ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
さらなる高性能へ!SK型フォレスター向けチューニングパーツ特集!

さらなる高性能へ!SK型フォレスター向けチューニングパーツ特集!

スバルの基幹車種として、2018年6月にフルモデルチェンジを行った、SK型5代目フォレスター(FORESTER)。
日本のみならず北米でも人気を集めている1台で、より高い質感と走りの性能も求める意識の高いユーザーから支持を集めています。
フォレスターオーナーであれば、もっと走りのパフォーマンスを上げるためのカスタムをしてみたいと思いませんか?
今回はSK型フォレスターオーナーなら知っておくべき、「フォレスターの走行性能を進化させる、オススメのカスタム・チューニングパーツ特集」をご紹介します!

走りの味付けを変化させるサスペンションカスタム!

パワーの源となる吸気効率をアップ!

先代のSJ型と異なり、SK型フォレスターではFB25エンジンと、FB20+モーターのハイブリッドのみのパワートレインが採用されています。
吸気系パーツのカスタムで、より効率的に空気を取り込むことで、FB25エンジンのパワーを絞り出せる!

特集まとめ

今回はSK型フォレスターオーナーなら知っておくべき、「フォレスターの走行性能を進化させる、オススメのカスタム・チューニングパーツ特集」をご紹介しました!

全方位SUVと銘打たれたSJ型フォレスターを受け継ぎ、DYNAMIC × SOLIDデザインとSUBARU GLOBAL PLATFORM(スバルグローバルプラットフォーム)を採用し、初の設定となったe-BOXERもラインナップされた5代目SK型フォレスター。
安全面としてもアイサイトが全グレード標準装備となり、国産高性能SUVとして不動の人気を集めています。

SUVでも走りを楽しみたいからこそ、SK型フォレスターを選んだというオーナーも少なくないはず。
もっとフォレスターでストリートやワインディング、オフロードも楽しみたいなら、サスペンションカスタムがオススメ。

純正でも卓越した走破性を持ち合わせていますが、走行ステージに合わせたオーナー好みのセッティングにすることで、フォレスターは性能をさらに発揮します。
SUVのフォレスターであれば、車高調やローダウンスプリングで車高を下げても、リフトアップスプリングで車高を上げても、持ち前の性能を活かすことができます。

フォレスターで走行性能を上げようとする上で、キモとなるのがボディ補強です。
加速、原則、コーナーリングをする上で、一番重要となるのが全てを支えるボディ。
量産車では実現できない、社外パーツだからこそカスタムできる部分を補強して上げることで、よりしなやかな乗り心地とシャープなハンドリングを実現します。
装着そのものもボルトオンで装着できるパーツがほとんどで、比較的手軽に装着でき変化を体感できるのもボディ補強パーツのメリットと言えます。

SK型フォレスターをカスタムする上で注意したいのがグレードの違いです。
フォレスターには通常グレードと、e-BOXERを搭載するAdvanceの2つに大別することができます。
エンジンがFB25とFB20+モーターのハイブリットとで異なる為、エンジンルーム内の補記類が異なります。
吸気系パーツが異なったり、フロントストラットタワーバーも取り付けられる形状が異なる為、パーツ購入時には必ず適合確認をするようにしましょう。

SUVでもスバル車らしい走りが楽しめるSK型フォレスターだからこそ、走行パフォーマンスを上げるチューニングパーツでカスタムすることで、いつものドライブがより楽しくなること間違いありません。
今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!

関連特集