスポーツ路線に転じたAMG GTは今のところ大成功と言って良いモデルでしょう。

レース用のGT3が2016年にニュルブルクリンク24時間レースで総合優勝するなど、市販車としてどれだけ高性能化を求められる分野のモータースポーツでも結果を出しています。

メルセデス・ベンツがただ高級ラグジュアリーカーだけのブランドではないことを、メルセデスAMGの名の下に証明するモデルとして、これからもハイパフォーマンスな限定グレード追加など話題が続く1台となりそうです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!