ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタ86有名ショップデモカーからみる車高調6選(サーキット編)

トヨタ86有名ショップデモカーからみる車高調6選(サーキット編)

2012年、トヨタブランドとしては、MR-Sの販売終了から5年振りに新型スポーツカーとして発表されたZN6型 86(ハチロク)。
現在の国産モデルの中で新車を購入できる数少ないFRスポーツクーペであり、チューニングベースとしても優れているこのマシンには、様々なチューニングショップが手掛けたデモカーが存在します。

今回は有名ショップデモカーの中でも、サーキット走行を主な目的としたマシンに採用された車高調を7種類紹介します。

サスペンションとは

一般的に言われるサスペンションとは、スプリング(バネ)とショックアブソーバー(ダンパー)で構成されており、タイヤから伝達された路面からの入力を車体に伝える力を緩和する役割、またドライバーからの操作をタイヤに伝達させる役割を持っています。

スプリングの硬さを変えることで、シャープな乗り味だったりゆったりとした乗り味だったりと、走りを変化させることができます。
またサスペンションの全長を変えることで、車高を下げたり上げたりすることができます。

走りや見た目に大きく影響する重要なパーツであることは間違いありません。
 
 

86のサスペンションを交換することでのメリット・デメリット

86のサスペンションを交換することで得られるメリットは、純正に比べより硬いサスペンションに変更することでよりシャープな走りを楽しむことができます。

また、車高を低くすることで見た目としてもカッコよく見えるようになります。サーキットを走る上では比較的、硬いサスペンションに低い車高というのが定番です。

しかし、車高をあまり低くしすぎるとエアロパーツを擦ったり、逆に運動性能が低下したりとデメリットがあります。バネレートを硬くし過ぎると乗り心地の低下など招きますので注意が必要です。

86はFRなので、駆動輪となるリアのリバウンドストロークの確保は必須で、短すぎるスプリングを使用するとタイヤが路面と接地しなくなり駆動が抜ける可能性があります。ヘルパースプリングやテンダースプリングを付けるか、スプリングそのものを長いものにしましょう。
 

SaRD トヨタ86 GT3

まず、SaRD トヨタ86 GT3をご紹介します!

SaRD ADVANCED SUSPENSION Kw ver.

出典 : https://www.sard.co.jp/

スーパーGTにも参戦している老舗チューニングパーツメーカー、SaRD。

こちらのショップが製作した86GT3は、「もしトヨタ86のFIA-GT3車両が製作されたらこうなるのではないか?」というコンセプトを元に製作されたデモカーです。 

採用された車高調はSaRDのサスペンションキットである、ADVANCE SUSPENSION KIT。

ドイツのKW(カーヴェー)社のキットをベースにSaRDがオリジナルセッティングを施したもの。

減衰力は伸縮個別であり、無段階調整が可能な2way式。

路面の追従性も非常に高く、車高調でありながら非常に上質で快適な乗り心地を実現しています。
 
会員登録すれば500ポイント付与

ESPLIT トヨタ86

次に、ESPLIT トヨタ86をご紹介します!

QUANTUM T3-CR

出典 : http://www.qrs-j.com/index.html

タイムアタック車両からのデータをストリートユーザーのマシンへとフィードバックしているESPLIT 86。

筑波サーキット59,7、富士スピードウェイ1:51,8というタイムを叩き出す本気のタイムアタックマシンであるこのマシンにはQUANTUMのT3-CRを採用。

Quantum Racing Suspension(QRS)の最大の特徴はセミオーダーシステムとなっていることで、ユーザー自身の使い方に合わせたオリジナルセッティングとすることが出来ます。

ハイエンドモデルであるT3-CRは、アルミ削り出し、2wayリザーバー・タイプのダンパー。
シャフト側にある減衰力ロースピード・アジャスター(バンプ&リバウンド同時に変化)に加え、リザーバータンク側にあるハイスピード・アジャスター(高速のバンプ側のみ変化)の2種類の調整機能により、サスペンションの動き始めの特性と、奥の方の特性を別々に調整ができることが特徴です。

路面の細かな凸凹に対して鈍感な反面、大きなサスペンション・ストロークに対して絶大な効果あります。

つまり、走行中の相反する状況に合わせて、個別にセットアップできるサスペンションです。

価格 :
ASK

ESPLITホームページはこちら
 
 

Eg magic トヨタ86

次に、Eg magic トヨタ86をご紹介します!

A'PEXi N1ダンパー

出典 : http://www.apexi.co.jp/apexi/

スーパー耐久のST4クラス、浅野レーシングサービスのECUセッティングを担っているEg magic。
S耐への練習とセッティングデータ取り用に使用されているマシンに採用されているのはA'PEXi N1ダンパー。

サーキットと公道路面、異なるドライビングスタイルとステージにおける最適な特性とフィーリングを実現するために、パーツ1点1点に至るまで妥協無く設計が行われています。

長年の経験と実績を踏まえつつ、全車型において実装テストを繰り返してセッティング。
リニアなコントロール性、静粛性、しなやかな乗り心地という、時に相反する要素を高度な次元で成立させています。
 

 

Ti RACING トヨタ86

次に、Ti RACING トヨタ86をご紹介します!

IKEYA FORMULA ROCS倒立式ダンパー

出典 : http://www.ikeya-f.co.jp/

パワーアップ系のチューニングをあまり行わずにタイムアタック車両を製作し、結果を出しているのがTiレーシングの86。

軽量化と足回りのセットアップにより、パワーに頼らずタイムを出す事ができるこのマシンに装着されているのはIKEYA FORMULAのROCKS倒立式ダンパー。

走行性能と運動性能を追求する為、モノチューブ型(単筒式)を採用。

業界異例となる50φピストンを使用し、微少ストローク域での減衰力が安定して出しやすく、微細なコントロールが可能となります。

また、50φシリンダーケースによりオイル量が増加でき、熱ダレによるオイル粘度低下と、キャビテーション(気泡発生)を抑える事ができます。

連続サーキット走行や、低温状態でも安定したパフォーマンスを得る事ができる車高調です。

価格 : 
800,000円〜

Ti RACINGホームページはこちら
会員登録すれば500ポイント付与

Rasty トヨタ86

次に、Rasty トヨタ86をご紹介します!

Rasty GTスペックダンパー

出典 : http://www.rasty.tv/

ターボチャージャーを装着し500PSを超えるパワーを発揮し、2013年のつくばスーパーバトルでは57秒台を達成したRastyのタイムアタック専用トヨタ86。

こちらのマシンには、RastyオリジナルのGTスペックダンパーが採用されています。

セミオーダー式なので、ユーザーの使用目的、使用タイヤを考慮し製作されるのが特徴で、タイムアタックやドリフトは勿論、街乗りでのフィーリングも重要視されています。

 

SHELL ENGINEERING トヨタ86

最後に、SHELL ENGINEERING トヨタ86をご紹介します!

HKS HIPERMAX MAXⅣ SP

出典 : http://www.hks-power.co.jp/index.html

コンプリートカー、エンジンを手掛けるブランドのSHELL ENGINEERINGのトヨタ86はストリート仕様と言いながら、300km/hオーバーを目指したエンジンで400PSを発揮し、サーキット走行にも特化した1台です。

そんなこのマシンに選ばれた車高調はHKSのHIPERMAX MAXⅣ SP。

ハイグリップラジアルタイヤを想定したスポーツの真骨頂ともいえるモデルであるこの車高調は、スポーツ走行で刻々と変化するタイヤインフォメーション、路面状況、トラクションを的確に補足し、ドライバーの直感に訴えるストレートなフィーリングを実現します。

走りの本能を掻き立てる気持ちよさを追求したストリートスポーツモデルです。
 

まとめ

トヨタ86デモカーに採用されている車高調を紹介してきましたがいかがでしたか?

この他にもまだまだ様々な仕様のデモカーが車高調がGarageには掲載されているので、是非ご覧頂き、ご自身の86のカスタムを検討してみてくださいね。
 

 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!