ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
レーシングカーが割安っていうけど本当?MINIの純正とチャレンジカーで比較してみた

レーシングカーが割安っていうけど本当?MINIの純正とチャレンジカーで比較してみた

近年、FIA GT3やGT4、TCRなど世界統一規定の車両やワンメイクレース車両が販売されており、車両を一から自分たちで製作するよりは、専門業者が作った車両を買う方が割安とされています。

市販車をベースとしたレーシングカーは概ね1000万円を超えるものがほとんどですが、2017年より日本でエキシビジョンマッチとして開催されているMINI CHALLENGEのF56JCWチャレンジカーは890万円(税込961万円)という、レーシングカーとしては低価格を実現。

なぜ安いのか?本当に安いのか?実際に計算してみました。

「このレーシングカーは安い」と言われる理由

©️Motorz-Garage

「このレーシングカーは安い」と言われることがありますが、その言葉の裏には「改造費の割に安くできている」という意味が含まれています。

F1や世界耐久レースのLMP1などを除き、ほとんどのカテゴリーで主催者ないしはメーカーから決められたレーシングカーコンストラクター(車両製造業者)が車両を製造し、販売しています。

この車両製造業者がレーシングカーの製作を一括で請け負うことで、エンドユーザー(レーシングチーム)が改造するコストと手間を減らし、効率よく、また安く販売することを可能にしているのです。

このため車体価格が1000万円を超えるようなレーシングカーでも、改造に必要なパーツ代、工賃を考えると割安になるため、「このレーシングカーは安い」となります。

では、本当に割安になっているのでしょうか?
 

MINIの市販車とレーシングカーを例に計算してみる

出典:https://www.mini.jp/

今回ご紹介するイギリスを本場としたMINI CHALLENGEのレーシングカー、F56JCWチャレンジカーはイギリスにあるTotal Tracks社が車両の製造を行い、販売を行なっています。

©️Motorz-Garage

日本への販売価格は渡航費込み890万円(税別)、税込で961万円となっています。価格だけ見れば高級車が買えてしまう金額ですが、ベース車両はディーラーでも売っているF56型MINI JCW 3ドアで車体価格は412万円(税込)。

961万円 - 412万円 = 549万円

つまりは、549万円分のパーツ代と工賃、手間賃がかかっているわけです。

では実際に549万円分以上のパーツ代や工賃が注がれているのでしょうか?
 

本当に安いか調べてみた

©️Motorz-Garage

MINI CHALLENGE JAPANを運営するGIOMIC Motorsportに大まかなパーツの金額や内訳などを聞いてみました。

大まかな金額のパーツは以下の通りです。

エアロキット(フロント、サイド、リア他)
価格:811,600円(税別)

ブレーキ関係(ブレーキライン、キャリパーキット他)
価格:622,800円(税別)

サスペンション関係(サスペンション他)
価格:821,400円(税別)

ドライブトレイン関係(ギヤボックス、クラッチ他)
価格:2,275,000円(税別)

エンジン関係(タービン、ECU、ロガー他)
価格:2,256,300円(税別)

アルミホイール(2セット=8本)
価格:304,000円(税別)

上記のパーツ合計金額は約765万円(税込)になります。細かいパーツの金額は省いていることと、ロールケージの溶接などのボディメイクが含まれていないため、それらを含めるとさらに金額が上積みになります。

©️Motorz-Garage

これらのパーツ金額だけでベース車両と比較すると、

412万円 + 約756万円 = 約1,168万円

となり、これとF56JCWチャレンジカー車体価格の差は、

約1,168万円 - 約961万円 = 約207万円

といった結果となり、200万円以上のパーツ代が浮いている計算になります。

もちろん、車両製造業者となるTotal Tracks社は損をしているわけではなく、改造過程で外された新品の純正パーツをアフターマーケットに売ったり業務効率化を図ることで利益を確保し、低価格なレーシングカーの販売を可能としているのです。

MINI F56JCWチャレンジカーページを見る
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

©️Motorz-Garage

いかがでしたか?

金額だけを見ると高価なレーシングカーですが、車両製造業者の作業効率化や販売体制を整えることで、パーツ価格やパーツの取り付け工賃まで含めた価格を考えると安い、と言えるのではないでしょうか。

レーシングカーを買う以上、決して安い買い物というわけには行きませんが、エンドユーザーが購入しやすい価格に抑える努力がされているのです。

MINI CHALLENGE JAPAN公式ホームページ

GIOMICブランドページを見る
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!