スコーピオンエンブレムはパフォーマンスの証、アバルト595の魅力とは?

スコーピオンエンブレムはパフォーマンスの証、アバルト595の魅力とは?

カタログ


設立当初から主にフィアットのチューニングやレーシングモディファイを得意とし、たとえそれが小排気量コンパクトでも「サソリのマークは伊達じゃない」とばかりにチクリと刺すような1台を作り続けてきたアバルト。

2007年に復活してから手掛けた代表的なモデルの1つが、フォアット3代目500ベースのアバルト595です。
Contents
Page 1
  1. 先代に引き続きサソリのマークを光らせる、アバルト595
  2. アバルト 595の主な特徴・特色
  3. 2017年9月現在のラインナップは5種類
  4. チューニングの事なる3種類のエンジン
  5. より特別な「パフォーマンスパッケージ」
  6. アバルト 595と主なライバル
  7. アバルト 595と主なライバルの新車価格・中古相場は?
  8. アバルト 595の代表的なスペック
  9. まとめ

先代に引き続きサソリのマークを光らせる、アバルト595

アバルト595 出典:http://www.abarth.jp/


2代目フィアット 500は低コストのエンジンを搭載した、スペック的にはごく平凡なコンパクトカーでしたが、それに対してフィアット車のチューンが得意なアバルトが手を加え、サソリのマークをフロントにつけたハイパフォーマンスモデルが595シリーズでした。

日本ではバブル時代のエンスージアスト向け外車ブームで有名となり、国内に輸入されたアバルト595は無いとも、アバルトキットを組み込んだだけとも言われましたが、サソリのマークとアバルトチューンの記憶は残ります。

時は流れて2007年、2代目フィアット 500の現代版復刻モデルとして3代目フィアット 500が登場、同年フィアット本社に吸収されて社内ブランド化されていたアバルトが復活し、アバルトチューンモデルの復活が期待されました。

その期待に応えるように2008年、1.4リッターターボのアバルト 500アバルトが登場、2013年にはアバルト 595が登場し、2017年2月には従来のアバルト 500と595を統合して595シリーズに再編されています。

正規販売店の無かった先代とは異なり2009年2月には日本国内でのアバルトディーラーが誕生、2016年7月からはフィアット正規ディーラーでも購入可能となっています。
 

アバルト 595の主な特徴・特色

アバルト595出典:http://www.abarth.jp/
 

2017年9月現在のラインナップは5種類

かつてはアバルト 500と595に分かれていましたが、名称を595に統一されて以降、2017年9月現在のラインナップは以下の5種類、いずれもフィアット500には無い1.4リッターターボを搭載しています。

・595
・595ツーリズモ
・595コンペティツィオーネ
・595コンペティツィオーネパフォーマンスパッケージ
・595Cツーリズモ


キャンバストップのセミオープンモデル、500Cをベースとした595Cツーリズモを除けばいずれもクローズドボディのフィアット500がベースです。

このうち595が2017年2月までアバルト500の名で呼ばれていたモデルですが、基本的にいずれもフィアット500よりやや拡幅されたボディや専用前後バンパーなどを持っています。
 

チューニングの事なる3種類のエンジン

アバルト595 出典:http://www.abarth.jp/
 

全てアバルト専用の1.4リッターターボとはいえチューニングは異なり、ベースモデルの595が145馬力、595 / 595Cツーリズモが165馬力、595コンペティツィオーネが180馬力となっています。

ノーマルのフィアット500が875ccターボのツインエアエンジン搭載車で85馬力でしたから、最強版の595コンペティツィオーネではその2倍異常に達する、まさにハイパフォーマンスモデル。

ミッションは当初5速シーケンシャルモードつきのオートシフト、デュアロジックのみでしたが、後にベースモデルとコンペティツィオーネには5速MTが設定されました。

基本的には右ハンドル車が導入されていますが、5MT仕様に限っては左ハンドル車も設定されており、ヨーロッパなど海外のホットモデルの気分を味わうことが可能です。
 

より特別な「パフォーマンスパッケージ」

アバルト 595 コンペティツィオーネ 出典:http://www.abarth.jp/


コンペティツィオーネには限定モデルながらパフォーマンスパッケージが発売され、さらなるホットモデル、695ピボストと同じ多版クラッチ式メカニカルLSD(機械式LSD)が標準装備されています。

さらに、ベースモデルを除き設定されている17インチホイールもパフォーマンスパッケージでは14スポークの専用デザインです。
 

アバルト 595と主なライバル

BMW ミニ JCW(3代目ミニ各型)

BMW ミニ JCW 出典:https://www.mini.jp/


BMWが手掛けてから2代目となったニューミニで初めて設定され、現在はクロスオーバーも含め各型に設定されているハイパフォーマンスモデルがJCW(ジョン・クーパー・ワークス)。

2017年9月現在の最新モデルでは231馬力の2リッター直4ターボエンジンが搭載され、最廉価盤のミニ ONEが102馬力の1.2リッター直3ターボなのと比べれば、格の違いを見せつけます。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル2.0Rライン

フォルクスワーゲン ザ・ビートル2.0Rライン Photo by Bastiaan


最新ビートルのザ・ビートル最高のハイパフォーマンスモデルがRラインで、ゴルフGTIと同系統の211馬力2リッター直4ターボを搭載したFFスポーツが2.0Rライン。

280馬力の4WDターボ、ゴルフRほどではありませんがビートルシリーズでは最強で、ルーフを低めて精悍さを増したザ・ビートルのイメージリーダー的存在です。
 

アバルト 595と主なライバルの新車価格・中古相場は?

出典:http://www.abarth.jp/


※2017年9月現在、メーカーHPや大手中古車サイトより確認。

※新車および登録済み未走行車、低走行展示車、カスタムカーなどは除いています。

アバルト 595(旧アバルト 500を含むシリーズ各型)

新車:293万7,600~397万4,400円
中古車:118.8万~380万円

ライバル車のお値段は?

BMW ミニ JCW(3代目ミニ各型)

新車:412万~556万円

中古車:333万~478万円

フォルクスワーゲン ザ・ビートル2.0Rライン

新車:349万9,000円

中古車:298万~348万円
 

アバルト 595の代表的なスペック

アバルト 595 コンペティツィオーネ 出典:http://www.abarth.jp/
 
アバルト 595 コンペティツィオーネ 2017年式

全長×全幅×全高(mm):3,660×1,625×1,505
ホイールベース(mm):2,300
車両重量(kg):1,010
エンジン仕様・型式:312A3 直列4気筒DOHC16バルブ ICターボ
総排気量(cc):1,368
最高出力:180ps/5,500rpm
最大トルク:23.5kgm/2,000rpm(SPORTスイッチ使用時 25.5kgm/3,000rpm)
トランスミッション:5MT
駆動方式:FF

 

まとめ

出典:http://www.abarth.jp/

「チンクチェント」の名で親しまれた2代目フィアット 500にはアバルト 595SS(エッセ・エッセ)などアバルトチューンのハイパフォーマンスモデルが欠かせず伝説のように語られてきました。

しかしアバルトはその後フィアット傘下入りしてから次第に活動を縮小、一時は車内ブランドとして特別仕様車などにその名を遺す程度となり、市販車のチューニングモデルとしてはほとんど消滅したも同然の時期さえあったのです。

それが3代目フィアット500と歩調を合わせるように復活したのですから、往年の595などアバルトチューンの復活を望むのは当然で、それに見事に応えてくれたのがアバルト595でした。

同じくさらなるハイパフォーマンス版695ともども復活したことや、ミニのように年々その名に反するように大型化もしないので、輸入コンパクトホットハッチファンとしてはもっとも熱くなれる1台と言えるでしょう。
 

RECOMMEND

続けて読みたい!あなたにオススメの記事

もっと見る