ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
4WDスポーツセダンスバルWRX、STIとS4の違いや進化した性能とは

4WDスポーツセダンスバルWRX、STIとS4の違いや進化した性能とは

インプレッサから独立車種となったことで、思い切った高品質化、高性能化を可能にしたのがWRX STIとWRX S4、2つのスバル WRXです。とはいえ性能本位のSTIと安全性や経済性を重視したS4ではその本質において全く別な車と考えてもいいほどで、気分だけでどちらを選んで良い、とはとても言えないほどの違いがあります。

インプレッサではありません!WRX STI / WRX S4です

出典:http://www.subaru.jp/

いつの間にか、と言える鮮やかさで「インプレッサWRX STI」から「WRX STI」に変わっていたのは3代目インプレッサの時。

その時は正式社名はそのままに呼び方を変えただけでしたが、4代目インプレッサからは完全に本来の実用乗用車へ専念し、WRX系は完全に独立系車種として開発した上で、北米を主要市場として大型化の進んだレガシィB4の日本版後継車という性格も持たせました。

つまり、大きくなりすぎたスバルのスポーツワゴンを小型化して補完する存在としてデビューしたステーションワゴン「レヴォーグ」のスポーツセダン版がWRXと考えると良いでしょう。

その中で日本だけでなく国際市場向け高性能スポーツセダンがVAB型WRX STI、日本向け中型スポーティセダンがWRX S4です。

前者はインプレッサWRX STIの正当な系譜と考えて構いません。

後者は初代インプレッサの「STIバージョンではないWRX」(型式はWRX STIと同じGC8)や、2代目の同モデル(同、GDBに対しGDA)、3代目のS-GT(同、GRB / GVBに対しGH8)の系譜に属すると思えばいいかもしれません。
 

WRX STI /WRX S4で中身は大きく異なる特徴・特色・新技術

プラットフォームは他車種と同じものの、大幅補強

出典:http://www.subaru.jp/

インプレッサから独立車種になったWRXですが、ベースとなるプラットフォームはレヴォーグおよび4代目インプレッサと変わりません。

ただし、「基本設計が一緒」というだけで、実際にはWRX専用チューンで大幅に補強が入ってボディ剛性が向上しており、プラットフォームもボディも専用と呼んでいいレベルになっています。

ボディ形状の異なるステーションワゴンのレヴォーグとは剛性の与え方が異なりますし、4代目インプレッサにそれだけのコストをかけると過剰品質になりますから、スポーツセダンとして独立設計 / 独立車種となったのはこれが理由でしょう。
 

エンジンで性格が大きく異なるSTIとS4

出典:http://www.subaru.jp/

旧来のインプレッサWRX STIの系譜にあるSTIはエンジンに引き続き2リッター水平対向4気筒のEJ20ターボが搭載されています。

古いエンジンとはいえ初代レガシィの頃とは別物で、燃費など経済性より性能優先で考えた場合、スバルが選択するのは常にEJ20、あるいは輸出用EJ25という方針です。

一方、そこまで尖った性能を求めないユーザー層向けのS4は同じ水平対向4気筒でも新世代のFA20直噴ターボが採用されています。

EJ20のようにショートストロークで高回転まで突き抜けるエンジンでは無いものの、経済性と性能のバランスを考えた選択であり、これがSTIとS4のキャラクターを大きく分けました。

ミッションについても同様のことが言えて、STIは全車6MT、S4は全車CVTとクッキリ分かれます。
 

4WDシステムにも両車の違いあり

出典:http://www.subaru.jp/

性格の違いは4WDシステムにも表れ、STIの電子制御式センターデフには、やはりインプレッサWRX STI系伝統のDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)が組み込まれています。

ドライバーが任意に前後駆動配分を変更できるというだけでなく、好みや最適な駆動制御を行ってくれるDCCDが搭載されています。

そうしたモータースポーツ向け技術を考慮しなくて良いS4は、今やオーソドックスと言える電子制御式可変トルク配分システム、VTD-AWDを使用しています。

公道のあらゆるシチュエーションで、ドライバーが意識せずとも最適の駆動配分を行うこの種のシステムの方が、一般的なスポーツセダンには有効です。
 

あえてEyeSightを装備しないSTI

出典:http://www.subaru.jp/

幅広いユーザー向けのS4には、安全性重視で高い評価を受けている最近のスバルが持つ方程式に沿って、衝突被害軽減ブレーキ「EyeSight」と、その光学センサーを使った車線逸脱警報装置などが搭載されています。

しかし、STIにはEyseSight系の装備は一切搭載されていません。

これは安全運転支援システムが、ドライバーの意図に関わらず安全方向に車が勝手に操作、またはアシストするという「半自動運転」にほかならないからです。

STIでそのような装備を搭載した場合、たとえば車の唐突な挙動変化を許容してでもスピードを載せたり、壁など障害物ギリギリのライン通過時に勝手にブレーキが作動するといった事態が発生しかねない、というよりシステムの精度が高いほど発生します。

それでは競技会などへ参加してもドライバーの意図するスポーツ走行ができないので、いずれ「レーシングモード」のような解除機能が搭載されるまで、STIへEySightは搭載されないでしょう。
 

特別仕様車

既に限定台数が完売、または販売終了していますが、以下の特別仕様車がありました。

S207

出典:http://www.subaru.jp/

STIベースでエンジンを308馬力から328馬力にパワーアップ、クイックステアリングなどSTI独自専用パーツを装着した、STIコンプリートカーです。

2015年10月29日に受注開始しましたが、限定400台を上回るオーダーが殺到し、抽選の上で即日完売しました。

そのうち200台はニュルルクリンク24時間レースへの参戦をイメージした豪華仕様の「NBR CHALLENGE PACKAGE」、100台はボディカラーをサンライズイエローに設定するなど追加装備をほどこした「NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」。
 

SporVita

出典:http://www.subaru.jp/

S4に特別内装と一部メーカーオプションを標準装備し、S207と同時に発表されました。

2015年11月18日に販売開始された500台限定モデル。
 

tS(tuned by STI)

出典:http://www.subaru.jp/

2016年10月4日から2017年3月12日までの期間限定販売モデル。

S4をベースにS207に準じた内外装を施したSTIコンプリートカーです。

S207と同様、ニュルブルクリンク24時間レースをイメージした「NBR CHALLENGE PACKAGE」も設定されています。
 

会員登録すれば500ポイント付与

WRX STI / WRX S4のライバル車

三菱 CZ4A ランサーエボリューションX

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

2016年で廃盤となって脱落しましたが、一般市販されている高性能2リッター4WDターボ・スポーツセダンとしては、代々ランサーエボリューション、通称「ランエボ」が最大にして唯一のライバルでした。

VAB型WRX STIでもそれは同様で「ランエボX」が唯一真っ当なライバルと言えたのですが、その廃盤で2017年3月現在のWRX STIは世界のどこにも同種の車が無い、孤独なモデルです。
 

日産 R35 GT-R

出典:http://www.nissan.co.jp/

性能でも価格でも全く格が異なり、4WDターボスポーツという以外に共通点の無いGT-Rですが、ユーザーの事情で「高性能でも2ドアクーペを選ぶか、ファミリーセダンとしての使用も可能なWRX系を選ぶか」というシリュエーションは確かに存在します。

それはWRX STIに限らず、自分以外に運転する可能性のある家族などがAT限定免許であった場合はGT-RとWRX S4で迷うこともあるでしょう。

それだけ高性能4WDスポーツセダンは貴重な存在です。
 

ポルシェ 991型 911ターボ

出典:http://files2.porsche.com/

WRX系と同じ水平対向エンジン(ただしWRXの4気筒に対し、911は6気筒)と共通点は増えるものの、GT-R以上に車格が異なる911、それも4WDの911ターボならGT-Rと同様の理由で比較対象となりえます。
 

WRX STI / WRX S4とライバルの新車価格・中古相場は?

出典:http://www.subaru.jp/

WRX STI / WRX S4

新車価格

VAB STI:379万800~411万4,800円

VAG S4:334万8,000~356万4,000円

中古車相場

VAB STI:289万~770万円

VAG S4:253.8~532万円


ライバル車のお値段は?

三菱 ランサーエボリューションX

新車:(絶版)

中古車:159.8万~530万円


日産 R35 GT-R

新車:996万840~1,870万200円

中古車:378~1,980万円


ポルシェ 991型 911ターボ

新車:2,236万~2,865万円

中古車:1,938~2,390万円
 

WRX STI / WRX S4の代表的なスペック

出典:http://sp.subaru.jp/

SUBARU VAB WRX STI タイプS 2016年式

全長×全幅×全高(mm):4,595×1,795×1,475

ホイールベース(mm):2,650

車両重量(kg):1,490

エンジン仕様・型式:EJ20 水平対向4気筒DOHC 16バルブ ICターボ

総排気量(cc):1,994cc

最高出力:308ps/6,400rpm

最大トルク:43.0kgm/4,400rpm

トランスミッション:6MT

駆動方式:4WD

SUBARU VAG WRX S4 GT-Sアイサイト 2016年式

全長×全幅×全高(mm):4,595×1,795×1,475

ホイールベース(mm):2,650

車両重量(kg):1,540

エンジン仕様・型式:FA20 水平対向4気筒DOHC 16バルブ IC直噴ターボ

総排気量(cc):1,998cc

最高出力:300ps/5,600rpm

最大トルク:40.8kgm/2,000~4,800rpm

トランスミッション:CVT

駆動方式:4WD
 

会員登録すれば500ポイント付与

STIとS4の数少ない識別点

出典:http://www.subaru.jp/

車としての性格は全く異なるWRX STIとWRX S4ですが、特別仕様車を除けば見た目はほとんど変わらず、全く同じと言って良いレベルです。

もちろんエンブレムは異なりますが、遠目で識別するのは困難でしょう。

少し近づいてもパっと見での相違点はS4にだけEyeSightが標準装備されており、STIにはオプションでも設定が無いため、S4のルームミラー左右天井にEySightの光学センサー(ステレオカメラ)が装備されていることで見分けるしかありません。

ほかにはS4にだけオプションでサンルーフの設定があるので、上から見た時にサンルーフがあればS4というくらいでしょうか。
 

まとめ

WRX STIとWRX S4は同じ高性能スポーツセダンとはいえ、それほどの違いがあります。

STIはドライバーのスポーツマインドをくすぐり、マニュアル操作やDCCDの操作などちょっとした手間さえも喜び、なおかつタイムを極限まで削るステージに立つ車でもあることを誇りとする車。

一方、S4はその血縁関係にあることを誇りとしつつも、あくまで「目的地まで速く安全・快適に移動する」ための車です。

もちろん、ユーザー次第でどちらもお互いの用途を入れ替えて使うこともできますが、最適化を極めている両車は主目的に合わせて購入するのが正解でしょう。

基本的にはどちらも優れた高性能スポーツセダンなので、目的にさえ合致していれば、どちらも最高の車なのは間違いありません。
 

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!