ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
実用性を兼ね備えたエコカー、TOYOTAプリウスαの燃費や見分け方

実用性を兼ね備えたエコカー、TOYOTAプリウスαの燃費や見分け方

全体的なデザインはプリウスのような、それとも全長の長いアクアのようにも見えなくも無い、プリウス一族の第2形態「プリウスα」。荷物や人をより載せられるプリウスというだけでなく、過去のさまざまな既存車種の後継車でもあります。

カルディナやイプサム後継をハイブリッドで実現した、プリウスαとは

出典:http://toyota.jp/

街で見かけた30プリウス、でもちょっと雰囲気が違うと思ったことはありませんか?

その理由は、プリウスならルーフからリアに向けてなだらかに下りていくはずのラインがあまり落ちず、寝ているはずのリアハッチが立っていること。

そう、これは30プリウスではなく、「プリウスα」です。

プリウスの一種には違いないのですが、2列シート5人乗り仕様ならステーションワゴンとして、3列シート7人仕様ならミニバンとして使えるハイブリッドカー。

2列シート仕様はかつて販売されていた中型ステーションワゴンのカルディナ、そして3列シート仕様は中型乗用車タイプミニバンのイプサム後継的な意味合いもあります。

ただ、日本ではステーションワゴンブームが去って以降、3列シートミニバンの3列目を畳んで普段はステーションワゴンのように使うユーザーが多いので、日本での販売は3列シート仕様が主力です。

2列シート仕様は、タクシーで使われることも多く、また法人向けの廉価グレードはライトバンのように使われることもあるので、皆さんも街で良く見かけているのではないでしょうか。
 

30プリウスとは似て異なる、プリウスαの特徴・特色・使用された新技術

プリウスワゴンかプリウスミニバンか

出典:http://toyota.jp/

最大の特徴は何といっても、30プリウスがあくまで5ドアハッチバックセダンというべき、「車室後方にラゲッジスペースを持ち、大きなリアハッチで荷物を積みやすい車」だったのに対して、本格的な荷物や追加乗員を載せる能力を持ったことです。

2列シート仕様であれば拡大したリアボディの広大なラゲッジスペースに多くの荷物を載せることができますし、ライトバンのように使うこともできます。

3列シート仕様であれば、本格ミニバンとまではいかないまでも「いざとなれば3列乗れる」「3列目を畳めばそれなりに荷物も積める」という、日本人好みの乗用車型ミニバンそのものの使い方が可能です。

ただし、パっと見ではわからないものの車高は30プリウスより85mmも上がっており、2列目 / 3列目の頭上スペースに余裕はできたものの、1,550mmまでの高さ制限が多いタワーパーキングでは使えないことが多くなります。
 

見た目は似ていても、しっかりなされた重量増加対策

出典:http://toyota.jp/

30プリウスとよく似ているプリウスαですが、ステーションワゴン / ミニバン化による重量増加対策で細部はかなり変わっています。

自重そのものは30プリウスとそれほど変わらないのですが、荷物や人をより載せられるようになるので、フル乗車 / フル積載時の重量が30プリウスとは異なるからです。

まず重量増加時や重心が上がっても走行安定を保てるように、サスペンションを強化するとともにトレッド(左右タイヤ間隔)を拡大。

駆動用モーターも負担が増えることを見越して、30プリウスの空冷式から水冷式へと、冷却方法が変更されています。

エンジンやモーターのパワーアップには手をつけられていないので、駆動伝達系も30プリウスより加速重視にセッティングされ、燃費はやや落ちるものの、重量がかなり増加してももたつかない程度の加速性能を確保しました。
 

トヨタ初のリチウムイオン電池採用

出典:http://toyota.jp/

ライバル各社が比較的早めにリチウムイオンバッテリーを採用する中、保守的なトヨタは初代プリウス以来実績のあるニッケル水素バッテリーにこだわってきました。

しかし、バッテリー搭載位置が2列目シート後方床下だったことから、そのままでは3列目シート乗車時の足元を確保できないため、バッテリー搭載位置の移動を迫られます。

フロント寄りのセンターコンソール付近に移動したバッテリーは小型化しても同等の性能を求められたため、ついにトヨタ初のリチウムイオンバッテリーが採用されました。

なお、バッテリー移動とリチウムイオンバッテリー採用は3列シート仕様のみで、2列シート仕様は30プリウスと同様の位置に同じニッケル水素バッテリーを積んでいます。
 

軽量化のため一部装備の省略や素材変更

出典:http://toyota.jp/

重量増加を最低限に抑えるため、スペアタイヤはオプション扱いとなってパンク修理キットが搭載されました。

最近は自分でタイヤ交換をしたことが無いという人も多く、パンク修理キットに換えている車も多いので、ここは違和感が無いでしょう。

透明なパノラマルーフ(メーカーオプション)は30プリウスのガラスではなく、合成樹脂製で軽量化していますが、その代わり30プリウスにオプションの車内換気用太陽電池パネルはパノラマルーフ仕様では選択できません。
 

プリウスαのバリエーション

標準的なグレードや特別仕様車とはまた別に、プリウスαにはカスタマイズカーや派生車種が存在します。

その一部をご紹介しましょう。

G'sプリウスα

出典:http://toyotagazooracing.com/

トヨタ独自の純正スポーティカスタマイズブランドG'sにもプリウスαは設定されています。

G'sオリジナルのフロントバンパーなど専用内外装パーツや専用チューニングされたサスペンション、それに前後ボディ底部にブレースやリインフォース(補強材)を装着して剛性アップし、走りの質感を向上。

そして同じく車両底部にホイールハウス後端の「スパッツ」と呼ばれるパーツなど空力フィンを追加していますが、これはG'sでもハイブリッド車として初です。
 

ダイハツ メビウス

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ステーションワゴンを自社生産していないダイハツ向けにトヨタからOEM供給される、ダイハツ版プリウスαがメビウス。

3列シート仕様は供給されておらず、あくまで2列シート仕様のみですが、ダイハツと付き合いの深い法人需要などに応えるため設定されています。

非常にレア車なので、街で見かけるのはごくまれ。
 

会員登録すれば500ポイント付与

プリウス一族の証明。プリウスαとライバルの燃費

出典:http://toyota.jp/

※全てJC08モード燃費

プリウスα(グレード、乗車定員問わず)

26.2km/L


気になるライバル車の燃費は?

ホンダ シャトルハイブリッド

25.8~34.0km/L

出典:https://ja.wikipedia.org/


日産 セレナハイブリッド

15.0~17.2km/L

出典:https://ja.wikipedia.org/


三菱 アウトランダーPHEV

19.2km/L

出典:https://ja.wikipedia.org/


マツダ アテンザワゴン(ディーゼル)

18.2~22.2km/L

出典:https://ja.wikipedia.org/

気になるプリウスαの新車価格・中古相場価格は?

出典:http://toyota.jp/

プリウスα

新車価格

通常:262万2,437~313万6,909円

G's:329万2,037~349万7,237円

中古車相場(車両本体価格)

通常:63.9~319万円

G's:229~323万円


プリウスαと競合する車種のお値段は?

ホンダ シャトルハイブリッド

新車:199万5,000~255万7,000円

中古車:139~246万円


日産 セレナハイブリッド

新車:248万9,400~385万200円

中古車:229.9~368万円


三菱 アウトランダーPHEV

新車:365万9,472~478万9,260円

中古車:163~419万円


マツダ アテンザワゴン(ディーゼル)

新車:317万5,200~400万1,400円

中古車:139.9~372.9万円
 

プリウスαの代表的なスペック

出典:http://toyota.jp/

トヨタ ZVW40W プリウスα Sツーリングセレクション(7人乗り)

全長×全幅×全高(mm):4,645×1,775×1,575

ホイールベース(mm):2,780

車両重量(kg):1,470

エンジン仕様・型式:2ZR-FXE 直列4気筒DOHC16バルブVVT-i

総排気量(cc):1,797

最高出力:99ps/5,200rpm

最大トルク:14.5kgm/4,000rpm

モーター仕様・型式:5JM 交流同期電動機(永久磁石式同期型)

最高出力:82ps

最大トルク:21.1kgm

トランスミッション:CVT

駆動方式:FF
 

会員登録すれば500ポイント付与

30プリウスとの見分け方

ベースとなった30プリウスとプリウスαは寸法その他デザインがかなり異なるのですが、それと同時に「ひと目でプリウス一族とわかるデザイン」にまとめられているため、よく見ないと30プリウスが走っていったと思うだけで見過ごすこともあるかもしれません。

そこで、パっと見でも違うポイントをいくつかご紹介しましょう。
 

サイドビューはどこでルーフラインが終わるかがポイント

出典:http://toyota.jp/(プリウスα)
出典:https://www.toyota.co.jp/(30プリウス)

横から見た場合ですが、リアガラス上端のラインそのままにルーフラインがスッと落ちて行って、テールランプ上端に繋がるのが30プリウス。

ルーフラインがリアガラスを離れてそのまあ後ろに伸び、テールランプのはるか上から急角度でストンと落ちていくのがプリウスαです。

テールランプ形状も縦に長い30プリウスより、プリウスαは上下に短く見えてむしろ20プリウスに似ていますね。

暗いとみにくいかもしれませんが、プリウスアルファの方がフロントバンパー中央部が突き出しているのは、横からでもわかります。


フロントバンパーもヘッドライトも全く違う両者

出典:http://toyota.jp/(プリウスα)
出典:http://www2.toyota.co.jp/(30プリウス)

前から見るとまずヘッドライトはフロントグリル左右にウインカーを持ち、そこから左右上部に釣り上がるのがプリウスα。

30プリウスはそもそもウインカーがバンパー下部別体で、左右への広がりでも吊り上がらず横へ後ろへと伸びていくのが30プリウスです。

フロントバンパーも上部開口部の下に大きな開口部があり、その中をフロントバンパーが通っているように見えるのがプリウスαで、30プリウスはバンパー上下に開口部が開いているようなイメージですから、印象は大きく異なります。


プリウスαのリアはプリウスらしからぬ部分

出典:https://ja.wikipedia.org/(プリウスα)
出典:https://www.toyota.co.jp/(30プリウス)

リアからの識別は一番容易で、プリウスαはもう普通のリアハッチつきミニバンやステーションワゴンにしか見えず、リアビューだけだとプリウス一族には見えないでしょう。

30プリウスはリアスポイラーの下までガラスエリアにして後方視界の悪さを補うほど空力最重視デザインで、リアハッチというより大きく寝かせたガラスハッチという表現がピッタリです。
 

まとめ

3代目30プリウスデビューの頃からトヨタはプリウスのシリーズ化、バリエーション拡大を表明していましたが、それがコンパクト版のアクアであり、ミニバン / ステーションワゴン版のプリウスαでした。

まだ初代モデルなので、50プリウスへとモデルチェンジしたプリウスの後を追って60プリウスαとでも呼ぶべきモデルチェンジが行われるのか、それともしばらくそのまま販売されるのか。

「プリウスでの不満」と、「大型のミニバンやSUVハイブリッドの不満」を同時に解消できる、ちょうどいいサイズのハイブリッドとして、見かける機会は今後も増えていくでしょう。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!