ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
HV車のスタンダード、トヨタ50型プリウスの燃費や技術とは

HV車のスタンダード、トヨタ50型プリウスの燃費や技術とは

先代の30プリウスが先々代20プリウスからのキープコンセプトで大ヒット、街にプリウスが溢れるような状況になったため、新型50プリウスの変わりように驚いた人も多いかもしれません。しかし変わったのはスタイルだけでは無く、それこそ骨も肉も全部リニューアル!というくらいの変わりよう。EVとしての使い勝手も向上したPHVも発売されて、これからまた勢いに乗るところですね!

50プリウスとは

出典:http://toyota.jp/

単なるプリウスの4代目というだけではなく、トヨタの新世代を担うプロトタイプ、それがZVW50系、通称50プリウスです。

TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アキーテクチャー)と呼ばれる新型プラットフォームを使って開発・販売された初めてのトヨタ車で、燃費や使い勝手などは優れていたものの、走りの面で決して評価が高いと言えなかった反省から生まれました。

正確にはTNGA-Cと呼ばれる小型車用プラットフォームを使い、今後は部品の共用化が一層進むため、車単体というよりプラットフォームの素性や部品の組み合わせでどう個性を出すかが重要になる、その第一歩となる車です。

基本的には2代目の20プリウス以来となる、横から見た時に緩やかな三角形を形成し、空力的に最適化されたトライアングルスタイルを継承していますが、それ以外はかなり斬新なスタイルです。

それゆえに好き嫌いの分かれるデザインとなっていますが、依然として販売台数では上位をキープしているため、登場直後から街でよく見かけるクルマとなっています。
 

50プリウスの特徴・特色・使用された新技術

出典:http://toyota.jp/

見た目を裏切らず、ほぼ1から作り直されたと言って良い50プリウスには、30プリウス以前とはかなりの変化が生じています。
 

スタイリング

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

近年のトヨタ新型車によく見られる、つり上がった変形三角ヘッドライトや鋭さを強調したようなリアコンビランプなどがさらに極端にシャープな形状です。

テールゲートを持ったハッチバック車ではありますが、後端部に短いトランクがついたような、一見ノッチバッククーペ風の造形になっています。

これらは燃費改善のための空力処理最適化を極めた結果でもあり、プリウスPHVでは空力効果が若干落ちるのを承知の上で、テール形状は若干変わりました。
 

リチウムイオン電池化と省電力化

出典:http://toyota.jp/

長らくニッケル水素電池を主体としてきたプリウスですが、4代目にしてようやく最廉価のSグレード以外、リチウムイオン電池が搭載されました。

ヘッドランプやフォグランプもLEDされるなど、省電力化が進んでいます。

エンジン効率の向上でJC08モード燃費40km/L超え。

30プリウスから継続搭載されている2ZR-FXEエンジンですが、熱効率を改善するとともに、ハイブリッドシステム全体を小型軽量化することで、燃費も大きく改善されました。

燃費スペシャルグレードの「E」では40.8km/Lとプリウス史上初めて40km/Lの大台を超え、その他のグレードでも37.2km/Lへと向上しています。
 

プリウス初の4WDを設定

出典:http://newsroom.toyota.co.jp/

これまで4WD車が存在しなかったプリウスですが、エスティマなどと同じく後輪をモーターで駆動するE-Fourタイプの4WD車が設定されました。

これにより、雪道や凍結路面での発進アシストに大きな効果を期待できます。
 

衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」

出典:http://toyota.jp/

「A」と「Aプレミアム」には、4つの先進安全機能を組み合わせた衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を標準装備したほか、その他全グレードにオプションで装着可能になりました。

先行車両や歩行者への衝突を回避、あるいは被害軽減するプリクラッシュセーフティシステム、車線逸脱を感知して警報を鳴らし、ステアリング操作をサポートする「レーンディパーチャーアラート」。

周囲の明るさや対向車のヘッドランプ、先行者のテールランプを検知してヘッドライトのハイ / ローを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」。

先行者との車間距離を保って自動追従する「レーダークルーズコントロール」。

これらはミリ波レーダーと単眼カメラという2つのセンサーを使い分けることで実現し、優れた危険回避能力を持っています。
 

プリウスPHV

出典:http://toyota.jp/

先代の30プリウス同様に設定されていた35プリウスPHV同様、外部からの充電が可能なプリウスPHVも設定されています。

一部グレードに世界初の充電用ソーラーパネル(30プリウスのソーラパネルは車内換気用)を使った「ソーラールーフ」を標準装備。

EV走行も最高速度135km/h(先代の35プリウスPHVでは100km/h)、目標走行距離60km以上(同26.4km)へと向上し、日常的な買い物などの用途では、非使用時の充電のみでほぼガソリンを使わないユーザーが出るかもしれず、よりEV(電気自動車)に近づきました。

内装も通常のプリウスとは異なり、11.6インチサイズの大きな縦型ディスプレイが中央に配置され、タブレット並の視認性と操作性を実現しています。

さらに走りの面では駆動用モーターだけでなく発電用ジェネレーターでも駆動する「デュアルモータードライブ」をトヨタで初採用し、より力強い走りを実現しました。
 

安定の世界最高水準。50プリウスの燃費

出典:http://toyota.jp/

通常モデル:37.2km/L(4WDは34.0km/L)

「E」グレード:40.8km/L

PHV:37.0km/L
 

気になるライバル車の燃費は?

ホンダ グレイスハイブリッド:29.4~34.4km/L

ホンダ アコードハイブリッド:30.0~31.6km/L

マツダ アクセラハイブリッド:28.0~30.8km/L

※燃費はいずれもJC08モード
 

会員登録すれば500ポイント付与

気になる50プリウスの新車価格・中古相場価格は?

出典:出典:http://toyota.jp/

新車価格

通常(「E含む」)

242万9,018~319万9,745万円

PHV

326万1,600~422万2,800円

中古車相場(車両本体価格)

175~395.9万円


50プリウスと競合する車種のお値段は?

ホンダ グレイスハイブリッド

出典https://ja.wikipedia.org/

新車:195~242万4,400円

中古車:140~249.8万円
 

ホンダ アコードハイブリッド

出典:http://www.honda.co.jp/

新車:382~410万円

中古車:159~398万円
 

マツダ アクセラハイブリッド

出典:https://ja.wikipedia.org/

新車:247万3,200~287万9,000円

中古車:125.7~278万円
 

50プリウスの代表的なスペック

出典:出典:http://toyota.jp/

トヨタ ZVW50 プリウス S(FF)

全長×全幅×全高(mm):4,540×1,760×1,470

ホイールベース(mm):2,700

車両重量(kg):1,350

エンジン仕様・型式:2ZR-FXE 直列4気筒DOHC16バルブVVT-i

総排気量(cc):1,797

最高出力:98ps/5,200rpm

最大トルク:14.5kgm/3,600rpm

フロントモーター仕様・型式:1NM 交流同期電動機

最高出力:72ps

最大トルク:16.6kgm

リヤモーター仕様・型式:1MM 交流誘導電動機

最高出力:7.2ps

最大トルク:5.6kgm

トランスミッション:CVT

駆動方式:FF
 

歴代プリウスの見分け方

エコカー減税の波に乗り大ヒットとなった3代目(2009~2016)

出典:http://www2.toyota.co.jp/

2代目で確立された5ドアハッチバックスタイルをリファインしてボリュームを持たせており、ヘッドライトやテールランプが大きめで存在感を発揮。

初代以来1.5リッターエンジンで動力性能不足から高速巡航時の燃費があまり良くなかったのを1.8リッターエンジンにアップすることで、一般道ではハイブリッドの恩恵を、高速時は通常の車として標準的な走行性能と燃費を手に入れました。

デザインのスタンダードは2代目で、ハイブリッドシステムのスタンダードはこの3代目で確立されたと言って良いでしょう。

中古車相場は39.9~328万円
 

プリウスのスタイルを確立した2代目(2003~2011年)

出典:https://www.toyota.co.jp/

デザイン面でプリウスのスタンダードとなった2代目は、3代目30プリウスがデビューして後も、アクアがデビューするまで廉価版のプリウスEXとして2011年まで継続販売されました。

そのため8年ものロングセールスとなって高年式車も多く、プリウスの基本を確立したほど小型5ドアハッチバックとしての出来は良かったことから、今でも多数見かけます。

3代目より車格が1ランク低かったゆえかヘッドライトやテールランプが縦長で小ぢんまりとしており、容易に識別可能です。

中古車相場は5~139万円と幅がありますが、激安車はバッテリー交換を要する個体なのか、車両本体価格が安くとも支払総額が約40万円程度かかるものもあります。
 

4ドアセダンとしても評価の高かった初代(1997~2003年)

出典:https://www.toyota.co.jp/

トヨタ初、つまり世界初の実用量産ハイブリッドカー。

歴代唯一の4ドアセダンで、ハイブリッドカーとしてだけでなく、背が高くて乗降がしやすいパッケージングも高い評価を受けていました。

ただし、デビュー当時は既にセダン自体が保守層にしか売れない時代に入っており、プリウスのような画期的な車とはユーザー層がミスマッチだったためか、イメージほど販売台数は伸びず、2代目からスタイルは大きく転換することになります。

中古車相場は15~50.8万円。

製造番号NHW-0001001~0039786の初代プリウスの初期型はバッテリーが永久保証なので、価格だけでなく製造番号の確認もポイントです。
 

会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

2代目・3代目からガラリとデザインコンセプトを変えてきた4代目は、エコカー減税開始とタイミングの合った3代目ほどではないとはいえ、2015年12月のデビュー以来、順調に販売台数トップを走っていました。

2016年11月に日産 ノートe-powerが出て以降は若干ペースダウンしていますが依然として販売台数上位につけており、2017年2月15日に満を持してデビューしたプリウスPHVが新たな起爆剤となるか、注目されるところです。

初代の登場以来、「国産ハイブリッドカーのスタンダード」として君臨してきたのは伊達ではなく、今後も国内外のライバルに対抗して改良を続けていくことでしょう。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!