ただいま会員登録すると、500ptのお買い物ポイントをプレゼント!

ポイントキャンペーン実施中
ジムニーパーツの開発現場が気になる!オフロードサービスタニグチの自社工場へ潜入

ジムニーパーツの開発現場が気になる!オフロードサービスタニグチの自社工場へ潜入

兵庫県姫路市にあるオフロードサービスタニグチは、4WD専門のオリジナルパーツの開発・販売を行なっている、この道35年以上の老舗ショップです。

特にジムニー系に強く、現在は新型ジムニー(JB64W)用のパーツ開発に大忙し!

そんな中、今回Motorz編集部が同社の工場に潜入し、オススメパーツなどを同社の谷口 武さんに伺ってきました。

オフロードサービスタニグチとは?

©️OFF ROAD SERVICE TANIGUCHI

兵庫県姫路市にあるオフロードサービスタニグチ(以下タニグチ)はジムニー乗りでは知らぬ人のいない有名ショップです。 ランドクルーザー、サーフ、プラド、サファリ、パジェロなどの4WD車も得意としています。 そもそも代表の谷口守史さんは学生の頃からバギーで遊ぶほどのオフロード好きでした。

現在では今回お話を伺った息子の武さんがお店を引っ張っており、一家で日本のオフローダーのために様々なアイテムを作り続けているのです。

オフロードサービスタニグチ金属加工品のバリ取りを行なっている様子 / ©︎モタガレ
 

自社工場であるがゆえの強み

オフロードサービスタニグチ曲げ加工から上がってきたリアショックガード(左)と、その後に溶接された塗装前の製品(右)。塗装前の製品にはバリ取りの手間が加わっているのが分かる / ©️モタガレ
 
タニグチがジムニスト(ジムニー愛好家のこと)から支持される所以のひとつとして"自社工場で開発・製造を行う"点が挙げられるのではないでしょうか?

やはり、自社工場があると開発のフットワークも軽くすることが出来、また商品のブラッシュアップも容易になると、武さんは語ります。 またパーツの製造に関しても、創業当時からずっと生産・開発に携わるスタッフの手で産み出されている点もまた、ジムニー好きが信頼を置く理由なのです。

取材当日はパイプベンダーでの曲げ加工や、曲げられたパイプを溶接する様子などを見学しましたが、ひとつひとつの製品が丁寧な手作業で生まれており、ジムニー愛のある現場で生み出された製品であることを今一度、痛感したのでした。

オフロードサービスタニグチサイドステップやスキッドバーなど、パイプ関連の溶接や曲げ加工が可能な設備が揃う / ©️モタガレ


オフロードサービスタニグチ製造から発送まで、全て自社で行われているためその品質は安心です。 / ©️モタガレ
 

今、オススメのパーツ!

JB23・33・43/JB64・74用の『リアラテラル補正ブラケットV』。 "TANIGUCHI"の刻印が入る。 / ©️モタガレ


車高アップした際にズレてしまうリアホーシングのラテラルロッド取付位置を約40mm上方に補正するためのブラケットです。

足回りのリフトアップはジムニー乗りに取ってまず初めの一歩となるカスタムですが、新型ジムニーにも取り付け可能な同商品は、やはり今おすすめしたいアイテムだとのことです。

ラテラルロッドの角度をノーマル時に近い角度にすることでスカッフ変化を低減させ、走行安定性を向上させる効果があります。



オフロードサービスタニグチJB64用のサイドステップ(試作品) / ©️モタガレ

その他にJB64用のサイドステップもオススメしてもらいました。

ドア側面からはみ出さない設計となっているため、車検にも対応なので安心なのです!

もちろん、乗降性が良くなるので「普段は奥様がリフトアップしたジムニーを買い物に使う」という方にもオススメのアイテムなのだとか!
 
会員登録すれば500ポイント付与

まとめ

オフロードサービスタニグチバンパーやオーバーフェンダーなども販売しており、ジムニーに関する全てが揃っちゃいます! / ©️モタガレ


今回は、兵庫県姫路市にある『オフロードサービスタニグチ』へお邪魔しました。

オフローダーの間では知らない人はいない、有名ショップですが、みなさんはご存知でしたか?

また、工場をお見せいただいたついでに現在開発中という新型ジムニー用のパーツについても取材してきましたので、別の記事にて詳しくご紹介致します!
 

オフロードサービスタニグチのデモカーを見る!

会員登録すれば500ポイント付与

この記事をシェアする!