ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタエンジン搭載により安定性を確保、ロータスエキシージシリーズ2ならではの魅力とは?

トヨタエンジン搭載により安定性を確保、ロータスエキシージシリーズ2ならではの魅力とは?

日本ではジムカーナでも多用されているのでエリーゼよりモータースポーツシーンで見かけることの多いエキシージ。

元はワンメイクレース用マシン、スポーツエリーゼをベースとしてクローズドボディ化していましたが、外装をアグレッシブに変更、トヨタ製エンジンに換装したのがシリーズ2です。

現在のエキシージの基礎となった本格量産型、シリーズ2

ロータス エキシージ Photo by Dennis Yang


イギリスのロータスが誇る超ライトウェイト・ミッドシップオープンスポーツのエリーゼ。

そのハンドリングマシンのワンメイクレース用スポーツエリーゼをベースに、トレッド拡大やクローズドボディ化したのがエキシージでしたが、シリーズ1と呼ばれる初期モデルは2002年からの2年で647台という限定生産で終わります。

しかし、クローズド版エリーゼへの評価は高く、本格量産型としてエリーゼのシリーズ2モデルチェンジと同時に、エキシージのシリーズ2も2004年にデビューしました。

限定スペシャルモデルだったシリーズ1と比較して、量産型クローズド版エリーゼとしてスペシャル度は下がったものの、トヨタ製エンジンへの変更、スーパーチャージャーを追加したエキシージSなどの追加で戦闘力、信頼性は向上。

日本ではサーキット走行会やレースのほか、ジムカーナでもNSXに対抗する軽量ミッドシップスポーツとして頭角を表し、「カウルのついたレーシングカー」のような戦闘力と、クローズドボディゆえの快適性が人気です。
 

ロータス エキシージ シリーズ2の特徴・特色

ロータス エキシージPhoto by Audrey Larrive
 

モデルチェンジでよりアグレッシブなデザインに

ロータス エキシージ Photo by Michael Hicks


シリーズ2へのモデルチェンジでエリーゼ同様、それまでの小さな丸目2灯の軽快なデザインから、思い切りつり上がったつり目4灯式ヘッドライトに変更されました。

合わせてボンネットアウトレットやリアタイヤ直前のインテークなどその他開口部のデザインも引き絞ったようなデザインに変更され、有機的かつアグレッシブなデザインへと大幅変更されています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

リベット結合ではなく接着された超軽量シャシー

Photo by Mike Roberts


エリーゼ同様、軽量アルミシャシーにFRP製カウルを被せた超軽量ボディで、車重は1t以下。

このアルミシャシーを組み立てる際にはリベット結合や溶接を使わず、航空機同様に接着剤で結合されるという特殊な製造方法を採用しており、軽量かつ合成の高いシャシーを実現しています。
 

エンジンはトヨタ製に変更

Photo by Stuart Chapman


シリーズ1ではローバー200用に開発されたKシリーズエンジンのチューニング版を搭載していましたが、シリーズ2からは信頼性の高いトヨタ製エンジンに換装。

ベースの「エキシージ」は、日本ではトヨタ セリカ(7代目)やカローラランクス / アレックスに搭載された192馬力の2ZZ-GE、「エキシージS」では独自にスーパーチャージャーを追加して220~243馬力にパワーアップしています。

わずか725kgだったシリーズ1に対し900kg以上へと増加した車重にも十分対応し、量産車としては最高レベルの加速力やコーナリング性能を確保しました。
 

ロータス エキシージ シリーズ2のライバル

ホンダ NSX(初代)

ホンダ NSX 出典:http://www.honda.co.jp/


シリーズ2デビュー時にはまだ初代モデルの生産販売が続いていたNSXは、車重こそエキシージほど軽くはないもののその分パワフルな3.2リッターV6エンジンを搭載しており、モータースポーツでは同クラスのよきライバル。

スパルタンなエキシージと比べると快適性にも優れています。

ポルシェ ケイマン(初代987c型)

ポルシェ ケイマン Photo by Ian Hughes


小型オープンスポーツ、ボクスターのクローズドボディ版として2005年にデビューしたケイマンも、ミッドシップレイアウトのピュアスポーツクーペです。

快適性が高い代わりに車重が重い点はNSXと共通ですが、こればかりはエキシージが特殊なので仕方のないところで、その代わり2.7~3.4リッター水平対向6気筒エンジンによる大パワーを誇ります。

ミッドシップ2人乗りとはいえ、デザインも似ているプチ911的存在です。

トヨタ MR-S

トヨタ MR-S Photo by RL GNZLZ


NSX同様、シリーズ2デビュー時にはギリギリ現役選手だったMR-S。

140馬力の1ZZ-FEエンジンを搭載したライトウェイトオープンスポーツで、エキシージというよりはエリーゼ・シリーズ2のベースグレードに匹敵する車です。

高回転域のパワーこそエキシージやエリーゼの2ZZ-GE搭載版に及びませんが、低中速域ではダッシュ力を除けばそう変わりが無いため、安価にエリーゼ的な雰囲気を味わえるスポーツカーと言えます。
 

会員登録すれば500ポイント付与

ロータス エキシージ シリーズ2とライバルの中古相場は?

ロータス エキシージ Photo by Mike Roberts
ロータス エキシージ シリーズ2

中古車相場
448万~728万円

ライバル車のお値段は?

ホンダ NSX(初代)

中古車:268万~1,380万円

ポルシェ ケイマン(初代987c型)

中古車:179万~850万円

トヨタ MR-S

中古車:16.9万~300万円
 

ロータス エキシージ シリーズ2の代表的なスペック

Photo by Stuart Chapman
 
ロータス エキシージS PP 2011年式

全長×全幅×全高(mm):3,800×1,720×1,160
ホイールベース(mm):2,300
車両重量(kg):930
エンジン仕様・型式:2ZZ-GE 直列4気筒DOHC16バルブ ICスーパーチャージャー
総排気量(cc):1,795
最高出力:243ps/8,000rpm
最大トルク:23.5kgm/5,500rpm
トランスミッション:6MT
駆動方式:MR

まとめ

©️Motorz-Garage

シリーズ1までのエキシージは、エリーゼともども「マニアックな車」に留まっていましたが、トヨタ製エンジンの搭載で圧倒的に信頼性が高まったシリーズ2からは「ちょっとシャレたスポーツカー」として普通の人も使えるようになりました。

とはいえカウルをかぶったレーシングカーのような特殊な2座ミッドシップスポーツという点では変わりありませんが、同時期に国産車からミッドシップスポーツが消滅、さらに輸入高性能車としては安価なのがありがたいところです。

名門ロータスの軽量ボディと信頼性の高いトヨタ製エンジンの組み合わせ、中古でも安心して乗れるのではないでしょうか。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!