最新技術満載のSUV!日産・エクストレイル(T32型)は運転に苦手意識がある人にもおすすめです。

最新技術満載のSUV!日産・エクストレイル(T32型)は運転に苦手意識がある人にもおすすめです。

日産"エクストレイル"は、「タフギア道具」をキャッチフレーズに、アウトドアやレジャーで活躍するミドルサイズのSUV乗用車です。2013年より3代目が登場。多くのユーザーに親しまれているクルマです。3代目・T32型では場面を問わない走行性能とラゲッジの使い勝手を向上させて、魅力をアップしています。登場から6年が経過して徐々に中古車物件も出回っている注目のモデル。今回は、SUVの中古車をお探しの皆さんにオススメしたい、3代目エクストレイルをご紹介します。

日産・エクストレイル(T32型)とは

日産・エクストレイル(T32型)走行場面出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)は、2000年に初代モデルが登場したシリーズの3代目として2013年に発売。

多くのユーザーの期待を注目を浴びて、わずか10日間で5200台、3週間で1万1000台の受注台数を記録しました。

ここ最近2年の販売台数は、2018年が5万304台、2019年が3万6505台。

街中で見かけない日はないエクストレイルは、多くのユーザーから信頼されているクルマです!
 

日産・エクストレイル(T32型)はどのような場面で活躍するクルマか

日産・エクストレイル(T32型)プロパイロット出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)は、荒れた路面などのタフな環境で実力を発揮するクルマ。アウトドアでちょっと砂利道を走るような人にはうってつけの一台です。

そして何より、3代目エクストレイルの最大の魅力は、2017年のマイナーチェンジモデルより採用されている「プロパイロット」システム。

高速道路での渋滞および巡航走行時に、アクセルやブレーキ、ステアリング操作をクルマがサポートしてくれる自動運転のようなシステムが標準装備なのです!
 

【備考:プロパイロットの特徴】

  • 車間距離を保つ:前方のクルマを確認し、アクセルとブレーキをクルマ側がコントロールしてくれる
  • 車線中央をキープする:車線を検知して、ステアリング操作をクルマがコントロールしてくれる
引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/performance_safty/nim.html
 
魅力的な機能はまだまだたくさんあります。次の項目からは、3代目エクストレイルのオススメポイントを1つずつご紹介します。
 

日産・エクストレイル(T32型)のオススメポイントその1:運転操作をサポートする機能が充実している

日産・エクストレイル(T32型)自動エンジンブレーキ出典:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産・エクストレイル(T32型)をオススメしたい1つ目のポイントは、ドライバーの運転操作をサポートする機能が充実している点です。

3代目エクストレイルの運転操作サポート「インテリジェント エンジンブレーキ」。

これは世界初の機能で(※1)、コーナリング時の車両のエンジンブレーキ付加量をクルマが自動で調整することで、ドライバーは何度もブレーキを踏み直さなくて良くなるのです。

(※1)ドライバー操作に応じて自動でエンジンブレーキを付加する技術の商品採用が世界初。2013年9月現在 自社調べ。
 
会員登録すれば500ポイント付与

日産・エクストレイル(T32型)のオススメポイントその2:駐車操作をサポートするシステムも用意

日産・エクストレイル(T32型)パーキングアシスト1出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)でオススメしたい2つ目のポイントは、駐車操作をアシストしてくれるシステムが用意されている点です。

日産・エクストレイル(T32型)パーキングアシスト2出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)パーキングアシスト3出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

3代目エクストレイルには、「インテリジェント パーキングアシスト」システムを用意。(※1)

ナビゲーションシステムから駐車場を指定すると、ステアリングが自動操作となり、クルマ自ら駐車スペースに移動してくれます。

大きなクルマでの車庫入れは、運転に慣れた人でもちょっとたいへん。そんなときに助けてくれる嬉しい機能です。


(※1)メーカーオプション品
(※2)操作は、NISSAN CONNECTナビゲーションシステムに表示されるインテリジェント パーキングアシスト画面で行う
(※3)手放し運転を推奨するシステムではない。ハンドルに手をかけて運転操作を心がける必要あり
 

日産・エクストレイル(T32型)のオススメポイントその3:利便性を高めたルームミラーを用意

日産・エクストレイル(T32型)ルームミラー出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)でオススメしたい3つ目のポイントは、カメラ画像を映し出せるルームミラーが採用されている点です。

3代目エクストレイルは、「インテリジェント ルームミラー」システムをグレード別に設定用意しています。

車体の後ろに装着されているカメラの映像が、ルームミラーに映し出される仕組みです。

通常のルームミラーと異なり、2列目や3列目に乗っている人やヘッドレスト、大きな荷物が視界を遮らないので、状況に左右されずに視界を確保。

エクストレイルにはドライバーに、より細かい気配りができるシステムを用意しているので、安全運転を気にするユーザーに最適なモデルとなっています!
 

日産・エクストレイル(T32型)のオススメポイントその4:自動でバックドアを開け閉めできる

日産・エクストレイル(T32型)バックドア出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/
 



日産・エクストレイル(T32型)でオススメしたい4つ目のポイントは、オートバックドアが用意されている点です。

両手が使えない場面で、インテリジェントキーをバッグやポケットに入れたまま、リアバンパーに装備されているセンサーに足先をかざすだけでドアが開け閉めできるシステム。

インテリジェントキーを持っていなければ誤作動で開閉しないので、防犯面でも安心です!
 
会員登録すれば500ポイント付与

日産・エクストレイル(T32型)のオススメポイントその5:大容量で使い勝手の良いラゲッジ

日産・エクストレイル(T32型)ラゲッジ出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)でオススメしたい5つ目のポイントは、大容量で使い勝手の良いラゲッジです。

3代目エクストレイルは、同じ国産SUVでもクラストップレベルの565L(※1)の積載量を実現しています。

日産・エクストレイル(T32型)ラゲッジ1出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)ラゲッジ2出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/


日産・エクストレイル(T32型)ラゲッジ3出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

また、防水ラゲッジボード(※2)を一部のグレードで採用しており、荷物の種類や収納方法に合わせて自由自在に使いこなせる装備を用意。

シートやフロアとも合わせて、防水加工が施されているので、アウトドアで汚れた荷物を積んでも気にせずガンガン洗えます!


(※1) MクラスSUV車(2019年1月現在 日産調べ)、ラゲッジアンダースペース/ボックスを含んだウエストラインまでのラゲッジルーム容量(VDA方式)。

(※2)2列シート・ガソリン車 グレード・20Xi、20Sに用意
 

日産・エクストレイル(T32型)の中古車相場


日産・エクストレイル(T32型)ボディカラーレッド出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

2020年5月現在、日産・エクストレイル(T32型)の中古相場価格中古車市場を調査してみました。

最低中古価格:56万7000円(2020年5月時点)
最高中古価格:381万7000円(2020年5月時点)
平均価格:192万円(2020年5月時点)

 

日産・エクストレイル(T32型)の維持費

日産・エクストレイル(T32型)ボディカラーイエロー出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)の1年間にかかる維持費を、グレード・20S(2リッターエンジン・4WD/CVT仕様)を例に計算してみました。
 
・ガソリン代

使用燃料はレギュラーガソリン、130円/Lで計算しています。

グレード・20S(2リッターエンジン・4WD/CVT仕様)の実燃費は平均で11.31km/Lです。
(出典:https://e-nenpi.com/enenpi/cartype/11466

年間走行距離が9000km、燃費が11.31km/Lで計算した場合、年間で約795Lの軽油を使用。

【ガソリン代計算式】
795(L)×130(円、ガソリンの値段)=103,448(円、年間のガソリン代)


よって、年間9000km程度の走行で、約104,000円程度と考えられます。
 
・自動車税

日本の自動車税は搭載しているエンジンの排気量で区分けされており、自家用乗用車の場合、「自動車税」に分類されます。

グレード・20S(2リッターエンジン・4WD/CVT仕様)を中古車で購入した場合、エンジン排気量が2リッター(2000cc)であるので「1.5リットル超~2リットル以下」に該当します。

自動車税(乗用車・1.5リットル超~2リットル以下):36,000円
 

・その他諸々の費用

ガソリン代や、自動車税以外でかかる費用を挙げてみました。
項目 費用
車検費用
・基本料金
・法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)
122,630円
任意保険(主な条件)
・新規契約
・30歳以上
・ゴールド免許
・運転者・記名保険者とその配偶者に限定
・年間走行距離 9000km以下
・人身傷害:3,000万円(車内のみ補償型)
・対人対物賠償無制限
・車両保険なし
43,500円


 

・エクストレイルの年間維持費は約31万円
 
日産・エクストレイル(T32型)の年間維持費は305,578円です。

ガソリン代 103,448円
自動車税 36,000円
車検費用(基本料金+法定費用) 122,630円
任意保険 43,500円
合計 305,578円
車検費用については自家用乗用車の場合、2年に1度の法的義務があります。

車検費用のうち、法定費用は車種問わず固定でかかりますので、把握しておく必要があるでしょう

また、任意保険は、条件により金額が異なるので注意が必要です。


 
会員登録すれば500ポイント付与

日産・エクストレイル(T32型)のスペック紹介

日産・エクストレイル(T32型)ボディカラーココア出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)のスペックを簡単にご紹介します。
 
全長 4.690mm
全幅 1.820mm
全高 1.730~1.740mm
燃費(JC08モード) 13.8~20.8km/L
駆動方式 4WD/FF
排気量 1995~1997cc
乗車定員 5~7名

まとめ

日産・エクストレイル(T32型)走行イメージ出典:https://global.nissannews.com/ja-JP/

日産・エクストレイル(T32型)をご紹介しました。

3代目エクストレイルは、プロパイロットシステムを始め、数多くの最先端技術が結集した日産を代表するSUVに進化しています。

2015年の一部改良で自動ブレーキを全グレード標準装備となり、2017年のマイナーチェンジでプロパイロットシステムを用意するなど、常に最新技術を導入してきたエクストレイル。

発売より6年が経過し中古車物件が徐々に出回りつつあり、200万円程度の予算があれば良質な車両が手に入るでしょう!
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!