ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ダッジラムバンのカスタム事情や魅力、ライバル車両は?!

ダッジラムバンのカスタム事情や魅力、ライバル車両は?!

かつて1990年代前半の日本ではアメリカン・ミニバンのシボレー アストロが大人気だった時代がありましたが、アメ車とはいえミニバンはミニバン、ハイエースのロングボディより狭かったくらいでした。

よりアメ車らしさを満喫したい人がフルサイズバンを求めたのは当然だったかもしれません。ダッジ・ラムバンはそんな1台で、アメリカではポピュラーな存在です。

ラムバンは迫力満点、パワーも満点!

ダッジラムバン Photo by RL GNZLZ
 

日本が誇る名車、稼ぎ頭の1台であり、盗難件数No.1になるほど人気と言えばトヨタ ハイエース。

商用車が多いので、基本的に乗用車がランキングされる国内販売台数であまり上位に来ませんが、商用・乗用モデルを合わせればかなりの台数が売れているのは間違いありません。

人気の理由は車内スペースの広さが圧倒的で、広さが快適性や使い勝手に直結しているからですが、それならば大きすぎて売れないアメ車も十分な動力性能を持つ1BOX車でなら売れるのでは無いか、と考えるのが自然です。

1990年代前半のシボレー アストロがブームになりましたが、迫力満点の見た目はともかく車内が広いわけではなかったので、ハイエース的な広さを求める人は、アストロのようなミニバンからフルサイズバンへと流れて行きました。

ダッジ ラムバンもフルサイズバンの1台で、パッと見では商用車のようでありながらパワフルな5.9リッターV8エンジンを搭載、最大15人が乗車可能なほど中は広々となると、アメ車版ハイエースのような存在です。

アメリカではダッジ ラムバンのような乗用大型バンを「フルサイズパッセージャーバン」として大家族向けやカスタムベースとして販売し、商用車ベース由来の頑丈さを活かしてSUV的に使う人もいます。

クロスオーバーSUVやピックアップトラックほどの人気では無いためモデルこそ少ないものの、今でもアメ車には欠かせない存在と言えて、2003年にラムバンが販売終了した後、現在はメルセデス・ベンツからOEM供給のダッジ スプリンターを販売中です。
 

ダッジ ラムバンのカスタム事情

ワイルドなアメ車だからこそ、カスタムを行ってもっとワイルドなイメージを醸し出すのはいかがですか?

ホワイトレター付きタイヤに交換しドレスアップカスタムを行ったり、インテリアパネルを交換したり、ダッシュマットを装着するインテリアカスタムを行ったり・・・

出典:https://www.ex-works.co.jp/

また、RAMのロゴが入ったサンシェードなどのラムオフィシャルのアイテムも多くラインナップされています。

今回は、ダッジ ラムバンのリアビューを演出するカスタムパーツをご紹介します!

DADGE RAM VAN Rear Window Louver

ダッジ ラムバン用のリア ウィンドウ ルーバーをご紹介します。

クルマのルーバーは日よけの役割を担いますが、ラムバンの場合は完全に見た目重視と言えます。


出典:https://www.ex-works.co.jp/

リア ウィンドウ ルーバーを装着するだけでダッジ ラムバンのリアビューに迫力を与えることが可能です。
会員登録すれば500ポイント付与

ダッジ ラムバン(3代目)の特徴・特色

3代目ダッジ ラムバンの特徴や特色をご紹介します!

ダッジラムバンPhoto by Gerry Dincher
 

33年間本格的なモデルチェンジ無し

ダッジラムバン Photo by davocano
 

質実剛健が特徴な車はモデルチェンジでも根本的なところは変えないもので、日本でも軽クロカン車のジムニーが基本構造を変えないまま50年近く生産されていますし、軽トラや軽1BOX車の類も基本構造で言えばかなり長寿です。

ラムバンも前任モデルのBシリーズ時代、1970年から2003年までフロントマスクを中心に外観やエンジンこそ変えているものの、基本構造は変わっていません。

いわばビッグマイナーチェンジ程度で3世代33年を乗り切ったもので、乗用車としてはかなり長寿な方と言えます。

「ただ巨大な箱であれ」という1BOX車の割り切りゆえに、変える必要が無かったということです。
 

巨大なロング版から、ハイエースより短いショート版まで

ダッジラムバン Photo by peterolthof
 

ラムバンのロングボディモデルは3.2mを超えるロングホイールベースに5.8m以上のロングボディを誇りますが、意外にもショートボディの全長は4.8m程度と、ハイエースのロングボディより短いのです。

とはいえ全幅はハイエースのワイドボディ版1.88mより大きく約2mありますから、ショートボディ版のラムバンでも中は広々。

広さこそフルサイズバン最大の魅力というべきで、広いながらハイエースよりボディが短ければ取り回しも今の日本ならば意外と困りません。

さすがにロングボディ版を日常使用するには環境や用途を考える必要がありますが、使い勝手によってショートかロングかを考えて選択すれば、問題は無いでしょう。
 

会員登録すれば500ポイント付与

ラムバンにはパワフルなエンジンも設定あり

ダッジラムバン Photo by peterolthof
 

エンジンは175馬力の3.9リッターのV6が最小ですが、最強モデルは250馬力の5.9リッターV8エンジンを搭載、日本の公道であれば高速道路を含め問題を感じさせないパワフルさがあります。

ラムバンは特に商用モデルをベースとしたカスタムカーなど窓を設けず鋼板を溶接して埋めた「ユニフォーム」と呼ばれるスタイルのためボディ剛性が高いのが特徴です。

もちろん剛性が高い分やや重いのですが、重さをカバーするために大排気量でパワフルなエンジンを搭載しています。
 

ダッジ ラムバン(3代目)のライバル

ダッジ ラムバンのライバルとなり得る車両をご紹介します。
 

フォード Eシリーズ(4代目)

フォードEシリーズPhoto by Mike Petrucci
 

フォルクスワーゲンのミニバン、タイプ2(日本ではワーゲンバスの通称で有名)に対抗して1961年に登場しましたが、1968年に2代目へフルモデルチェンジしたのを機にフルサイズバンへ転身したのがEシリーズ。

ラムと同様の箱型ボディにショートノーズ、その時代のフォード車に合わせたフロントグリルを持つバンで、乗用のパッセンジャーバンとしては2014年にトランジットと統合されるまで、モデルチェンジを繰り返しながら販売されていました。

シボレーエクスプレス

シボレーエクスプレス 出典:https://en.wikipedia.org/wiki/
 

シェヴィーバンの後継としてGMC サバンナとともに登場した、GMのフルサイズミニバン。

アストロと似たようなフロントマスクを持っていますが、以降はやはりスペース効率の良さそうな「四角い箱」。

日本に輸入されたのは5.3リッターV8エンジン搭載モデルが標準でしたが、本国仕様はいすゞ製6.6リッターディーゼルターボかや、8.1リッターV8エンジンを装備できました。

フルサイズパッセンジャーバンなのにオプションで防弾ガラスを選べたのはお国柄かもしれません。

なお、ライバル同様頑丈なシャシーの上にボディを載せる構造でしたから、車高を上げてSUV的にも使われています。

フォルクスワーゲン ヴァナゴン

VWヴァナゴン 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/
 

フルサイズバンよりは小さいものの、国産ではないというだけで移植のミニバンとして一時期日本でも人気だったのがヴァナゴン。

バン(Van)とワゴン(Wagon)を掛け合わせた造語で北米仕様の名を日本でも使っていましたが、本来の名前はフォルクスワーゲン トランスポルターT3となります。

もちろん商用車ベースですから、フロントマスク以外はいたって一般的な1BOX車でしたが、フロントマスクは当時のゴルフなどと同じ一般的なフォルクスワーゲン顔であり、ヨーロッパ風テイストを醸し出していました。
 

ダッジ ラムバン(3代目)とライバルの中古相場は?

ダッジラムバン Photo by Shelby Bell
 
・ダッジ ラムバン(3代目)
中古車相場
88万~378.9万円

◆ライバル車のお値段は?

・フォード Eシリーズ(4代目)

中古車:119万~428万円

・シボレーエクスプレス

中古車:79万~678万円

・フォルクスワーゲン ヴァナゴン

中古車:58万~448万円
 

会員登録すれば500ポイント付与

ダッジ ラムバン(3代目)の代表的なスペック

ダッジラムバン Photo by Mike Petrucci
 
ダッジ ラムバン(3代目) 2500 ロングホイールベース 1999年式
全長×全幅×全高(mm):5,872×2,027×2,029
ホイールベース(mm):3,241
エンジン仕様・型式:V型8気筒OHV16バルブ
総排気量(cc):5,900
最高出力:250ps/4,000rpm
最大トルク:47.8kgm/3,250rpm
トランスミッション:4AT
駆動方式:FR

【ダッジ ラムバン カスタム】まとめ

ダッジラムPhoto by RL GNZLZ

アメリカン・フルサイズバンというと1990年代の日本ではずいぶん大きな車に思えましたが、今やハイエースのワイドボディ・スーパーロングと比べればたいして大きくないことに気がつきます。

日本の車文化が大きな車を許容するようになったということかもしれませんが、「アメ車は大きすぎて日本ではちょっと」と思って控えていた人には、検討し直してみてもいい時代が来たかもしれません。

特に5.2リッターエンジンのショートボディ版などハイエースとかなり近い感覚で使えるようですし、広い駐車場などお持ちで大家族の方なら1台いかがでしょう?
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!