軽トラ・バンをアゲロ

愛くるしいフォルムがたまらない 話題のカスタム

仕事の道具として軽トラックや軽バンを使っている方は多い
今までは、決してかっこいいクルマとは言えないジャンルであったが「大人が本気で遊んでワクワクするクルマ」になりつつある
カスタム一つで大きく変化するアゲバンスタイルは注目の新ジャンル 安い、手軽、車検対応とくれば言うことなし
モタガレもレコメンするこのムーブメントに乗り遅れることなかれ

気軽に始められるカスタム

気軽に始められるカスタム

「オシャレとは程遠い存在」
商用車の印象を大きく変えるちょいアゲ
大きく印象を変えられるにも関わらず
掛かるカスタム費用は必要最低限

林道も物怖じしない走破性

林道も物怖じしない走破性

本来、クロカンとは程遠い軽バン・トラ
足回りのセッティング、タイヤのチョイスで
秘められた可能性を引き出す
荷物も積めて悪路も走れる、つまり死角なし

美味しい時間をサポート

美味しい時間をサポート

緑の中で過ごす時間には、余計なものはいらない
でも、なにか見えない付加価値を与えてくれる
なんてことない、商用貨物車両をカスタムしただけ

圧巻の8インチアップ

圧巻の8インチアップ

ジムニーカスタムのエッセンスをふんだんに取り入れる
唯一無二のスタイリングは悪路で本領を発揮
常識を超えること、それこそがクルマのカスタムの醍醐味

軽トラ・バンをアゲル、ツワモノたち

  • 車検もOK!エブリイをちょいアゲしてアウトドアを楽しもう!!

    RIDE+TECH

    近年人気の軽自動車の魅力は、なんと言っても扱いやすいコンパクトなボディと維持費の安さ。 中でも、軽自動車規格という限られたスペースを有効に使うことのできる、いわゆる“軽バン”の魅力が再認識され始めています。 そこで今回の記事では、東京都福生市に本拠地を置くRIDE+TECH(以下ライドテック)から、軽バンをオシャレに、且つ気軽に変化させたカスタムカーをご紹介していきましょう。 Text : Shingo MASUDA / Photo : Takanori ARIMA

  • 事故車が奇跡の復活!!軽トラなのに超オシャレなS2レーシングのハイゼット!

    S2レーシング

    軽トラと聞くと、農家の人が畑や田んぼで使っている姿を想像する人も多いかもしれません。しかし、今回ご紹介するハイゼットトラックは、そんじょそこらの軽トラと一味違います。 そんな「大人が本気で遊んでワクワクする軽トラ」には、いったいどんな秘密が隠されているのか見ていきましょう。 Text : Shingo MASUDA / Photo : Takanori ARIMA

  • お手軽ちょいアゲ!!純正活用で安く仕上げるハイゼットカーゴ

    RIDE+TECH

    人気となっている軽自動車の中でも、キャンプをはじめとしたアウトドアユースで注目されているのが“軽バン”です。 後部座席を広く取った乗用車タイプのハイトワゴンと違い、後部座席の広さはそのままに、荷室部分も十分な広さを確保。普段使いからレジャーまで、あらゆる場面でマルチに使用することが可能。 しかし、軽バンというとどうしても商用車のイメージが強く、「オシャレとは程遠い存在」という印象を持っている方も少なくないのではないでしょうか? そこで、今回はそんな軽バンの印象を大きく変えるちょいアゲ系ハイゼットカーゴをご紹介しましょう。 しかも、大きく印象を変えられるにも関わらず、掛かるカスタム費用は必要最低限というのですから、リフトアップしたカスタムカーに興味がある方は必見の1台となっています。 Text : Shingo MASUDA / Photo : Takanori ARIMA

  • こんな軽トラ欲しかった!仕事にも遊びにも使えるハイゼットジャンボ!!

    S2レーシング

    仕事の道具として軽トラックを使っている方が多いと思いますが、周りとはちょっと違ったこだわりアイテムを取り入れて、自分だけの個性を出したいという方も少なくないはず。 とは言え、大幅に車高を弄るようなカスタムはできないし、何より、荷台の積載性を落とすわけにもいかないという場合も少なくないはずです。 今回ご紹介するハイゼットジャンボは、実用性を確保しながら、自分だけの個性をプラスしたいという方にオススメの、まったく新しいカスタム方法。 仕事で使っている軽トラックをカスタムしてみたいという方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか? Text : Shingo MASUDA / Photo : Takanori ARIMA

  • 林道だってヘッチャラ!!エブリイはちょいアゲが楽しい!

    フォレストオート

    近年、車高が高く、径の大きなタイヤを履いたSUVが人気となっている中、軽バンや軽トラックの車高を上げた、通称“アゲバン”が密かブームとなっています。 そこで、今回は千葉県香取郡多古町に店舗を構え、アゲバン界のパイオニアである「株式会社フォレストオート(以下フォレストオート)」のエブラー(EVELER)をご紹介しましょう。 Text : Shingo MASUDA / Photo : Takanori ARIMA

  • N-VANを仕事でも遊びでも本気で使えるマルチツールに!【フォレストオート】

    フォレストオート

    バンらしからぬ見た目から、それまでの軽バンの概念を打ち砕き、商用利用だけでなく一般ユーザーにも人気のホンダ N-VAN。 その人気に後押しされるように、多くのメーカーからさまざまなカスタムパーツがリリースされています。 今回ご紹介するフォレストオートのN-VANは、これまで筆者が見たカスタムされたN-VANの中でも群を抜くカッコ良さ! 東京オートサロン2019にも出品され、来場者だけでなく、なんとホンダの広報からも注目された1台です。 Text : Shingo MASUDA / Photo : Takanori ARIMA