まだまだ現役!EG6型シビックのリフレッシュパーツ特集!

まだまだ現役!EG6型シビックのリフレッシュパーツ特集!

EG型シビックは「スポーツシビック」というキャッチフレーズを身にまとって登場し、グレード関係なく若々しいスポーティーなイメージを前面に押し出し、人気を博しました。

特に最上位スポーツグレードであるSiRの名を冠したEG6は、先代からキャリーオーバーされたB16A型エンジンを10馬力アップして搭載。
峠のみならず、サーキットでも無類の強さを誇ったのはご承知の通りです。

しかしそんなEG6も生産終了から早くも30年が経過しようとしています。
各所がヘタり、ちゃんとした性能が出ていないことも…

ここはひとつ、ヘタってしまったパーツをリフレッシュし、シャキッとしたかつての性能を取り戻してはいかがでしょうか!

今回はEG6型シビックオーナーなら知っておきたい、「EG6の性能を取り戻すリフレッシュパーツ特集」をご紹介します!

熱からエンジンを守る!冷却系パーツ

シフトフィールをよりよく!エンジンマウント・シフトリンケージブッシュ

シフトフィールがぐにゃぐにゃだったり、シフトが入りずらいEG6も多いはず。
シフトまわりやエンジンマウントをしっかりさせることで無駄な動きを制限し、確実にシフトできるようになります!

【EK6型シビック レストア・リフレッシュパーツ】あとがき

今回はEG6型シビックオーナーなら知っておきたい、「EG6の性能を取り戻すリフレッシュパーツ特集」をご紹介しました!

生産終了から四半世紀が経ったEG6、しかし依然として魅力ある車です。
外装を交換してきれいにしてあげるだけで90年代のスポーツカー独特のオーラが出てきます。

外装だけでなく、今回ご紹介したJ'S RACINGの強化ブッシュやエンジンミッションマウントセット・アーム類を駆使して足回りをリフレッシュするのも効果的です。
正しく足回りが動くようになれば、正しくアライメントが出るようになります。
直進安定性や頭の入りがよくなり感動すること間違いなし!

EG6を所有していくうえで注意しなければならないのは、交換パーツの少なさです。
既に純正パーツはほとんど廃盤になっており、アフターパーツでフォローしなければならないことが多々あります。

また、そのアフターパーツもいつまで続くかどうかわかりません。パーツがあるうちに、できるところをリフレッシュしていくことがEG6とうまく付き合っていくキモです!

またDC型インテグラとはパーツを多く共有しており、実に多くのパーツを流用できます。
既に廃盤のものも多いですが、もし見つからなければインテグラのパーツをあたってみるのも手です。

今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!

関連特集

Civicのカスタムカー

Civicのデモカーやカスタムカーをご紹介。デモカーを参考に、あなたなりのCivicを作り上げましょう!

  • MUGEN FL CIVIC HATCHBACK
  • ARIOS EG Civic
  • ARIOS EK Civic TYPE2
  • ARIOS EK Civic TYPE1
  • PANDEM Ver.1/1.5 EG CIVIC
  • VeilSide EC-Ⅰ MODEL EK4 CIVIC
  • CUSCO FK7 CIVIC HATCH BACK
  • 無限 FK シビックハッチバック
  • BLITZ FK シビックハッチバック

みんなのCivicギャラリー

モタガレユーザーが投稿した、Civicです。みんなの愛車を参考に、自分のCivicをカスタムしましょう!