ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
フェアレディZ34有名ショップデモカーからみるホイールまとめ6選

フェアレディZ34有名ショップデモカーからみるホイールまとめ6選

日産のフラッグシップスポーツカーと言えばフェアレディZ。Z34はロングセラーモデルとなり10年に渡り販売されています。そんなZ34もオシャレは足元から、有名ショップデモカーはどんなホイールを履かせているのでしょうか。

ホイールとは

自動車に使用されるホイールは、タイヤと一緒に車に取り付けられており、ドライブシャフトからの動力をタイヤに伝えるパーツです。

純正ホイールは生産効率とコストパフォーマンス、耐久性の兼ね合いから重く頑丈なホイールが装着されています。

近年では生産技術の向上によりファッション性の高い純正ホイールが多くなってきましたが、軽さや個性という面ではアフターパーツメーカーのホイールに交換することが、カスタムやチューニングの第一歩となっています。
 
 

ホイールを交換するメリット・デメリット

ホイールの製造工程やパーツ点数にもよりますが、軽量高剛性と言われる鍛造1ピースのホイールでは純正ホイールよりも軽量化が図れるので、バネ下重量の軽減に寄与します。また動力を伝える回転体のホイールが軽くなることで、燃費も向上します。

2ピースホイールや3ピースホイールは1ピースホイールに比べ重くなる傾向がありますが、デザインの自由度が上がるので、よりスタイリッシュなホイールになります。

デメリットとしては、純正ホイールより耐久性が劣ることです。純正ホイールは重い分、肉厚で耐久性が高いことが特徴です。

社外ホイールは剛性を十分確保できているので、通常走行では全くの問題はありませんが、偏平がうすいタイヤで大きな段差などを勢いよく踏んでしまうと割れる可能性があるので注意が必要です。
 

amuse Z34

まず、amuse Z34をご紹介します!

VOLK RACING G50

出典:https://www.rayswheels.co.jp

軽量高剛性ホイールのG50は細くすらりと伸びる5本のスポークが特徴です。

鍛造の技術でいかに滑らかなラインを描き、いかにして躍動感を表現するかを追求したGシリーズで、繊細なラインを描きながらも、最新のクルマのボディに溶け込む。 繊細でありながらも、躍動的でなければならない。

この背反するテーマを包括するG50は、誰にも似ていない普遍的なデザインのホイールです。
 

 
会員登録すれば500ポイント付与

Garage力 フェアレディZ34

次に、Garage力 フェアレディZ34をご紹介します!

VOLK RACING ZE40 【ガレージ力スペック】

出典:http://www.garage-chikara.com/

RAYS史上最強の高剛性ホイールとして誕生したZE40を共同開発によってZ34にジャストフィットするサイズをオリジナルで製作。 RAYS ZE40ガレージ力オリジナルサイズです。

前後:19inch 10.5J+32
 

Garage4413 Z34

次に、Garage4413 Z34をご紹介します!

ADVAN Racing GT

出典:http://www.yokohamawheel.jp/

ADVAN Racingブランド第2弾の金型鍛造1ピースホイールのADVAN Racing GT。 レーシングマインド溢れる5本スポークディープリムデザインとなっています。

サイズと装着する車種のキャリパークリアランスを考慮したスタンダード、ミディアム、エキストラの3タイプのリム深さを設定し、カラーバリエーションは、ディープリム部分をダイヤモンドカットしたマシニング&レーシングハイパーブラックと5分艶ブラックのセミグロスブラック、そしてレーシングマインドをより加速するレーシングホワイト(設定のないサイズあり)の3色を設定しています。

ADVAN Racing GT専用のスポークロゴステッカーを付属しています(マシニング&レーシングハイパーブラックとレーシングホワイトには濃紺、セミグロスブラックにはホワイトのロゴ色。また別売りでレーシングホワイトに映える赤文字タイプも設定あり)。
 

ROWEN Z34

次に、ROWEN Z34をご紹介します!

Prodrive GC-05N

出典:http://www.prodrive-japan.com/

Prodrive(プロドライブ)の5本スポークホイール、GC-05N。 開発期間は1年半。 ホイールの新時代を切り開こうと、独自のボルト止めエクステンション機構を兼ね備えたこのホイール。

まず目を引くのはその美しさ。 シンプルな5本スポークでありながら、スポークからリムまで伸びる”p-linker”(アルミ削りだしのエクステンション)が装着され、より大径感を演出。 それでいて、見た目だけではない剛性も持ち、走りのカスタムにもドレスアップにも楽しめるホイールとなっています。
 

 
会員登録すれば500ポイント付与

VARIS KAMIKAZE Z34

次に、VARIS KAMIKAZE Z34をご紹介します!

Prodrive RW006

出典:http://www.prodrive-japan.com/

最速を追求したスポーツホイールです。 シングルスポークとツインスポークを掛け合わせたアグレッシブなデザイン。

高性能を求めて鍛造製法を採用し、サイドカット等の駄肉排除による軽量化を図った上で、センターに向けて落とし込んだスポークアールをベースに、サイズ毎にセンター深さとRIM深さを変更するバリアブル形状となっています。 軽さ・剛性・強度を高い次元で追い求める、真のリアルスポーツホイールです。
 

WEBER Sports Z34

最後に、WEBER Sports Z34をご紹介します!

ZENITH LINE WHEEL

出典:http://www.webersports.jp/

ただの5本スポークホイールではない雰囲気を感じさせるZENITH LINE WHEEL。 スポークの逆反り感と深リムを演出することで、スポーティかつラグジュアリーなホイールに仕上がっています。
 

 

まとめ

フェアレディZ34のホイールまとめいかがだったでしょうか。

スポーツ系ホイールの定番であるVOLK RAICINGやProdriveなど軽量高剛性を謳うホイールが多いですね。

ドレスアップとしても人気のあるZ34なだけに、WEBER Sports ZENITH LINEホイールのような大径深リムホイールがとても似合います。

是非参考にして見てください。
 
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!