ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
トヨタ86有名ショップデモカーからみる補強系パーツまとめ

トヨタ86有名ショップデモカーからみる補強系パーツまとめ

2012年、トヨタブランドとしては、MR-Sの販売終了から5年振りに新型スポーツカーとして発表されたZN6型 86(ハチロク)。
現在の国産モデルの中で新車を購入できる数少ないFRスポーツクーペであり、チューニングベースとしても優れているこのマシンには、様々なチューニングショップが手掛けたデモカーが存在します。

今回は有名ショップデモカーに使用されている、走りをシャキッとさせる補強系アイテムを紹介していきます。

ボディ補強系のパーツとは

クルマのボディは金属できていますが、タイヤからの入力でその金属のボディは微妙なよじれを生じさせながら走行しています。

もちろんそのよじれは人間の肉眼では捉えることが難しいほどの細かな動きですが、それを抑制することでドライバーは車の動きを感じ取りやすくなります。
 
 

TOM'S トヨタ86

トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sが手掛けたトヨタ86には3つの剛性パーツが使われています。

どのようなパーツがあるか見てみましょう。

・サスペンションメンバー強化ブレース
出典 : http://www.tomsracing.co.jp/index.html

ボディにマウントされるサスペンションメンバーユニットの取付け剛性を大幅に向上させるアイテム。
これによりステアリングレスポンスが良くなります。
ジオメトリ変化も減少し、高速コーナーでのスタビリティも向上します。


・ロアボディ強化ブレース
出典 : http://www.tomsracing.co.jp/index.html

ボディ自体のネジレ剛性を向上させる事により、サスペンションのジオメトリ変化を抑え、高速でも高い操縦安定性を実現するアイテムです。


・アッパーボディ強化ブレース
出典 : http://www.tomsracing.co.jp/index.html

サスペンションの付け根となるアッパーマウント部の左右に剛体となるバーを設け、フロント周りのボディ剛性を大幅に向上させるパーツ。
ステアリングレスポンスが向上すると共に、フロントサスペンションのジオメトリ変化減少により高速コーナーでもフロントの接地性が増すアイテムです。 

TOM'Sホームページはこちら
 

E.M.C タイヤプロショップアリーナ

タイヤプロショップアリーナの86はサーキットタイムアタックからのノウハウをフィードバックして作られた一台。

街乗り仕様を元としながら、足回りや吸排気系のチューニングを行いサーキットでもタイムアタックが楽しめるマシンであるこのデモカーは、同社の剛性アップアイテムが導入されています。


・E.M.C タイヤプロショップアリーナ リアメンバーサポーター
出典 : http://arena-by-emc.com/

86のリアメンバーはゴムブッシュでマウントされてるので、走行中によれてアライメント変化を起こしてしまいます。
そこをカラーでゴムの動きを制限してあげると、走行中のアライメント変化が少なくなり、コーナリングもシャッキリし、トラクションの掛かりも良くなります。

E.M.C タイヤプロショップアリーナホームページはこちら
会員登録すれば500ポイント付与

Ti RACING トヨタ86

パワーアップ系のチューニングをあまり行わずにタイムアタック車両を製作、そして、結果を出しているのがTiレーシングのトヨタ86。

エンジン周りは給排気系のチューンのみですが、筑波サーキットを1分3秒台という結果を出しているこのマシンは、カーボンドアやカーボンボンネットなどによる徹底的な軽量化、そして足回りのセットアップによりパワーに頼らずともタイムを出すことが出来るマシンとなっています。

そんなこのデモカーにも同社の剛性アップパーツが装着されています。

・リヤメンバーカラー
出典 : http://www.tiracing.com/

メンバーカラーとは、ボディとサブフレームの接合部にあるゴムブッシュにカラーを噛ませることによって、たわみを制限し、車体の剛性感を上げるパーツです。

つまりアライメント変化も抑制できるので、コントロール性・トラクションともに向上します。

Ti RACINGホームページはこちら

Arrows トヨタ86

バランスの良いチューニングがコンセプトであるArrowsトヨタ86。

ノーマルの良さを活かしつつ、ポイントを絞ったカスタマイズはナンバー付きタイムアタックイベントでも結果を残すほどに完成度の高い一台です。

レースや競技だけではなく、ファミリーカーとしても使いたいユーザーにあわせたライトチューニングは参考にしたい86です。

・フロントデフマウントカラー
出典 : http://www.arrows-japan.com/index.htm

デフの無駄な動きを抑え、トラクションの掛かりが良くするアイテム。
また、デフマウントのゴムの劣化を遅らせる効果も期待できます。

Arrowsホームページはこちら
 

DRiViSiON トヨタ86

スバル車のECUチューンを得意とするDRiViSiONが手掛けるトヨタ86は、独特のプログラムにより通常のエンジンマップには極力手を入れずに、元々の学習機能を活かしたチューニングをするとのこと。

ECUチューンのみで約30PSアップすると言われている同社のECUチューンは、効果度の高さから注目されています。

・タナベ タワーバー
出典 : http://www.rd-tanabe.com/index_tanabe.php

こちらのマシンにはタナベ製のタワーバーを導入。

新設計のオーバルシャフトが採用されていて、剛性を高めシャープなハンドリングを実現しています。

シャフト部は補強のリブを入れて、曲げ剛性をアップ。

美しいバフ仕上げで、ドレスアップ効果も向上するパーツです。

DRiViSiONホームページはこちら

タナベホームページはこちら

 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

ボディ剛性アップパーツや補強パーツを紹介してきましたが、いかがでしたか?

シンプルなパーツながら、取り付けるだけで効果を感じられるアイテムばかりなので、ご自身の愛車の動きに不安を感じるオーナーの方は、導入を考えてみてはいかがでしょうか?
 
 
会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!