ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
あなたならどっち?ターボorスーパーチャージャー比較 トヨタ86編

あなたならどっち?ターボorスーパーチャージャー比較 トヨタ86編

最新の国産FRスポーツであるトヨタ86。
このクルマは、NA2リッター水平対向エンジンを搭載し、最大出力は200馬力オーバー。
このままでも十分楽しめるクルマですが、チューニング・カスタムを突き詰めていくと、どうしてももっとパワーが欲しくなりますよね。

そんな時に試したいのがターボ化、またはスーパーチャージャー搭載。これによって大幅な性能向上を見込めます。
では実際、どちらにするのが正解なのでしょうか?モタガレに掲載されているショップデモカーから調査しました。

モタガレトップページ

トヨタ86に関する記事はこちらからどうぞ!

86のカスタムはターボとスーパーチャージャー、どっちが多いの?

元々NAエンジンのトヨタ86ですが、ショップのデモカーはターボ化されたクルマとスーパーチャージャーを搭載したクルマ、どちらのカスタムが多いのでしょうか?

モタガレ登録車種から見ていきましょう。
会員登録すれば500ポイント付与

ボルトオンターボカスタムされたトヨタ86

まずはターボ化された86を5台ご紹介します!
 

ESPRIT 86

ESPRIT86出典:http://www.esprit.to/

自社制作のタイムアタック車両からのデータを、ストリートユーザーのマシンへとフィードバックしているエスプリ86。

何処のショップよりも速くターボチューンを行ったところからも、エスプリが86ターボにかける思いが強いことが伺えます。

ちなみにこの86、筑波サーキット59"7、富士スピードウェイ1'51"8というタイムを記録した一台。

ワイド化せず、ストリート寄りなルックスながら、見事な記録を樹立しています。

HKS86タービン出典:https://www.hks-power.co.jp/

こちらの86に装着されているターボキットは、HKS製のGTⅡTURBINE SERIES 7460(価格:228,000円~)

このキットはツインスクロール製を採用し、純正よりもバイパスポート径を拡大することで高回転域での排圧の上昇を抑え、エンジンの負担を軽減しています。

それでいて、大幅なパワーアップを実現するこのタービンキットを装着したエスプリの86は、ブーストを1.5kg/㎤かけてなんと430馬力!トルクは43kgf・mを実現しています。

ノーマルがおよそ200馬力。トルク21.6kgf・mということを考えると、倍近い出力アップを実現!

ターボ化によってモンスター86を作りたいなら、検討したいパーツのひとつかもしれません。

HKS GTⅡTURBINE SERIES 7460を詳しくチェック!!

ESPRIT 86を詳しくチェック!!

BLITZ 86

blitz86出典:https://www.blitz.co.jp/

車両のすべての部分でオリジナルパーツを開発しているBLITZが提案するトヨタ86は、どのようなユーザーも楽しく安全に走れるように設計されている一台。

特に、エアロパーツは非常にダイナミックなデザインで、まさに「ロー&ワイド」なルックスに仕上がっています。

blitz86タービン出典:https://www.blitz.co.jp/

こちらの86に装着されているターボキットは、BLITZオリジナルであるBLITZ TURBO SYSTEM 86/BRZ(価格:370,000円~450,000円)

このキットによって最大出力をおよそ260馬力まで、最大トルクを300N・mまで上昇させることが可能となっています。

低中速域から高回転域まで、全域で効果を体感できるため、ストリートからサーキットまで、どんなシチュエーションでも対応できる、魅力的な仕様です。

BLITZ TURBO SYSTEM 86/BRZを詳しくチェック!!

BLITZ 86を詳しくチェック!!
会員登録すれば500ポイント付与

Rasty 86 GTV turbo ZN6

Rusty86出典:http://www.rasty.tv/

トヨタ車のカスタム・チューニングを得意とする、RASTY(ラスティ―)が製作した86も、本気のタイムアタック車両。

タイムアタックの聖地、筑波サーキットで行われたスーパーバトルでは、なんと57秒台を達成したモンスターマシンです。

GCGタービン出典:https://www.gcgturbo.co.jp/

最大出力はなんと500馬力オーバー!そんなパワーを支えているのが、GCG製のGTX3076R

こちらのターボチャージャーは、360馬力から640馬力程度の出力を対象に製作されているもので、大パワー化にも耐えられる仕様。

それに合わせて、BLITZ製のインタークーラーも装着し、より効率の良い過給を実現。

いついかなる環境でも加速できなければならないタイムアタック車両を作るなら、是非参考にしたい仕様のひとつです。

GCG GTX3076Rを詳しくチェック!!


BLITZ インタークーラーを詳しくチェック!!

Rasty 86 GTV turbo ZN6を詳しくチェック!!

OKレーシング 86

OKレーシング86出典:http://www.okracing.jp/

OKレーシングの86は、ストリートを基準にカスタマイズされている一台。

ノーマルでは「物足りない」と思いがちな部分を中心に手を入れられています。

trustタービン出典:http://www.trust-power.com/

こちらの86は、トラスト製のボルトオンターボキットT518Z-10cm2 ターボキット(価格:500,000円)を使用してターボ化されており、最大出力は262.8PS、トルク29.6Kgmという出力アップを実現。

このタービンキットは、86の場合3200rpm~7200rpmまで全域でトルク25kgmオーバーと、非常にトルクフル。

街乗りでもスポーツ走行でも、「もう少しだけパワーが欲しい」という欲求を補う仕様を実現しています。

GReddy ボルトオンターボキットT518Zを詳しくチェック!

OKレーシング 86を詳しくチェック!

SHELL ENGINEERING 86

shellengineering86出典:http://www.shell-eng.com/

シェルエンジニアリングの86は、ストリート仕様でありながら、最高速300km/hオーバーを狙い、サーキットも楽しめる仕様。

hksキャパシティーアップキットCAPACITY UPGRADE KIT FA20 2.1L KIT(出典:https://www.hks-power.co.jp/)

trustタービンGreddyターボチャージャーT620Zタービン(出典:http://www.trust-power.com/)

HKS製の排気量アップキットによってエンジンを2.1リッター化し、そこにトラスト製GreddyターボチャージャーT620Zタービン(価格:208,000円~)を装着。

greddyインタークーラー出典:http://www.trust-power.com/

あわせて、同じくトラスト製のGreddyインタークーラーキットを装着することで、およそ400馬力というハイパワーを実現。

HKSプレミアムデイでは、富士スピードウェイを1'5"836というタイムで駆け抜けた、驚異の86です。

ハイパワー化に伴って、当然各部も強化済み。冷却系ではオイルクーラーを2基装着し、燃料系も配管の増設など、万全の仕様となっています。

HKS CAPACITY UPGRADE KIT FA20 2.1L KIT

GReddy ターボチャージャー T620Zタービンを詳しくチェック!

GReddy インタークーラーキット シリーズ(INTERCOOLER KIT)を詳しくチェック!

SHELL ENGINEERING 86を詳しくチェック
会員登録すれば500ポイント付与

スーパーチャージャーカスタム・チューニングされたトヨタ86

ここまでターボ化された86を5台見てきましたが、どれもハイパワー寄りにカスタムされた車両が多い傾向にありますね。

では、特性がターボとも違うスーパーチャージャーは、どんな傾向でカスタムされているのでしょうか?

注目のポイントと併せてご紹介していきます。
 

TOM’S 86

toms86出典:http://www.tomsracing.co.jp

トヨタのアフターパーツメーカーとして、老舗であるトムスの86も、スーパーチャージャー。

自社製のハイパーコンプレッサーキット(価格:680,000円)を装着し、街乗りを中心に考えられてカスタム・チューニングされています。

tomsスーパーチャージャーキット出典:http://www.tomsracing.co.jp/

このスーパーチャージャーは3,600rpmで最大トルクを発生させる仕様で、中低速域のレスポンスの良さから非常に乗りやすく仕上げられた仕様です。

最大出力はおよそ232ps/6,400rpm、最大トルクはなんと28.4kgf.m/3,600rpmというスペックで、ステージを問わずに走りを楽しめる、見事な仕様となっています。

こちらのスーパーチャージャーは86専用設計のため、非常にフィッティング性が高く、取り付けも用意になっており、整備士資格者であれば初めてでも7時間程度で装着可能とのことです。

TOM'S ハイパーコンプレッサーキットを詳しくチェック

TOM'S 86を詳しくチェック

Orignal RUNDUCE 86

originalrunduce86出典:http://www.runduce.com/

オリジナルランデュースのトヨタ86は、本気のタイムアタックマシン。

GT SUPER CHARGER GTS7040(出典:https://www.hks-power.co.jp/)

ハイパワーチューンドでは、ターボを選択する傾向が多い中このマシンはHKS製のスーパーチャージャーである、GT SUPER CHARGER GTS7040(価格:380,000円~)を装着しています。

hksrタイプインタークーラーRタイプインタークーラー(出典:https://www.hks-power.co.jp/)

装着するだけで100馬力アップを謳っているHKS製のSCに合わせるインタークーラーは、同じくHKS製のRタイプインタークーラー(価格:198,000円~)。

ランデュース戸田レーシングボアアップキット出典:http://www.runduce.com/

これだけでかなりの出力アップが望めますが、それだけではなく、戸田レーシングと開発した2.3リッターボアアップキット(価格:800,000円~)を装着し、排気量を2249ccまで増加。

こういったカスタムによって、ブースト1.8kg/㎤をかけてパワーがおよそ550馬力。トルクで58kgmというモンスター86が完成しています。

富士スピードウェイでは1分50秒台を記録しています。

Origina RUNDUCE 2.3リットルボアアップキットを詳しくチェック!


HKS GT SUPER CHARGER Pro KITを詳しくチェック!

HKS Rタイプインタークーラーを詳しくチェック!


Original RUNDUCE 86 を詳しくチェック!
会員登録すれば500ポイント付与

TWO SYSTEM 86

twosystem86出典:http://www.twosystem.com/

ツーシステムの86は、なんとAT!

街乗りからサーキットまでの道中と、サーキットでのスポーツ走行を両立するために考え出したのが、このAT仕様。

hkssuperchargerGT SUPER CHARGER GTS7040(出典:https://www.hks-power.co.jp/)

hksrタイプインタークーラーRタイプインタークーラー(出典:https://www.hks-power.co.jp/)

HKS製のスーパーチャージャーである、GT SUPER CHARGER GTS7040(価格:380,000円~)を装着し、インタークーラーには同じくHKS製のRタイプ(価格:198,000円~)をチョイス。

hksキャパシティーアップグレードキット出典:https://www.hks-power.co.jp/

そこに併せるのは、同じくHKS製の2.1㍑キャパシティアップグレードキット(価格:380,000円~)。

これによって排気量を2.1リッター化し、およそ350馬力というパワーを実現しています。

あわせて、足回りやブレーキ・空力も見直されており、ATだろうと侮れない、非常にトータルバランスの高い1台となっています。

HKS GT SUPER CHARGER Pro KITを詳しくチェック!

HKS Rタイプインタークーラーを詳しくチェック!
HKS CAPACITY UPGRADE KIT FA20 2.1L KIT

TWO SYSTEM 86を詳しくチェック!
 

両方つけるのもアリ!ツインチャージャー仕様のトヨタ86

まず、両方つけるのもアリ!ツインチャージャー仕様のトヨタ86をご紹介します!

HKS 86 DRIFTver

hksd186nobuterutaniguchi出典:http://www.hks-power.co.jp/

最後に登場するのは、D1などで目にする機会も多い、HKS 86 DRIFTver。

圧倒的な大パワーが必要になるドリフト車両では、なんとスーパーチャージャーとタービンが両方とも装着されたツインチャージャー仕様。

hksgtsuperchargerGT SUPER CHARGER(出典:http://www.hks-power.co.jp/)

hksgt1000フルタービンキット画像はR35 GT-R用(出典:http://www.hks-power.co.jp/)

HKS製のGT SUPER CHARGER(価格:598,000円~)と、GT1000フルタービンキット(価格:1,200,000円~)を装着し、排気量も当然のように2.1L化。

これによって500馬力オーバーという驚異的な出力を実現。最大ではブーストを1.7kg/㎤かけて650馬力というモンスターマシンです。

徹底してパワーを求めるカスタム・チューニングをするなら、こんな選択肢もアリ!と、思わせてくれる一台です。

HKS GT SUPER CHARGERを詳しくチェック!

GT1000フルタービンキットを詳しくチェック!
HKS 86 DRIFTverを詳しくチェック!

そもそも、ターボとスーパーチャージャーってどっちが良いの?

ここまで、モタガレに掲載されているトヨタ86のデモカーの中から、ターボカスタムとスーパーチャージャーカスタムのそれぞれが行われているクルマを紹介してきました。

では、ターボ化するのとスーパーチャージャーを搭載するのとでは、どちらが良いのでしょうか?

次のページでは、ターボとスーパーチャージャーそれぞれのメリット・デメリットを解説します!
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!