ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
LA400Kコペンを安全に買う方法!中古車価格や購入時の注意点、購入後の楽しみ方とは?

LA400Kコペンを安全に買う方法!中古車価格や購入時の注意点、購入後の楽しみ方とは?

オープンスポーツカーなら走りが良くなくてはならない、それを売りにするならFFではダメだろうという思い込みを一蹴するヒットモデルとなったダイハツコペン。

初代コペンは2012年に生産を終えるも、2014年にはフルモデルチェンジが行われ2代目コペン(LA400K)がデビューしました。

そんなLA400Kコペンも発売から3年ほどが経ち、各チューニングショップがカスタム・チューニングパーツを開発し、コペンをより楽しむ方法が提案されています。

今回はLA400Kコペンの魅力や中古市場についてみてみましょう。

LA400Kコペンとは?

ダイハツコペンLA440K出典 : https://www.daihatsu.co.jp/index.htm

2014年、初代コペンの丸目で可愛いイメージから一新、鋭角的なヘッドライトなど前後灯火類で「いかにも現代のスポーツカー」というルックスを成立させたコペンRobe(ローブ)がデビュー。

その後、クロスオーバーSUVを思わせる見た目のXPLAY(エクスプレイ)、先代を彷彿とさせる丸目モデルのCero(セロ)が続々と発売されました。

そして2代目コペン最大の特徴が「外せる外板」。
ローブとセロは、ユーザーの好みでその全て、あるいは一部の外板を交換可能になっており、フロントはローブでリアはセロという組み合わせも可能です。

これは「Dress-Formation」と称して、コペンのプロフェッショナルが在籍する「コペンサイト」に指定されたダイハツディーラーで施工が可能になっているほか、ダイハツ用チューニング/ドレスアップパーツ大手「D-SPORT」からもパーツが販売されています。
エクスプレイはドアの意匠が違うため、このシステムには適合していません。

エンジンはどのモデルでもダイハツのスタンダードターボエンジンとなった直列3気筒DOHCターボのKF-VET。
スペック上は初代が搭載していた高回転型4気筒ターボの名機JB-DETに劣るものの、実用トルクの大きい3気筒エンジン化でむしろ低速からのピックアップでは向上しています。

また、鉄製ブロックで重かったJBからアルミブロックの軽量エンジンになったことでフロントは軽くなったこともあって、軽快なコーナリングマシンとして走りの面では初代と少し性格が変わりました。

FFスポーツということでノーマルではタイトコーナー立ち上がりなどでややもたつくところはあるものの、ダイハツ車の純正チューニングパーツに近い扱いを受けているD-SPORTなど豊富な社外チューニングパーツにより、イジリがいのある車でもあります。

LA400Kコペンについてもっと詳しく知りたい方はこちら
 

【ダイハツ コペン(LA400K)】中古車相場

ダイハツコペンLA400K出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツコペン(LA400K)の中古車は、118万円〜232.2万円で購入できるようです。

新車価格で一番高いのがCero Sの5MTモデルで212万7600円ですが、その値段より高い車両が存在するのは、未使用車両でオプション装備が多数装着している車両等があるからです。

まだそんなに中古車は出回っていないですが、そんな中でも程度の良い中古車を探し出し少しでも車両本体を安く購入し、浮いた費用をカスタムに充て、自分だけの更に楽しめるコペンを作り出すというのはいかがでしょうか?
 

【ダイハツ コペン(LA400K)中古車】中古車購入時に気をつける点は?

ダイハツコペンL400K出典:https://www.daihatsu.co.jp/

では、そんなLA400Kコペンを中古で購入する際、どのような部分をチェックしたら良いでしょうか?

1.車両のグレード
LA400Kコペンには様々なグレードが存在します。ローブ、エクスプレイ、セロの見た目の違いはもちろん、トランスミッションの違い、スポーツモデルなのかそうではないのか、またグレードによって装備しているアイテムが違うので、事前にお好みのグレードを調べましょう。

2.走行距離
中古車を見る場合に気になるのは走行距離ですが、LA400Kコペンの場合販売開始から3年ほどしか経っていないので2万km〜4万kmくらいの車両が多く、気になるほどの過走行車は少ないです。

3.ハイマウントストップランプ
LA400Kコペンは2014年5月23日~2017年1月25日に製造された1万9512台に対しリコールが発表されました。

ハイマウントストップランプの構造が不適切であったことがリコール原因で、温度変化による膨張・収縮を吸収しきれず、ランプの溶着部分に亀裂が生じ、そのままの状態で使用を続けるとランプ内部に雨水等が浸入し、最悪の場合ランプが点灯しなくなってしまうそうです。

対象車両が膨大なので、中にはリコール改善措置を受けていないコペンがあるかもしれません。

購入を考えているコペンが対象期間に生産された車体であれば、確認をしていおくことがおすすめです。

4.修復歴や車体の傷
細部までよく見て、車体にダメージがないか、修理したような痕がないか、板金による色の違いなどがないか、しっかりチェックしましょう。

ボンネットやフェンダー、バンパーなどの隙間が均等かどうかもチェックしましょう。
均等でない場合、交換した事があったり、ボディーに歪みがある可能性があります。

ちなみに、修復歴として記録されるのは主にフレームなどの重要な部分に関しての交換や修正です。
単にへこみを直したからといって修復歴有りとされるわけではないことに注意が必要です。

5.整備やエンジンの状態
きちんと整備が行われているか、エンジンに異常がないかを調べるのも当然ながら大切です。
エンジンルーム内の消耗品や整備記録のチェックし、気になる点があればどんどん質問しましょう。

またエンジンその物のチェック点としては、スムーズにかからなかったり、アイドリング時に異音がしたり、振動が大きかったり、排気に異変が無いかなどが挙げられます。

6.内装
LA400Kコペンは比較的新しい車なので、そこまでのダメージは無いかもしれませんが、前のオーナーによって車内が汚れていたり、インパネ周りが傷ついていたりするかもしれません。
折角購入するなら、綺麗な状態の物を購入したいものです。


憧れのコペンを購入しても、すぐに走らなくなってしまったり、修理しなくてはいけなくなって余計な出費が重なってしまったら勿体ないし、その費用をカスタムに回した方がよっぽど良いのではないかと思います。
 
会員登録すれば500ポイント付与

【ダイハツ コペン(LA400K)中古車】購入後の楽しみ方

カッコいい車に乗りたい?!

ダイハツコペンローブLA400K出典:https://www.daihatsu.co.jp/

皆さんがCOPENをマイカーとして手に入れたらどのような事をしたいですか?

ドライブやデート、普段のちょっとした買い物から旅行等、色々な楽しみ方が思い浮かびますが、どうせ乗るなら外観も内装も走りも、カッコ良かったり、乗り易かったりした方が良いですよね?

そんな時、各メーカー/ショップがリリースしているカスタムパーツを取り付ける事で、車をご自身の好みに合わせたカスタム・チューニングをする事ができます。

LA400Kコペンはノーマルでもスポーツカーとして走りも意識した仕様で、チューニングベースとしてもイジリがいのある車と言えます。

車のカスタムの定義についてはこちら
 

まとめ

いかがでしたか?

これからコペンを購入しようと考えている方は是非本記事を参考にしてみてください。

また、コペンは多くのメーカーからアフターパーツが販売されています。

購入後カスタムも楽しみたいという方は、Garageのアフターパーツが紹介されているカスタムカーページも合わせて参考にしてみてください。

Garage内LA400Kコペンカスタムカーページ
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!