ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
【NISSAN】エアロパーツR35型日産GT-R最新カスタムまとめ

【NISSAN】エアロパーツR35型日産GT-R最新カスタムまとめ

2002年にR34型スカイラインGT-Rの生産終了から5年、2007年にR35型「日産GT-R」として世に送り出されました。
発売から10年を迎えるロングセラーになり、そのデザインと速さは今も世界中のGT-Rユーザー・ファンから絶大な支持を集めています。
次期型も噂される中、R35GT-Rはどんなカスタム・チューニングが行われているのでしょうか。

新車価格:996.08〜1,870.02万円
(2017/02/06現在)
中古車相場:378〜1998万円
(2017/02/06現在 当社独自調べ)

Kuhl Racing R35 Wide Body Ver.1

出典:http://ruf-gt.co.jp/

コンプリートカーという形で、ワイドボディフルエアロのR35GT-Rを販売している名古屋のKuhl Racing(クールレーシング)。

装着しているパーツは単体ごとの計算だと約500万円、それを程度の良い中古のR35に取り付けた状態でコンプリートカーとして販売することで、849万円(税込)というお買い得価格と2m超の迫力のワイドボディのルックスを実現している。

足元はブリッツZZ-Rダンパーにワーク製20インチホイールが装着されており、それらもセットに含まれている。

デモカーのボディ表面の模様は、あらかじめパテを薄く塗り伸ばし、その後彫刻を掘るように描いている逸品で見た目のインパクトは抜群。

Kuhl Racing公式HP:http://ruf-gt.co.jp/
住所:愛知県名古屋市緑区大根山2-503
 
 

Kuhl Racing R35 Standard Body

出典:http://ruf-gt.co.jp/

コンプリートカーという形で、フルエアロのR35GT-Rを販売している名古屋のKuhl Racing(クールレーシング)。

装着しているパーツは単体ごとの計算だと約280万円、それを程度の良い中古のR35に取り付けた状態でコンプリートカーとして販売することで、649万円(税込)というお買い得価格と迫力あるルックスを実現している。

足元はブリッツZZ-Rダンパーにワーク製20インチホイールが装着されており、それらもセットに含まれている。

スタンダードボディのデモカーは、ワイドフェンダーこそ装着されていないが、十分ローアンドワイドに見えるボディとなっており、KuhlRacingのデザイン力の高さが伺える。

Kuhl Racing公式HP:http://ruf-gt.co.jp/
住所:愛知県名古屋市緑区大根山2-503
 
 

AIMGAIN GT R35 GT-R

出典:http://www.aimgain.net/

セダン系ブランドとして活躍するエイムゲインが手がけたR35。GTパーフェクトボディキットは圧倒的な存在感とシルエットを生み出している。

オンリーワンへのこだわりから、エアロパーツのバラ売りは行っておらず、フルキットでの販売のみ。

ボルドワールド製エアサスペンションを装着することで、走行時と停止時で2面性のあるスタイルを確立している。

AIMGAIN公式HP:http://www.aimgain.net/
住所:広島県東広島市八本松東7-7-16
 
会員登録すれば500ポイント付与

CHARGE SPEED R35 GT-R 撃速WIDE BODY

出典:http://www.chargespeed.com/

チャージスピードの撃速ワイドボディキットは単純にオーバーフェンダー仕様にしたスタイリングではなく、それぞれのボディラインが流れるような弧を描き、アメリカンかつ女性にも似合うデザインとなっている。

フロントは片側50mm、リアは片側70mmのワイド化となっており車幅は2mを超える。

エアロだけではなく、マフラーメーカーのEXARTとコラボしたCSパワーマフラーは、メインパイプは純正と同じ70φにすることでパワー至上主義のマフラーとは別に、心地の良いエギゾーストを手に入れることができる。

CHARGE SPEED公式HP:http://www.chargespeed.com/
住所:大阪府豊中市夕日丘1-13-7 1F
 
 

VARIS R35 GT-R KAMIKAZE R Super Sonic

出典:http://varis.co.jp/

HKSテクニカルファクトリーと共同で開発を行っている神風Rスーパーソニック。見た目通りオーバーフェンダー化されているが、フロントが片側25mm、リヤが片側35mmのワイド化に止まっている。

他社製品と比べると落ち着いた数値かもしれないが、サーキットでタイムを詰める上で緻密なプランの上でこの数値となっている。あまり大きすぎてもジオメトリー変化でサスペンションセッティングに影響を与えてしまう。

フロントグリル、フェンダー、ボンネット、リアバンパーに設けられた多くのダクトは、冷却性はもちろんダウンフォースを獲得するためにVARISのノウハウがふんだんに詰まっている証しである。

VARIS公式HP:http://varis.co.jp/
住所:神奈川県相模原市緑区牧野8420番地
 
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!