ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
0-100km/h加速は2秒以下!F1より速い驚異のハイパーEV

0-100km/h加速は2秒以下!F1より速い驚異のハイパーEV"ピニンファリーナ・バッティスタ"がヤバい。

1900馬力、0-100km/h加速2.0秒以下、価格は約2億4000万円。

猛烈な数値でその存在感を示す車の名前は、あのピニンファリーナが放つハイパーEV「バッティスタ」です。

各メーカーが挙って、数量を絞ったごくわずかな富裕者層向けのハイパーカーを開発する昨今、名門ピニンファリーナが放つ1台は、どんな世界を見せてくれるのでしょうか?

ハイパーEV専門に設立された「アウトモビリ・ピニンファリーナ」

ピニンファリーナ・バッティスタ 出典:https://www.gims.swiss/exhibitor/automobili-pininfarina-gmbh

長年フェラーリのスタイリングを手懸けてきたことで有名な、イタリアの名門カロッツェリアであるピニンファリーナは、意外と知られていませんが、時計や靴など、車以外の工業製品のデザインも手懸けており、伝統を重んじつつもEVなどの新分野にも積極的な会社です。

そんなピニンファリーナは、2015年にインドの自動車メーカーであるマヒンドラグループの子会社となっており、2018年にはハイパーEVの開発製造を目的とした、「アウトモビリ・ピニンファリーナ」と呼ばれる会社を設立するに至っています。
 

創業者の名を冠した「バッティスタ」

ピニンファリーナ・バッティスタ 出典:https://electricmitten.com/news/2019/4/7/fully-charged-pininfarina-battista

バッティスタという独特の車名は、創業者であるバッティスタ・ピニンファリーナ氏に由来しています。

プロジェクトの責任者は、バッティスタ氏の孫にあたり、ピニンファリーナの会長でもあるパウロ・ピニンファリーナ氏。

プロジェクトのコンセプトは、「イタリアで設計・製造される最速にして最もパワフルなクルマに、自分の祖父の名をつけること」と「そのクルマは少量生産のハイパーカーであること」です。
 

開発ドライバーにニック・ハイドフェルド氏

ピニンファリーナ・バッティスタ 出典:https://www.motorauthority.com/news/1124435_pininfarina-battista-hits-the-road

コードネーム「PF0(ピニンファリーナ・ゼロ)」という名で始まった開発は、2020年2月に最新プロトタイプが公開され、本格的な走行テストが開始されました。

開発ドライバーにはF1経験者であるニック・ハイドフェルド氏を起用し、技術開発プログラムの統括者は、元メルセデスAMGのレネ・ウォルマン氏が担当。

モータースポーツの現場を知り尽くした充実の布陣による、開発体制となっています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ハイパーEVならではの規格外の動力性能

ピニンファリーナ・バッティスタ 出典:https://www.motorauthority.com/news/1118264_pininfarina-gives-glimpse-of-1-877-horsepower-battista-s-development

4基のモーターを搭載したバッティスタの合計最大出力は1900馬力、最大トルクは234.5kgm、最高速度は350km/hオーバーという、正に桁違いの性能です。

0-100km/h加速は2秒以内で、現行のF1マシンを上回るスピードを実現。

容量120kWhのリチウムイオンバッテリーがセンタートンネルと座席後方に搭載されており、1回の充電で450kmの走行が可能とされています。
 

ピニンファリーナならではの美しいスタイリング

ピニンファリーナ・バッティスタ 出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pininfarina_Battista,_GIMS_2019,_Le_Grand-Saconnex_(GIMS1056).jpg

直線と曲線が絶妙なバランスで組み合わさったエクステリアは、複雑な面構成ながらもクリーンにまとまっており、さすがはピニンファリーナと言った所でしょうか。

ボディはフルカーボンモノコックの前後にアルミ製のサブフレームを組み合わせたスーパースポーツならではの構造で、2枚のドアははね上げ式です。

可動式のリアウイングはダウンフォースをコントロールできるほか、ブレーキングにおける速度低減にも貢献します。
 

未来感と上質さが融合したインテリア

ピニンファリーナ・バッティスタ 出典:https://automobili-pininfarina.com/media-zone/dubai-debut-for-the-2m-attista-hypercar-brings-extreme-electric-performance-and-beauty-to-the-middle-east/

スペックから想像するに、カーボン地剥き出しのレーシング然としたコクピットかと思いきや、シートにはレザーがあしらわれており、高級感のある仕立てとなっています。

さすがは、イタリアのカロッツェリアと言った所でしょうか。

また、キャビン後方にはラゲッジスペースが用意されており、超スパルタンというよりは、ある程度の実用性も考慮されているようです。
 
ONLINE TOTAL CAR SHOP 車からパーツまで、オンラインで購入できます!

まとめ

ピニンファリーナ・バッティスタ 出典:https://www.autox.com/news/car-news/gims-2019-pininfarina-battista-electric-hypercar-unveiled-105564/

日本での取り扱いは、ポルシェやベントレーといった高級車を専門に扱う正規輸入ディーラーであるSKYグループが手掛ける事となっています。

トリノのアトリエでわずか150台のみが販売され、日本への具体的な輸入予定台数は未定とのこと。

加熱するハイパーEV市場に、新たな一石を投じたピニンファリーナ・バッティスタ。

果たしてこの先、最高出力1900馬力という驚異的な数値を越える車は現れるのでしょうか?

これを機に、新たなEVパワーウォーズ時代が始まるのかもしれません。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!