ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
RX-7(FD3S)のカスタムにおすすめのボンネットって何があるの?

RX-7(FD3S)のカスタムにおすすめのボンネットって何があるの?

人気を博したFC3S型RX-7の後継として世に登場したFD3S RX-7。

マツダの技術の集大成と言えるロータリーエンジン、13B型ツインターボエンジンを搭載しそのパワーで人々を魅了しました。

熱に厳しいと言われ続けているFD3Sの冷却対策パーツの1つとして挙げられるのがボンネットです。各ショップやメーカーからどんなボンネットが販売されているのでしょうか?

そもそもボンネットとは?


そもそもボンネットとは、エンジンを収納するエンジンルームを覆う、言わば蓋のような物です。

走行時の走行風を車体後方に整流して、車体への抵抗を減らす役割を持っており、その為にボンネット表面は滑らかに造形されています。

車種によってはボンネット上にダクトが装備され、エンジンルーム内に篭もる熱を逃す形状になっている物もあります。

また、素材としては鉄やアルミが主に用いられ、他にも強化プラスチックやカーボンが使用される事もあります。

では、そんなボンネットをエアロボンネットに交換するメリットやデメリットをみていきましょう。

エアロボンネットに変えるメリット・デメリットとは?

純正のボンネットからエアロボンネットに交換するメリット・デメリットとは何か?

まず、何より素材が変わることが大きく、RX-7純正の金属製ボンネットはとても重く、FRPやカーボンを用いられ作られたエアロボンネットに交換する事により大幅な軽量化が実現可能です。

また、RX-7純正ボンネットはダクトが装備されていない為、エンジンルーム内にエンジンから発生した熱が篭りやすくなっています。

その為、ダクトの装備されたエアロボンネットならば、サーキット等の高負荷走行時でも水温や吸気温度の上昇を抑える事が出来ます。

最後に、やはりルックスが大きく変わる「ドレスアップ効果」というものを忘れてはいけません。

ではエアロボンネットに交換するデメリットとは何でしょうか?

まず挙げられるのは剛性の問題です。純正にあった、メーカーが開発を重ねて造形したボンネットに比べると、やはり剛性力の低下が考えられます。

またFD3S RX-7の特徴でもある、リトラクタブルヘッドライトですが安価でチリの合っていない物を選んでしまうと、ライトの格納及び展開時に弊害が出る事もあります。

ではここから、どのようなエアロボンネットがラインナップされているかみていきましょう。
 

R magic FD3S

まず、R magic FD3Sをご紹介します!

カーボンボンネット

出典:http://www.rmagic.jp/

出典:http://www.rmagic.jp/

既存のクーリングボンネットTYPEⅡのデザインはそのままに、ウェットカーボンで製作されています。

特に熱発生量の多いロータリーエンジンの熱対策に高い効果を発揮。アンダーカバーの採用により、雨や洗車時の水滴を集め両サイドへ逃がします。

カバーは着脱可能で、サーキット走行等ではカバーを外すことで更にクーリング効果を高め水温、吸気温度等の上昇を抑えます。

◆価格
190,000円                                      
 
 
R magic FD3S | Garage
 
 
カーボンボンネット | Garage


 
会員登録すれば500ポイント付与

DIRect RX-7

次に、DIRect RX-7をご紹介します!

4連DUCT BONNET

出典:http://www.aero-tech.co.jp/

出典:http://www.aero-tech.co.jp/

DlRectのRX-7FD3S用ボンネットです。

ボンネット中央部に開いた4連ダクトが発熱量の多いFD3Sロータリーエンジンの熱対策に効果覿面です。

素材にカーボンを用いることにより、純正ボンネットよりも格段に軽く、抜群の軽量化も発揮します。

◆価格
88,000円
 
 
DIRect RX-7 | Garage
 
 
4連DUCT BONNET | Garage

 

VeilSide VSD1-GT MODEL

次に、VeilSide VSD1-GT MODELをご紹介します!

ボンネット

出典:http://www.veilsidejpn.com/

知性的な美の創出と、全体の形を頭で創造し、強い芯の通った表現力、細部にまでこだわり 全てに意味を持ち独自のスタイル。

VeilSideのRX-7FD3SVSD1-GTMODEL用ボンネットです。

純正形状のまま素材を変更することで軽量化に貢献しますが、主張しすぎることなくフロント周りを演出します。
 
 
VeilSide VSD1-GT MODEL | Garage
 
 
ボンネット | Garage

 

C-WEST RX-7 TypeⅢ

次に、C-WEST RX-7 TypeⅢをご紹介します!

スーパーエアロボンネット

出典:http://www.c-west.co.jp/

出典:http://www.c-west.co.jp/

老舗カスタム・チューンショップであり、スポーツカーエアロパーツ開発で有名なC-WEST。

そんなC-WESTが培ってきた技術を詰め込んだマツダRX-7FD3S用スーパーエアロボンネットです。

ボンネット左右にエンジンの負担を軽減する為に大口のダクトを設定する事で、大幅な軽量化を実現すると共に冷却効率の向上も可能に。

素材にはFRPが使用され、抜群の軽量化も実現します。

◆価格
138,240円
 
 
C-WEST RX-7 TypeⅢ | Garage
 
 
スーパーエアロボンネット | Garage

 
会員登録すれば500ポイント付与

LEG MOTORSPORT FD3S(ブーストアップ)

次に、LEG MOTORSPORT FD3S(ブーストアップ)をご紹介します!

ボンネット

出典:http://www.leg-sport.com/

LEG MOTORSPORTが自社デモカーのボンネットに選択したのが、MAZDASPEEDのRX-7FD3S用ボンネット。

「ノーマルルックでさり気なく楽しめるブーストアップ」がコンセプトだというこのFD3S。

マツダ787Bでル・マンに参戦していたMAZDA SPEEDの技術が光る一品。

セーフティにスポーツ走行が楽しめ、「たまにはストレスを発散したい」というニーズにぴったりです。
 
 
LEG MOTORSPORT FD3S(ブーストアップ) | Garage
 
 
ボンネット | Garage

 

FUJITA ENGINEERING FD3S「魔王」

次に、FUJITA ENGINEERING FD3S「魔王」をご紹介します!

AFFLUX カーボンボンネット

©️Motorz-Garage

出典:http://www.fujita-eng.com/index2.php

エンジン内部の発熱を有効に排出するエアロボンネット。

高速走行時のボンネットのうき上がりも防止し、ライトウェイト化もはかった。

流石藤田エンジニアリング製ということもあり、チリの合いも良く裏骨の補強も十分に入っていて満足な一品。

雨水用のカバーを併用する事でサーキットは勿論の事、街乗りにも安心してご使用いただけます。

◆価格
雨水を防ぐカバー付 148,000円
 
 
FUJITA ENGINEERING FD3S「魔王」 | Garage
 
 
AFFLUX カーボンボンネット | Garage

 

ings RX-7 N-SPEC

次に、ings RX-7 N-SPECをご紹介します!

AERO BONNET

出典:https://ings-net.com/

出典:https://ings-net.com/

「RX-7FD3S」は切れ味するどいハンドリングとシューンと回るロータリーエンジン!

ingsN-specの「RX-7FD3Sエアロパーツ」はレースやストリートでも圧倒的な存在感を放ちます。

ダクトをボンネット中央部に2つ設ける事により、冷却効果はもちろん空力も考えられているので整流効果向上も見込めます。

性能のみならず、デザインも洗練されており「速いクルマは美しい」を体現するようなルックスへと仕上げられています。

※純正ストライカー対応

◆価格
128,000円(平織カーボン)   
158,000円(綾織カーボン)
108,000円(FRP)
 
 
ings RX-7 N-SPEC | Garage
 
 
AERO BONNET | Garage

 
会員登録すれば500ポイント付与

AUTO EXE FD-02 Styling kit

次に、AUTO EXE FD-02 Styling kitをご紹介します!

カーボンボンネットフード

出典:http://www.autoexe.co.jp/

出典:http://www.autoexe.co.jp/

ボンネットは中央部のダクトに3段のフィンを設ける事により、走行時に発生する負圧で強制的に熱気を引き出す形状。

最新のレーシングマシン同様に、カーボン繊維に樹脂を含有させたカーボンプリプレグ素材を加圧成型しながら高温で熱するオートクレーブ製法を採用しています。

その結果、5.7kgと軽量で、鉄板よりも硬く、しかも100℃以上の高温や200Km以上の高速走行でも歪みの出ない高剛性を実現。エアダクト部にレインガーターを装備しているため、クーリング性能を損なわずに雨水の侵入を防ぐ事が出来ます。

最高の機能と実用性を得るために、時には惜しげもなくレーシングスペックを投入する…そんなAutoExeのこだわりが詰まったボンネットです。
 
◆価格
380,000円
 
 
AUTO EXE FD-02 Styling kit | Garage
 
 
カーボンボンネットフード | Garage

 

AUTO EXE FD-02S Styling kit

最後に、AUTO EXE FD-02S Styling kitをご紹介します!

カーボンボンネットフード

出典:http://www.autoexe.co.jp/

今や希少な存在であるFD3S型RX-7だけに、量産オリジナルデザインのアイデンティティ重視したい向きも少なくはありません。

そんなオリジナルデザインを重視したいユーザーにお勧めしたいのが、AutoExeのFD-02Sキット。

ボディ全周に配したリアルカーボン製スプリッター群は、まさに精悍。前後純正バンパーやリアウイングへのアドオン装着で気軽にスポーツ度合いを高めることが可能です。

◆価格
380,000円
 
 
AUTO EXE FD-02S Styling kit | Garage
 
 
カーボンボンネットフード | Garage

 

まとめ

デモカー達に装着されたボンネットは如何だったでしょうか?

走行性能はもちろんの事、見た目も大きく変わるエアロボンネットは、とてもおすすめ出来るエアロパーツです。

是非自分好みのFD3S RX-7にカスタムする為にGarageを参考にしてみてください。
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!