ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
国産スーパーカーと言えば日産GT-R、驚きの性能と見分け方について解説

国産スーパーカーと言えば日産GT-R、驚きの性能と見分け方について解説

2007年のデビュー時には777万から。今思うと、あの時買っておけば良かったかな…と思う人もいるかもしれません。今やR35GT-Rはベースグレードたるピュアエディションでも約996万円からという、価格も性能にふさわしいスーパーカーとなりました。しかし最新のGT-Rこそ最高のGT-Rです。その基礎的な素晴らしさを知れば、今からでも買いたくなる人、あらためてその良さにほれ込んで最新モデルに買い替えたくなる人もいるのでは?

国産最強から世界最強への第一歩、R35GT-R

出典:http://www.nissan.co.jp/

スカイラインGT-Rの生産終了から5年たった2007年。

「スカイライン」の冠がなくなり、「日産GT-R」としてR35GT-Rは世に出ました。

今度は専用プラットフォームを使った完全独自の国際規格スーパーカーとして、過去を完全に振り払ったのです。

性能や品質は「超国産車」と呼ぶべきレベルに達し、GT-Rの頭抜けた性能を販売・整備するための日産ハイパフォーマンスセンター(NHPC)と呼ばれるGT-Rの特別教育を受けた専門スタッフが常駐する店舗のみ取り扱っています。

しかしチューニングなどの改造についてはメーカーが否定的で、NHPC以外での整備や指定部位の純正以外のパーツ交換を行った場合、保証外となります。

その上で商品性を保ったところがGT-Rのスーパーカーたる所以で、過去似たような対応が行われた車種はホンダ NSX(初代)くらいです。

そしてかつては国内レース最強を目指したスカイラインGT-Rと異なり、GT-Rはスーパーカーとして世界最高を目指しています。
 

R35GT-Rの特徴・特色・新技術

出典:http://www.nissan.co.jp/

改良版アテーサE-TSと6気筒ツインターボエンジンを搭載した4WDスーパースポーツという意味ではかつてのスカイラインGT-Rと共通する点はありますが、それ以外は大きく変わりました。
 

プレミアムミッドシップパッケージ

出典:http://history.nissan.co.jp/

専用プラットフォームのフロントミッドにはエンジンのみ、クラッチ、ミッション、トランスファーなどその他駆動伝達系を車体後方に置いた、独立型トランスアクスルは世界初採用。

これにより前後重量配分を最適化すると同時に、基本駆動軸であるリアに重量物を配置することで、大パワーを確実に路面に伝達するトラクションを実現しています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

新開発のVR38DETTエンジン

出典:http://www.nissan.co.jp/

初期モデルは480馬力から始まり、2017年モデルのGT-R NISMOではついに600馬力まで達した、メーカーチューンドの段階で随分余裕のあった、新型の3.8リッターV6ツインターボエンジン。

RB26DETTは3代13年にわたってバージョンアップを重ね使われましたが、VR38DETTは10年にわたり熟成を重ね、1代で10年以上モデルライフを継続する元になっています。

ただし、性能向上とともに価格が上がり「手の届きそうなスーパーカー」から離れていっているのも、また事実です。
 

6速DCTのみでMTは無し

出典:http://history.nissan.co.jp/

スーパーカーらしくなったのが2ペダルセミATの6速DCT(デュアルクラッチミッション)のみと割り切ったミッション。

スポーツカーなら断然MT!というファンやユーザーの期待を裏切るも、性能や速さを求めた仕様になっています。
 

純正ランフラットタイヤ以外は保証外

出典:http://www.nissan.co.jp/

標準装備、またはオプション設定されたランフラットタイヤ以外に履き替えるとメーカー保証すら受けられないという、タイヤ込での開発もまた特徴的で、これもまた性能と品質を極めるための施策でしょう。

一般的に15,000~20,000km程度の寿命で、年間1万km程度しか走らない人でも継続車検のたびに約35万円前後のタイヤ代がかかります。
 

会員登録すれば500ポイント付与

車重1,740kgの必要性

出典:https://shop.nissan.co.jp/

世のスポーツカー、スーパーカーにはとにかく車重を軽くして空力でダウンフォースを稼ぐという考え方の車もありますが、GT-Rはその逆で、空力に頼りきらず車重でトラクションやグリップを稼いでいます。

というのも、アテーサE-TSの4WDシステムや480馬力のエンジン出力、前後重量配分を考えたときに、1,740kgの車重が無いと性能を発揮できない、むしろその性能を最大限に発揮するための1,740kgであると言われています。

実際に、現行モデルのPure Editionは570馬力の出力に対し車重1,760kgと+20kg増加。特別モデルのGT-R NISMOは600馬力1,740kgですが、300km/hで標準モデルに対し+100kgのダウンフォースを獲得し車重を補っています。
 

速さだけでなく、豪華さも

出典:http://www.nissan.co.jp/

R34スカイラインGT-Rの時からその傾向はありましたが、R35GT-RではNISMOのようなピュアスポーツモデルだけではなく、「エゴイスト」や「プレミアムエディション」といった、高級GT路線のグレード設定も標準で行われるようになりました。

ピュアスポーツカーとして乗るのも、ラグジュアリーな高級車として乗るのもユーザー次第にできるよう、グレード構成で明確に主張するようになっています。
 

R35GT-Rの特別版と亜種

NISMO

出典:http://www.nissan.co.jp/

ライバル関係にある911ターボと911ターボSのように、GT-Rにも存在するハイパフォーマンスバージョン。

GT3規格のレース用マシン、GT-R GT3用のタービンを使って出力・トルクともに向上させた上で、制御系や燃料系などを強化、耐久性も向上させています。

サスペンションもサーキットなど高度に平坦化された舗装路に特化したセッティングとなっていることから、スカイラインGT-R時代の「N1」グレードに近い性格と言えるでしょう。
 

会員登録すれば500ポイント付与

Club Track Edition

出典:https://ja.wikipedia.org/

クラブトラックエディションはサーキット走行用グレードで、公道走行をする場合は専用部品を外して保安基準を満たし車検を通す必要があります。

ドライビングアカデミーやニュルブルクリンク24時間レースなどに使用されていました。

NISMO大森ファクトリー、ノバ・エンジニアリング、ノルドリンクの3社によるASA(Authorised Servicefactory Association・GT-R特約サービス工場協会)によって専用パーツの組み込みや車両の販売が行われ、電子制御系も独自仕様になっています。
 

NISMO GT3

出典:http://motorsports.nissan.co.jp/

こちらはFIAーGT3レギュレーションに合致させた完全なレース用車両で、一般向けではありません。

ただし、SUPER GT選手権のGT500マシンのようにデザインイメージが共通な以外市販車との共通点が無いわけではなく、あくまで市販車ベース。

GT3は規定で4WDが禁止されているため、駆動方式はFRとなっています。
 

R35 GT-Rのライバルは豪華キャスト!

ホンダ NC1 NSX

出典:http://www.honda.co.jp/

元祖国産スーパーカー、NSXの2代目が現行のNC1型NSXです。

本来は別に2代目が開発されており、2008年のリーマンショックによる世界不況が無ければおそらくはNB1型としてデビューしていたはずでした。

しかし現実にはレース専用車HSV-010としてのデビューにとどまり、2016年にこのNC1型がようやく2代目になっています。

車高がグッと低い、いかにも「スーパーカー」というスタイルで、中身はホンダ自慢の3モーター式スポーツハイブリッドシステム、Sport Hybrid SH-AWDを使った先進車両です。

4WDスーパーカーという意味ではGT-Rと同じですが、見た目も中身もだいぶ異なりますね。

レース用のNSX GT3はGT-R同様2WDで、ハイブリッドシステムを除いたミッドシップレーシングカーです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

ポルシェ 911ターボ / 911ターボS(991)

出典:http://files2.porsche.com/

第2世代スカイラインGT-Rの初代、BNR32はポルシェ924ターボがベンチマークでしたが、それがR35になると911ターボがライバルになりました。

価格帯的にも、特に主要市場である北米ではかなり近いところにあり、エンジン搭載方法こそフロントのGT-Rに対し911は伝統のリアエンジンという違いこそあるものの、4WDターボ&4WSの電子制御で武装したハイテクスポーツという意味では共通です。

加速能力などもよく対比されますので、NSX以上の対抗意識があるかもしれませんね。
 

R35GT-Rの新車価格・中古相場価格は?

出典:http://www2.nissan.co.jp/

新車価格

ピュアエディション(ベースモデル):996万840円

プレミアエディション:1,170万5,040円

ブラックエディション:1,186万9,200円

トラックエディション:1,369万9,800円

ニスモ:1,870万200円

中古車相場

通常(ニスモ / トラックエディション以外):378~1,158万円

ニスモ / トラックエディション:1,414~1,950万円


ライバル車のお値段は?

ホンダ NC1 NSX

新車:2,370万円

中古車:-

ポルシェ 911ターボ / ターボS(991)

新車:2,236~2,599万円

中古車:1,898~2,170万円
 

R35GT-Rの代表的なスペック

出典:http://www.nissan.co.jp/

日産 R35 GT-R ピュアエディション 2017年モデル

全長×全幅×全高(mm):4,710×1,890×1,370

ホイールベース(mm):2,780

車両重量(kg):1,760

エンジン仕様・型式:VR38DETT V型6気筒DOHC 24バルブ ICツインターボ

総排気量(cc):3,799cc

最高出力:570ps/6,800rpm

最大トルク:65.0kgm/3,300~5,800rpm

トランスミッション:6DCT

駆動方式:4WD
 

会員登録すれば500ポイント付与

年次改良モデルの見分け方

MY17

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/
 
http://www2.nissan.co.jp/

MY17の特徴としては、各エアロパーツが改良され今までと大きくデザインが異なることです。

フロントバンパーはサイドのカナード部分が廃止され、ブラックアウト及びリップスポイラーが装着されており、Audi R8に近いデザインで先進的なイメージを持つことができます。

サイドステップは立体的な造形が施され、リアバンパーサイド部分のダクトは形状変更となり、より空力効果が得られるようデザインされています。
 

MY14

Photo by Yann Ueltschi

MY14ではMY10に比べ、ヘッドライトとテールライトが変更されています。

ヘッドライトインナーはシルバー化され、ポジション灯がラインデザインとなりインポートカーなどのデザインを意識したものになっています。

テールライトは点状LEDから、リング状LEDに変更され、より近代的なイメージをアピールしています。
 

MY10

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

初めて外装の年次改良が行われたMY10は、フロントバンパーに大きな変更がありました。

MY07では1段形成だったフロントサイドのカナード部分が2段形成に、LEDビームランプも設置され、高級感かつスポーティ感が寄与されています。

分かりにくいですが、フロントグリルの形状変更も行われており、よりフロントブレーキへの冷却風を
送れる形状になっています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

MY07

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

初期型となるMY07は最もスッキリとした印象。

フロントバンパーのカナード形状は1段形状で、ヘッドライトはインナーブラックでスポーティ感をアピールしています。
 

まとめ

ホンダ NSXに続く国産2番目のスーパーカーとして世に出たR35GT-R。

既にデビューから今年(2017年)で10年になりますが、先進的なデザインやプレミアム感からもあって、古さを感じさせません。

それもデビュー当初より100馬力ほどパワーアップするなど年次改良により着実に進化を遂げて、性能的にも第一線級、あるいはGT-Rはこれが究極系でこれ以上進化しようが無いのか?と思わせるほど。

しかし、いつか登場するであろう次世代GT-Rがアッと驚かせるその時まで、R35GT-Rは日産の王者、国産最強クラス、世界最高レベルのスーパーカーとして私たちの目を引き付け続けるでしょう。

性能だけでなく、存在そのものが超ド級、それがR35GT-Rです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!