ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
CR-Z有名ショップデモカーからみるサスペンションまとめ

CR-Z有名ショップデモカーからみるサスペンションまとめ

2010年2月〜2017年1月まで販売されいたCR-Z。

往年のCR-Xや初代インサイトを彷彿とさせるデザインで、1.5リッターi-VTECエンジンとHonda IMAシステムを搭載したハイブリットスポーツカーとして注目を集めました。

コンセプトカーをそのまま市販車にしたような未来的なデザインのCR-Zですが、販売されているサスペンションキットは様々なものがあります。

いったいどんなものがあるのでしょうか?

このクルマに関するカスタムの記事をもっと読む

CR-Zカスタムカーカタログ|CR-Zカスタムにおすすめのパーツとは?

CR-Zカスタムカーカタログ|CR-Zカスタムにおすすめのパーツとは?

「グリーンマシン3号」と呼ばれるホンダの地球環境を意識した車両の三台目として2010年に発表されたCR-Z。 ハイブリッドカーとしては珍しくMTモデルも設定されており、他のハイブリッドカーとは一線を画すスポーティーさを売りにした車でした。 そんなCR-Zですが、どのようなカスタム方法があるのか。おすすめパーツやカスタムを順を追ってご紹介します!

実は市販パーツてんこ盛り!?オートサロンに登場したホンダRe:Zの秘密を大解剖!

実は市販パーツてんこ盛り!?オートサロンに登場したホンダRe:Zの秘密を大解剖!

2018年の東京オートサロン(TAS)にホンダアクセスが参考出品していた『Re:Z』は、ホンダCR-Zをベースに、その名の通り同社の360ccの軽自動車、初代Zを現代にリバイバルさせた1台です。 どんな想いからこのクルマが生まれたのか、今回デザイナーさんから直接お話を伺うことが出来ました!

選ぶならコレ!ZF型CR-Zにおすすめのモタガレ厳選カスタムパーツ特集

選ぶならコレ!ZF型CR-Zにおすすめのモタガレ厳選カスタムパーツ特集

2010年2月〜2017年1月まで販売されたCR-Z。 往年のCR-Xや初代インサイトを彷彿とさせるデザインで、1.5リッターi-VTECエンジンとHonda IMAシステムを搭載したハイブリットスポーツカーとして注目を集めました。 今回はそんなCR-Zにおすすめのパーツを紹介していきます。

CR-ZにオススメしたいECUをご紹介します!!

CR-ZにオススメしたいECUをご紹介します!!

2010年2月〜2017年1月まで販売されたCR-Z。 往年のCR-Xや初代インサイトを彷彿とさせるデザインで、1.5リッターi-VTECエンジンとHonda IMAシステムを搭載したハイブリットスポーツカーとして注目を集めました。 今回はそんなCR-ZにおすすめのをECU フルコン・サブコン・純正書換え紹介していきます。

サスペンションとは

サスペンションとは、走行中に路面の凹凸などから伝わる衝撃をやわらげたり、タイヤをしっかりと地面に押し付ける働きをすることで、車体を安定させる働きを持っています。

実際には非常に多くの役割を担っていますが、まずは上記を念頭に置いておくと、動作が理解しやすくなります。
 

サスペンションを交換する理由

メリット

今回ご紹介する、サーキット走行を中心とした車において、サスペンションを変える理由は、大きく分けて3つ。

・クルマを動かさない(ロールさせない)ようにする。
・タイヤをしっかりと地面に押し付けるようにする。
・車高を下げる。

純正のサスペンションは、街乗りで遭遇する段差や路面の歪みなど、ありとあらゆる環境で乗り心地が良いようにセッティングされているため、柔らかめのものが多いです。

しかし、これがサーキット等の高速域では仇となります。

例えば、コーナリング時等は速度が高ければ高いほど、クルマに掛かるGは大きくなり、車体を大きく傾けます(ロールさせます)。
なんとかコーナ―を抜けたタイミングでは、縮んでいたサスペンションが一気に戻るため、クルマを大きく揺らしてしまいます。
この揺れ幅は、車高が高ければ高いほど大きくなります。
また、荷重がかかっていないほうのタイヤは、しっかりと地面に押し付けきれず、タイヤ本来の性能を発揮できない場合もあります。

これらを解消するために、ダンパーやスプリングを硬いものに変え、Gが掛かっても大きく車体をロールさせないようにします。
硬いものにするということは、それだけタイヤを地面方向へ押し付ける力も強くなり、コーナリング中に車体がロールしても、しっかりとした面圧を確保。
そして、車高を落とすことで、車全体の重心を下げ、車体を安定させるのです。
 

デメリット

サスペンション自体が、路面からくる衝撃を、柔らかいスプリングやダンパーで吸収するという仕事を持っている以上、ばねやダンパーを硬くすれば衝撃は強くなります。

ということは、当然街乗り時の乗り心地は悪くなります。

また、ちょっとしたギャップでも、クルマが跳ねてしまうようになるので、高速道路の継ぎ目や、駐車場の段差なども非常に危険な存在へと変わります。

そのため、街乗りもサーキット走行も兼ねたクルマを作るのであれば、極端なセッティングではなく、両者をある程度補うラインにセッティングするのも、ひとつの手段かもしれません。


さて簡単にサスペンションの仕事をみた上で、サーキットを中心に考えてカスタム・チューニングされているホンダCR-Zはどんなサスペンションをつけているのでしょうか?
 

FELL'S ZF1(CRZ)

まず、FELL'S ZF1(CRZ)をご紹介します!

倒立ダンパーキット

ダンパーキット出典:http://www.hondatwincam.co.jp/

FEEL’Sが繰り返しサーキットテストを行い、ドライバビリティの向上を主眼として開発したダンパーキットです。
定評あるアラゴスタをベースに、永年の走行テストで熟成させた、車高調整&減衰力20段調整式ダンパーキットとして高い人気を誇ります。

ストリートをはじめ、峠道やサーキットでのスポーツ走行など、あらゆる走行ステージにおいてフレキシブルに対応。 クイックなレスポンスと、快適な乗り心地を持ち合わせ、タイヤをしっかりと接地させる高性能ダンパーです。

大径ピストン内蔵のモノチューブ構造を採用しており、オーバーホールや仕様変更、ショート加工なども可能。

まさにモータースポーツの現場で培ったテクノロジーをフィードバックした商品です。

バネレート:
フロント10.0kgf/㎜、リヤ8.0kgf/㎜、車高調整幅:フロント+20/-10㎜、リヤ+30/-30㎜

価格:334,800円(税込)
 
 

ダンパーキット | Garage
 
 
FELL'S ZF1(CRZ) | Garage

 
会員登録すれば500ポイント付与

テラフォース TF1 CR-Z

次に、テラフォース TF1 CR-Zをご紹介します!

ベストiスプリング

ベストiスプリング出典:https://www.rs-r.co.jp/

乗り心地とローダウンを両立する減衰力調整機能付き全長調整式車高調 ショック・スプリング・オイル共にこだわりの仕様となっております、減衰力調整機能がついているのでショックをお好みの硬さへ調整可能です。  

Lサイズミニバンからコンパクトまで、幅広いシチュエーションをカバーする車高調です。
 

○全長調整式   走行性・乗り味・乗り心地に最も影響を与えるストローク量を確保し、”しなやかな足”となっています。 ローダウンしてもストローク量自体は変化しないため、常に同じ乗り心地で安心していつものコーナーをクリアできます。 また、ロックシートレスのロアシート採用により、従来のようなネジ同士の固着の心配もなく、スピーディーな調整が可能となっています。

○減衰力調整   減衰力は伸縮同時36段調整を採用。 細かい調整幅を持たせることで狙い通りの減衰特性が設定可能となっています。

価格:192,240円(税込)
 
 

ベストiスプリング | Garage
 
 
テラフォース TF1 CR-Z | Garage

 

Kansai SERVICE CR-Z

次に、Kansai SERVICE CR-Zをご紹介します!

HKS ハイパーマックス Ⅲ

ハイパーマックスⅢ出典:https://www.hks-power.co.jp/index.html

スポーツハイブリッドということで、乗り心地だけでなく“操る楽しさ”に重点をおいてセッティング。ノーマルよりスプリングレート・減衰力を見直し、ノーマルでスポイルされている軽快感・接地感を向上させています。

仕様出しの際はネオバを使用、ハイグリップラジアル装着にてサーキット走行も可能です。

スタビライザーリンクを専用で設定しており、ローダウン時でもスタビライザーを適正位置で使用することでき、有効に働かせることができます。

また、スタビブラケット位置を下げることができるため、大幅な車高調整を可能としています。

※この商品は現在、廃盤になっています。
 
 

ハイパーマックスⅢ | Garage
 
 
Kansai SERVICE CR-Z | Garage

 

SEIDOYA CR-Z

次に、SEIDOYA CR-Zをご紹介します!

Swift スプリング

スウィフトスプリング出典:http://www.tohatsu-springs.com/

Spring Material スプリング材質 当社の専用材高強度鋼線H5S・TWを使用。 耐疲労・耐へたり性に優れているほか、大幅な軽量化を実現しました。

Spring Speciality スプリング特性 独自の加工により、高応力域での使用を実現。 柔軟かつ強剛な特性が得られます。

大幅な軽量化が運動性能を向上 スプリングの軽量化により、復帰速度を従来に比べ約10%向上。 路面に対する追従性、コーナリング時のより早い車体の安定性、スムーズな操舵性を実現。

安定したバネ定数、ゆとりあるストローク量を確保 活用領域でのバネ定数精度を独自の技術で向上。 乗り心地の良さとタイヤに対する負担軽減を実現します。
 
 

スウィフトスプリング | Garage
 
 
SEIDOYA CR-Z | Garage

 
会員登録すれば500ポイント付与

ESPRIT CR-Z

次に、ESPRIT CR-Zをご紹介します!

ハイパーマックスⅢ 改

ハイパーマックスⅢ改出典:http://www.esprit-ltd.com/index.php

スポーツラジアルタイヤを想定したストリートユーススタンダードモデル。

HIPERMAX II、 Performerで実現したHKS単筒式テクノロジーのDNAを踏襲しつつ、走行性能と乗り心地のバランスに一層の磨きをかけました。

HDP(Hiper Digressive Piston)とHLP(Hiper Linear Piston)を使い分けた大流量ピストンが生み出す走行性能。 そして新設計ゴムアッパーによる静粛性の向上で乗り心地がさらに向上(倒立式ダンパーはピロアッパーのみの設定)。

さらにピロアッパーマウントはお好みに合わせて選択可能。

※こちらの商品は現在、廃盤になっています。
 
 

ハイパーマックスⅢ改 | Garage
 
 
ESPRIT CR-Z | Garage

 

BACK YARD SPECIAL CR-Z

次に、BACK YARD SPECIAL CR-Zをご紹介します!

ベストチョイスサスペンションキット

ベストチョイスサスペンションキット出典:http://www.backyard.co.jp/index.html


追求したのは、街乗りでの快適性能とスポーツ性能の両立!!

普段の街乗りでの快適性能を損なわないように、不用なピッチングなどを抑え、ノーマルの緩慢なステアリング切り始めの応答性(レスポンス)を向上させました。さらに、足をしなやかに動かす事により快適性を確保しました。

ベストチョイスキットの性能を最大限に発揮させる為にリアショック取り付け部の純正のゴム製ブッシュを付属のウレタンブッシュへ交換し、より一体感のあるカッチリとした動きとなります。

バネレートは、F・8kg/mm R・5kg/mm
※実際に乗ってみると数字よりも柔らかく感じるぐらい、しなやかでよく動く足です。

減衰力調整は、F、R共に20段階調整式。

価格:
259,200円(税込)
 
 

ベストチョイスサスペンションキット | Garage
 
 
BACK YARD SPECIAL CR-Z | Garage

 

EMC CR-Z

次に、EMC CR-Zをご紹介します!

車高調サスペンションキット

車高調サスペンションキット出典:http://emc-eng.net/index.html

EMC ENGINEERINGのCR-Z用サスペンションです。

EMCオリジナル車高調は、ショックの容量を増す事によって、乗り心地がよくコーナリングや高速安定性を実現しています。

リアのショックも全長調整が付いているので、スプリングシートの調整と共にセッティングの幅があります。

価格:
ダンパーセット(N1ダンパー改) 270,000円(税別) 
スプリング アイバッハ製4本セット 60,000円(税別)
スタビリンク MFR製2本セット 30,000円(税別)
 
 

車高調サスペンションキット | Garage
 
 
EMC CR-Z | Garage

 
会員登録すれば500ポイント付与

3Q CARS CR-Z

次に、3Q CARS CR-Zをご紹介します!

COREX ダウンスタイルサスペンション

COREX ダウンスタイルサスペンション出典:http://www.dezabow.com/39/

低すぎず、高すぎない適度なダウン量になります。勾配段差も気を使うことなく、乗り越えられるベストな車高に。

乗り心地も固くなく、不快感はありません。

ストリートを重視にしており、車高調は要らないという方、お手軽に見た目GOODにしたい方はおすすめです。

値段:
ASK
 
 

COREX ダウンスタイルサスペンション | Garage
 
 
3Q CARS CR-Z | Garage

 

ORIGINAL RUNDUCE CR-Z

次に、ORIGINAL RUNDUCE CR-Zをご紹介します!

ハイパーマックス ランデュース仕様

ハイパーマックスランデュース仕様

出典:http://www.runduce.com/

スポーツ走行における操作性とストリートでの乗り心地をフラッシュアップした新世代スポーツサスペンションです。

ストリートでの快適性やスタリッシュ性を追求した商品になりますが、走りの性能も充分に備えています。

普段の足がメインで、疲れないようできるだけ快適に、同乗者への気遣いはしたくない、ギャップに気遣いしたくない方やローダウンを追求される方におすすめのサスペンションキットです。

価格:
ASK

※こちらの商品は現在、廃盤になっています。
 
 

ハイパーマックスランデュース仕様 | Garage
 

HYPERCO 直巻スプリング

スプリング出典:http://www.hyperco.jp/

HYPERCO(ハイパコ)の直巻スプリングになります。

目的地まで快適に移動することが可能になり、胃袋が揺さぶられるような感覚がありません。

様々なレートのスプリングが販売されているので、自分の使い方にあったスプリングを選ぶことができます。

価格:
ASK
 
 

スプリング | Garage
 
 
ORIGINAL RUNDUCE CR-Z | Garage

 

FK-TEC CR-Z

最後に、FK-TEC CR-Zをご紹介します!

Buddy Clubスペシャル車高調


Buddy Clubスペシャル車高調出典:https://www.buddyclub-usa.com/

車高調整サスペンションの心臓部であるダンパー本体はBuddy clubが数々のレースシーンで培ったデータをフィードバックし正立式・倒立式ともに放熱性に優れた単筒式構造のダンパーを採用しています。

全長調整機能を装備することにより、スプリングを遊ばせることなく車高調整が可能になり、ローダウン時でも走行に必要なストロークを確保した素晴らしい乗り心地とハンドリングレスポンスを可能にします。

減衰力20段調整機能があり、主にストリートからワインディング走行を想定した設定を行なっています。減衰力特性も市街地走行における乗り心地に配慮した設定になっています。

価格:
ASK

※この商品は現在、廃盤になっています。
 
 

Buddy Clubスペシャル車高調 | Garage
 
 
FK-TEC CR-Z | Garage

 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

いかがでしたか?

CR-Z用に作られたサスペンションキットは、サーキットに特化したものや街乗りでも乗り心地を損なわないように開発されたものもあります。

吊るしのまま使用するのも1つの手ですが、自分好みの車高調カスタマイズをして走りを追求してみてください。
 

関連リンク

 
FELL'S ZF1(CRZ) | Garage
 
 
テラフォース TF1 CR-Z | Garage
 
 
SEIDOYA CR-Z | Garage
 
 
ESPRIT CR-Z | Garage
 
 
BACK YARD SPECIAL CR-Z | Garage
 
 
EMC CR-Z | Garage
 
 
3Q CARS CR-Z | Garage
 
 
ORIGINAL RUNDUCE CR-Z | Garage
 
 
FK-TEC CR-Z | Garage

 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!