ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
イギリス生まれの逆輸入ステーションワゴン、トヨタ3代目アベンシスの魅力とは?

イギリス生まれの逆輸入ステーションワゴン、トヨタ3代目アベンシスの魅力とは?

かつて大ブームになったこともあり、一時はあらゆる車種に設定されていたステーションワゴンですが、現在ではほとんどのメーカーで最低限のラインナップしかありません。

トヨタでも数少ないステーションワゴンとしてイギリスから逆輸入されているのがアベンシスワゴンです。

コロナとカルディナを源流に持つ逆輸入車、アベンシス

アベンシス 出典:http://toyota.jp/


トヨタ アベンシスは1997年にデビューした初代モデル以来、一貫してイギリス工場で生産されている逆輸入車のミドルサイズセダン /ステーションワゴンです。

4ドアセダンはカリーナE、つまり欧州版コロナの後継車として販売され、ステーションワゴンは日本でも2代目カルディナとして生産されていました。

いわばコロナとそのステーションワゴン版カルディナの血を引いたモデルですが、2代目からビスタ店および、ディーラー統合後はネッツ店で、レクサス店扱いとなったアリスト(3代目からレクサス GSへ)やアルテッツァ(2代目からレクサス ISへ)後継車として逆輸入。

日本では4ドアセダンとステーションワゴンが販売され、トヨタ車でありながらヨーロッパの雰囲気が感じられる乗り心地などで定評があり、プリウスやSAIを販売される前のネッツ店のラインナップを支えました。

ただし、その間に日本でのセダン / ステーションワゴン市場は縮小を続けたため、2008年にモデルチェンジした3代目の逆輸入は当初行われていません。

それでもカローラフィールダーとプリウスαの間を埋める保守的なステーションワゴン層向けの通常動力(非ハイブリッド)のミドルクラスステーションワゴンとして2011年9月より3代目の販売を開始。

ステーションワゴン限定の逆輸入車ながら、カローラ店とレクサス店を除くトヨタ全ディーラーで販売されています。
 

トヨタ 3代目アベンシスの主な特徴・特色

アベンシス出典:http://toyota.jp/
 

主にカルディナ後継と言えるステーションワゴン限定モデル

アベンシス 出典:http://toyota.jp/


2代目は4ドアセダンとステーションワゴンの2本立てでネッツ店(初期はビスタ店)販売モデルでしたが、3代目はこの種の保守的なミドルクラスセダンとしてプレミオやアリオンが既にあり、それ以上の需要も無いことから4ドアセダンの逆輸入は無し。

完全にステーションワゴン限定モデルとなり、正確的にはかつてのカルディナ後継と言えます。

そのため2代目とは異なりトヨタ店とトヨペット店でも販売されてカルディナやマークⅡブリットなどかつての2列シートステーションワゴン代替需要に応えており、ネッツ店でも引き続き販売中です。
 

会員登録すれば500ポイント付与

クオリティはヨーロッパ基準

アベンシス 出典:http://toyota.jp/avensis/

基本的にはヨーロッパ仕様の車を日本の基準や嗜好に合わせて若干手直し、ラインナップを絞り込んでイギリス工場からそのまま逆輸入しているため、内装の質感や遮音性能、サスペンションセッティングなどはヨーロッパ基準です。

具体的には日本より高速長距離走行の多い欧州向けにエンジン音やロードノイズ、風切り音対策がなされて静粛性が高く、サスペンションも気持ち硬めです。

そのためVWなどヨーロッパ製大衆車を好むユーザーからも元々高い評価を受けており、日本の国産車メーカー正規ディーラーで購入できる、数少ない「欧州車」とも言えます。
 

2リッターガソリンエンジン仕様のみの2グレード

アベンシス 出典:http://toyota.jp/avensis/performance/engine/


本家ヨーロッパ仕様では小排気量エンジンやディーゼルエンジンなど多彩なラインナップを持ちますが、需要の限られる日本では2リッターガソリンエンジン仕様のFFのみが導入され、内装や装備面が若干異なる2グレードがラインナップされています。

廉価版は設定されておらず、最初からToyota Safety Sense Cなどの予防安全装備や、エアバッグも前後席カーテンシルドエアバッグを含めフル装備で、この安全性の高さもヨーロッパ基準と言えます。
 

トヨタ 3代目アベンシスと主なライバルの燃費比較

アベンシス出典:http://toyota.jp/
 

トヨタ 3代目アベンシス

・2リッターガソリン(ZRT272W):14.6km/L(FFのみ)


ライバルの燃費は?

レヴォーグ 出典:https://www.subaru.jp/


スバル レヴォーグ

・1.6リッターガソリンターボ(VM4):16.0km/L(4WDのみ)

・2リッターガソリンターボ(VMG):13.2km/L(4WDのみ)
 

アテンザ ワゴン 出展:http://www.mazda.co.jp/


マツダ 3代目アテンザワゴン

・2リッターガソリン(GJEFW):17.4km/L(FFのみ)

・2.5リッターガソリン(GJ5FW):16.0km/L(FFのみ)

・2.2リッターディーゼルターボ(GJ2FW / GJ2AW):19.6~22.2km/L(4WD車は18.2~20.4km/L)

 パサート バリアント出展:http://www.volkswagen.co.jp/


フォルクスワーゲン 8代目パサート ヴァリアント(GTE除く)

・1.4リッターガソリンターボ(3CCZE):20.4km/L(FFのみ)

・2リッターガソリンターボ(3CCHH):15.0km/L(FFのみ)
 

会員登録すれば500ポイント付与

トヨタ 3代目アベンシスとライバルの新車価格・中古相場は?

出典:http://toyota.jp/avensis/
トヨタ 3代目アベンシス

新車:274万9,091~298万3,745円
中古車:59.8万~247.8万円

ライバル車のお値段は?

スバル レヴォーグ

新車:282万9,600~405万円

中古車:118万~415万円

マツダ 3代目アテンザワゴン

新車:279万7,200~400万1,400円

中古車:115.9万~371万円

フォルクスワーゲン 8代目パサート ヴァリアント(GTE除く)

新車:349万9,000~524万9,000円

中古車:219.9万~428万円
 

トヨタ 3代目アベンシスの代表的なスペック

アベンシス Li 出典:http://toyota.jp/
 
トヨタ ZRT272W アベンシス Li 2017年式

全長×全幅×全高(mm):4,820×1,810×1,500
ホイールベース(mm):2,700
車両重量(kg):1,480
エンジン仕様・型式:3AR-FAE 直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量(cc):1,986
最高出力:152ps/6,200rpm
最大トルク:20.0kgm/3,800rpm
トランスミッション:CVT(7速シーケンシャル機能つき)
駆動方式:FF

まとめ

出典:http://toyota.jp/

最近すっかり数を減らしたステーションワゴンですが、アヴェンシスは「特に飛び抜けた性能や新装備を持つわけではない保守的なモデル」として、過去にこのカテゴリーの車を購入し、乗り続けたいユーザーにとっては貴重な選択肢となっています。

既にこの種の車の生産をやめてしまったメーカーからの乗り換え需要もあり、ポジションとしてはミドルクラスセダンにおけるトヨタ プレミオ / アリオンや、日産 シルフィのようなポジションです。

とはいえ、元々ヨーロッパ仕様で乗り心地の雰囲気など国内仕様とは異なる面が評価されてきたモデルでもあり、その乗り味をカローラ店やレクサスを除くトヨタディーラーで購入できるのも、大きなメリットと言えます。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!