100万円以下で買えるディーゼルSUV!マツダCX-5(KE)がおすすめな4つの理由

100万円以下で買えるディーゼルSUV!マツダCX-5(KE)がおすすめな4つの理由

国産ミドルSUVクラスの現行モデル中、唯一ディーゼルエンジンを搭載しているマツダCX-5。初代モデルのKE系になると、100万円以下で購入できる中古車もあるため、SUVの入門モデルやカスタムベースとして魅力的な一台です。そんなCX-5のおすすめポイントや維持費、中古車相場価格までご紹介します

マツダCX-5とは

マツダ CX-5 KE型 外装© Mazda Motor Corporation

CX-5はマツダにとって新たな門出となったモデルです。

CX-5は、マツダ・スカイアクティブ・テクノロジーを初めて全面搭載した第一弾のモデルで、ディーゼルエンジンの『スカイアクティブ-D 2.2』、ガソリンエンジンの『スカイアクティブ-G 2.0』の2つエンジンを設定。

スカイアクティブ-Gは、高効率直噴ガソリンエンジンでリニアで気持ち良いパワーフィールと16.0km/L(FF・JC08モード)と優れた燃費性能を実現し、スカイアクティブ-Dは、排出ガスのクリーン化と18.6km/L(JC08モード)の燃費値、圧倒的なトルクパワーを実現され、当時のエコカー免税の対象車となりました。

また、先陣を切って鼓動デザインが採用し、現マツダのブランドイメージを築いたキッカケでもあります。

発売後は『2012~2013日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤー 』を受賞し、2012・2013年の2年連続でSUV国内販売第1位を獲得、2015年に世界累計生産100万台を達成し、業界からの高評価と市場での人気を独占したモデルです。

KE系とは


マツダ CX-5 KE型 外装© Mazda Motor Corporation

KE系とは、CX-5登場からフルモデルチェンジされるまで生産された、いわゆる初代モデルです。

車体型式はガソリン車で『DBA-KEEFW』、ディーゼル車で『LDA-KE2FW』だったため、共通のKEをとって、『KE系』または『KE型』と呼ばれます。

KE系の販売期間は2012年2月16日から2017年2月1日までで、そのうち、2013年9月19日に一部改良、2014年11月20日に大幅改良が発表されました。

大幅改良を境に前期型と後期型にわけられますが、一部改良から大幅改良の間に販売されたモデルを『中期型』と一部で呼ばれることもあります。
 

マツダCX-5(KE系)の前期/後期の違い

前期型の特徴



マツダ CX-5 KE型 外装© Mazda Motor Corporation

KE系CX-5が最初におこなった一部改良(2012年12月12日)では、変速タイミングをドライバーの意思でコントロールできるキックダウンスイッチを全車標準し、スカイアクティブ-GではJC08モード燃費値を0.4km/L向上させました。


マツダ CX-5 KE型 外装© Mazda Motor Corporation

また、ボディカラーは3色追加した全7色にし、スカイアクティブ-D搭載車には電動ライドガラスサンルーフがオプションで加わりました。
会員登録すれば500ポイント付与

後期型の特徴

マツダ CX-5 KE型 外装© Mazda Motor Corporation

2014年11月20日の大幅改良は、先進安全技術『i-ACTIVSENSE』(i-アクティブセンス)が搭載されました。

ヘッドランプの内部構造が一新され、当時に日本自動車メーカーとして初のLEDアレイ方式グレアフリーハイビームを備え、ヘッドライト同様リアランプもLEDリアコンビネーションランプとなりました。

新構造の前後ダンパーやフロントロアアームのブッシュ形状を最適化により走行安定性と乗り心地を向上、高速走行時で車内の騒音を従来比10%削減、シート構造の改良とフロントシートに高振動吸収ウレタンを採用し、上質感を向上させます。

スカイアクティブ-G搭載モデルには、走行モードを変更できる『ドライブセレクション』が搭載、4WD車には前輪駆動するエンジン動力を後輪駆動のために取り出す機構を持つユニット『PTO』と新開発のリアデフオイルを変更し、4WDの燃費値向上を果たしています。

内装は電動パーキングブレーキ(EPB)が全車標準搭載され、シフトノブ前のオープンボックス、コンソールボックス、フロントドアポケットといった収納スペースの容量が大幅に拡大。

マツダ CX-5 KE型 内装© Mazda Motor Corporation

本革内装にピュアホワイトが追加と、ファブリックシートにはセンター部分にグロスブロッククロスが採用されました。

マツダCX-5・KE系をおすすめするポイント①:スタイリッシュな外装デザイン

マツダ CX-5 KE型 外装© Mazda Motor Corporation

CX-5は、現行のマツダデザインコンセプト『鼓動』を基本となるデザインを採用しており、非常にスタイリッシュです。

マツダのフラッグシップカラーである『ソウルレッドプレミアムメタリック』を一部改良時に追加し、カラーリングの光沢が高級感が引き立てています。

後期型のホイールには新デザインの19インチアルミホイールが選択でき、立体感のある切削加工とガンメタリック塗装がスタイリッシュかつスポーティーな装いを演出しています。

マツダCX-5・KE系をおすすめするポイント②:シンプルで上質感ある内装デザイン

マツダCX-5の内装は、センターコンソールにスイッチやダイヤルとセンターモニターがコンパクトに構成・配置された非常にシンプルな内装。

それでいて本革巻のステアリングやソフトな素材で覆ったインパネ、そして一部分にピアノブラック塗装がほどこされ、上質感があり安っぽく感じません。

後部座席は、大人2名が快適に座れるよう4:2:4分割可倒式シートバッグを採用し、ラゲッジルームのトノカバーを取り外してラゲッジルーム下のサブトランクボックスに収納できます。

後期型は『Heads-up Cockpit』をコンセプトにして、内装デザインは前期型を基調としつつ、運転席はドライバーオリエンテッドな空間、さらに横方向に開放感のある助手席空間にデザインされます。

シフトノブの周囲やエアコンの吹き出し口、ステアリングスイッチの縁はアルミの装飾がなされ、細かいところまで高級感を演出しています。
会員登録すれば500ポイント付与

前期型の内装

マツダ CX-5 KE型 前期 内装マツダCX-5(KE系) 前期型 内装 / © Mazda Motor Corporation

マツダ CX-5 KE型 前期 内装マツダCX-5(KE系) 前期型 内装 / © Mazda Motor Corporation

マツダ CX-5 KE型 前期 メーターマツダCX-5(KE系) 前期型 メーター / © Mazda Motor Corporation

マツダ CX-5 KE型 前期 パーフォーレーションレザーシートマツダCX-5(KE系) 前期型 パーフォーレーションレザーシート / © Mazda Motor Corporation

マツダ CX5 KE型 前期 アクティブクロスシートマツダCX-5(KE系) 前期型 アクティブクロスシート / © Mazda Motor Corporation

マツダ CX5 KE型 前期 クロスシートマツダCX-5(KE系) 前期型 クロスシート / © Mazda Motor Corporation

後期型の内装


マツダ CX5 KE型 後期 内装© Mazda Motor Corporation

マツダ CX5 KE型 後期 内装 © Mazda Motor Corporation

マツダCX-5・KE系をおすすめするポイント③:レベルの高い安全性能

マツダ CX5 KE型 前期© Mazda Motor Corporation

CX-5は発売当時では珍しかった、ブレーキの自動制御で衝突被害軽減を図る『スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)』が搭載され、先行車両や障害物などをレーザーが検知し、衝突の危険性が発生し、ドライバーがブレーキ操作を行わない時に、自動ブレーキが作動します。

また、正面に障害物が検知された状態で必要以上にアクセルを踏み込んだ時、ドライバーに警告し、エンジン出力を抑え急発進を抑制します。

CX-5の後期モデルに搭載されたi-アクティブセンスは、ミリ波レーダーとカメラといった検知デバイスを装着し、ぶつからないためのシステムやドライバーの運転をアシストするため、以下のアクティブセーフティ技術が搭載されます。

・アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
・ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
・リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
・レーンキープ・アシスト・システム(LAS)
・ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
・スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
・スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
・マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)
会員登録すれば500ポイント付与

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

マツダ CX5 KE型 アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)© Mazda Motor Corporation

対向車や先行車のドライバーを眩惑させることなく、常時ハイビームでの走行が可能となり、夜間走行における視認性を飛躍的に向上させる技術です。

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)およびリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)

マツダ CX5 KE型 ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)およびリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)© Mazda Motor Corporation

BSMはリアバンパーに設置した準ミリ波レーダーで、隣(左右)のレーンや後方から車体側方まで接近した車両の距離を検知。

そして、RCTAは走行中に車体の死角に入った車両を検知してドライバーへ警告。

また、駐車時からバッグで出るときに、左右から接近する車両がいることを検知してドライバーへ警告する技術です。
 

レーンキープ・アシスト・システム(LAS)&車線逸脱警報システム(LDWS)


マツダ CX5 KE型 レーンキープ・アシスト・システム(LAS)&車線逸脱警報システム(LDWS)© Mazda Motor Corporation

カメラが車線を認識し、車線から逸脱しないようにステアリング操舵トルクのアシストやステアリング振動警報によって運転操作をサポートする技術です。
会員登録すれば500ポイント付与

ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

マツダ CX5 KE型 ドライバー・アテンション・アラート(DAA)© Mazda Motor Corporation

高速走行時のドライバーの運転状態をチェックし、ドライバーへマルチインフォメーションディスプレイから適度な休憩を促します。

アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)

マツダ CX5 KE型 アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)© Mazda Motor Corporation

曲がり道などで、ドライバーが進みたい方向にヘッドランプのロービームを照射する技術です。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)

マツダ CX5 KE型 マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)© Mazda Motor Corporation

前方の先行車との速度差や車間距離を測定し、先行車と適度な車間距離を保ちつつ自動で速度をコントロールする技術です。
会員登録すれば500ポイント付与

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発信抑制制御

マツダ CX5 KE型 スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発信抑制制御© Mazda Motor Corporation

SCBSはブレーキの自動制御で衝突被害を軽減するため技術。

先行車と速度差が著しく、衝突の危険性が高いと判断するとブレーキを自動制御し、ドライバーがブレーキペダルを踏むと、即座に強い制動力が発揮し、ドライバーがブレーキ操作をしないときでも、自動でブレーキをかけます。

AT誤発信抑制制御はブレーキとアクセルペダルを踏み間違えたとき、急発進を抑制する技術です。

スマート・ブレーキ・サポート(SBS)


マツダ CX5 KE型 スマート・ブレーキ・サポート(SBS)© Mazda Motor Corporation

中高速での走行時に前方衝突の回避と被害の軽減をサポートするため、先行車が接近すると最初は警告音を発し、さらに接近すれば自動でブレーキが作動する技術です。

 

マツダCX-5・KE系をおすすめするポイント④:パワフルで低燃費なスカイアクティブ-D

マツダ CX-5 KE スカイアクティブ-G エンジンスカイアクティブ-G 2.0 / © Mazda Motor Corporation

マツダ CX-5 KE スカイアクティブ-D エンジンスカイアクティブ-D 2.2 / © Mazda Motor Corporation

CX-5は2Lガソリンエンジンの『スカイアクティブ-G 2.0』と2.2Lディーゼルエンジンの『スカイアクティブ-D 2.2』が設定され、後期型では2.5Lガソリンエンジンも追加されているため、ドライバー好みのエンジンフィールやエンジン特性から選択可能です。

中でも人気のスカイアクティブ-D搭載モデルは、最大トルク420N・mによる4リッターV8ガソリンエンジン並みのトルクを発揮し、それでいながらJC08モード18.6km/Lの燃費値を実現します。

さらにレギュラーガソリンよりも安価な軽油で走るため、低燃費と相まって燃料代の節約できます。
 
会員登録すれば500ポイント付与

マツダCX-5・KE系の維持費


クルマ お金 維持費出典:写真AC

車検時の基本料金内訳


都内の某マツダディーラーの車検価格を参考にすると、継続車検を依頼した場合、諸費用以外の基本料金は約25,000円。

下表の価格は、大まかな見積もりのため、実際はこれに部品代や交換工賃等が追加されます。
 
ガソリン2.0L ガソリン2.5L ディーゼル2.2L
自動車重量税(円) 24,600 32,800 32,800
自賠責保険(円) 21,550 21,550 21,550
印紙代(円) 1,800 1,800 1,800
基本料金(円) 24,780 24,780 26,355
保安基準適合検査料(円) 7,350 7,350 7,350
車検申請代行料(円) 10,500 10,500 10,500
合計(円) 90,580 98,780 100,355

実燃費と年間燃料代

2.0Lガソリン
(スカイアクティブ-G 2.0)
2.5Lガソリン
(スカイアクティブ-G 2.5)
2.2Lディーゼル
(スカイアクティブ-D 2.2)
使用燃料【リッターあたり価格】 レギュラー【123円】 レギュラー【123円】 軽油【92円】
実燃費(km/L) 12.9 10.4 13.4
1年に1万キロ走行の年間ガソリン代(円) 95,348 118,269 68,656
※実燃費はモタガレ調べ
※ガソリン・軽油価格は2020年5月1日時点の全国平均価格


CX-5の年間1万キロ走行したガソリン代は、ガソリンとディーゼルで約3~5万円の差になります。

燃料代節約のためには、低燃費かつ安価な軽油で済むディーゼルが有利です。
 
会員登録すれば500ポイント付与

自動車保険料

C-HRの年間保険料は、加入条件を以下のように設定すると、66,880円になります。
 
加入条件
等級:12等級
年齢条件:30歳以上
免許の色:ゴールド
年間予想走行距離:11,000km以下
対物対人賠償:賠償無制限
人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
車両保険(一般)あり

これは大まかな見積もり価格なので、実際には異なる場合はございます。

参考:チューリッヒ保険会社

1年あたりの維持費

年間の維持費は自動車税、初回継続車検の費用(1年換算)、ガソリン費用、自動車保険料を足し合わせ、2.0Lガソリン車で243,518円、2.5Lガソリン車で278,039円、2.2Lディーゼル車で229,213円です。

 
2.0リッター・ガソリン車 2.5リッター・ガソリン車 2.2リッター・ディーゼル車
自動車税(円) 36,000 43,500 43,500
車検代[1年分](円) 45,290 49,390 50,177
ガソリン(円) 95,348 118,269 68,656
自動車保険(円) 66,880 66,880 66,880
合計金額(円) 243,518 278,039 229,213

これは、おおまかな見積もりのため、実際に価格が異なってくることがあります。

マツダCX-5・KE系の新車時販売価格とグレードラインナップ

前期型

グレード エンジン 駆動方式 メーカー希望小売価格(円)
XD
スカイアクティブ-D 2.2
(2.2Lディーゼル)
FF 2,580,000
4WD 2,790,000
XD L Package FF 2,980,000
4WD 3,190,000
20C スカイアクティブ-G 2.0
(2.0Lガソリン)
FF 2,050,000
20S FF 2,200,000
4WD 2,410,000
2012年2月16日発表時
会員登録すれば500ポイント付与

後期型

グレード エンジン 駆動方式 メーカー希望小売価格(円)
20S
スカイアクティブ-G 2.0
(2.0Lガソリン)
FF 2,446,200
20S PROACTIVE FF 2,548,800
25S L Package スカイアクティブ-G 2.5
(2.5Lガソリン)
FF 2,872,800
25S 4WD 2,673,000
25S PROACTIVE 4WD 2,775,600
25S L Package 4WD 3,099,600
XD スカイアクティブ-D 2.2
(2.2L ディーゼル)
FF 2,835,000
XD PROACTIVE FF 2,937,600
XD L Package FF 3,261,600
XD 4WD 3,061,800
XD PROACTIVE 4WD 3,164,400
XD L Paclage 4WD 3,488,400
2015年1月7日発表時

マツダCX-5・KE系の中古車相場価格

マツダ CX-5 KE型Photo by crash71100

KE系・CX-5の中古車相場価格は、2012年から2016年式で限定すると、48.8~230万円、中古車平均価格は約150万円です。

このなかで、3分の2以上は『XD』、『XDプロアクティブ』、『XD Lパッケージ』といった2.2Lディーゼル搭載モデルのグレードです。

前期型だと50~80万円程度で購入できる車両が多く、タマ数の多いディーゼル搭載モデルなら後期型でも100万円以下で購入できる車両も販売されてます。

ガソリンエンジン搭載モデルはタマ数が少ないため、全体的に相場が高く、2.5Lガソリンモデルになると極端に減ります。
 
年式 2Lガソリン 2.2Lディーゼル 2.5Lガソリン
2012年 66.8~217.8万円 48.8~185.8万円 -
2013年 68.9~173.8万円 58.8~182万円 -
2014年 89~156.3万円 57.9~198万円 88.8~175万円
2015年 99.9~179.8万円 78.8~239万円 130~219万円
2016年 114.2~199万円 106~230万円 125~200万円

マツダCX-5・KF系のスペック

マツダ CX-5 KE型© Mazda Motor Corporation
会員登録すれば500ポイント付与

前期型

20S(スカイアクティブ-G 2.0) XD(スカイアクティブ-D 2.2)
全長×全幅×全高(mm) 4,540×1,840×1,705 4,540×1,840×1,705
ホイールベース(mm) 2,700 2,700
乗車定員(名) 5 5
車両重量(kg) 1,440【4WDは1,510】 1,510【4WDは1,610】
エンジン型式 PE-VPS SH-VPTS
エンジン種類 直列4気筒 直列4気筒ディーゼルターボ
総排気量(L) 1.997 2.188
内径×行程(cm) 83.5×91.2 86.0×94.2
圧縮比 13.0 14.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 114[155]/6,000 129[175]/4,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 196[20.0]/4,000 420[42.8]/2,000
トランスミッション 6速AT 6速AT
タンク容量(L) 56 56
駆動方式 FF/4WD FF/4WD

後期型

20S
(スカイアクティブ-G 2.0)
XD
(スカイアクティブ-D 2.2)
25S Lパッケージ
(スカイアクティブ-D 2.2)
全長×全幅×全高(mm) 4,540×1,840×1,705 4,540×1,840×1,705 4,540×1,840×1,705
ホイールベース(mm) 2,700 2,700 2,700
乗車定員(名) 5 5 5
車両重量(kg) 1,470 1,560【4WDは1,620】 1,480【4WDは1,550】
エンジン型式 PE-VPS SH-VPTS PY-VPS
エンジン種類 直列4気筒 直列4気筒ディーゼルターボ 直列4気筒
総排気量(L) 1.997 2.188 2.488
内径×行程(cm) 83.5×91.2 86.0×94.2 89.0×100.0
圧縮比 13.0 14.0 13.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 114[155]/6,000 129[175]/4,500 135[184]/5,700
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 196[20.0]/4,000 420[42.8]/2,000 245[25.0]/4,000
トランスミッション 6速AT 6速AT 6速AT
タンク容量(L) 56 56 58
駆動方式 FF FF/4WD FF/4WD
JC08モード燃費値(km/L) 16.4 18.4【4WDは18.0】 15.2【4WDは14.6】

まとめ

マツダ CX-5 KE型 外装© Mazda Motor Corporation

マツダのSUVは2000年代終わりまで、あまりパッとしませんでしたが、CX-5の発売で波にのり、CX-3、CX-8、CX-30とSUVラインナップを充実させ、SUV市場においてマツダはエリートとなりました。

スカイアクティブテクノロジーと鼓動デザインを全世界へ浸透させたCX-5、そんな優等生モデルが100万円以下で購入できるなら、今後の新たな愛車にチョイスしてもいいはずです。

 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!