ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタ86、いくらあれば乗れるの?気になる初期費用や維持費まとめ

トヨタ86、いくらあれば乗れるの?気になる初期費用や維持費まとめ

いまや、日本を代表するスポーツカーとなったトヨタ「86」は2012年4月から販売開始され、町中で見かけることも多くなりました。
普段の足にも使え、モータースポーツ入門車としても人気が高く、知れば知るほど欲しくなってしまいますよね!
そこで今回は86の購入の初期費用と維持費について具体的に調べてみました!

モタガレトップページ

車体は新車? 中古?

新車は一番安く変えるのGグレード(6MT)で車体が262.3万円で、カーナビやETC、バックモニター等のオプションを全くつけなければ税金・諸費用・リサイクル料を含めて約290万円です。
一番高いGT“Limited・High Performance Package”グレード(6AT)だと約370万円になります。
 
中古車は程度やグレード、カスタムの有無で価格差がありますが、150万〜300万のものがあり、平均価格が200万円です。
新車と比べるとかなり安く購入することができます。

トヨタ86出典:http://toyota.jp/86/grade/

新車を選ぶのか、中古車を選ぶのかは、自分の予算と好みによりますが、すでに車を所有していて、その車と入れ替える形で購入しようとしているのなら、下取り価格を見てから決めるのも一つでしょう。
 
 

具体的な維持費を見ていこう!

トヨタ86出典:http://toyota.jp/

「漢らしく現金一括購入します!」「ちょっとお金が厳しいからローンで!」
いずれにせよ、車体代の返済でお財布がすっからかんになってしまっては、せっかくの愛車を走らせることも維持することもできず、宝の持ち腐れになってしまいます!
購入後の維持費のことも考えていきましょう。
 
まず、86に限らず自動車を購入する上でなくてはならないのが駐車場です。
自宅に置く場所があればいいのですが、ないと月々約1万円前後かかります。
都内だと月3万近くかかってしまう駐車場も少なくありません。
 
次に必要なのが任意保険です。
任意保険は加入義務はありませんが、自動車を走らせる以上交通事故の加害者・被害者になる可能性があります。
自分のためにも、相手のためにも任意保険には入りましょう。
任意保険は加入する会社や保障内容によってかなり金額が変わります。
今回は仮として8万円と想定します。
 
そして、次は気になる車検代です。
車検代は法定費用と整備等費用の2つで構成されています。
「86」の法定費用は52,230円なので、これに整備等の費用が加わります。
できるだけ車検代は減らしたいという方なら、ディーラー以外の所に車検を依頼するのもひとつの手です。
そうすると、法定費用+3万円前後ですませることができるのではないでしょうか?
もし、平日に時間があるのなら自分で各地の運輸支局に行って自分で車検を通してしまうという方法もあります。
その場合は、法定費用しかかかりませんが、必ず車検前整備を行いましょうね。

トヨタ86出典:http://toyota.jp/
 
まだまだ車にお金はかかります。
それは4,5月頃に通知が来る自動車税です!
86は排気量2,000cc未満なので39,500円かかります。
 
そして最後はガソリン代!
86はもちろんハイオク指定ですが、エンジン性能を十分発揮できなくなっても良いならレギュラーを使用することもできるようです。
主な使用用途としては、週末の移動手段やモータースポーツでしょう。
大体年間5,000km乗ると想定して、排気量2,000ccかつカタログ燃費は約11km/Lなので実際の燃費は平均10km/Lでしょう。
ハイオク1リッター150円と仮定すると、年間75,000円かかります。

 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

トヨタ86
出典:http://toyota.jp/
 
86を購入する際の初期費用は新車の場合は約300万円で、中古車の場合は約200万円。そして、年間の維持費は約40万円という結果になりました。
 
40万と言われると、高いように感じますが月々で割れば3万円強です。意外と維持できそうな気がしてきませんか?
 
あなたも、是非86を手に入れて走る喜びを感じましょう。
 

あわせて読みたい

モタガレトップページ
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!