ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
KE型CX-5カスタムカーカタログ|おすすめのパーツと人気のホイール、サスペンション、マフラーとは?

KE型CX-5カスタムカーカタログ|おすすめのパーツと人気のホイール、サスペンション、マフラーとは?

2012年に発売が開始されたCX-5。
日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞、コークスクリューでおなじみのラグナ・セカにおいて、ペースカーに採用されるなど、海外でも高い評価を受けているこの車。
今、カスタムベースとしても大人気なのです。

本記事では、新型(KF型)にモデルチェンジされた今こそ、初代(KE型)CX-5を楽しむチャンスではないか?という事から、KE型CX-5のオススメのカスタムの手順、そしておすすめパーツの紹介をしていきます。

CX-5カスタム どこからカスタムしたら良いの?

出典:http://www.roadhouse.co.jp/

SUVのカスタムの醍醐味と言えばやはりドレスアップやクロスカントリー系のカスタムがメインになるかと思います。

まずは付けたいエアロパーツを選定するのが良いとは思いますが、いきなり派手なエアロパーツから付けてしまうと、車両のトータルバランスが崩れてしまい逆にカッコ悪くなってしまう場合があります。

それならどこから手を入れたら良いのでしょうか・・・?
順を追って紹介していきましょう。

車のカスタムの定義についてはこちらも併せてお読みください!
 

SUVだからこそ、オシャレは足下から!まずはホイール交換。

人も車も、オシャレは足下から。
足下のバランスが決まれば、カスタムの方向性も見えてくるのでは無いでしょうか。

CX-5におすすめなホイールはこちら!

トピー実業 DORFREN VIEJO
出典 : http://topyep-apdwheels.com/

※装着イメージ
出典:http://www.vary.co.jp/

美しさと輝きを限りなく追求した、1ピースホイールの次世代フラッグシップモデル。

鋭いエッジで描いたミラーポリッシュのV型スポークと、ヒネリを効かせたブラックメタリックミラーポリッシュのV型サブスポークで構成された「V型ツインスポーク」。

そのV型ツインスポークをさらに引き立てるアクセントスポークも新たに採用。合計25本のスポークが、光や陰 影をも味方に輝く“こだわりの仕上がり”を実現しています。

スポーク先端がリムを突き抜けて見える「リムオーバーデザイン」、センター部を深く落とし込んだ「コンケーブ形状」も採用。装着時には実際のインチ数より、さらに大きく見えるのも特徴です。

マツダCX-5のオススメホイールまとめはこちら
 

CX-5はローダウンするか?リフトアップするか?まだまだ足下をカッコ良く。次はサスペンション!

ホイールを変えたら、エアロを変えても良いのかもしれませんが・・・

まだまだ足下に拘るため、今度はサスペンションを変えてみましょう。

SUVカスタムは、車高を下げてスポーティなイメージにするのも良いし、リフトアップしてオフロード仕様にするのも大いにアリです!

エアロの方向性によっても、装着するサスペンションは変わってくると思います。

それでは、CX-5ショップデモカーに使用されているサスペンションの中から、おすすめのアイテムを見てみましょう。

AutoExe ストリートスポーツサスキット
出典 : http://www.autoexe.co.jp/index.html

量産仕様のバランスを保持しつつ、運転を愉しむための正常進化を目指して開発されたサスペンションです。

車高設定、バネ定数、ダンパー減衰力についての基本的な設定はKIJIMA-SPECの手法を踏襲。

それをベースに、走り込みを重ねて乗り味を最終決定し、量産車の制約を超えた絶妙なハンドリングに調律しています。

また、AutoExeのカスタムパーツは、マツダディーラーで購入することができるのも嬉しいポイントだと思います。

・バネ定数 F 30.4N/mm , R 42.1N/mm
・車高調整範囲
KE2FW : -5〜-30
KE2AW : -15〜-40 (F -25 , R -25)

※ディーゼル車のみ適合

このパーツの詳細を見る


JAOS BATTLEZ×SUS typeTi/VFCA セット25
出典 : https://www.jaos.co.jp/

オフロードスタイルカスタムで有名なJAOSのサスペンションです。

ダンパーは「VF ダンパーシリーズ」の減衰力調整タイプを採用し、最大の特徴である周波数感応式バルブ「ハーモフレック Ⓡ機構」をリヤに内蔵しています。

CX-5には3種類のエンジンが存在しますが、フロントには車高調整機能を採用しているため、エンジン重量の違いによる姿勢の変化に対応し、バランスの良いリフトアップスタイルが可能になります。

コイルスプリングにはBATTLEZブランド伝統の「柔らかいけどコシがある」という特性をもったリフトアップコイルをCX-5 用に開発。

クロスオーバーSUVに求められるあらゆる走行シーンにおいて、ドライバーに走る喜びを与える高いスタビリティを発揮すると共に、同乗者を安心させる乗り心地の良さも確保されています。

・リフトアップ量
F/約10-35㎜UP調整可能
R/約25-35mmUP

※車高調整機能はフロントのみ
※前後期対応(2WD装着未確認)

このパーツの詳細を見る
 
会員登録すれば500ポイント付与

CX-5カスタムの定番!いよいよエアロパーツ!

ここまできて、ようやくエアロパーツを装着するのが良いでしょう。

お気に入りのモデルを見つけて、カッコ良く仕上げましょう!

AutoExe  CX-5 KE-05S Styling Kit
出典 : http://www.autoexe.co.jp/index.html

AutoExeのCX-5 KE-05Sは、独自の視点からカスタムが施された1台。
そのコンセプトは「SUVにストリートスポ−ツの切れ味を。 」

外装はあくまで派手さを抑え、スポーツテイストがふんだんに盛り込み、文字通りストリートを流して似合う外観になっています。

フロントはフルバンパーながら、純正装備のヘッドランプウォッシャーやレーダーもそのまま使えて、実用性も全く犠牲になっていません。

JAOS X-OVER LINE CX-5
出典 : https://www.jaos.co.jp/

最近流行りの都会派カスタム全開ではなく、やはりSUVはSUVらしく! しかしJAOSのCX-5用エアロパーツは、あくまで都会・郊外の双方で様になる絶妙なバランスに仕上げられています。

CX-5のオススメエアロパーツまとめはこちら
 

CX-5に迫力あるサウンドを!リアをスタイルアップするためにもマフラーも交換しよう!

さて、ここまでやれば、ほぼ完成と言えるかもしれませんが、忘れてはいけないのがマフラーです。

Garageに掲載されているCX-5ようマフラーのラインナップから見ると、ディーゼル車用のアイテムが多く、マフラーを交換することで低音が少し野太くなり、燃費向上が見込めます。

クリーンディーゼル車はDPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)の影響で、ガソリン車のように劇的な音の変化が少ないですが、SUVにおけるマフラー交換はドレスアップ効果が絶大ですし、特にエアロパーツを変えた場合は是非とも変えたいパーツなのです。

おすすめのマフラーを見てみましょう!


Admiration Belta エグゼクティブマフラー/左右デュアル
出典 : http://www.admiration.ne.jp/

排気効率に拘ったCX-5専用設計マフラー。

左右4本出しオーバルデュアルをオフセットする事で最上級なパフォーマンスを追求し、大口径テールがリヤビューを魅力的に演出します。

このパーツの詳細を見る

KENSTYLE 4本出しマフラー
出典:http://www.kenstyle.co.jp/

ケンスタイルが作るCX-5用マフラーは4本出しのマフラー。

スポーティでありながらエレガントな仕上がりで、迫力のリアビューを演出しています。

取り付けするには、マフラーエンドに合わせて純正バンパーをカットし、切断面を覆い隠すマフラーアウトレットカバーを装着することで自然な開口部に。

純正然としながらも他とは違う雰囲気を醸し出します。

このパーツの詳細を見る
 

性能面もこだわりたい!CX-5の走りを気持ちよくするアイテムもたくさんラインナップ!

ここまで来たら、走りにも拘りたいですね。

インタークーラーやサブコンなどを導入/交換することでトルクアップを果たし、軽快な走りを手に入れられます。

おすすめアイテムはこちら!

TRUST インタークーラーキット
出典 : http://www.trust-power.com/

CX-5純正インタークーラーより約150%大容量化することで冷却効率をアップしているインタークーラー。

中回転域でのトルク感向上が体感できます。

このパーツの詳細を見る


Odula サブコン/EVOX
出典 : http://www.odula.com/

カプラーオンで取り付けできるサブコンです。

CX-5のパワーを25ps、トルク5kgf/mアップを実現し、 軽快な走りを実現します。

全開、高負荷時は燃料増量しますが、通常走行の低回転、 低負荷時の燃費の悪化はありません。

このパーツの詳細を見る
 
会員登録すれば500ポイント付与

CX-5のドライブをもっと楽しくする。内装もお忘れなく!

ここまでは外観に関係するアイテムや、走りを改善するアイテムを紹介してきました。

家族と旅行に出かけたり、友達や恋人を乗せてドライブに行くとき、やはり車内が美しく、乗り心地が良い方が喜ばれますよね?

内装に手を入れる事もカスタムと言えます。

シートカバーやフロアマットをオーダーメイドで作れるメーカーもあります。

Admiration シートカバー(写真は他車種のもの)
出典 : http://www.admiration.ne.jp/

ホテルや高級ソファで定評のあるスウェード調素材の旭化成ラムースを贅沢に使用し、ダイヤ/スクエア/ストライプの3タイプから選べるスタイルはダブルステッチと最大25mmのウレタンフォームが立体的なデザインを演出。

CX-5を高級ホテルの様な居心地に・・・

ドレスアップ性を高めるだけでなく、上質な雰囲気と快適な乗り心地を与えます。

このパーツの詳細を見る
 

まとめ

出典:http://www.admiration.ne.jp/

いかがでしたか?

今回はマツダCX-5におけるオススメのカスタムの順番をまとめましたが、必ずしもこの順番で行わなければならない、という事ではありません。

ご自身の気になるポイントや、こだわりたいところからカスタムを初めて行くのが一番でしょう。

ご自身のスタイルで、CX-5を楽しんでくださいね!

Garage内CX-5カスタムカーページ
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!