ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
広島製イタリアンスポーツカー、アバルト124スパイダーの違いと魅力とは?

広島製イタリアンスポーツカー、アバルト124スパイダーの違いと魅力とは?

かつてフィアットが作っていたFRオープンスポーツ、124スパイダー。2016年に復活しましたが、マツダとの提携によりNDロードスターをベースとした広島産イタリア車です。

日本市場ではアバルトチューン版のアバルト 124スパイダーのみ正規販売されています。

広島製イタリアンスポーツ、アバルト 124スパイダー

出典:http://www.abarth.jp/
 

かつてイタリアではフィアット 124スパイダーやアルファロメオ スパイダーというコンパクトながら流麗なFRオープンスポーツがありました。

時代の流れでフィアットグループの両社からFR車は消滅、アルファロメオ スパイダーもFF車となっていましたが、マツダとフィアットの提携により、マツダ ロードスターをベースとしたアルファロメオ スパイダーの復活が企画されます。

その後、紆余屈折を経てフィアット 124スパイダーの復活版として2016年にデビューすることとなりました。

基本的には日本の広島、つまりマツダの生産ラインで組み立てられ、エンジンなどフィアットから送られてきた専用部品を組み付けられるもので、NDロードスターとはかなりデザイン、性能ともに異なります。

日本ではフィアットグループのハイパフォーマンスカー部門、アバルトによってチューニングを受けた、より付加価値の高いアバルト 124スパイダーのみ導入されることとなり、同年デビューしました。
 

アバルト 124スパイダーの主な特徴・特色

出典:http://www.abarth.jp/
 

エンジンほか一部を除けば基本的には広島製イタリア車

出典:http://www.abarth.jp/
 

アバルト 124スパイダー、および日本未発売のベースモデル、フィアット 124スパイダーはいずれも広島にあるマツダ宇品第1工場で生産されています。

マツダとの提携により、NDロードスターをベースにフィアットデザインのボディを持ち、フィアット製1.4リッターターボエンジンが載せられて型式もロードスターの「ND~」に対して124スパイダーは「NF~」です。

つまりNDロードスターの兄弟車というよりは、それをベースとしたフィアット独自の派生モデルをマツダに生産委託している形で、長年ロードスターを作り続け、世界でも数少ない小型FRスポーツを生産可能なマツダならではの仕事と言えます。
 

会員登録すれば500ポイント付与

NDロードスターとはだいぶ性格の異なるエンジン

出典:http://www.abarth.jp/
 

124スパイダーのエンジンは最高出力170馬力 / 最大トルク25.5kgmのフィアット製1.4リッターエンジンを搭載しており、2リッターNA(150馬力 / 20.4kgm)あるいは1.5リッターNA(131馬力 / 15.3kgm)のNDロードスターよりパワーアップされています。

その分若干重いもののその差はわずかで、それよりもエンジンの性格上「自然吸気エンジンを回しきる」NDロードスターとは異なり、ターボエンジンによる低回転からの太いトルクで走るような性格。

フィーリングより性能を取った形ですが、その性格の違いにより市場でも両者がバッティングせずユーザーの好みで選ばれるような形になっています。
 

ベース車よりボリューム感あるデザイン

出典:http://www.abarth.jp/
 

NDロードスターがマツダによる絞り込まれたようなデザインなのに対し、124スパイダーはかつての先代モデルと同じくフロント開口部が大きく、ボリューム感あふれたデザインです。

それ以外にデザイン面での大きな違いはありませんが、車にそれほど詳しくない人であれば、両車が実は同じ幹から生まれた別な車である、とはなかなか気づかないほど雰囲気は異なります。

広島製とはいえ、アバルト 124スパイダーは紛れもなくイタリア車なのです。

その他の違いとしてはロードスターがAT車にLSDを持たないのに対し、124スパイダーはAT車も含む全車にトルセンLSDを標準装備するなど、細かい違いはあります。
 

国内モータースポーツでも活躍

アバルト124スパイダー山野哲也©️Motorz-Garage

2017年の全日本ジムカーナ選手権において、ジムカーナ・キングと称されるドライバー山野哲也選手が、ロータスエキシージからアバルト124スパイダーに乗り換えPN2クラスをフルシーズン参戦しました。

PN2クラスはFD2シビックやFK2シビック、Z34フェアレディZなどと同じクラスで、開幕戦が9位と沈んでしまうも、第2戦から怒涛の5連勝で最終戦を待たずに自身17度目のシリーズチャンピオンを獲得しています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

アバルト 124スパイダーと主なライバル

マツダ ロードスター(4代目ND)

出典:http://www.mazda.co.jp/
 

同じ工場で生産される124スパイダーの原型モデルで、マツダとしては原点回帰でフルオープンモデルの日本仕様には1.5リッターエンジンを搭載し、若干小型化したダウンサイジングモデル。

最軽量モデルでは車重が1tを切る(990kg)など軽快感がより重視されており、モータースポーツでも1.4リッターターボで2リッター以上のクラスへ出場する124スパイダーとは別クラスです。

2リッターエンジンを搭載して電動タルガトップを持つロードスターRFもあり、124スパイダーはこれに近いと言えるでしょう。

ケータハム セブン270

出典:http://www.caterham-cars.jp/
 

ブリティッシュ・オープンスポーツの古典的代表と言えるセブンの現行モデルの1つで、フォード製1.6リッターエンジンを搭載。

わずか135馬力とはいえ540kgと軽量なため、動力性能は124スパイダーやNDロードスターRFをしのぎます。

原型というより「オリジナル」のロータス セブンは1950年代後半に登場しましたから、スポーツカーというよりレーシングカーに近い古典的スパルタンスポーツで、速さではズバ抜けているものの、快適性ではライバルにはかないません。

ロータス エリーゼ

出典:http://www.lotus-cars.jp/
 

アルミフレームにFRPボディを被せ、リアミッドシップにトヨタ製エンジンを搭載する現代のブリティッシュ・スポーツ。

最新モデルとはいえこれもスポーツカーというより古典的スーパーカーに近く、快適性よりは速さやフィーリングを最重視したピュアスポーツです。

なお、クローズドボディのクーペ版エキシージや、2+2シートを持つエヴォーラという派生車種もあります。
 

アバルト 124スパイダーと主なライバルの新車価格・中古相場は?

出典:http://www.abarth.jp/
 

※2017年9月現在、メーカーHPや大手中古車サイトより確認。

※新車および登録済み未走行車、低走行展示車、カスタムカーなどは除いています。

アバルト 124スパイダー
新車:388万8,000~437万4,000円
中古車:343万~399.8万円

ライバル車のお値段は?

マツダ ロードスター(4代目ND)

新車:249万4,800~373万6,800円

中古車:159万~399.8万円

ケータハム セブン270

新車:496万8,000~550万8,000円

中古車:529万円

ロータス エリーゼ(シリーズ3)

新車:496万8,000~745万2,000円

中古車:378万~630万円
 

アバルト 124スパイダーの代表的なスペック

出典:http://www.abarth.jp/
 
アバルト 124スパイダー 2017年式
全長×全幅×全高(mm):4,060×1,740×1,240
ホイールベース(mm):2,310
車両重量(kg):1,130
エンジン仕様・型式:3268 直列4気筒DOHC16バルブ ICターボ
総排気量(cc):1,368
最高出力:170ps/5,500rpm
最大トルク:25.5kgm/2,500rpm
トランスミッション:6MT
駆動方式:FR

 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

出典:http://www.abarth.jp/

「広島製イタリアンスポーツ」という響きから、微妙に輸入車と言えるような言えないような、とも感じますが、日本車はどこで作っても日本車であるように、アバルト124スパイダーはやはりイタリア車です。

むしろ世界でも数少ない、小型FRスポーツの開発・生産能力を持っているマツダの方が日本車離れしているというべきで、フィアットはよきパートナーを見つけたと言えるかもしれません。

見かけもエンジンも違いますが、芯はロードスターですし、NDロードスターの新しい1面を見せてくれるアバルトチューンの腕前やいかに、と楽しみが増える1台と言えます。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!