天井まで防水!日産・エクストレイル(T31型)がアウトドア好きにオススメな5つの理由

天井まで防水!日産・エクストレイル(T31型)がアウトドア好きにオススメな5つの理由

日産"エクストレイル"は、「タフギア道具」をキャッチフレーズに、アウトドアレジャーで遊びに使えるミドルサイズのSUVです。2000年に初代が登場。以降度重なるモデルチェンジや商品改良がおこなわれて、2013年より3代目へとフルモデルチェンジ。多くのユーザーに親しまれているクルマです。しかし、2007年より6年間販売されていた2代目T31型も、いまだ中古車市場で根強い人気を保っています。今回は、SUVの中古車をお探しの皆さんにオススメしたい、2代目エクストレイルをご紹介します。

日産・エクストレイル(T31型)とは

日産・エクストレイル(T31型)エクステリア1出典:http://history.nissan.co.jp/

2代目エクストレイル(T31型)は、2007年より2013年までの約6年間、日本国内で販売されていたモデルです。

「4人が快適で楽しい使える四輪駆動車」をテーマに開発、アウトドアレジャーを最大限に楽しくするために、高品質かつ手頃な価格で提供されていました。

発売より約2年間の日本国内登録台数は、2007年度が3万4652台、2008年度が2万7001台と当時のSUV車種では第1位の販売台数を誇っていたのです。
 

日産・エクストレイル(T31型)はどのような場面で活躍するクルマか

日産・エクストレイル(T31型)4WDシステム出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)は、荒れた路面や急な勾配など、普通のクルマでは快適な走行が難しい場面で実力を発揮します!

エクストレイルには、「ALL MODE 4×4-i」と呼ばれる4WDシステムが搭載。

【ALL MODE 4×4-i】
運転操作(ハンドル操作、アクセル操作)や車両挙動(アンダーステア、オーバーステア)を判断し、常にニュートラルステアとなるよう前後トルク配分を制御。ドライバーが理想とするコーナリングを予測して、実現する。

引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/1312/point_1.html

ドライバーの運転操作や車両の挙動をシステムが判断して、常に車体のバランスを保ちます。

泥や雪、凸凹の激しい道でも不安がなく、SUV初心者でも運転しやすいクルマに仕上がっています。

もちろん、魅力はこれだけではありません。次の項目からは、2代目エクストレイルのオススメポイントを1つずつご紹介します。
 

日産・エクストレイル(T31型)のオススメポイントその1:防水仕様のラゲッジルームを備えている!

日産・エクストレイル(T31型)ラゲッジ図出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)でオススメしたい1つ目のポイントは、ラゲッジルームが防水仕様である点です。

日産・エクストレイル(T31型)ラゲッジ引き出し出典:http://history.nissan.co.jp/

ラゲッジボードで仕切られた2段構造のラゲッジスペース、ボードは簡単に取り外しも可能となっており、1段での使用も可能です。

2段で使用する場合は、下段が2か所に区切られていて、右側は引き出しとなっています。

日産・エクストレイル(T31型)防水ラゲッジ出典:http://history.nissan.co.jp/

ラゲッジボードは取り外したあとに水洗いが可能(※)

泥や雪で汚れても清潔にできる優れた装備です!

(※)クリーンディーゼル仕様のウォッシャブルラゲッジは仕様が一部異なる
 
会員登録すれば500ポイント付与

日産・エクストレイル(T31型)のオススメポイントその2:防水加工が万全の車内空間

日産・エクストレイル(T31型)防水シート出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)でオススメしたい2つ目のポイントは、防水加工が各所に施されている車内空間です。


日産・エクストレイル(T31型)フロア防水出典:http://history.nissan.co.jp/
日産・エクストレイル(T31型)天井防水出典:http://history.nissan.co.jp/

シート・フロアだけでなく天井にまで防水加工が施されています。

これなら、アウトドアを楽しんだ後、泥や雪が車内に飛び散っても、水拭きするだけで汚れが落ちる。この装備はアウトドアを遊びつくすのに最適なんです!
 

日産・エクストレイル(T31型)のオススメポイントその3:厳しい排ガス規制に世界で初めて対応したクリーンディーゼルエンジン

日産・エクストレイル(T31型)クリーンディーゼルエンジン出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)でオススメしたい3つ目のポイントは、クリーンディーゼルエンジンです。

2008年に追加されたクリーンディーゼル仕様は、日本の厳しい排出ガス規制"ポスト新長期規制"に世界で初めて対応していたモデル!

長距離ドライブを楽しめる走行性能に加えて、高い環境性能、静粛性、経済性を兼ね備えています。

【M9Rエンジン の詳細】
最高出力:127kW(173PS)/3750rpm
最大トルク:360N・m(36.7kgf・m)/2000rpm

引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/1312/point_cleandiesel.html
 

日産・エクストレイル(T31型)のオススメポイントその4:全席ヒーター付きシートを完備

日産・エクストレイル(T31型)シートヒーター出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)でオススメしたい4つ目のポイントは、シートヒーターが全席に装備される点です。

前席後席に装備されたシートヒーターが、カーエアコンよりも素早く身体を温めます。(※1)

後部座席にも装備されているのは、同じクラスのSUV車種では当時唯一(※2)でした。

冬山での遊びを楽しんだ後、全員しっかりと温まれる。後部座席に乗る大事な人もしっかりとケアできる装置が備わっています。

(※1)グレードにより異なる
(※2) 2.0L〜2.5LのSUV(国産車)クラス。2013年3月現在。
 
会員登録すれば500ポイント付与

日産・エクストレイル(T31型)のオススメポイントその5:急な勾配でも安心して下るサポート機能を採用

日産・エクストレイル(T31型)下りアシスト出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)でオススメしたい5つ目のポイントは、急勾配を下る際のサポート機能が付いている点です。
 

【アドバンスドヒルディセントコントロール(速度設定機能付)詳細】


エンジンブレーキだけでは減速できない急勾配や、雪道のような滑りやすい路面を一定の車速で下ることができる。新採用の「アドバンスドヒルディセントコントロール(速度設定機能付)」は従来の7km/h設定に対して、4km/hから15km/hの範囲で速度設定ができ、路面の状況や勾配などに合わせた使い方が可能。

引用:http://history.nissan.co.jp/X-TRAIL/T31/1312/performance_4x4.html

 


これなら山奥の秘境までキャンプに行っても大丈夫。悪路をガンガン走りぬいて、誰もたどり着けなかった自分だけの秘密の場所を手に入れられます。

日産・エクストレイル(T31型)の中古車相場

日産・エクストレイル(T31型)岩場イメージ出典:http://history.nissan.co.jp/

2020年5月現在、日産・エクストレイル(T31型)の中古相場価格を調査してみました。

最低中古価格:19万円(2020年5月時点)
最高中古価格:209万8000円(2020年5月時点)
平均価格:82万5000円(2020年5月時点)

 

日産・エクストレイル(T31型)の維持費

日産・エクストレイル(T31型)ボディカラー白出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)の1年間にかかる維持費を、グレード・20GT(2リッターディーゼルターボエンジン・4WD/6速AT仕様)を例に計算してみました。

・ガソリン代

使用燃料は軽油、100円/Lで計算しています。

グレード・20GT(2リッターディーゼルターボエンジン・4WD/6速AT仕様)の実燃費は平均で13.03km/Lです。

年間走行距離が9000km、燃費が13.03km/Lで計算した場合、年間で約690Lの軽油を使用。

【ガソリン代計算式】
690(L)×100(円、ガソリンの値段)=69,000(円、年間のガソリン代)


よって、年間9000km程度の走行で、約70,000円程度と考えられます。
 
・自動車税

日本の自動車税は搭載しているエンジンの排気量で区分けされており、自家用乗用車の場合、「自動車税」に分類されます。

グレード・20GT(2リッターディーゼルターボエンジン・4WD/6速AT仕様)を中古車で購入した場合、エンジン排気量が2リッター(2000cc)であるので「1.5リットル超~2リットル以下」に該当します。

自動車税(乗用車・1.5リットル超~2リットル以下):36,000円
 

・その他諸々の費用

ガソリン代や、自動車税以外でかかる費用を挙げてみました。
項目 費用
車検費用
・基本料金
・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
101,940円
任意保険(主な条件)
・新規契約
・30歳以上
・ゴールド免許
・運転者・記名保険者とその配偶者に限定
・年間走行距離 9000km以下
・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
・対人対物賠償無制限
・車両保険なし
51,920円



 

・エクストレイルの年間維持費は約26万円
 
日産・エクストレイル(T31型)の年間維持費は258,931円です。

ガソリン代 69,000円
自動車税 36,000円
車検費用(基本料金+法定費用) 101,940円
任意保険 51,920円
合計 258,931円
車検費用については自家用乗用車の場合、2年に1度の法的義務があります。

車検費用のうち、法定費用は車種問わず固定でかかりますので、把握しておく必要があるでしょう

また、任意保険は条件により金額が異なるので注意が必要です。

 
会員登録すれば500ポイント付与

日産・エクストレイル(T31型)のスペック紹介

日産・エクストレイル(T31型)ボディカラーブラック出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)のスペックを簡単にご紹介します。
 
全長 4.590mm
全幅 1.785mm
全高 1.685~1.770mm
燃費(JC08モード) 13.8~14.2km/L
駆動方式 FF/4WD
排気量 1995~2488cc
乗車定員 5名

まとめ

日産・エクストレイル(T31型)エクステリア出典:http://history.nissan.co.jp/

日産・エクストレイル(T31型)をご紹介しました。

防水加工が施された車内空間や悪路走行をサポートしてくれる機能、環境にやさしい当時最先端であったクリーンディーゼルエンジンの採用など、中古車ながら現行車種に負けない魅力を秘めています。

いきなり新車でSUVを購入するのは不安であるとお考えの人も、2代目エクストレイルは手頃な予算で手に入るオススメのクルマです!
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!