ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
先代から進化を遂げたBCNR33GT-R、秘められた性能と技術とは

先代から進化を遂げたBCNR33GT-R、秘められた性能と技術とは

歴代スカイラインGT-Rの中で最も大柄なボディが与えられたBCNR33。常にスポーツ性と快適性の狭間に立たされたスカイラインGT-Rの中でも、その素質を見込まれ最高のGT-Rと評価する声もある人気モデルです。

R33スカイラインGT-Rとは

出典:D - 15 photography

16年ぶりの復活で空前の大ヒットとなった第2世代日産 スカイラインGT-Rの初代BNR32は、ベースのスカイラインが次世代BCNR33にモデルチェンジしても、その人気故しばらく継続生産・販売される長寿モデルとなりました。

当然、R33スカイラインにもGT-Rの設定が熱望されましたが、プラットフォームを共有するラグジュアリーセダンのローレルとホイールベースを合わせた結果、R32の持っていたミドルクラスセダンの軽快性を失ってしまいます。

それでもロングホイールベース化による最大のメリット、高速安定性を活かした重厚感あふれるルックスで第2世代スカイラインGT-R2代目、BCNR33は登場したのです。

少し大柄になりスマートさに欠けますが、デザインやチューニングの拡張性は増した事から、4ドア版やニスモ版が発売されたことは大きな話題でした。

本来ドリフトを得意としないスカイラインGT-Rでしたが、軽快性をアピールするためにCMでドリフトしてみせたのも、当時は話題となりました。

なお、BNR32は完全に国内販売専用でしたが、BCNR33は100台限定ながらイギリスに正規輸出されています。
 

R33スカイラインGT-Rの特徴・特色・使用された新技術

出典:Sicnag

先代BNR32より高性能化を宿命づけられたBCNR33は、大きく重くなったボディのハンディを補うために、様々な部分がハイスペック化されました。
 

全車ブレンボキャリパーを装備

出典:Grant C

車重増加により、かなりの負担増となるブレーキには、BNR32ではVスペック系にのみ装備されていたブレンボキャリパーを最初から全車標準装備しました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

RB26DETTもリファインで高出力化

出典:BiTurbo228

エンジンのRB26DETTもコンピューターの高性能化とブーストアップ、そして吸排気系や抵抗軽減などを突き詰め、馬力こそカタログ上は規制値(280馬力)に収めたものの、大幅なトルクアップを果たしています。
 

アテーサE-TSはLSDとの統合制御へ

出典:D - 15 photography

第2世代スカイラインGT-Rの根幹技術である電子制御スプリット4WDも、Vスペック系では電子制御アクティブLSDと統合制御する「アテーサE-TS PRO」へ進化しました。
 

ボディの大幅補強

出典:Grant C

重量増とそれに対応するハイパワー化に伴い、ボディも補強され、剛性は大きく向上しました。

通常、こうした補強は重量増と剛性アップによるさらに重量増というイタチごっこになりますが、BCNR33では、バッテリーをリアに移設する工夫をするなど重量配分を最適化し、結果的にうまくまとめた形となりました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

徹底したテスト走行

出典:Grant C

BNR32では徹底しきれなかったドイツ・ニュルブルクリンクサーキット北コースでの過酷なテストですが、BCNR33ではこれを徹底的に行って問題点を洗い出しました。

その結果、ブレーキを中心に耐久性に難を抱えたBNR32より、標準で耐久性や信頼性が向上しており、完成度ははるかに高くなっています。
 

R33スカイラインGT-Rの特別版と亜種

Vスペック

出典:http://nissan-heritage-collection.com/

サスペンションセッティングを変更して車高も下げ、アクティブLSD連動型のアテーサE-TS PROで4WDシステムをさらにスポーティにしたモデルです。

また、標準車とともにル・マン24時間レース参戦記念に専用リアカーボンウイング、専用色のチャンピオンブルーなど外装を中心に専用ドレスアップを施した特別仕様車「LMリミテッド」が設定されています。
 

Vスペック N1

出典:http://nissan-heritage-collection.com/

BNR32から引き続き設定されたN1耐久レース用ベースモデルです。

軽量化のためエアコンなど快適装備が省略され、メタルタービンや空冷エンジンオイルクーラー、各種空力パーツなど、改造範囲の制限されたN1耐久レースで活躍できる装備を最初から整えています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

NISMO GT-R LM

出典:http://nissan-heritage-collection.com/

1995~1996年のル・マン24時間レースに参戦するため開発されたレース用スカイラインGT-R。

規則で1台でも公道仕様があれば良かったため本当に1台だけ作られ、市販はされていません。

同じく規則で4ドア車が存在する車種はエントリーできなかったため、スカイラインGT-Rではなく、「GT-R」という独立車種として登録されています。

GT-Rの力を見せてくれると勇んでル・マンに出かけたものの、車高がベタベタに低いスーパーカーばかりのライバルに対し、ピットウォール越しにルーフが見えるほど車高が高くては勝負にならないと当時の陣営は愕然。

反面教師としてR390を開発するキッカケとなりました。
 

NISMO 400R

出典:Bryce Womeldurf

RB26DETTを2.8リッター化してタービンやインタークーラーも大型化、コンピューターチューンも施し400馬力を発揮する「RB-X GT2」搭載のニスモコンプリートカーです。

後述する4ドアGT-Rベースもあり。
 

スカイラインGT-Rオーテックバージョン 40th ANNIVERSARY

出典:http://nissan-heritage-collection.com/

正式名称は長すぎるので、単に「4ドアGT-R」と呼ばれることが多いオーテック仕様。

4ドアスカイラインセダンをベースにGT-R化したのではなく、2ドアのGT-Rをベースに4ドア化しています。

それもローレルとのホイールベース共用化でクーぺボディが少々間延びしたおかげですから、何が幸いするかわかりません。

注文生産で市販され滅多に見かけることの無いレアな車で下が、警察車両としても活躍。埼玉県警と神奈川県警高速機動隊に配備されていました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

ステージア 260RS

出典:https://ja.wikipedia.org

型式としてはローレルワゴンとも言えますが、プラットフォームを共用しているのでスカイラインワゴンとも言える大型ステーションワゴン・ステージアのオーテック版です。

エンジンやブレーキその他、BCNR33のメカニズムを一式移植したもので、スカイライン名ではないものの、実質的には歴代唯一のスカイラインGT-Rワゴン。

そしてスカイライン以外では唯一、標準でRB26DETT搭載した車でもあります。
 

BCNR33のライバル車たち

怒涛のトルクとこだわりのFRで攻めてきたトヨタ JZA80スープラ

出典:https://ja.wikipedia.org

先代の70スープラがBNR32に太刀打ちできず、「やっぱりFR時代のセリカと古いエンジンを引きずっていてはダメだよね」と一新したのが80スープラ。

3リッター直6ツインターボの2JZ-GTEはRB26DETTに勝るとも劣らぬ名機で、現在でもチューニングベースとして高いポテンシャルを評価されているのも共通。

トヨタがこだわったのは専用クーペボディを持つFRスポーツというところで、スポーツセダンの座はアリストに任せた結果、よりグラマラスなボディを持っていました。
 

中古でお買い得になってきたホンダ NA1 NSX

出典:https://ja.wikipedia.org/

デビュー時期こそBNR32の翌1990年でしたが、時は景気の良いバブル時代。

800万円代のスーパーカーは大量のバックオーダーを受ける大人気となったものの、バブル崩壊の煽りを受けスーパーカー本来の販売台数へ。

大ヒットで市場に大量に出回ったため、BCNR33の頃には同じ程度の価格で程度良好の中古車が買えたので、結果的にライバルとなりました。

国内レースではNSX-GTがJGTC(現SUPER GT)でBCNR33やスープラと三つ巴の戦いを繰り広げました。
 

会員登録すれば500ポイント付与

またロータリーがGT-Rをやっつけに来ました!マツダ FD3S RX-7

出典:https://ja.wikipedia.org/

初代スカイラインGT-Rを圧倒したマツダロータリー勢でしたが、1980年代後半ロータリーの星、FC3SサバンナRX-7ではBNR32に力不足だったので、スープラ同様次世代のFD3Sで仕切り直します。

レースではクラスが違ったので直接のライバルにはなりませんでしたが、スカイラインGT-Rへの深い因縁によりRX-7オーナーは対抗心を燃やしました。
 

R33スカイラインGT-Rの新車価格・中古相場価格は?

出典:D - 15 photography

BNR32よりチョイ増し程度だった新車価格

通常:478.5~488.5万円

Vスペック:529~539万円

BNR32よりだいぶお買い得な中古車相場

通常:128~598万円

Vスペック:135~368万円

オーテックバージョン 40th ANNIVERSARY:298万円


ライバル車のお値段は?

トヨタ JZA80 スープラ(ターボのみ)

新車:398~472円

中古車:128.7~599.8万円

ホンダ NA1 NSX

新車:800.3~1,005.7万円

中古車:268~1,030万円

マツダ FD3S RX-7

新車:289.8~399.8万円

中古車:58.7~418万円
 

R33スカイラインGT-Rの代表的なスペック

出典:D - 15 photography

日産 BCNR33 スカイラインGT-R 1995年式

全長×全幅×全高(mm):4,675×1,780×1,360

ホイールベース(mm):2,720

車両重量(kg):1,530

エンジン仕様・型式:RB26DETT 直列6気筒DOHC 24バルブ ICツインターボ

総排気量(cc):2,568cc

最高出力:280ps/6,800rpm

最大トルク:37.5kgm/4,400rpm

トランスミッション:5MT

駆動方式:4WD
 

会員登録すれば500ポイント付与

歴代第2世代スカイラインGT-Rとの見分け方

第2世代3代目BNR34(1999~2002年)

出典:Spanish Coches

BCNR33が脂肪と鋼のような筋肉を重ねた「力士」とすると、シェイプアップしてぜい肉を削ぎ落とした上に筋肉の鎧をまとった「ヘビー級ボクサー」と言えるのが、BNR34。

スカイラインGT-RとしてはBCNR33がひとつの完成形だったため、両車は性能や信頼性に拮抗してはいたものの、これだけ雰囲気が違うと別な車のようです。

BCNR33からの限定車、特別仕様車、ニスモバージョンの設定はさらに増えて、いよいよBNR34の生産終了でスカイラインGT-Rの灯が消えるという時には、超高額の特別仕様車が飛ぶように売れました。

中古車相場は469.8~1,199万円ですが、販売台数の少なかったレアグレードなどは海外でとんでもない値段で取引されている例もあり。
 

第2世代初代BNR32(1989~1994年)

出典:https://ja.wikipedia.org/

余計な装飾の無い、「スマートな優等生」と言えるのがBNR32。

このスタイルに惚れ込んでR32スカイラインやBNR32を選んだ人も多かったので、R33への更新時期には駆け込み需要の増加とR33の深刻な販売不振を招き、日産のマーケティング力不足を痛感させた1台です。

現在でも非常に人気が高く、中古車相場は129.8~689万円。
 

まとめ

発売当初はBCNR33スカイラインGT-Rも決して高い評価を受けたとは言えませんでした。

その後、ロングホイールベース化や高い信頼性などメリットも強調されるようになって再評価されています。

市場で正当な評価を受けるには至らなかったものの、玄人好みの名機、それがBCNR33スカイラインGT-Rだと言えます。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!